かみおまい さん プロフィール

  •  
かみおまいさん: 愛☆まい☆me
ハンドル名かみおまい さん
ブログタイトル愛☆まい☆me
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/my29mogu/
サイト紹介文こんにちは☆主に、本のレビューをオネエ目線で書いています?食べ歩き、映画、エロが趣味です?
自由文気楽に遊びに来てね☆
じゃんじゃん、ジャガイモサツマイモ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供436回 / 171日(平均17.8回/週) - 参加 2016/12/03 17:02

かみおまい さんのブログ記事

  • サタデー・ナイト・フィーバー
  • 「サタデー・ナイト・フィーバー」は好きな作品☆主演のジョン・トラボルタがなんと言ってもカッコイイ☆青春物で軽い映画と思っていたら、主人公トニー(トラボルタ)は、ブルックリンのペンキ屋で働いていて燻っていた。週1のディスコで彼はキングと呼ばれる事で、鬱憤を晴らす。その時にマンハッタンで、将来を見据えて、色々と準備しているステファニーに出会う。そこで、ペアで賞金をもらえるダンスコンテストを目指すが…。ブ [続きを読む]
  • ケブカサイ
  • 現在、絶滅危惧種とされているサイ☆かつては、たくさんの種類が生息していました。原因は人間達の密猟??許せませんね戦車のように走るサイが見れなくなるのも、近いかもしれないのかもしれません昔、サイは馬みたいに走るのに、長けていた種類もいたが、進化過程置いて今のような形態になったと考えられる。かつて、アジアやアフリカではなく、ヨーロッパでサイは栄えた。今なお、生きているスマトラサイ更新世に生息していた [続きを読む]
  • 春日井恵一先生
  • 「アカテン教師梨本小鉄」の作者、春日井恵一先生とは…?春日井恵一先生は、若くして父親を無くして、そのことをしみじみと語っていましたしかし、熱いなぁ小鉄に対する愛w先生の道楽を語り続けるオネエがいますよ当時の堀江編集長とツーショット写真を撮る、春日井恵一先生w先生、修行僧みたいですw堀江編集長は、ジャンプの黄金期を知っている名編集長☆「酔狂組」と言う、アシスタントも雇っていた春日井恵一先生。この時は、連載 [続きを読む]
  • マンダム
  • 女装趣味ですが、女装版の官能小説大好きですね男のプライドを潰され、抱かれる快感を覚える話…。ワタシは、やや女尊男卑の人間で女にさせられるのは、むしろ進化と思いますねwでも、女装官能小説読んでいると、元気になりますww好きな話は、刑事がヤクザに潜入捜査をしていたら、バレてつかまり性転換手術をさせられるまず、ヤクザは余計なことに出費はしませんwwwバラされます…。その、小説ではヤクザの性玩具や裏ビデオに出 [続きを読む]
  • 殺しの代価
  • 必殺シリーズを見て思うことは、「元は取れているのだろうか?」人を人を殺めるその滞貨は、頼み人の全財産である果たして、仕事人は元は取れているのだろうか?まず、殺し技別に…。☆素手で仕留める念仏の鉄。村雨の大吉。印玄。後期の畷左門。若。島帰りの龍など。超人的パワーで首の骨を折ったり、心臓を停めたり、人体二つ折りをしたり、ひたすら殴ったり(アッコさんw)これは、ゼロ円。しかも、普段も強いので最強レベル。☆表 [続きを読む]
  • 不人気
  • 細々とやっているのワタシのブログ…昨日の解析数…ゼロw何かの間違いでしょwww不人気過ぎるわまあ、最近、スランプでありますがにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 印玄
  • ワタシが「必殺シリーズ」で好きなタイプ「持ち前のパワー」を使った殺し技「必殺仕置屋稼業」の「印玄」(演・新克利さん)は、「屋根から相手を突き飛ばし、落下さして殺す」と言う、特筆して「奇妙な殺し技」を使うw悪人は「やめて、止めて!」を繰り返す爆笑ものの殺し方、その他にも人間ボーリング、車輪に体をねじ込み屋根から突き飛ばす、人体二つ折り、雨が降った日には、逆さに持ち上げて床に叩きつけるw屋根じゃ無いときのガッカリ顔w印 [続きを読む]
  • 都…。
  • 笑点のネタは「構成作家」が書いている。これは、「都市伝説」デス☆たまに、スベる大御所達を見てたら、嘘デスよねそんな、都市伝説をコントにしたのが、「都…」菊助(演・松本人志)、円葉(演・板尾創路)、鶴一(演・ほんこん)、ポン太(演・木村祐一)は、得意な大喜利を前に、楽屋で博打をしたり、弟子を叱ってたり、マラソンの準備をしたり、余裕綽々。プロデューサーとの打ち合わせも、適当にあしらう四人。作家(演・田中直樹)が考え [続きを読む]
  • 兼子刑事暁に死す
  • 西部警察の初期新人刑事は、兼子仁(演・五代高之さん)こと「ジン」ジンはヤクザみたいな風貌な大門軍団で唯一普通の好青年新人刑事につきものである、ドジをしたり、軽口を叩いて団長からの鉄拳制裁に彼は持ち前の爽やかさと明るさでカバー正直、1年間殆ど活躍することはなかった「西部警察」のオーディションで、面接官「君、ケンカ自信ある?」五代高之さん「今、ここにいる人とやりましょうか?」そこが気に入られて合格??演技は、初 [続きを読む]
  • 「不思議の海のナディア」と「海底二万里」
  • アニメ「不思議のナディア」大好きでした好きなキャラは、ネモ船長と怪力のサンソンそんな、ナディアの原作「海底二万里」近頃、海で奇妙な発光をする、紡錘型の馬鹿デカイ生物が目撃される。アメリカのアナロック教授は、この怪物の捕獲作戦の為に、軍艦に乗り込む。四カ月航海で、軍艦は怪物に出会う。砲撃も全然通じず、逆に反撃を喰らう軍艦!海に投げ出されるアナロック教授と助手と銛打ち名人ネッドは海に投げ出される。三人は [続きを読む]
  • 超人戦隊ジェットマン
  • 今年で41作目になるスーパー戦隊シリーズもかつては、半クールで打ち切りになる可能性があったI最大の危機が15作目で起こった。視聴率と玩具の売上が悪かったら、今シーズンで打ち切りI打ち切りだったら、好きにやろう!そこで、当時はやっていた「トレンディドラマ」を「スーパー戦隊」でやろう!それが、この作品!「超人戦隊ジェットマン」??この戦隊は、赤以外は敵の奇襲で「偶然、集められた戦隊」赤「軍人」白「大金持ちのお嬢様」黄「 [続きを読む]
  • 死ぬほど好き
  • 「キミの為なら、死ねる!」操を捧げるには、こういう相手がいいですよね☆「世にも奇妙な物語」より「死ぬほど好き」主人公、純平はミス北高の美香(演・石田ひかり)に惚れていた。※めちゃくちゃ可愛い天使みたいな若きひかりちゃん?お父様は、超怖いですが…w純平は、バレンタインの時に下駄箱に、美香からチョコレートが詰められていたが、それ以来何も進展が無くてヤキモキしていた悪友、章吾と太に相談をしたら、「純平が死んだこ [続きを読む]
  • 小指のコヨリ
  • 皆さん、お酒は大好きですか?ワタシは、先週の金曜日深酒しましたが、翌日昼から飲んでいました??飲み過ぎ、注意そうでもしないと、喪黒福造に狙われます…。「小指のコヨリ」石井博明(38)サラリーマンは、大の酒好きだったが、ドクターストップがかかる。同僚たち「石ちゃんが酒止める?嘘だろwビール??は水みたいだから、1杯くらいいいだろ?」※その発想はアル中wいつものように深酒をして、意志の弱さに涙してたら、死神(喪 [続きを読む]
  • 白痴
  • 無頼派は、今となっては死語作者坂口安吾は、クスリなども非合法なことでもやってのけた。そこで、こんな小説を考えた「白痴」伊沢は27歳で、大学を出て新聞記者になったが、辞めて演出家に伊沢はどっちもイヤだった。※こいつワガママすぎるw伊沢は、ヒステリー男、淫売婦、痴人、殺し屋の住むアパートに住んでいて、隣人の痴人の女が伊沢に助けを求めてきた。女は配給の時に見かける程度で、何とも思っていなかった伊沢。明くる日 [続きを読む]
  • 名もなき唄
  • Mr.Childrenの「名もなき唄」1996年に発売された、2ミリオンで当時の月9ドラマ「ピュア」の主題歌でしたオネエはずっと聴いていましたねこの、ジャケットを見た桜井和寿さんの友人が「インディーズじゃ有るまいしwww」と笑われたというw1996年4月5日の「ミュージックステーション」を見てたら、あることに気付いた桜井和寿さん「僕はノータリン♪」テロップ「言葉では足りん」になっていたミュージックステーションは、「生放送」だから生歌の [続きを読む]
  • 大造じいさんとガン
  • 動物物を書かしたら、この人の右に出る者はいない「椋鳩十」の「大造じいさんとガン」大造じいさんのがんの攻防を聴く話ガンと言っても「癌」ではありません鳥のガンですねw大造じいさんは、ガンを狩る猟師だったが、ガンの群れのリーダー白い混じりっ毛のある「残雪」がなってから、大造じいさんのガン狩りはからっきし。ウナギを捕まえる仕掛けで、先にガンの大好物「タニシ」をつけていた仕掛けを作った。しかし、残雪はこれを罠だと見抜 [続きを読む]
  • おせい
  • 「必殺シリーズ」で意外と少ないもの「女の殺し屋」密偵やサポート役はいっぱいいましたが、レギュラーの殺し屋は少ない。しかも、レギュラー出演していると絶滅危機種に…。「おせい」さん(演・草笛光子さん)は「必殺必中仕事屋稼業」と主水シリーズの「必殺商売人」に出演していますおせいの殺し技は、簪で急所を一撃、扇子に仕込み刀で急所を刺す。まあ、女性の殺し屋は華麗で美しいしかし、おせいさんは「仕事屋稼業」で生き別れた息子を [続きを読む]
  • 空も飛べるはず
  • アカテン教師梨本小鉄も2巻目に突入しました小鉄の恩師の酒井源五郎先生とライバル槙野先生ですね☆しかし、小鉄はどう見ても、浮浪者にしか見えませんw前回あらすじ、家庭訪問で地上げ屋と揉めて、トイレに紙幣を詰まらせた方が勝ちというギャンブルを行う小鉄…w意味が判りませんw律儀に先行を務める地上げ屋w小鉄が流した紙幣は、「聖徳太子」聖徳太子は、福沢諭吉よりも縦8ミリ横13ミリ大きいのでしたwこの話で、知りましたw呆 [続きを読む]
  • ひかりのからだ
  • 意外なところで、忍び寄るエロインパクト充分ですよね今から20年くらい前に放送された、Eテレ「新日曜美術館」で紹介された、八谷和彦さんの「ひかりのからだ」もその一つ八谷さんが銭湯の脱衣所で思いついたと言う作品どういう作品かと言うと、二人一組で別々な真っ暗闇の個室に通され、中央にスクリーンが置かれ、赤外線カメラのゴーグルを渡され、相手の視覚と交換される。つまり、相手の視覚で自分の事を見れるという全然、エロ [続きを読む]
  • ががばば
  • 皆さん、Yahoo!をよく使っていますよね?意味不明な「ががばば」と言う言葉を検索すると…。おどろおどろしい、警告文が…。続けてみると…。たすけてたすけてたすけて??すると…。女の子が異世界に閉じ込められてしまいます…。「世にも奇妙な物語」の宣伝でしたwこの、遊び心好き?ワンちゃんの写真、載せてみよう♪▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしようワタシは犬ですにほんブログ村にほんブログ村にほんブロ [続きを読む]
  • 中山文十郎&辻平内
  • 実際に起こった「必殺仕置人殺人事件」犯人が「必殺仕置人を見たから」と言った為に、世間から白い目で見られる「必殺シリーズ」!そんな馬鹿な犯人は許せませんそんな中で、始まった「助け人走る」主人公は中山文十郎(演・田村高広さん)&辻平内(演・中谷一郎さん)は、元侍だが、今は何でも屋で、生計を立てている二人は兎に角、明るいwww酒好きシスコンの文さんと煙管とスケベ大好きで、別居した家族に生活費を送る平さんw困っている人 [続きを読む]
  • モンテ・クリスト伯「復讐編」
  • 「モンテ・クリスト伯」の作者、フランス文豪の「デュマ」は晩年は破産し、息子に厄介になっていた余暇があるときは、自らの作品を読んでいた。「モンテ・クリスト伯」を読みながら号泣していたデュマ息子が呆れながら尋ねると、デュマ「これは傑作だ!だが、長すぎて全部読む時間は残されていない…。」これが、デュマ親子の最後の会話…。前回のあらすじ悪人に陥れられたダンテスは脱獄して「モンテ・クリスト伯」として再生した。今、ま [続きを読む]
  • 永瀬清文刑事殉職
  • 意外なところで、殉職すると衝撃がすごい。「遺留捜査」で田中哲司さんが演じた永瀬清文刑事もその一人まず、「遺留捜査」事態が、銃撃戦などは皆無で、主人公の糸村刑事(演・上川隆也さん)が遺留品から、被害者が何を思っていたのか伝える刑事番組ヒューマンドラマですね☆その「遺留捜査」の第二弾は、勝手なことをしすぎた、糸村が所轄に飛ばされた所からスタート。あまり、本庁と違って邪険にもされなくなり、早くから永瀬刑事は糸 [続きを読む]
  • モンテ・クリスト伯
  • 莫大な印税の全部使い果たしたデュマの「モンテ・クリスト伯」ダンテスは一等航海士な優秀な男で、船長の急死によって19歳で船長になった??船主のモレルの娘メルセデスと婚約も決まりウハウハな毎日しかし、嫉んだ船の会計士ダングラールとメルセデスに横恋慕をしていたフェルナントが結託してダンテスをナポレオン派のスパイ容疑で捕まるダンテス※男の嫉妬は醜いです…また、検事ヴィルフォールの思惑で島流しに逢うダンテス… [続きを読む]
  • 水門で
  • 「幽霊を見た十の話」の短編集だったフリップ・ピアスの「水門で」はよく覚えている確か、国語の教科書の戦争シリーズ老人になった、主人公が語り部で子供の頃を話す年の離れた兄ビーニィが、戦争に行って、そして一先ずの休暇で帰ってきたあんなに、明るく陽気なビーニィだったが、魂を抜かれた見たいに暗かった…。どこか、遠くを見ている表情で、とにかく暗かった…。※戦争経験者が性格が一変してしまう、こともあった…??ビー [続きを読む]