団塊の世代のつぶやき さん プロフィール

  •  
団塊の世代のつぶやきさん: 団塊の世代のつぶやき
ハンドル名団塊の世代のつぶやき さん
ブログタイトル団塊の世代のつぶやき
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/dankaidamyutaka
サイト紹介文誇れる日本を取り戻そう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1225回 / 296日(平均29.0回/週) - 参加 2016/12/04 06:22

団塊の世代のつぶやき さんのブログ記事

  • 玉木を落選させよう
  •   安倍さんが衆院解散を決断したというスクープを飛ばした産経が、同じ日に、香川の恥玉木を取上げていました。   もしかしたら、産経は玉木を落とすために、香川県人よ思い出せという意味で書いてくれたのでしょうか。   その期待に応える為にも、何があっても落選させなければなりません。もし、玉木を通すなんてことになったら、香川県人は国民に顔向けができません。日本中顔を俯けて歩く必要があります。   それにし [続きを読む]
  • 平和ボケの日本人が読むべき1冊
  •   櫻井よしこさんが、平和ボケの日本人が読むべき本として、色摩力夫(しかまりきお)氏の『日本の死活 問題国際法・国連・軍隊の真実』を紹介してくれています。      ちょっと長いですが、これはと思わせられる素晴らしいことが多く含まれているので全文を取り上げさせてもらいます。   櫻井よしこコラム    2017.09.07 (木)    「 平和ボ ケの日本人が読むべき1冊 」  『週刊新潮』 2017年9月7日号 日本ル [続きを読む]
  • 奥茂治氏を在宅起訴 韓国検察
  •   韓国に単身乗り込んで、ニセ慰安婦問題に痛烈な打撃を与えようと頑張っている、8月15日、第1526回の「 歴史戦を1人で戦う元自衛官」でも取り上げた奥茂治さんに、韓国検察が在宅起訴をしたようです。   3ヶ月の間、自費でホテル暮らしをしながら待っていた奥さんの思惑通りになってきたようです。   それにしても、韓国の司法は、腐りきった日本の司法も到底及ばない腐り振りです。何とも、素晴らしい国です。    [続きを読む]
  • 安倍晋三首相のインド訪問は現地で大歓迎
  •   安倍さんの経済問題や尖閣などでのじっとがまんなど、全面敵に支持出来ないところはありますが、外交は、やはり素晴らしいものがありますね。尖閣問題など特亜3国への軟弱外交も、この全体の中で考えられているのでしょう。   特に、中国を抜いて世界一の大国になるのじゃないかと予想されているインドに対する安倍さんの外交は素晴らしいものがありますね。   今回も、反日売国左翼・在日マスメディアは、余程安倍さん [続きを読む]
  • シー・シェパードの「今年は妨害停止」を信じるな
  •   一体何があったんだろうと思いながらも、あの悪辣なシー・シェパードの妨害停止宣言を、9月8日、第1177回の「シー・シェパード、今年の調査捕鯨妨害取りやめ」で、取り上げました。   ところが、長年シー・シェパードと戦ってきてくれたテキサス親父さんは、信じるなと書いてくれています。やはり、裏がありそうですね。   産経ニュースより     2017.9.15  【痛 快!テキサス親父】シー・シェパードの「今年 [続きを読む]
  • 魚介アラと米ぬかを合わせてみたら〜有機肥料
  •   何時も楽しみにしている葛城奈海さんの【海幸山幸 の詩 】の今回は、魚のアラを有機肥料にするという興味深いものでした。   魚の消費も減ってきているそうですが、牛や豚よりクジラや魚という先祖が造り上げて来た日本の文化を大事にして昔ながらの地産地消による食料自給も考えるべき時が来ているのじゃないでしょうか。   【海幸山幸 の詩 #30】魚介アラと米ぬかを合わせてみたら〜有機肥料「元気ゆうき君」[桜H29/9/15 [続きを読む]
  • 韓国、北朝鮮への8億円超の支援を検討
  •   文ちゃんは、やはり素晴らしい大統領ですね。辛うじて国連が北への制裁を全会一致で決めた時に、北に支援をすると言い出したようです。この、空気を読めない素晴らしい文ちゃんには呆れるしかないですね。   この分では、何をやり出すか予測もつかないですね。どうせなら、北にお願いして直ぐにでも統合してもらって下さい。   産経ニュースより   2017.9.14   韓 国、北朝鮮への8億円超の支援を検討 「政治状況 [続きを読む]
  • 我が家の太陽光発電
  •   例 月の我が家の太陽光発電、9月分、8月10日から9月10日までのデータです。 稼働日数は、32日 分で前月より1日多く、前年よりも1日多い結果でした。  体力の衰えを少しでも防ごうと、雑草との戦いを再開していますが、やはり、ネット三昧の付けは大きいようで、30分が限度で、それも苦痛になってきています。雑草との長い戦いも敗戦は近そうです。いずれにしても、生き残るのは雑草なのですから、最初から勝負 [続きを読む]
  • 共謀罪対策弁護団・海渡雄一、“黒幕”疑惑を否定
  •   売国奴福島瑞穂と夫婦で日本の足を引っ張ることをやっている海渡が、又しても日本の足を引っ張ろうとしているようです。   どうして、ここまで恥知らずなことが出来るのか不思議ですが、やはり、金の為に魂を売ったのでしょうか。それとも、祖国の為に日本を貶めることを楽しんでいるのでしょうか。   産経ニュースより    2017.9.12   「天 地神明に誓ってケナタッチ氏と事前に連絡していない!!」 共謀罪対策 [続きを読む]
  • 「極言御免」、今回で200回
  •   何時もお世話になっている阿比留さんの「極言御免」が、200回を数えたそうです。毎回、楽しみにしているので、ずーっと続いてほしいものです。   今回も、反日売国左翼・在日新聞を痛烈に批判してくれています。   産経ニュースより   2017.9.14  【阿比留瑠比の極言御免】9条改正案報道 「事実」のような「政治的主張」伝える新聞でよいのか  自民党の保岡興治・憲法改正推進本部長は12日の同本部会合で [続きを読む]
  • キムチばかり食べて頭おかしくなったのか
  •   中国のTHAAD報復を、21日、第 1563回の「中国のTHAAD報復」で、取り上げたところですが、産経新聞がその報復の面白い記事を載せてくれています。   何と、中国の新聞が韓国に対して、「キムチの食べ過ぎ」と、おちょくっているようです。もう子供の喧嘩ですね。子供の喧嘩なんかしてないで、本気で潰し合いしろよと言いたいですね。    産経ニュースより   2017.9.13  「キ ムチばかり食べて頭おか [続きを読む]
  • イヴァンカ夫妻の訪中をキャンセル
  •   昨日、中国制裁に腰の引けたトランプや世界の企業によって、中国を延命させ、とんでもない混乱が起きるだろうと書きました。   そのトランプの弱気の一つと心配していた、9月10日、第6552回の「秘策はイバンカ夫妻訪中」が、中止になったそうです。   まだ、少しは望みがあるのでしょうか。何でも良いから、トランプが中国を叩き潰す決断をしてくれないものでしょうか。   何時もの宮崎さんが取り上げてくれていま [続きを読む]
  • 新首相就任でどうなる?台湾
  •   中国と国交断絶して日本と同盟を結ぶべき台湾の独立を期待した蔡英文さんが、安倍さんと同じような匍匐前進で人気が落ちているそうで心配です。   その蔡英文さんが、新しい首相に頼清徳市長を選んだそうです。これが何を意味するのか分からなかったのですが、【Front Japan 桜】で、宮崎・福島コンビが詳しく語ってくれています。   産経ニュースより    2017.9.4   台湾・蔡英文政権の行政院長、頼清徳氏に交 [続きを読む]
  • 安保理決議は、軍事力行使の手段である
  •   今回の安保理の決議には、がっかりしました。と言うか、あの腐りきった国連で物事が決まる訳がないでしょう。   常任理事国が秘訣権を持ち、その中に中国とロシアがいるのじゃ、全会一致なんてことがあるはずないでしょう。   とは言いながら、一応は決まったことに意義もあるようです。   その意義を西村眞悟さんが詳しく書いてくれています。   西村眞悟の時事通信より     平成29年9月12日(火)       [続きを読む]
  • 東京地裁「裁量権の逸脱・乱用なし」
  •  広島、大阪に続く東京での朝鮮学校無償化訴訟の判決が出たようです。大阪がとんでもない判決をしただけに心配していたのですが、辛うじて正当な判決が出たようです。   それにしても、こんな無駄な裁判をして貴重な税金が浪費されることに怒りを覚えざるを得ません。反日売国左翼・在日共が起こすとんでもない裁判を阻止する方法は無いものでしょうか。   これが、民主主義なのでしょうが、やはり、どこかおかしい。    [続きを読む]
  • 中国の金融ルート遮断を
  •   今回の安保理決議は、今日の、「安保理決議は、軍事力行使の手段である」で、とりあげたように西村眞悟さんや小坪しんやさんの言われるように意義もあるようです。   それでも、どうしてもアメリカの腰が引けているように思えるのは私だけでしょうか。   何時もの、田村さんが、やはり中国の金融ルートが無い限りは効き目は無いと鋭く解説してくれています。  本文は長いので、全文はリンク元で読んでください。【桜便 [続きを読む]
  • 記憶遺産、新制度適用は次期申請から
  •   政府・外務省が、案の定ユネスコに虚仮にされそうです。新制度を提案しているので、拠出金の停止をしなくても大丈夫だと考えていたようですが、見事にバカにされそうです。  これで、ニセ慰安婦問題が登録されたら、どう責任をとるつもりでしょうか。と言うか、責任なんか取るはずないですね。    産経ニュースより   2017.9.12  【歴史戦】記 憶遺産、新制度適用は次期申請から 中韓などの慰安婦資料、登録の可 [続きを読む]
  • 朝鮮総連“強制解体”検討
  •   拉致問題で北朝鮮への制裁などを独自に世界に働きかけてくれている加藤健さんの総連解体のアイデアを産経が取り上げてくれています。   あの香川の恥マルナカが絡んだ総連本部の債務を責めるようです。あのビル騒動の時の政府の腰の引けた対応には、本当に腹立たしいものがありましたが、今度は、本気でやるのでしょうか。   ZAKZAKより    2017.9.12   米朝緊迫の中…日本が独自制裁、朝鮮総連“強制解体”検討  [続きを読む]
  • 中国のTHAAD報復
  •   中国のTHAAD報復が、面白いことになっているようです。どこまで本気なのかと思ってましたが、どうやらかなり本気のようですね。   こうなれば、叩き潰すまでやって欲しいですね。中韓が潰し合いしてくれることは、見ものです。高見の見物で楽しませてもらいましょう。   まずは、ロッテから。   ロイターより    2017年9月11日   韓 国ロッテ、中国のスーパーマーケット売却を検討=関係筋  [ソウル  [続きを読む]
  • 中国、ロシア最大手の石油企業の大株主へ
  •   もう金がないはずの中国が、又してもとんでもないことを考えているようです。一体、どこから金が沸いて来るのでしょうか。これこそが、共産党独裁のマジックなのでしょうか。  何と、ロシアの石油企業の大株主になるのだそうです。何時もの、宮崎さんが、取り上げてくれています。  最近のプーチンさんの北朝鮮擁護などのおかしな動きにも関係あるのでしょうか。やはり、世界は腹黒過ぎます。       宮崎正弘の国際ニ [続きを読む]
  • 翁長、2年前の国連人権理に公費227万円支出
  •   昨日の、新潟の知事の話題で、こんな知事を選んでいる地方があることを嘆きましたが、その代表である売国奴翁長の、2年前の我那覇さんの反論で恥を掻いた国連演説の遠征費用が、公費だったそうです。   産経新聞の沖縄支局長が書いてくれています。これは、大問題でしょうが、どうせ有耶無耶にされるのでしょうね。   それにしても、産経新聞良くやってくれました。八重山日報にも書いてもらいたいですね。   産経ニュ [続きを読む]
  • シュレーダー前独首相はドイツのルーピーか
  •   ドイツのおかしな奴シュレーダー前独首相が、とんでもなことを言い出したようです。こいつは、元々、怪しそうな奴らしいです。日本にも、同じようなのが沢山いますね。   態々、韓国を訪問してニセ慰安婦問題で知りもしないことを言ったようです。きっと金に転んだのでしょう。    産経ニュースより   2017.9.12   シュレーダー前独首相、慰安婦問題で「日本は謝罪の勇気ない」  韓国の聯合ニュースによると [続きを読む]
  • 日韓合意、合意は検証後に
  •   シュレーダー前独首相は、韓国に金で籠絡されたのか、態々韓国に来て、ニセ慰安婦問題で日本を非難しました。人間金に負けると恥を晒し、晩節を汚すということを見事に証明してくれています。   そのシュレーダーを籠絡した韓国の外相が、これに会わせたのか相変わらずバカなことを言っているようです。当然文ちゃんも同じ考えでしょう。   産経ニュースより    2017.9.11  【「慰安婦」日韓合意】合 意は検証後に [続きを読む]
  • 柏崎刈羽審査で規制委“軟化”
  •   アレが自分の延命の為にやった原発対策と、それを放置している安倍政権によって、現地が情け無いことになっていることを、9日、第6551回の「人影消え埋もれゆく町」などで、取り上げてきました。  これも、アレが日本崩壊を狙って仕込んだ原発規制委の田中委員長が、少し目覚めてきたのでしょうか。   今まで、徹底的に邪魔をしてきた再稼働に軟化が見えてきたようです。一体何があったのでしょうか。   ちょっと [続きを読む]
  • 権力と戦うとは…彼女のやってるのは吐き気を催 すうぬぼれだ!
  •   ネットで顰蹙を買っている東京新聞の記者を、9月11日、第1180回の「北朝鮮からも東京新聞からもミサイル」で、取り上げました。   石平さんが、その記者に痛烈な批判をしてくれたようです。何と、それを産経新聞が取り上げてくれています。   何時ものWEB編集チームの記事です。このチームが出来てネットでの話題取り上げられるようになって嬉しいのですが、この記事は本紙でも掲載されているのでしょうか。新聞を [続きを読む]