エニサム さん プロフィール

  •  
エニサムさん: 芯・東京ハードボイルド
ハンドル名エニサム さん
ブログタイトル芯・東京ハードボイルド
ブログURLhttp://www.tokyo-hardboiled.xyz/
サイト紹介文東京に住む、40代男性の仕事と日常を綴る。ネットショップ関連の内容や些細なことが多くなる模様
自由文男の人生の半分は女のためにある。だが、もう半分はそうじゃない。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 91日(平均10.8回/週) - 参加 2016/12/05 21:58

エニサム さんのブログ記事

  • 斜陽産業をネットショップで活性化させるという考えは総じてクソ
  • たとえば60年続いた老舗の和菓子屋があったとしよう。しかし、和菓子の需要自体が減っていることもあるが、和菓子と言う商品自体の劣化ではなく、洋菓子の進化やコンビニで販売していると言う販売チャネルの進化により、今まさに老舗和菓子屋の存在意義が問われている。そんな時にビジネスとしてその和菓子屋を再建する方法などは、コンサル会社などを使ったりいろいろ試みられるのだが、多分そんなことはただの延命措置にしかなら [続きを読む]
  • イカ天瀬戸内れもん味を知らない人生なんて半分損している
  • 私はこう見えてもたくさんお菓子を食べる。そんなお菓子食い中年の私はメジャーなお菓子よりも、ちょっとだけマイナーなお菓子を好んで食べる。そんなちょっとだけマイナーなラインギリギリを攻めるお菓子の中にも隠れた銘菓がある。 イカ天 瀬戸内れもん味 桜えびの舞イカ天 瀬戸内れもん味瀬戸内 れもんと言うと瀬戸内海で取れたレモンだと言うことは察しはつくが、それとイカ天がどのようにくっつくかという点で、なかな [続きを読む]
  • 灰色の水曜日が好きだったことを雨の降る水曜日には必ず思い出す。
  • リスペクト・ザ・ナイト嫌なことがあると、私はいまだに青春時代によく聞いた音楽を聴いて思いふける。その中でもARBの曲をよく聞いている。一番好きな曲は「リスペクト・ザ・ナイト」である。EL DORADOposted with カエレバ桜井鉄太郎 MCAビクター 1999-08-18Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探すARB/リスペクト・ザ・ナイト 歌詞ありこの曲の歌詞に「首を傾けて嘆くモジリアニのモデルのように」と言う歌詞が [続きを読む]
  • 朝起きたらのどが痛かった時に個人的に実施する儀式、それは鼻うがい
  • なんとなく乾燥する日々が続いていたので強い懸念を抱いていたのであるが今朝起きたらのどの痛みが襲ってきている。と言うことでのどの痛みから来る風邪をひき始めていることはどうやら間違いがない。風邪の原因として考えられることの多くはビタミン不足や疲労による免疫低下だということで話はつくのであるが、対処の仕方でひどい症状にならずに済むことが少なくない。若い頃は風邪ひいても適当に寝てれば治ったのであるが中年男 [続きを読む]
  • 相互フォロー
  • 中学二年生の時に吉田さんと言う女子がいた。吉田さんは少し背が高くてかわいいというほどではないが見た目も清潔感があり、成績はもとよく運動もそこそこできたがしかし、あまり明るい性格ではなく、一言も発さないまま一日を終えることがあるような控えめな性格の子だった。同じ小学校だった人に聞くと小学生時代はそれほどでもなかったらしくなんでそうなったのかは誰も知らなかった。吉田さんはそのうちあだ名がついた。「た [続きを読む]
  • アンダルシアとバレンシアを合わせてシアワセ南無ぅ
  • 大人になるということは「めんどくさいこと」を「めんどくさい」と認めてそれ自体を許容すると言う上質な諦めを手に入れることである。したがって大人な私はお世話になりましたと言う言葉を発さないと思う。今日は天気がいいので「雨が降っている風な内容」になっていることはおかしいといことに関しては、深い詮索は野暮ってものである。朝、傘を持って出かけたが結果的に雨が降っていない状況でこれは帰りに傘を忘れることに気 [続きを読む]
  • 冷え切った関係を改善するためにそのドアを開けるべき時が来た
  • 巷では時折冷蔵庫の中身が凍ると言う事態が発生している。冷凍庫の中が凍るのは当たり前なのであるが冷蔵庫の中身が凍ると言うことは、それはもう冷蔵庫ではなく冷凍庫なのであるが、かといってもう一台冷蔵庫を買って今の冷蔵庫を冷凍専用にするほどの地球への厳しさは持ち合わせていない。君と向き合うべき時が来たそんな状況になって初めて人は冷蔵庫について真剣に向き合うことになるのであるが、冷蔵庫には意外と使い勝手の悪 [続きを読む]
  • スーパーで買い物してきた
  • 先日、自分が記事に書いたことでふと思ったことがある。www.tokyo-hardboiled.xyz10年前ぐらいまでは一人で牛丼屋で食事をする女性はなかなかすごいぞといった感じがあったのだが、同じくして10年ぐらいまでは私はスーパーで買い物をするのがあまり得意では無かった。何が得意ではなかったかというとレジのおばさんの圧力だとか、レジの列に並んで待っているときの立ち居振る舞いがよくわからなかった。私がぶち当たる対戦カードの [続きを読む]
  • こんなことなら夏の暑さをどっかにこっそり隠しておくべきだった
  • 冬は寒いが寒いことを受け入れるには時間が必要小学3年生の頃、給食のパンを残して机の中で数週間後にひどいカビが生えた状態で発見されたりする奴がいたがそのときは強欲が生み出した最悪の結果だと子どもながらにそのカビパンのオーナーを影ながら失笑したものだ。桐ブレッドボックス「2」(パン保存ケース)【高級桐天然木使用】 (日本製)posted with カエレバビーグラッドストアAmazonで探す楽天市場で探すYahooショッピング [続きを読む]
  • sekoi no owari -ローソンでパンチラ-
  • 先にお伝えしておくが「sekai no owari」と見間違えてこの記事に来た人に対しては、深く謝罪を申し上げる。こちらは「sekoi no owari」せこいの終わりである。natalie.mu私の勤務先の近くにはセブンイレブンもファミリーマートもローソンもある。どれも微妙な距離なのだが、初めの頃はファミマ派だったのだが、ファミマにホットの500mlのボトルコーヒーがおいていないと言う理由で、完全にローソン一択となってしまった。いつもの [続きを読む]
  • 3年前に台北に行ったときのこと 最終章 新宿チェイサー
  • これは3年前に台湾へ行ったことを電子書籍化した文章を、ブログ用に追記、校正したものである。全部で十三章になっている。前回までのあらすじ40歳になる前に海外旅行へ行ったことないおっさんが、台湾へ一人で行こうとしてパスポートを取ったりする。航空チケットやホテルの予約などに奔走し、ようやく空へ飛び立つ。台湾に到着後ホテルへ向かい、すぐに観光に出かける。まずは行天宮に向かって人の多さに圧倒される。その後、 [続きを読む]
  • 3年前に台北に行ったときのこと 第十二章 豚の足
  • これは3年前に台湾へ行ったことを電子書籍化した文章を、ブログ用に追記、校正したものである。全部で十三章になっている。前回までのあらすじ40歳になる前に海外旅行へ行ったことないおっさんが、台湾へ一人で行こうとしてパスポートを取ったりする。航空チケットやホテルの予約などに奔走し、ようやく空へ飛び立つ。台湾に到着後ホテルへ向かい、すぐに観光に出かける。まずは行天宮に向かって人の多さに圧倒される。その後、近 [続きを読む]