たけぼう さん プロフィール

  •  
たけぼうさん: たけぼうの誰でもできる米国株投資
ハンドル名たけぼう さん
ブログタイトルたけぼうの誰でもできる米国株投資
ブログURLhttp://takeboww.hatenablog.com/
サイト紹介文平成生まれのサラリーマンが米国株投資で豊かになれるか実践していきます。たまに野球の話をします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 204日(平均5.6回/週) - 参加 2016/12/05 13:01

たけぼう さんのブログ記事

  • BETTERの積み重ねで良い
  • 広瀬さんの米国株デビュー講座です。www.rakuten-sec.co.jp良い企業は常に買い。とんでもなく割高な時期を除けば僕が失敗したなと思ったのはMCDやJNJを2月の時点で買わなかったことです。理由はどんどん上がっていて、過熱感があったからです。下がるのを待ってしまいました。で、今はもっと上がっています。◇BESTな選択というのは中々取れないBESTな選択は、良い企業が割安になった時にたくさん買う事です。でも、個人投資家には [続きを読む]
  • 逃げ切りで高齢者の勝ち
  • FP3級をとろうと思って勉強しています。勉強すればするほど、我が国は高齢者を厚遇しすぎていると思い、この後出しじゃんけんのような卑怯なシステムに強い憤りを感じました。例えば、退職後、再雇用されると、給与は新卒並になります。でも、実収入は新卒並になりません。なぜなら、再雇用者専用の年金で補填されるからです。こんな事やってる余裕が我が国にあるんですかね。保育士の給料上げるとか、保育園増やすとか、子育てし [続きを読む]
  • ルール変更に着いていけるか
  • ゲームに勝つにはルールを熟知する事が大事です。そして、勝てる人はルールをよく理解していると思います。例えば、受験です。あれは決められた時間内で効率よく点を稼ぐ競技です。なので、どの教科も満点をとる必要はありません。勉強しているのにテストの点数が悪い人は満点をとる競技だと勘違いしているのです。さて、資産形成もゲームだと考えます。今のルールだと、「グローバル企業への投資+金」が有効な戦略だと思います。 [続きを読む]
  • 半導体企業で最も深いワイドモートを築いている企業は
  • それはTSMCです。TSMCが本当に欲しいです。。でもSBI証券では扱ってないんだよな・・・。僕は半導体銘柄はQCOMを持っています。配当利回りにつられて買ってしまいましたが、半導体関連で最も欲しい銘柄はTSMです。TSMCは生産受託です。生産受託というと利益率が低いイメージがありますが、TSMCは利益率が物凄く高いです。逆に考えるべきです。設計をアウトソーシングしていると。◇TSMCは「ONLY ONE COMPANY」だエヌビディアもクア [続きを読む]
  • 節税しました
  • ◇節税効果を確認。住民税が通知されました。住宅ローン控除+ふるさと納税の効果が想定どおりか確認します。さて、想定していた節税額は住宅ローン控除:8万円弱ふるさと納税:3万円合計11万円分、今年の住民税から控除される予定でした。去年の年収ベースだと、今年の住民税は280,000円となります。1月あたり、23333円です。さて、実際の住民税は1月あたり、13600円でした。23333-13600 = 9733円年間 :116800円節税額はほぼ想定ど [続きを読む]
  • 俺のクアルコムが・・・
  • 前日比 1.42%安と大きく下げました。また訴訟ですか。またアップルですか・・・。しつこいですね。news.infoseek.co.jp訴訟の内容を見ましたが・・・クアルコムのビジネス悪質だな・・・。アップルが怒るのも無理ないわ・・・。といった感じです。でも、アップルはクアルコムと直接は契約していないというのが今回の訴訟のキーとなりそうです。株価が下がっても良いから、増配だけは続けてやってください。にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • 保有銘柄の増配率を調べてみた。
  • 若者は高配当株よりも、そこそこの配当利回りだが増配率の高い株を買うべしと以前の記事でまとめました。保有個別株の配当利回りと増配率を見てみました。過去10年の年率、増配率を使用しています。参考までに、VTIの増配率は8.9%(5年間の年率)です。KO 3.4% 8%XOM 3.7% 9%QCOM 4% 16%DIS 1.45% 18%◇QCOMは相当お買い得な気がしてきた。増配率が市場平均を上回る株を、4%の利回りで買えた。これは長期的に見れば相当お [続きを読む]
  • 将来の配当金に着目しよう
  • 考えれば考えるほど複雑になります。これは何でもそうで、機械設計も回路設計もソフトウェアも。そして、投資もです。より儲けを得るために色々考えてきましたが、もっとシンプルに。もっと楽に継続できる指針を考えないといけないなぁと最近思っています。ここで、そもそも何で投資したんだっけ?を振り返ることにします。◇振り返り・目的配当金を年金代わりにする。(あわよくばアーリーリタイアを)・目標配当金額2万$(税引 [続きを読む]
  • 2017年上半期の投資を反省
  • 投資を始めて1年が経とうとしています。今年の投資を反省してみます。仕込んだ個別銘柄KOXOMQCOMABBVDISFB◇個別銘柄売買反省ABBVの売買ABBVは買値も良くなかったし、狼狽売りしてしまいました。ギリアドサイエンスのようになるのではという不安で売ってしまいました。今考えれば、売るべき明確な理由もないのに売ってしまいました。あと、ABBVは長期投資向きではありませんでした。長期投資で仕込むべき銘柄は値動きがおとなしく [続きを読む]
  • GDP成長率から見て、どこの国に投資すべきか。
  • 時価総額の伸びとGDPは比例します。米国のGDPと日本のGDP、S&P500と日経平均。伸び続ける米国GDPとS&P500、停滞を続ける日本のGDPと日経平均。しかし、投資のリターンはまた別問題です。株式投資の未来ではGDPの伸びと株式リターンには弱い負の相間がありました。中国株式のリターンが低いのは割高なものに長期投資したから。リターンを得るためには、割安かつ成長力のある国に投資をすることです。個別企業への投資と一緒ですね。 [続きを読む]
  • 待てよ。韓国、台湾株もハイテクじゃん。
  • 僕はFBを売却したら、IEMGを買うと宣言しました。よくよく考えたら、韓国の時価総額の1/4は半導体銘柄だし、台湾の1/5はTSMCだし、ハイテクが結構入ってる事に気がつきました。ここは逃げとくべきでしょうか。。。◇3D-NAND特需はまだ続くぞ。IOTやらAIやらで半導体銘柄が注目されています。IOTはこれからだし、AIは未来の話です。現在進行形のテーマは3D-NANDメモリです。この技術でHDDは完全に消滅するでしょう。メモリはSamsung [続きを読む]
  • 日本でもセクターローテーションが起きた
  • 日本株にもセクターローテションがおきました。NVIDIAの株主、ソフトバンクが2%強の下げ、半導体製造装置メーカー、東京エレクトロン、スクリーンが3%の下げ。ただ日本株全体で見るとほぼ±0。金曜日の流れが日本でも起きています。また、ハイテクが多い、韓国、台湾株も下げています。一方、ASEANはやや上昇。豪州は変わらずでした。NY発のセクターローテーションはアジアにも広がりました。今日のNYは要注意です。僕はFBを売却 [続きを読む]
  • セクターローテーション
  • FANGが3%以上下がりました。そして、金融とエネルギーが上がりました。いわゆるセクターローテーションです。僕がFBを買ったタイミングは良くなかったようです。◇今後の方針月曜日は様子見します。FBがまた戻るか、さらに下がるのか見極めが必要です。ただ、もうFANGの躍進は長くない気がします。「今回だけは大丈夫」が最も危険と言います。FB,AMZN,googlはEPSも伸びていて実態が伴っている。今回は違う。こういうふうに思って [続きを読む]
  • 東京市場の反応を見て
  • 上がってます。ソフトバンクが爆上げしています。NVDIAとアリババが上がったので、上がるでしょう。さて、僕は英国選挙で円高になると踏んでいましたが、なりそうにありません。東京市場の人達は、「英国選挙?そんなの関係ねー」と強気でした。次のドル転機会はもうちょい先になりそうです。市場の関心は英国からFOMCになりそうです。利上げは間違いなく実行されるでしょうが、どういう声明が出されるかです。たぶん「慎重に」と [続きを読む]
  • 流れがブレクジットと一緒
  • 6/7のNY株式市場はわずかに上昇しました。政治イベントを控え、様子見ムードですが、やや不透明感が後退したためとか・・・。これって、ブレクジットショックと一緒ではないですか・・・。1年前もEU離脱危機がやや後退し、前日に株が上昇しましたが、まさかのEU離脱決定で下落円高、株安が襲いました。英国選挙では保守党圧勝と思われていましたが、労働党の支持率が上がっています。わずかに保守党がリードしているようですが、1 [続きを読む]
  • 新興国長期投資は微妙
  • 新興国株はボラリティが高く、長期投資にはあまり向きません。ボラリティが高い=年率リターンが下がるからです。これはどういうことかというと平均リターンが5%でも、ボラリティの違いで数年後の資産額は大きく変動するからです。例えば元本1万円を運用していると仮定します。 0年目1年目2年目平均リターントータルリターン(年率) A1000010500110255%5% B1000011000100455%2.2% Bは長期投資には向きませんが、短期的にはA [続きを読む]
  • 相場に長く居続けるには・・・
  • 自分にあったやり方を貫く事。そんな気がします。◇FB購入で気付き世界的な株高で買うものが無く、もうグロース株投資で短期的な値上がり益くらいしかありません。で、FBを買ってみました。そこで気付いたのは、グロース株は買うタイミングを間違えると精神的な負担が半端無いという事です。投資法の優劣ではなく、向き不向きで言うと、僕には向いていないと思いました。グロース株投資は高く買って、もっと高く売ります。なので、 [続きを読む]
  • 運用状況整理【2017/06/01】
  • 6/1時点でのポートフォリオを確認しました。◇NISA口座投資元本 10,407.88$評価額 10,913.19$リターン +4.86%累積配当 78.33$銘柄 構成比率 リターンHDV 16% +4.79%VYM 19% +6.60%VEA 4.6% +2.27%EWM 10.3% +5.55%KO 14.7% +10.36%DIS 10.9% +0.03%QCOM 13% +9.61%XOM 11.8% -2.92%本格的に投資を始めたのは今年に入ってからです。まず、まずと行ったところでしょう。円建ては面倒くさいので省略。また気にし [続きを読む]
  • DISを購入_ポートフォリオ整理
  • ◇落ちてるナイフを拾ってみたDISを購入しました。美女と野獣の主演女優エマ・ワトソンが結構好みというの購入動機です。(半分冗談です。)予想PER:16.06配当利回り:1.44%配当利回りの高い銘柄ではありません。ですが、PERは市場平均と比べて低いです。かといって不当に低いわけでもありません。長期チャートです。基本的には綺麗な右肩上がりです。エンターテイメントは娯楽なので、景気の波を受けます。しかし、ディズニーのよ [続きを読む]
  • 日本人が投資を嫌がる理由。
  • 古代より投資は庶民が成り上がる方法の一つでした。投資で最も成功した人物の1人は呂 不韋でしょう。呂 不韋は「王」に投資しました。彼は秦の宰相まで上り詰めます。秦のNo.2です。後の始皇帝、「政」が成人するまでは、実質的なNo.1でした。彼の有名な言葉に「これ奇貨なり。居くべし (これは、掘り出し物だ。手元におくべきだ)」という言葉があります。詳細はwikipediaを見てもらうとして、投資というのは昔からあるもので、別 [続きを読む]
  • 日本人の大半は資本主義を理解していない
  • 今日は日本の投資家にとってめでたい日となりました。日経平均株価が2万円の大台を突破しました。NEWS PICKSにも速報が出ていました。で、こういうニュースが出ると必ず以下のような主旨のコメントが付きます。これはYahooコメでも一緒です。「株が上がっても庶民は豊かになっていない」だから、豊かになりたきゃ、株を買えよ!馬鹿なの??普通に考えればわかるはずです。金利がほぼ0%で普通預金も国債も社債も雀の涙程度の利息し [続きを読む]
  • 成功者の共通点
  • それは「リスクをとるという決断をした」ということです。例えば、プロ野球選手です。若いときの全ての時間を野球が上手くなるために使う。これは非常にリスキーな行動です。きっと、周りの人から「プロ野球選手になれなかったらどうするんだ?」と言われてきたに違いありません。しかし、彼らはプロ野球選手になることを諦めなかった。だからなれた。もちろん、成功者より大勢の脱落者がいますが。。◇虎穴に入らずんば虎子を得ず [続きを読む]
  • Yahooコメ民の金融リテラシー低すぎ
  • こんなコメントを見ました。記事の内容はソフトバンクのファンドについてです。「ソフトバンク系のユーザーはこうやって養分にされているんだな。かなりの利益をあげているのに還元する気配もないよな、どこの携帯会社も似たようなもんだけどさ。 」昔の僕なら「そうだ、そうだ」と思っていましたが、今は「そんなの当たり前だろう。還元すべき相手は株主だよ。ユーザーに還元するわけ無いじゃん」と思いました。ソフトバンクはち [続きを読む]
  • ソフトバンク株を買うべきか?
  • ちょっと古いですが、孫正義はネクストバフェットになりたいと言っていました。ソフトバンクは好きではありませんが、孫正義のビジネス手腕は本物です。英ARMをブレクジットのどさくさにまぎれて買収するなど、孫正義はネクスト・バフェットになれる資質があると思います。(なぜか、上から目線)というわけで、ソフトバンク株を買うかどうか検討中です。日本株を買う際の障壁は単元数です。単元数は本当に止めて欲しい制度です。 [続きを読む]