こしょこしょこしょ(松元佳子) さん プロフィール

  •  
こしょこしょこしょ(松元佳子)さん: 母はアルツハイマー父は血管性認知症
ハンドル名こしょこしょこしょ(松元佳子) さん
ブログタイトル母はアルツハイマー父は血管性認知症
ブログURLhttps://ameblo.jp/kosyokosyokosyo/
サイト紹介文両親に寄り添った介護の日々は20年。母はアルツハイマー要介護5、父は血管性認知症要介護4。
自由文1968年生まれ。
5人家族三姉妹の長女。
鹿児島生まれ鹿児島育ち。
愛知、大阪、鹿児島県鹿屋市を経て、鹿児島市在住。
母の若年性アルツハイマー発症から20年、
脳卒中を患った父の血管性認知症を8年、
寄り添う介護に専念。
現在両親は紆余曲折を経て施設入所に至る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 262日(平均6.8回/週) - 参加 2016/12/04 22:08

こしょこしょこしょ(松元佳子) さんのブログ記事

  • 認知症両親の介護 やっと理想が現実に追いついた自分の在り方
  • 認知症両親の介護をして感じることは、子どもは親が病気でも認知症になっても老いて死を実感するような時期にいても、親をひとりの人間としてではなく自分の親としてしか(親としての立場役割でしか)見ることができない人が多い。だから苦しみが生まれる。 介護がつらい。それは相手と自分を押し付けあうことから始まるのかもしれない。あなたは親。わたしは子ども。これまでの家族という役割。 親もひとりの人間。自分を産み育 [続きを読む]
  • かごしま錦江湾サマーナイト花火大会
  • 義父のリクエストに応えてかごしま錦江湾サマーナイト花火大会に相方とともに行ってきました。毎年相方の仕事の都合でそろって行けない花火大会なのですが、今年は偶然にも仕事が早く終わったので。 鹿児島中央駅で義父と待ち合わせしシャトルバスで会場へ。ぎりぎり花火大会に間に合いました。 海からの風が心地よく、ゆっくり座って鑑賞できるなんて、想定外のラッキー!スマホ写真でちょこちょこ撮影。一瞬で消える華やかな色 [続きを読む]
  • 親孝行?!高齢の親を持つあなたへ
  • 親孝行って何をすればいいの?そのこたえ、単純で簡単です。「親と一緒に話をしながら過ごすこと」例え話すことがなくとも同じ空間で思いやりながら過ごすこと。 高齢になればなるほど、家族とともに過ごす時間は、不安を取り除き安心して過ごせる時間です。例えあなたが不愉快になるようなことをバンバン言われたとしても(笑)時間やお金を無駄に使って、外食したり、旅行したりする必要はありません。そのこと自体に私たちには [続きを読む]
  • 親の通院に付き添うときの心得5つ
  • 認知症の両親のそれぞれの通院に付き添いは必須ですが、義父は大丈夫だろうと漠然と安心しきっていました。 義父は、それなりに健康だし、日々健康を気遣ってストレッチやトレーニングは怠らないし、一人暮らしでもしっかり自炊してバランスを考え、生活のリズムは整っています。 ところがすっとこどっこい!義父の性格をうっかり見逃していました。「人の話は自分にとって都合の悪いことは聞いておらず自分の都合のいいように [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 施設訪問&家族団らんの風景
  • 祝日の今日は、家族水いらず。両親の施設に行く前、両親のそれぞれの実家や親族のお墓参りを済ませその旨報告。おさがりのお菓子を両親へ。父が母の手を握り仲良し夫婦を見せつける(笑)写真撮るよ〜〜〜!これが最後になるかもしれないじゃん(笑)などと日常的に家族を殺したがる妹次女(笑)(冗談ですよ!)両親それぞれの歩行訓練やハーモニカにあわせて歌ったりしての団らん。涼しくなったら両親と一緒に外出するのが今の目標。今 [続きを読む]
  • 値打ちあるな〜〜〜!!!はいずこへ?そして記憶力は?
  • 流行り廃れと言われればそれまでの「値打ちあるな〜〜〜!!!」私たち夫婦が狙っているのが、義父の「値打ちあるな〜〜〜!!!」という言葉。ところが今回鹿児島に来てからもう2か月弱だというのに全然聞かない。せいぜい「これはええなぁ〜〜〜!!!」いつもだったら絶対頂いてるはずの「値打ちあるな〜〜〜!!!」を超えるパフォーマンスを何度もぶちかましているにもかかわらず、手ごたえだって十分すぎるのに!!! 相方 [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 巻き込んじゃいますよ!巻き込まれちゃいますよ!
  • 認知症の両親、施設での日常生活は「寂しい」といいます。だから出来るだけ一人でも多くの人と連れだって施設に行くことが私の努力目標。両親に会いたいと社交辞令を頂こうものなら速攻一緒に施設訪問です。それが、「巻き込んじゃいますよ!巻き込まれちゃいますよ!」(笑) 今日巻き込まれたのは、妹たちと義父。先週末台風で両親の施設訪問を見送り、義父との日曜ランチも見送り、この見送り2件を一気に解消。 そして今日は [続きを読む]
  • 自分を整えることと日常生活の塩梅
  • 自分を整えることと日常生活の塩梅って難しいと思ってしまいます。だって○○だからっていう言い訳が、できない理由が、次々に浮かんでくる。 しなくちゃいけないことばかりに追われているから怠けてるって思われたくないからまぁそんなようなこと。 それできちんと横になってからだを休めたり、バスルームをきれいに掃除して大好きな飲み物や香りとともに湯船にのんびり浸かったり、砂浜を素足で歩いて見たり、見晴らしのよい場 [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 7月に読まれた上位5ブログの紹介
  • 毎月その月に読まれたブログを上位から見ていくのですが、7月に読まれた上位5ブログを見て、私の7月のベスト5と完全に一致していたので紹介します。嬉しい!単純に。 1)義父の健康問題からわたしができることを探る結婚してこれまでこんなに長く義父と何かをするというのが初めてでした。買い物、夏祭り、通院付き添いなど。いつも義母や叔父叔母や相方が一緒に行動していたので、義父と二人の病院でなが〜く過ごす時間は、 [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 親との会話で感情が動くときの自分と向き合ってみる
  • ブログ認知症両親の介護 感情が動くとき相手を責めるのではなく自分と向き合うチャンスで「自分の感情を我慢するのではなく、口に出して両親に言うようにしているうちに徐々に怒りや憤りの感情が緩んでいきました。」と書きました。このことについてもう少し具体的に書いてみます。 わたし自身は、親がボケてしまってからしかできなかったことですが、ボケていてもいなくてももはや親がいなくなっていても、できることだなと今は [続きを読む]
  • 相方と義父とブルーベリー狩りデート@霧島神話の里公園
  • 霧島神話の里公園のブルーベリー園でブルーベリー狩りデート?霧島神話の里公園は道の駅 霧島と併設。標高は670m、霧島連山高千穂の峰をはじめ、錦江湾、桜島、開聞岳を一望できるパノラマパーク。道の駅から道路を挟んで下にあるのがブルーベリー園です。自然のままに育ったブルーベリーはパワーを感じます。 なので、ブルーベリー狩りをされる方は長袖、長ズボン、運動靴、帽子がおすすめです。今日はトンボやアゲハチョ [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 病気に対する考え方は家族それぞれ
  • 親と私と妹たちでは、病気に対する考え方が違います。病気になる前に、ならないような努力は当たり前です。しかしもしも病気になったら、と私は考えるのですが。親はそもそも病気にならないように常日頃心がけているのだからなるはずがないという考え方でした。確かに母は家族の食事にとても気を使っていました。野菜はなるべく無農薬や手作りしたものを。調味料なども無添加のものを。例えば私は、駄菓子屋でお菓子を買うという [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 本人と家族の心、向き合い方について考える
  • 認知症両親の介護では、本人はもとより家族それぞれの心と向き合い方もとても重要だと私は思っています。 そのためには、まずは自分のこころとからだを整えるすべを知ること。自分が整っていなければ、介護するのは難しい。無理を重ねて介護していた本人が先に病に倒れるなどというのはよく聞く話です。 自分なくして介護は成り立たないという事実と向き合って受け入れなくては、と自分に言い聞かせてきました。できないときも [続きを読む]
  • 義父の話を聞き理解するのに骨が折れる件
  • 思い込みの激しい義父。頭に浮かんだことをそのまま次々に主語もなくしゃべる。そのうえその話、次々に主語が入れ替わる。そして自分が得た情報を自分に都合よく歪曲して解釈したりする。なので、義父の話を聞き理解するのにものすごく骨が折れる。 義父の話を聞くときには、・主語が誰なのか?・事実なのか不確かな情報なのか?・話題の変わる境目はどこか?・義父の話を私が正確に理解しているかどうかすぐに確認する。(重要な [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 母の手続きで施設からお出かけ
  • 母の書類の手続きの期限が迫っていて、でも連日の猛暑。母とのお出かけのタイミングをいつにするか、ひと月ほど悩んでいた私と妹次女。この手続きと母とのお出かけと猛暑という3重苦が私と妹次女にとってはかなりのストレスになっていましたが、ついに今日決行できました。 認知症の家族の諸手続きは大変です、状況に応じて段取りが必要なので。例えば、①事前に揃えなければならない書類のための手続きと証明書、当日必要な書類 [続きを読む]