ryouyumura さん プロフィール

  •  
ryouyumuraさん: 看護の統計がわかる
ハンドル名ryouyumura さん
ブログタイトル看護の統計がわかる
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ryouyumura/
サイト紹介文看護研究などで使われる「統計」を解説しています。
自由文ご質問等の返信はできる範囲でさせていただきます。スマホを持っていないので遅くなることがあります。また、いろいろストレス抱えて返信が遅くなることもありますのでご了承ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 5日(平均21.0回/週) - 参加 2016/12/03 21:05

ryouyumura さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 対応のあるデータと対応のないデータ
  • これは統計解析をする上でとても重要ですがとても簡単なことです。対応のあるデータとは「前後で同じ人を比較したデータ」になります。対応のないデータとは「前後で同じ人を比較していないデータ」になります 対応のあるデータについて、例えば血圧(BP)なら 薬をのむ前       薬を飲んだあと  AさんのBP=120 →   BP110  BさんのBP=150 →   BP130 のような「同じ人に対してなんども測定して差 [続きを読む]
  • クラスカルワリス検定
  • これを理解するにはマンホイットニーのU検定を理解しておくと非常に楽です。クラスカルワリス検定もアンケートの数字などに使えるノンパラメトリック検定です。マンホイットニーのU検定は2グループのアンケート結果の違いが偶然かそうでないかを調べるものでした。クラスカルワリス検定は 3グループ以上のアンケート結果の違いが偶然かそうでないかを調べるものです。2グループで比較するか3グループ全体を見て違いがある [続きを読む]
  • マンホイットニーのU検定とは
  • マンホイットニーのU検定を理解するには以下の3つが必要です。1.検定とは何か2.t検定3.ノンパラメトリック検定どれもこのブログで解説していますのでご覧ください。簡単に説明します。1.検定とは研究結果が「偶然かどうか」を数学的に調べるものでした。2.t検定は、2グループの平均値の差が「偶然かどうか」を調べるものでした。3.ノンパラメトリック検定は、アンケートなどに使う特殊な検定でした。ではマンホイッ [続きを読む]
  • アンケートの数字を検定にかけてもいいの?
  • アンケートの数字は普通の数字とは違います例えば「ファッションに興味がありますか」1:当てはまる2:どちらでもない3:あてはまらないという アンケートに回答した場合1,2,3,という数字は、ただの数字ではありません。数字とは1,1.1,1.2・・・、2.1,2.2と、細かく連続しているものです。しかしアンケートの数字はそうではありませんこの場合、1,2,3しかありませんまた、数字は基本的に、1を2倍する [続きを読む]
  • 分散分析とは
  • まずはt検定を理解することが大事です。逆に、t検定が理解できれば、分散分析は簡単に理解できます。分散分析は3グループ以上の平均値を比べる「検定」です。名前に検定とでていませんが、検定です。 例えばA病棟の患者から適当に10人えらんでさらにB病棟の患者から適当に10人えらんでまた、C病棟の患者から適当に10人えらんでAとBとCの血圧の平均値を比べるとしますAが平均 130Bが平均140Cが平均150だったなら、3グ [続きを読む]
  • 分散分析とは
  • まずはt検定を理解することが大事です。逆に、t検定が理解できれば、分散分析は簡単に理解できます。分散分析は3グループ以上の平均値を比べる検定です。 [続きを読む]
  • t検定とは
  • t検定とは、2グループのデータの平均値が「本当に異なる」か「偶然違うだけか」を調べるものです。例えばA病棟の患者から適当に10人えらんでさらにB病棟の患者から適当に10人えらんでAとBの血圧の平均値を比べるとしますAが平均 130Bが平均140ということはB病棟の方が高いと言えそうです。しかし べつの患者をえらんでたら結果は違うんじゃないの?と反論されたらひとたまりもありません。ところが、t検定をして [続きを読む]
  • 統計を恋愛に活用
  • わたしはもてない、私には彼氏ができない。そんなことはありません。統計学的には、誰でも彼氏の出来る確率が存在します。宝くじでも買えば買うほど当たります。統計学的に言えば恋愛もすればするほど、彼氏ができる確率が上がります。もし振られたら?それは「有意差なし」の恋愛なのです。「有意差なし」とは、偶然です、という意味です別れてしまった恋は「有意差なし」の恋なのです。偶然であって偶然別れた、そんな恋です。「 [続きを読む]
  • 検定の使い分け方
  • 看護研究で使う「検定」は研究の結果が「偶然かどうか」を調べるものでした。 検定にはいろいろな種類があります。t検定、分散分析・・・どれを使えばいいの?とよく質問されます。これの正確な回答は「身近にいる詳しい人に聞く」が正解だと思います。例えば医師とかですね。それでも自分で考えてみたい人は次を参考にしてみてください。大ざっぱな見分け方を書きます。 1.人数、個数を検定する場合 カイ二乗検定&n [続きを読む]
  • プロフィール
  • わたしは看護師として働きながら大学院に行っている男性看護師です。大学院でも病院でもみんな「統計がわからない」といいます。 講義をしたり、個人的に指導したりしました。そういう中で、統計が分かって面白い、研究が楽しくなったというひとが出てくるようになりました。また、専門看護師や師長などが統計で苦しんでいて困っていて、やはりわかりやすい統計のテキストが必要と考えました。わたしが今まで人にお伝えしてき [続きを読む]
  • 看護研究で検定をしないとどうなるか
  • 看護研究で、数字を扱う研究をする場合検定をした方がいいでしょう。もしもしなかったら「研究の結果は偶然じゃないの?」という反論に対抗できなくなります。検定の結果「有意差あり」となれば「偶然じゃないの?」という反論に「偶然ではありません」と反論可能になります。ぜひとも検定をしてみてくださいね。↓分かりやすかったらポチッとお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 有意差とは
  • 有意差とは、検定の結果です。検定とは看護介入や、薬の効果などが「偶然であるかどうか」を調べるものです。検定は計算です。パソコンが自動でやってくれます。そして、有意差あり→偶然ではない→看護介入や薬に効果あり有意差なし→偶然である→看護介入や薬には効果があると言えないという意味になります。↓分かりやすかったらポチッとお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 検定結果の読み方
  • 看護研究で「検定」をしたとします。パソコンで行うと以前説明しましたが、結果の見方が難しいと言われたことがあるので説明します。「検定」の結果は、まずはP値だけ見ればOKです。P値は0から1までの間の値ですP=0.5とか、P=0.03とかです。 ここからがポイントです。Pが0.05より大きいか小さいかを見ます。Pが0.05より「小さい」場合、「有意差あり」と言います。Pが0.05より「大きい」 場合、「有意差なし」と言います。 [続きを読む]
  • 看護研究の検定の行い方
  • 看護研究でよく使われる「検定」は。どうやってやるのかをご説明します。 1.「検定」は基本的にパソコンでします。 2.専用のソフトを使います。  例えば、文章を書くならワード、計算するならエクセルのように  検定専用のソフトが有ります。 3.ソフトを開いたら、データを入力して  検定のボタンを押すだけ。 検定専用のソフトには SPSS SAS R などがありますが エクセルでも出来ますし 検定が出来 [続きを読む]
  • 検定とは何か
  • 看護の論文でよく出てくる検定。これの意味は研究の結果が「偶然かどうか」という意味です。例えば、『足浴すると血圧が下がるかどうか』を看護研究したとします。足浴した患者さんたち→平均血圧が130mmHg足浴してない患者さんたち→平均血圧140mmHgだったとします。でもこの結果って、偶然じゃないの?って反論されたら言い返せなくなります。そこで、検定を行います。検定はパソコンでします。結果はパソコンが出 [続きを読む]
  • 過去の記事 …