たけぼう さん プロフィール

  •  
たけぼうさん: たけぼうの誰でもできる米国株投資
ハンドル名たけぼう さん
ブログタイトルたけぼうの誰でもできる米国株投資
ブログURLhttp://takeboww.hatenablog.com/
サイト紹介文平成生まれのサラリーマンが米国株投資で豊かになれるか実践していきます。たまに野球の話をします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 260日(平均5.6回/週) - 参加 2016/12/05 13:01

たけぼう さんのブログ記事

  • 原油が下がればロシアに行く
  • 北朝鮮リスクも後退し、新興国株式も回復してきました。新興国はPER15倍程度、ユーロ圏も17倍程度と、米国株に比べて割安です。しかし、年初来で15%程度上昇しています。一時的に下落してもおかしくありません。(下落すれば買い増すで良いと思いますが。)そんな中、PER7倍、PBR0.5倍と世界から無視されている市場があります。ロシアです。原油安と欧米からの制裁で、通貨が暴落し、急激なインフレに苦しんでます。しかし、チャー [続きを読む]
  • VYMとHDVを売却
  • ◇やっぱり天井二つの米国ETFを売却しました。本当は50日移動平均線にタッチするような所で売ろうと思いましたが、早めに売りました。昨日は一時プラ転したので、「早まったな。」と思いましたが、朝見ると下がっていたので、これで良かったのかも。そして、予想通り新興国が強かったです。米国株と比べて割安だし、ファンダメンタルも上向きだし、米国の金利は低いしと、売る理由がありませんからね。◇売却理由ジムクレイマーが [続きを読む]
  • 米国株は売り時か?
  • 8/17はえらく下げました。今年2番目の下げだったそうです。いつも拝読させてもらっているバフェット太郎氏のブログでは天井に近い事が示唆されていました。まず、S&P500のチャートを見てます。50日移動平均線を完全に割り込みました。保有ETFを見てみます。いずれも米国株のETFは50日移動平均線を割っています。上昇の根拠であった減税も遠のきました。ここから9月、10月と米国株が弱い季節に入ります。そして、バランスシート縮小 [続きを読む]
  • FRBの一人抜けが確定。ECBの動きに要注目
  • 強気相場が続いています。米国株は割高だ、割高だと言われながらも一向に落ちてきません。金利が低いからです。米国の金利は10年:2.25%30年:2.81%一方ドイツ国債は、10年:0.44%30年:1.19%とこちらも超低金利です。FRBは恐らく9月より、バランスシート縮小を始めます。長期金利の下落圧力が弱まります。FRBが買ってくれないので、債券価格は下がる(金利上昇)はずです。ただ、金利がするすると上昇することは無いでしょう。金利が [続きを読む]
  • 如何にしてαを取りに行くか?
  • 値動きには二つの要素があり、αとβです。βは市場全体の動きで説明できる要素で、αは投資家の腕でしか説明できない要素です。タイミングや銘柄選択です。βだけで満足できるなら、S&P500ETFを定期購入して、気絶しとけば良いです。僕の場合、それだけだとつまらないから、αを取りに行きます。αを取る方法・個別株投資・高配当戦略・セクター戦略・グローバルこんな感じでしょう。個別株投資はS&P500の箱の中から、平均を上回 [続きを読む]
  • ルールは徐々に作ればいい
  • 米国株ブログ三強、チンギス・ハンさんが売らないというルールを破ってしまったという記事を上げていました。僕はルールは徐々に作っていくもので、合わないと思えば、変えて良いと思います。バフェット太郎さんは、ルールをバシッと決めて守っています。30代前半で4000万円の運用資金がある成功した投資家だから、自分のルールに確信が持てるのでしょう。それは、成功体験からきているのか、失敗体験からなのかはわかりませんが。 [続きを読む]
  • 朝鮮戦争は起こらないから下落は買い増しチャンス
  • 地政学リスクが高まっています。北朝鮮がグアムに向けて、ミサイル発射実験を行うとの報道がありました。グアムには米軍の戦略爆撃機があるため、それを意識しているのだと思います。しかし、北朝鮮がグアムに向けてミサイルを発射する可能性は低いでしょう。日本海にいくら打ち込んでも、日本は遺憾の意を発動するだけです。怖くも何ともありません。米軍も日本の領土にミサイルが落下して、初めて報復を行うでしょう。だから北朝 [続きを読む]
  • 北朝鮮リスクで判明した事
  • 北朝鮮リスクで米国株は下落しましたが、すごく当たり前の事に気づきました。「ファンダメンタルズが良い株はあんまり売り込まれない」マクドナルド、アップル、キャタピラーなど。セクターを問わず、内容が良ければそんなに売られない事がわかりました。◇内容の良い株を買う個別株投資はこれに付きるのではと。効率的市場説によれば、現在の値段は妥当な値段です。内容の良い株を自分だけ割安に買う事はできません。だから、個人 [続きを読む]
  • QE再開後に何から買っていくか
  • 量的緩和バブルによりあらゆる資産価格が押し上げられています。FRBにより量的引き締めが行われますが、引き締めによりいずれ資産価格が暴落すると思います。利下げ余地が無いので、量的緩和の再開となる訳ですが、量的緩和開始直後に、それぞれの資産がどのように変化したかを見てみます。まずは金です。QE1は2008年11月からです。量的緩和開始と同時に上昇に転じている事が分かります。次は新興国株式 EEMです。金と上昇タイミン [続きを読む]
  • idecoに新興国株は必要なし
  • 皆さんはidecoをやっていますか?僕はNYダウに全額突っ込むという、普通の日本人から見ると狂気の沙汰としか思えない事をしています。米国では普通の事ですがね。(米国人はS&P500で積立していると思われます)僕は新興国株が不要とは思いません。新興国は先進国よりも高成長なため、ポートフォリオに加えておくべきです。特に、割安な時は大量に仕込んだ方が良いとも思っています。ただし、idecoで買う必要は無いのです。理由を説明 [続きを読む]
  • QE再開後に買いたいもの
  • QE再開後に買いたいものまだQTも始まっても無いのに、気が早すぎるかもしれませんが、書いておきます。書いておけば思い出すかもしれないですし、落ち着いている時に考えた案の方が確実ですからね。◇QE再開後はドル安FRB、ECB、日銀。3大中央銀行で最も緩和余地があるのが米国のFRBです。そして、最も無いのが日銀です。以上より、円高ドル安になります。下値は恐らく75円程度だと思います。これはビックマック指数より導き出した [続きを読む]
  • QTの影響を考察してみる
  • QT、量的引き締めの影響を考察してみます。現在、FRBはQEで買った債券の償還期限がすぎても、再投資して、バランスシートの規模を維持しています。QTは債券の再投資をやめて、バランスシートを縮小します。◇中期的な予想長期金利上昇⇒ドル高長期金利上昇⇒株安これは簡単です。長期金利が上昇すれば、株式でリスクを負わずとも、債券を買えば金利収入が入ります。米国市場のPERが約22倍なので、4.5%の益利回りです。元本保証で3% [続きを読む]
  • 買った理由を整理
  • 買った理由が無くなった時が売りです。すべての銘柄の買った理由を整理して、売り時を逃さないようにします。銘柄買った理由HDV高配当株は長期的に見て、市場平均をアウトパフォームする研究結果からVYM高配当株は長期的に見て、市場平均をアウトパフォームする研究結果からVEA順張り。ヨーロッパの景気回復IEMG順張り。中国の景気回復。韓国、台湾メーカーの半導体スーパーサイクルの恩恵DISブランド力、高収益。なんだかんだディ [続きを読む]
  • アイコスに期待しすぎるな
  • アイコスがめちゃくちゃ売れています。僕の友達のほとんどが持っているし、オークションでも高値で取引されています。また、台湾出張者の話だと、日本人が皆、アイコス持っているから、「それ何??」って興味津々らしいです。アイコスがこのようにバカ売れしているので、以前からPMを持っている人は、かなりの含み益が出ていると思います。シーゲル銘柄なので、多くの人が保有されていると思います。ただ、アイコスに過度の期待は [続きを読む]
  • よくわからないけどDIS復活、後はXOMが復活してくれれば
  • DISが前日比+2.88%と上げてきました。下降トレンドに入ってから、相場が好調の時も微妙で、セクターローテショーンで上げても+2%が限界で、+3%も上がる事はありませんでした。株価が低迷すると、買収の噂が出るので、魅力的なコンテンツを持つ会社なのは間違いないでしょう。・営業キャッシュフローは15%を超えており、高収益・ディズニーというブランド力この2点が購入理由でした。正直、買ったタイミングは悪かったです。RSIが30 [続きを読む]
  • 順張りでの追加購入タイミング
  • 金曜日に失敗してしまいました。クアルコムを売った資金をNVDAに投資しましたが、タイミングが悪かったようです。新高値更新で購入しました。このまま伸びるかと思ったら、上値が重い感じ。月曜日にアナリストによる目標株価引き上げもあったのですが、微妙な反応・・・。あぁ、これは間違えたんだと思い売りました。◇追加購入で平均取得単価上昇を嫌がらない。失敗したなと思ったのは、Visaに追加投資をしなかった事です。追加投 [続きを読む]
  • 逆張りは難しいし、米国株でする必要なし。
  • ◇逆張りは難しい逆張りは市場が間違っていると思って、買う手法です。落ちるナイフを掴む行為です。本質的な価値より割安だから、いずれ復活するはず・・・。という読みで行います。これは非常に難しいし、経験が必要です。例えば、B太郎氏は株価が低迷し、ボックス圏だったマクドナルドをドルコスト平均で買いつけ、成功しています。これは彼が10年以上の経験があるベテラン投資家なため、マクドナルドの低迷は一時的なものだと [続きを読む]
  • 為替ヘッジについて
  • ◇2017年はドル安アメリカの経済指標はそれほど強くないため、長期金利はなかなか上がらない。しかし、世界経済を見るとユーロ、新興国は回復の兆しが見られる。アメリカの弱い経済指標→長期金利低下→ドル安というシナリオです。ドル安→新興国株上昇→新興国通貨高→IEMG購入長期金利低下→債券の魅力薄→株高→株は保持アメリカの弱い経済指標というシナリオに基づき戦略を立てていますが、ひとつ重要な事を忘れていました。そ [続きを読む]
  • 副業計画中
  • ちょっと、副業を計画しています。どんな副業かと言うと、クワガタ採集して、ヤフオクで売りつける副業です。僕は田舎に住んでいます。近所の森でクワガタやカブトムシが取れるそうなので、50匹くらい捕まえて、一匹1500円くらいで売れたら、結構儲かるんでない?という安易な発想です。カブトムシは成虫状態で冬を越せないので、クワガタの方が寿命が長くて、発送中に死ぬとか、トラブルにあいにくいかと思いました。今年は勉強し [続きを読む]
  • ハイテク長期投資は無理ゲー
  • ブレークアウトした瞬間を狙って買ったVisaとIMEGです。1週間経ちますが、含み益状態ですので、タイミングとしては悪くなかったようです。またVisaの決算は良かったです。グロース株投資は決算前夜が一番緊張します。無事通過してくれたのでホッとしています。今日の取引でどこまで値を伸ばすか楽しみです。一方、クアルコムは約-5%の大幅安。取引直後に逃げれば-3%弱で済んだのですが、逃げ遅れて-5%。今日、ちょっと盛り返したら [続きを読む]
  • ドル安でよし!と思うようになった
  • 投資を始めたばかりの頃は円高ドル安は円建て評価が下がるので、「嫌ーー!」と思っていました。最近はドル安になると「よし!よし!」と思えるようになってきました。なぜ、ドル安になると嬉しいか?それはアメリカ人の投資家がリスクオンになってくれている証拠だからです。リスクオン=株高なので、ドル安大歓迎です。また、円の購買力が増すので、新しく株を買いやすいです。リスクオフの円高もありますけどね。そん時はマクド [続きを読む]
  • 同じ阿呆なら踊らにゃ損々
  • 今の株式市場は量的緩和バブルで踊っている相場です。踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損々という言葉がありますが、割高だ割高だと言って、全キャッシュで見ているだけの人は機会損失しています。踊っている阿呆は着実に資産を伸ばしています。正に文字通り踊らにゃ損です。今は長期投資で仕込むべき時期ではありませんが、長期投資しばりをする必要はありません。長期投資がダメなら短期投資をすれば良いし、音楽に合わせ [続きを読む]
  • 隙あらば野○
  • 野球の世界では、打線の組み方について、バリー・ボンズを9人並べろという最適解が広く知られています。というのは冗談ですが、ポートフォリオの構築はスタメンの選定に似ています。例えば、ほぼ毎試合出るのは実績がある選手です。巨人で言えば、坂本選手です。こういった選手は悪い時でも、四球を選んだりと最低限の事はします。長期投資するなら、巨人の坂本選手のような銘柄に投資すべきです。長年の実績があり、株価の勢いが [続きを読む]