やまむらこういち さん プロフィール

  •  
やまむらこういちさん: やまむらこういちのへっぽこあぽこ
ハンドル名やまむらこういち さん
ブログタイトルやまむらこういちのへっぽこあぽこ
ブログURLhttp://heppocoapoco.com
サイト紹介文趣味でやっている作曲・編曲を中心に音楽のことを書いています。
自由文趣味でやっている作曲・編曲を中心に音楽のことを書いています。多趣味なやまむらワールドへようこそおいでください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 137日(平均2.6回/週) - 参加 2016/12/05 22:54

やまむらこういち さんのブログ記事

  • 最も曲つくりに適さない時期
  • どうもーやまむらこういちです。気が付けば1か月も更新が止まっていました。4月に入り、娘が小学校に入学。保護者会やら入学準備やら、幼稚園の幹事引継ぎやらでそれなりにバタバタしていました。それに加えて、私はどうもこの花粉の時期に何かを考えることが苦手なんですね。頭がぼーっとするというか、新しいものが湧き出てこない感じ。湧き出てこないと何も進まない大体は夕飯作ってる時でも、こうやってブログを書いている時で [続きを読む]
  • タンギングをすると喉が疲れることへの対策
  • どうもーやまむらこういちです。先日無事に娘が卒園を迎えました。一つの大きな節目ですね。 これから長い長い学校生活に突入です。さてさて、今日はタンギングについてです。 私はタンギングが大の苦手。よくトロンボーンやトランペットの音が優しいなんて言われるんですが、裏を返してみればタンギングができないからなんですね。 全部レガートにしてしまう。タンギングを邪魔しているのは何かよくタンギングは「トゥ」とか「タ [続きを読む]
  • 合奏で縦を合わせるために何をすればいいか
  • どうもーやまむらこういちです。昨日12日は私たち夫婦の結婚記念日。8周年です。付き合い始めてから10年目に突入しましたが、仲の良さは深まるばかり。あは。さて、先日楽団の練習の時に「縦を合わせるにはどうしたらいいか」ということが話題になりました。音楽やっているとよく出てくる縦がずれる問題ですが、あまり具体的な解決方法を提示してくれる人っていないんですよね。自分もだけど。縦を合わせるのに必要なのは共通のテ [続きを読む]
  • Sax半音階の練習で指が同時に動かないときの解決策
  • どうもーやまむらこういちです。今日は久々にSaxを吹きました。 練習するべきところがたくさんありすぎてどこから手を付けようかと思っていたんですが、とりあえず指を覚えようということで、今日は半音階の練習です。 まずはこちらの動画をご覧ください。いやーひどいですね苦笑前も言った通り、上昇するときに下から順番に指を話していくならまだしも、離したかと思ったら押したりするのでこんがらがっちゃうんですよね。 トラン [続きを読む]
  • 楽器ごとにアンブシュアタイプは変わるのか
  • どうもーやまむらこういちです。しばらく更新が止まっていましたね。 幼稚園のママが働いているいちご農園が近くにあるのですが、そこで販売するいちごグッズを作ってたり、幼稚園の総会があったりとバタバタしてました。今日は、アンブシュアタイプについて興味深い記事を見つけたのでその紹介をしたいと思います。バジル・クリッツァーのブログ 「挟む」アンブシュアの使い方・下唇の巻き込みが合う人アレクサンダーテクニック [続きを読む]
  • 合言葉は『M』!?トロンボーンのアンブシュアの作り方
  • どうもーやまむらこういちです。トロンボーンに限ったことではありませんが、金管楽器を演奏する際にどのようなアンブシュアを形成するかって重要な要素ですよね。 アンブシュアは楽器と音が決めることで、自分でごにょごにょせず自動運転状態になっているのが理想だと先日書きました。確かに通常の顔(無表情)にそのままマウスピースを押し当てて、息を出せばパーンとなりますので、あれこれ難しく考えて余計な力を使わないで、口 [続きを読む]
  • お腹からの直通感
  • どうもーやまむらこういちです。先日日曜日に、東京は小平にある国際パティシエ調理師専門学校の学園祭にお邪魔してきました。 小人数ながらもとりあえず何とかなった演奏会でした。個人的な感想を言えば、金管5重奏でのトランペットは、課題はあるものの力み過ぎずに比較的リラックスできたなーと思います。 合奏のトロンボーンは(上手い下手は別として)自分の好きな音を奏でることができました。 ソロ向きではないと思うけど、合 [続きを読む]
  • トランペットをハミングで??
  • どうもーやまむらこういちです。昨日ブログを書いたのに、公開し忘れてました。明日の本番に向けて最終練習でした。 当日は練習ができないので、最後のあがきです。先日、トランペットを吹き込もうとしすぎていることでかえって音を鳴らすことの邪魔をしているということを書きました。 吹き込もうとするあまり、余計な力みを生み出してしまっていたんですね。 そして力みの始まりは大きく息を吸ったときということがわかり、普段 [続きを読む]
  • トランペットをハミングで??
  • どうもーやまむらこういちです。昨日ブログを書いたのに、公開し忘れてました。明日の本番に向けて最終練習でした。 当日は練習ができないので、最後のあがきです。先日、トランペットを吹き込もうとしすぎていることでかえって音を鳴らすことの邪魔をしているということを書きました。 吹き込もうとするあまり、余計な力みを生み出してしまっていたんですね。 そして力みの始まりは大きく息を吸ったときということがわかり、普段 [続きを読む]
  • 訪問演奏のおしらせ
  • どうもーやまむらこういちです。娘が4月から通う小学校での保護者会がありまして、行ってきました。 幼稚園生活もあとわずか。幼稚園の保護者の会幹事も最後の定例会を終えて、引継ぎの準備に入りました。さて、今日は訪問演奏のお知らせです。私が所属するこだいらEMバンドは、東京都小平市にある国際パティシエ調理師専門学校の学園祭「きさらぎ祭」に出演します。国際パティシエ調理師専門学校きさらぎ祭学園祭自体は2月18日と1 [続きを読む]
  • 力まないようにするを別の方向に
  • どうもーやまむらこういちです。バレンタインですね。 バレンタインに限らずイベントに乗っかってはお菓子を作っています。 単純に作るのが好きってだけです。はい。昨日ちょろっとTwitterでつぶやいた内容が、楽団仲間と少しだけ盛り上がったのでそのことについて。息は入れればいいってわけじゃないトランペットを吹いていて、何となく思ったことをつぶやいたのがきっかけです。 「もしかして、トランペットに息を入れすぎなんじ [続きを読む]
  • チャイムの違和感
  • どうもーやまむらこういちです。娘の元にランドセルが届きました。 幼稚園生活もあとわずか。 そして長い長い学校生活が始まります。さて、この前何気なく、近くの会社のチャイムが聞こえてきたときのこと。 いわゆるキーンコーンカーンコーンです。 音感がないもので、実際の音はわからないのですが、ミードーレーソー、ソーレーミードーというフレーズを2回繰り返しますよね。チャイムは単音のメロディだがこのチャイム、単音な [続きを読む]
  • もしかしたらアンブシュアタイプが違うかも
  • どうもーやまむらこういちです。所属する楽団では、8月に第10回定期演奏会を迎えます。 先日ようやく場所と日にちが決まりました。2017年8月19日土曜日14時開演 ルネこだいら中ホール こだいらEMバンド 第10回定期演奏会楽団の規模からするとかなり大きいホールとなります。 それでも、まあ大学時代はここでアンサンブルとかやっていたのだから、何とかなるでしょう。 客席が多いので、広報活動をいつも以上に頑張らねば。 また近 [続きを読む]
  • なぜその音を奏でたいのか
  • どうもーやまむらこういちです。楽器をやっていると、いろいろな困難がありますよね。 思うように演奏できないとか、何度練習しても一向に良くならないとか。それぞれの楽器特有の悩みもあるし、個人的な課題もあるわけです。 金管楽器だったら高い音が出ないとか跳躍ができないとかですね。そういう壁にぶつかると、高い音を出したり跳躍を成功させるために躍起になっている自分にはっと気が付きます。 それは、高い音や跳躍を成 [続きを読む]
  • 金管楽器の演奏はラジオのチューニングに似ている
  • どうもーやまむらこういちです。昨日、つまようじハミハミエクササイズの効果を確かめるブログを書きましたが、それの補足のような感じです。金管楽器を演奏する際、音を当てるというのは、特に高音域については力むことでは実現できません。 ただやみくもに力むと、力が出て高い音が出そうですが実際はそうはいきません。ツボに当てる感覚とはラジオのチューニングのように、その音を出すためのツボのようなものがあり、そこに当 [続きを読む]
  • つまようじと金管楽器高音域の関係
  • どうもーやまむらこういちです。皆さんはカレー好きですか?? 私は特別好きってわけではないですが、主夫として好きなんです。我が家ではいつもカレーを作るときに大量に作っておき、その日の夕食→次の日の朝食と昼食と夕食→次の日はカレードリアにして夕食と、3日分の献立を考えなくて済むからです。 料理そのものは大好きなんですが、この献立を考えるというのは別物。 毎日冷蔵庫にある食材を考えながらあれこれ考えます。 [続きを読む]
  • 曲の骨格を決定しよう
  • どうもーやまむらこういちです。いろんなことをしながらも、オリジナル曲の制作は続いています。 だんだんとパーツが集まってきたので、そろそろ曲の骨組みに入りたいところ。私が作る曲は大体ABA形式が多く、時折組曲を書く程度です。 昨年のオリジナル曲はABACAのロンド形式でしたが、今回はどうしようかと考え中です。前半と後半で性格の違いをせっかくメインとなるフレーズをもらっているのだから大いに活用したいところ。 そ [続きを読む]
  • とてもうれしい出来事
  • どうもーやまむらこういちです。幼稚園の担任の先生へ寄せ書きを書く時期になりました。 年度末がひしひしと近づいています。さてさて、私は大学時代に所属していた吹奏楽サークルのサックスパートから、それこそ引退してから10年経った今も、アンサンブル曲の編曲を依頼されています。 いつも12月の定期演奏会に演奏してくれています。知らない人からの依頼!2年前、くるみ割り人形でした。 くるみ割り人形の各曲のメドレーを編曲 [続きを読む]
  • 唇はオートモードで
  • どうもーやまむらこういちです。先日楽団宛に演奏依頼がありまして、わたわたと準備が始まりました。 小平にある国際パティシエ調理師専門学校というところで毎年2月に学園祭が行われるのですが、2年前にその催し物として出演を依頼されてから、今年で3回目です。楽団として本番の機会というのは大事なものだし、そうそう転がっているものでもないのでありがたい話です。 今回はいつも以上に参加できる団員が少ないのが残念なとこ [続きを読む]
  • 木管の指使い
  • どうもーやまむらこういちです。幼稚園の卒園式で読まれる謝辞を清書する担当になったので、筆ペンの練習を始めました。 習字はやっていましたが、やはりあの筆と筆ペンは別物です。 とりあえず1か月ほど猶予があるので、それまでにちゃんと書けるようにしときます。さて、サックスの練習をちょいちょいやっているのですが、まだまだトランペットやトロンボーンを吹く方が機動力が高いのが現状です。 半音階は金管の方がまだまだ早 [続きを読む]
  • 臨時記号の書き方
  • どうもーやまむらこういちです。娘が卒園式用の写真を撮ったそうで、あー年度の終わりが近づいてきたなーと思いました。さて、とある曲で臨時が大量についた部分についてなかなか面白いなと思ったことがあります。問題となったのは、楽団で演奏する曲の妻に渡ったパート譜。 調が目まぐるしく変わるため調号をなくし、全て臨時記号にしたのですが、とんでもない量がついているため、読みやすいように変更してほしいと言われました [続きを読む]
  • オリジナル曲本格始動
  • どうもーやまむらこういちです。昨日は娘の幼稚園で餅つきでした。 私も保護者会幹事としてお手伝いに参加してきましたが、そもそも餅つきするのは初めて。 なかなかの重労働ですね、あれ。ぺったんぺったんつく前のゴリゴリ練る作業の方がつらかった。それでもそのついた餅は食べないという。 子どもたちは、別途給食センターがついた餅を食べました。 最近ノロが流行っているので致し方ないですけどね。曲を構成する素材を作りま [続きを読む]
  • サックスを吹く時のマウスピースとの関係
  • どうもーやまむらこういちです。娘の幼稚園も今日から本格的に再開。 昨日は始業式で午前中に帰ってきましたが、今日からまた日常が始まります。 お弁当も再開です。残り3か月ですから、頑張りますよー。今日もサックス関連の話です。 とりあえずこの動画を見てください。まあへたくそなのは置いといて。マウスピースのどこをくわえるのがいいか木管の経験が浅い私としては、マウスピースのどのあたりをくわえるのかという疑問にぶ [続きを読む]
  • いい音を出そうとすることと実際の音
  • どうもーやまむらこういちです。毎年恒例の我が家での新年会、今年は4.5kgのさしみ鮭をみんなで食べました。 鮭はさばくのがちょっと難しく、少し失敗してしまったものの美味しかったからいいとしよう。さて、今日ちょろっとサックスを吹いたときに思ったことというか気づいたことを紹介します。楽器を演奏するとき、とりあえずはいい音を出そうと思いますよね。 何も、汚い音を出そうと思って楽器を構える人ってそんないないと思 [続きを読む]
  • ファンファーレ完成!
  • どうもーやまむらこういちです。新年あけちゃいましたね。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 年末年始は妻の実家にてのんびりさせてもらいました。じつにぐうたらで申し訳ない…。新年早々に新曲が出来上がりました。 私が所属する吹奏楽団は今年の8月に第10回定期演奏会を予定しています。 節目となるこの演奏会のためのファンファーレを作っていたのですが、ようやく完成しました。少ない編成で重厚なサウンドをメインとな [続きを読む]