FIVEFs さん プロフィール

  •  
FIVEFsさん: 木の響きと音楽
ハンドル名FIVEFs さん
ブログタイトル木の響きと音楽
ブログURLhttp://5case.blog.fc2.com/
サイト紹介文木工加工と音楽の融合 心地よい響きを! オリジナルな発想設計で唯一無二のスピーカースタンドを紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 67日(平均2.4回/週) - 参加 2016/12/05 14:53

FIVEFs さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • スタンドの足元
  • ・スタンドの足元オリジナルスタンドの足元は、前回の記事でも紹介したように、多角形の角柱(ポリゴナルプリズム)のインシュレーター仕様です。魂柱はアピトン材です。外部筒材はオリジナル合板です。上記のパーツで構成され、魂柱は取り出し可能になってます。セットの仕方は薄い方の魂柱(スペーサー)を先に中央部に入れます。※無垢の薄い木材ですので、無理に扱うと割れる恐れがございます。扱いには注意して下さい。 [続きを読む]
  • 音の問題の解決策は自然界の応用が近道?
  • 支柱デザインの特徴先日も日本中が寒気に覆われまさに冬本番ですが、テレビのニュースで雪の結晶について取り上げていました。雪の結晶は皆さんがご存知の六角形を基本とした形をしています。六角形の連なる形状としてハニカム構造がありますが、蜂の巣の構造が基になってます。・ハニカム構造この六角形を基本とした形は自然界でごくあたりまえに多く見かけます。雪の結晶や蜂の巣がその例ですが、六角形を基本に形成する事には [続きを読む]
  • 王様のイス・・・みたいな・・・
  • 親戚の息子さんの子供用イスを頼まれてまして・・・せっかくなんで、世界にたった一つだけの王様の椅子!と題して今回の支柱をいかして作ってみました。もしかしたら、良い響きのおならの音がするかもしれませんよ・・・(笑)将来的には座椅子のウレタンクッションを取り外して、サブウーファーでも置いてください♪この支柱は八角形も利用しているんで、直角に組めるので他にも応用が出来ますね!オーディオラックとか。オーデ [続きを読む]
  • 素材 アピトン材の特徴
  • アピトン材の特徴(産地によりクルインとも呼ぶ)スタンドに使うアピトン材の特徴についてお話します。オーディオに携わっている方なら、この木はご存知だと思いますが一部では木材の王様(オーディオ関係で)と呼ばれるくらい、この業界では知名度は高いです。しかしながら、あまり見かけないのも事実です。理由は、貴重資源の為、一般に流通している木材に比べ非常に高価音楽に使う木材全般に言える事ですが、今では貴重資源と [続きを読む]
  • 自作スタンドにMonitor audio silver Rx-2をセッティングしてみた!
  • 自作スタンドにMonitor Audio silver RX-2をセッティング簡単な仕様説明になりますが、スタンドの天・底板及び支柱の外側はラワン合板※このラワン合板は市販されている物ではなく、音響用として新たにプレス機を使い自ら合板にした物を使用しています。天・底板には鳴きと反射の軽減を兼ねた工夫を施しています。支柱外側は上記の合板を筒状六角柱に形成し、3本を1体とした支柱でハニカム状にしています。Polygonal Prism(ポ [続きを読む]
  • 爽やかな秋空に・・・George Winston - Autumn
  • George Winston - Autumn ジャケの写真がこのアルバムの内容をすべて物語ると言っても良いでしょう! 美しい旋律で奏でるピアノソロアルバム 聞き流すにも自然、しっかり耳を傾けても繊細な音が心地いい 鍵盤のタッチ感、余韻、重なりあう倍音と響き、録音も良く、癒される1枚 聴きどころは、基音と倍音の余韻と消えるさま。からの無。 最近では、あこがれ/愛〜Longing/Love がJTのCMで使われています [続きを読む]
  • Gibson SG'61 Reissue HC W/LC Tom Holmes H453Limited
  • Gibson SG'61 Reissue HC W/LC Tom Holmes H453Limited2000年頃のモデルです。16年経ってますからバッチリ鳴ります。新品購入時は、鳴らなくてつまらん音を出していた、61 Reissueですが3年目ぐらいから、変化を感じるようになりました。こうなると、弾くのが楽しくなるんですねぇご褒美として、リアに Tom Holmes H453Limited を装着してます。純正の 57 Classicピックアップも悪くないんですが、H453Limitedは、音色は同系 [続きを読む]
  • 音源確認の為のヘッドフォン KRK KNS8400
  • KRK KNS8400スタジオモニタースピーカーで有名なKRK日本では比較的にマイナーですが・・・このヘッドフォンは非常に原音に忠実に再生してくれます。特徴が無いのが特徴でしょうか?誇張なしのナチュラルサウンドです。この手のヘッドフォンの定番はSony MDR-CD900STですが、ここはあえて、KRK KNS8400装着感がすばらしく、耳が痛くならないし長時間の視聴にも耐えられるこのヘッドフォンで、音源の確認をしスピーカーからの出音 [続きを読む]
  • スピーカースタンド製作における、F特測定環境と自作支柱の効果
  • ・スピーカースタンド製作における、F特測定環境と自作支柱の効果既に紹介しておりますが、測定に使う機器類の価格帯は中堅クラスの機種を使用しています。電源ケーブルなどはすべてメーカー仕様の物。他、ケーブル類は通常どこでも売られている一般的な物です。測定環境ですが、ごく一般的な住宅環境の部屋になります。上図がテスト部屋Aの簡易図ですが、視聴位置は極力部屋の影響を少なくする為に、左右のスピーカに対して正 [続きを読む]
  • 定番プレイヤーソフト JRiver Media Center 
  • JRiver Media Centerテストに使用している再生ソフトです通常のリスニングにはこちらのソフトが使いやすいDSDの再生にも勿論対応しているしプレイヤーとしての機能も盛りだくさんこれと言って、不都合を感じないしかし有料。。。30日間試用無料ですけどね・・・音質は、audiogateに比べると、僅かに低音のアクセントが多いように感じるaudiogateがナチュラルすぎるんだと思います。リスニングにはこっちの音質がお勧めこちら [続きを読む]
  • 小さいけど Dali Zensor1 の魅力
  • Dali Zensor1テストに使用しているスピーカーですこのスピーカーを持ってる方は多いのではないでしょうか?低価格帯の中では非常に売れているスピーカーです。あまりの評判の良さに音が聞きたくて、ついポチってしまったんですが・・・高音域に特徴を持つこのスピーカーは、ポン置き状態で比較的バランスが良いので、評価が良いんですね!しかしながら、しっかりリスニングしようと音量を上げると音圧的にはもう限界なんです・・ [続きを読む]
  • Behringer ECM8000
  • Behringer ECM8000テストに使用している測定用マイクです無指向性測定用コンデンサーマイク安価ですが、簡易測定用として十分事足ります同一環境で、多くの測定データを計測する事で音響改善の一助になるでしょう楽器音響機材で価格破壊したメーカー楽器用エフェクターにしても他メーカーより、必ず安い価格設定で勝負する心意気が魅力測定するには別途ファンタム電源搭載のオーディオインターフェイス等が必要Amazon.co.jp ウィジ [続きを読む]
  • KORG DS-DAC10
  • KORG DS-DAC10テストに使用しているDACです。今ではちょっと型落ちな感は否めませんが発売当初は音楽を視聴するうえで、新たな展開に発展する事を期待した製品です。現在ではより高スペックな11.2MHzの商品が出回っており、太刀打ち出来ませんが、この商品の売りは付属するソフトAudioGateが使えることが最大の魅力です。DSDディスクの作成には、このAudioGateが重宝します。現在では、AudioGate単体でのライセンスコードの販売も [続きを読む]
  • MonitorAudio Silver Rx2
  • Monitor Audio Silver RX-2テストに使用しているスピーカーです。ブックシェルフ型スピーカーではW230×H375×D300 と大きめのサイズでバス・ミッドに200mmのユニットが採用されています。特徴として感じるのは、フラットな傾向であり、あらゆるジャンルをそつなくこなす優等生といった印象です。しかしながらポン置きでは、このスピーカーの良さは感じられないでしょう。スタンドは必須です。また、上流(音源・再生デバイ [続きを読む]
  • pioneer pd-70
  • pioneer pd-70テストに使用しているSACDプレーヤーですコストパフォーマンスに優れたプレーヤーです特徴としては、DSDディスクに対応していますCDとしての音質は並ですが、この機種はDSDディスクで聴く事で評価が上がりますDSD音源をネイティブに再生する事は勿論ですが、WAVファイルをDSDにアップコンバートして再生する事も可能※アップコンバート&DSDディスク作成には別途変換ソフトが必要ですDSD音源をネイティブで再生する音 [続きを読む]
  • CSR soulnote sa1.0
  • soulnote sa1.0テストに使用しているアンプですこの価格帯としては、すばらしい出来のアンプ出力 10W×2(8Ω)と小出力ですが一般の視聴環境に十分対応出来るしかしながら、低能率なスピーカーとの相性は良くないとされている特徴的に感じるのは高音域。セッティングに偏りがある場合、その特徴的な高音が逆に耳障りになる場合があるがポテンシャルの高いアンプ2016年内で生産終了を予定していると言う事で、非常に残念メーカー [続きを読む]
  • あれから半年・・・
  • 前回の記事で完成の報告をしたんですがちょっと気になる所がありまして調整作業に半年・・・  本業の合間の作業だと、なかなか先に進まないんです。。。と言う訳で、とりあえず納得して、先に進めていきます。上記は、その形状をモチーフに写真を1枚とってみました。さて、どんな物かは今後に期待して下さい。 [続きを読む]
  • スピーカースタンドの完成
  • 前回の記事からもう少しで一年…経ちますかぁ??ご無沙汰になりますが、スピーカースタンドの作成に真剣に取り組んでおりましたぁようやく納得のいく物が出来たので、今後はこのブログで紹介していきます。1年前にさかのぼって完成に至るまでをコツコツと進めてまいります。それでは、宜しくお願いします。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …