アートモデル海斗 さん プロフィール

  •  
アートモデル海斗さん: アートモデル海斗
ハンドル名アートモデル海斗 さん
ブログタイトルアートモデル海斗
ブログURLhttp://artmodel-hiro.com
サイト紹介文自分の体を用いて大学や専門学校などで美術解剖学の講義をする美術モデルとして、日本では唯一人の存在
自由文職業としては成立しない美術モデルですけど、ヨーロッパでは紀元前からあった存在です。 ひたすらアートの為に自分のカラダを提供する、そんな人たちの存在が人類の美術を支えてきた。いま僕もそれをやっているのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 96日(平均2.1回/週) - 参加 2016/12/05 13:29

アートモデル海斗 さんのブログ記事

  • 「それは個人差」で済まされてしまう
  • 仕事であっても作品であってもヒトを描いたり創ったりします。できたものは、あれ?どこかおかしいのかも?何か間違ってるやん?なんか違和感があるんだけども。。。だけど、個人差という事で済ませておこう。。。そういう妥協の仕方ってありがちです。これ繰り返していたら、いつまでたってもうまくなりません。自分はごまかせても解っている人が見たら分かってしまっているのです、自分の知らないところで。 ヒトの個人差を [続きを読む]
  • 背中の凹凸が表情をだす
  • 背中はひとしきり描いてしまうともう描くところがない。輪郭線を追うのに精いっぱいの初心者がクロッキーするとそのような感想が出てきますし、描きこんだ人は背中こそじっくりと時間をかけてデッサンしたいと言います。光の加減によるのでしょうけれど弱い光が横から入ってきたときなど、背中は起伏にとんだ絵描きにとっては格好の戦場!でしょうか。細身の女性の背中ですら肩甲骨とそれにつく僧帽筋、広背筋、背骨の隆起などが織 [続きを読む]
  • 大学の先生が主催の美術解剖学講座
  • 東京ばかりの活動をポストしてきましたが、4月に成安造形大学の小田隆准教授と一緒に大阪で!一般向けの美術解剖学講座を開きます。4月8日〜9日の二日間の講座でちょっとしんどい?!ですけどガンバってマスターして見ましょう、参加に関心のある方はどうぞ、下記まで ↓ 申し込み先:kaito3021@gmail.com日時:4月8日(土)〜9日(日)両日とも10:00-17:00まで(昼休み1時間)場所:大阪市生涯学習センター(梅田、 [続きを読む]
  • 触ってわかる美術解剖学 〜 その2
  • 前回は「触ってわかる解剖学」という本を参考書としてご紹介しましたが、本で学んだことは実物のヒトで確認をしないとまず頭には入りません。どんなこともそうですけど、実物や本物に勝る教科書は無いと言えます。 絵や立体のように、人のカタチを作るには形をカタチで覚えないと、やっぱり身にならないと思うのです。最近、良い参考書がどんどん美術解剖学の分野では出てきています。それらで勉強をした人は地元のクロッキー会な [続きを読む]
  • 性的二形
  • 性的二形そう聞いて、え、何それ?なんかイヤらしいもの?(^^ みたいな反応が普通は出てきますけど、これは男女のカタチが生殖器以外の部分ではっきりと区別できるものを指します。 からだ全体の構造が違ったり、どちらかにしかないものがあったり、運動能力に差が出たり、様々な出方をしてきます。キジのオスはきれいです。同じ種なのに性別の差が歴然人間にも体のあちこちに、これがちりばめられています。改めて言われたら [続きを読む]
  • さわってわかる解剖学
  • 各地で美術解剖学のセッションをしたのちに、ほぼ必ず質問をいただくのが「自習」について。なにか良い本、参考書、動画、ありませんかと言うものです。実物のモデルを観て、触れてみて納得するというベストには及びませんが何とかそういう活字メディアか動画で”引っ掛かり”は得たいものですね。洋書の翻訳ですが、さわってわかる美術解剖学(マール社)という本があります。自分の体を触って人体の基礎を習得しましょうという趣 [続きを読む]
  • 大阪クロッキーLIVE@通天閣
  • とにかくわかりやすい場所にある、ギャラリーカフェ *kirin* は通天閣の正面入り口の真ん前。昨日ここで久しぶりにクロッキー会を開催しまして、女性モデル優理亜ちゃんとソロはもちろんダブルポーズ、ムービング、とひと通りプログラムを組み定員いっぱいの参加者さんと午後のひと時を楽しんできました。 男女両方を描きたい、と言う声はいつも聞きますからそれにお応えして今後毎月この*kirin*で開催します。優理亜ちゃん+海斗 [続きを読む]
  • 名古屋で美術解剖学LIVE・満席の熱気
  • 2月11日、名古屋ROJUEにて美術解剖学のセッション「筋肉と骨」を行いました。今回は初級コースですが募集定員の20名を上回る満席の熱気をいただきました。「名古屋ROJUE」の定番のイベントとなってはや数年、正確なデッサンをしたいという方々の期待は大きいと感じます。ボクは思うのですが医者であれ、スポーツであれ、鍼灸整体であれ、体の事のスキルを得る分野では座学だけでは絶対に覚えられないと思うのです。 [続きを読む]
  • 美術解剖学を自習する人のために
  • ボクが各地で絵を描く方や立体を作る方たちに、生身のモデルの観察を通してヒトの構造の観察の仕方を1日〜2日のセッションでお話しするのですが、問題はそのあとどうやって継続的に勉強してゆくのか。教材はあるのか、が問題ですね。 昨今はCGや動画を使ったソフトなどが出ていて立体的に多方向から見れたりするのでよさそうなのですけど、そういう動画・CG系の資料で良いモノに出会ったことがありません。それらも動画 [続きを読む]
  • 実現しない夢、させる夢
  • 昨日のポストの「原型師になる夢」。  夢についてもう一つ、全く別のハナシがあります。「夢をかたれば少し大人になれる気がして」何の曲だったか、そんな歌詞があったなと、ふと突然思い出しました。同時に「夢なんか豚に食われてしまえ」といった幻冬舎の見城徹社長の言葉もおもいだしました。売れる本を出すという幻冬舎、その社長のいう事とはさすがの切れ者と思いましたよ。この方はルックスは胡散臭いのですけどね(笑)、言 [続きを読む]
  • 原型師になる夢
  • 1月14−15日のボクの美術解剖学講座「モデル海斗・東京LIVE」には立体の造形を志す方が多く集まってくれました。いわゆる平面の方も参加者にはおられますが、立体をやる方の美術解剖学への渇望感は相当なもので、講座の説明をしてもこちらも気合が入ります。立体にはゲームやキャラクター造形といった分野もあり現代は美術解剖学へのニーズは固まる一方ですし、新しい本もこの2年ほどいろいろ出てるようです。この1月の [続きを読む]
  • 男女組みポーズ・ヌードモデルクロッキー
  • ちょっと前に上げたこの記事↓、あと8席あります。@大阪です。綺麗なギャラリーの中で、造形感覚に優れた男女美術モデルがベストパフォーマンスをお見せする濃い〜時間。そういう場のチカラも味方してくれますよ。普通のクロッキー会ではない、という満足感を持っていただけるようにガンバリます☆お申し込みはkaito3021@gmail.com まで――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― [続きを読む]
  • 2日連続16時間・美術解剖学東京
  • 遅まきながら1月のセッションのレポートです。1月14〜15日の二日間、美術解剖学セッションを二日間にわたり16時間! 江東区文化センターで行いました。『人体の本当の事が知りたい!』という熱い美術家の皆さんがあつまりまして定員いっぱいの満員御礼となりました。本やスライド、最近はCG動画なんかもある。それで自習したら人体がわかるかな。。。と言ってもなかなかわからないものです。人体を覚える近道は目の前の [続きを読む]
  • 仕事始めの九州レポート
  • もう2月に入ろうか、というこのタイミングで1月の仕事始めの福岡のリポートです。いかに手が回っていないか。。。ちゃんとしないとだめですね。1月9日に福岡の画家・田代先生の主宰で美術解剖学のセッション『人体構造講座&ヌードクロッキ―会』をやらせていただきました。九州ROJUEの主宰のモデル・あやめちゃんと二人で男女組みポーズのクロッキーポーズやモデルがゆっくり動くムービングクロッキー、最後は30秒のマ [続きを読む]
  • 通天閣の前でヌードクロッキー
  • 地元が関西なのに海斗はなぜ東京ばかりで活動?と言われて久しく。。。関西でやりたいのですよ、でも話の引き合いが東京ばかりからくるもので。。。と言い訳してはダメですね。3年ぶりに大阪で活動を開始します。拠点は大阪のシンボル通天閣のド真ん前、串カツストリートのなかにキラ星の様に存在する『ギャラリーカフェ*Kirin』で年間を通して毎月やります☆彡もともと『OSAKA路樹絵』として3年前まで梅田で活動した [続きを読む]
  • 追加募集します− 人体構造講座
  • 人体の構造を解き明かして観察する “男女モデルLIVE”,の1月募集があっという間に満席になってしまい、入れない方がかなり出てしまいました。なので2月に追加講演をやることにします、このPDFをダウンロードしてください。http://office-ogawa.net/data/Muscle_and_Bone_LIVE2016-feb.pdfご出席されたい方はこのブログの下段にあるメアドにご連絡ください、モデル海斗直通です。 いわゆる学校の講義形式では [続きを読む]
  • 見せる自信、観る自信
  • ピコ太郎がブレイクをしてボクは胸がすく思いがしましたねー。なぜならば観る者が全部決めるんだと新ためて確認できたから。 モデル活動をやってきて、??!と思うことが何度かありました。それは自信のない画家さん。「これをだして〇〇のパクりと思われないか」(勝手に思わせとけばいいんでは・・?)「まだ自分の画力じゃグループ展も無理」(10年近いキャリアがある人ですけど)「もっと描けるようになってから出した [続きを読む]
  • 新年は九州から仕事始め
  • 2017年からは露出を前面に出す計画でして、四重人格のなかのモデルの部分に時間を取ります。で、新年最初は福岡から。画家の田代国浩先生という方が福岡におられて毎年呼んでいただいてます。リピータの方々も毎回来ていただけて今回も九州ROJUE主宰兼モデルのあやめちゃんとのコンビでやります。前回あやめちゃんと福岡の皆さんとのクロッキーの様子。モノクロの方が湿り気があって、いい。で、コマーシャル ?  1月 [続きを読む]
  • 性差はいつもホットな話題
  • またポストが10日ほど間が空いてしまった。。。年内にさばく仕事に追われてるのです。 ボクは翻訳者でもありますが経済人であり美術モデルでもありアトリエROJUE(京都)のプロデューサーでもあり。とりあえずは四重人格をこなしてます。翻訳者のクセはなんでも自分の担当する外国語だとどう言うんだろう、と単語を考えてしまいますが、ちなみに四重人格は quadrophenia です。 ほかにも東京芸大の美術解剖学会で役 [続きを読む]
  • カラダの構造を知るイベント
  • 絵描きさんが人のカラダの構造をちゃんと基礎から知るイベンを、まず東京でやります。 「筋肉と骨LIVE!」と銘打ったイベントです。(昨日のポストで間違ったリンクを貼ってました、 改めて ?http://office-ogawa.net/data/Muscle_and_Bone_LIVE2016.pdfこのリンク ? からpdfをダウンロードして見てください。ダウンロードの内容はこのページ ? を含めて2枚、出てきます。 人体で描こうとするとき、知らないも [続きを読む]
  • 画家のアトリエ・その2
  • 画家さんに呼んでもらってアトリエにお邪魔すると、画家さんが日ごろ取材しているネタやその時の画家さんのマイブームであったり勉強のテーマに触れることが良くあります。いわば作品の根っこに当たるところに美術モデルは触れることができたりします。根っこは地面の下にあって見えないものですけど、そこから養分を吸い取って作品という花に命を与えますから、この根っこは大事なものなのですよ。多くの場合アトリエは雑然として [続きを読む]
  • 日展が京都に巡回してきました
  • いくつか前のポストで、ボクが小灘一紀先生のモデルをさせていただいた絵が日展に出ていることをお知らせしましたが日展が六本木から平安神宮横のの京都市美術館に10日から巡回してきます。小灘一紀先生は日展の会員なので一貫して日本神話の世界を表現していてボクも今回は須佐之男命(スサノオノミコト)を演じさせてもらいましたが最終的に展示に出すまでには画家はいろいろと最終形を求めて苦労をされるようです。 ぼくには [続きを読む]
  • 背中でショータイム
  • 前回のポストから2週間近くたってしまいました。掲載のネタは色々あるのですよ、この2週間やったことといえば、銀座で彫刻セミナーのモデル、六本木のゲーム企業さんで美術界解剖学の研修セッション、成安造形大学での授業、そのほか東京のモデルさんと会ったり、三鷹のSTIDIOT23に伺ったり、いろいろ。こうして思えば東京にずっといてたような。手が回らなくて記事アップが滞ってましたね。明日からは長崎でモデル活動ですから [続きを読む]
  • 生身のモデルに触れる機会
  • ボクが今までモデル活動をやってきた中で、美大が複数ある都市、たとえば東京、京都、名古屋。この三都では画力の基礎訓練としてヌードデッサンをやっている度合いは他の都市に比べて図抜けて高いです。これを見ると美大があるというのはやっぱり大きな意味があるんだと思うのですが、大学の話だけではありません。一般市民の絵描きが人体ヌードに触れている率もこの3都市では格段に高いのです。自然発生的にできているヌードデッ [続きを読む]
  • 成安造形大学 〜 美大の授業風景
  • 成安造形大学のイラストレーション領域、小田隆准教授と一緒にいろいろやらせてもらってもう何年になるかなあ。。。というお付き合いですけど、さて今般は18:30から開始の授業にやってきました! 今日は「上肢」を中心にパートの説明やその動きを解説します。期によって参加してくれる学生の数は様々。今回は女子が90%かなあ。 というか毎回ほとんど女子ですが。今回の学生はたくさん質問してくれてうれしいなぁ。モデル [続きを読む]