芹澤 さん プロフィール

  •  
芹澤さん: 走馬看花-ベトナム現地採用20代女子の奮闘記-
ハンドル名芹澤 さん
ブログタイトル走馬看花-ベトナム現地採用20代女子の奮闘記-
ブログURLhttp://hcmc-soubakanka-hoaanhdao.blog.jp/
サイト紹介文2016/10〜ベトナムで就職。金なし彼氏なしキャリアなしの三拍子ですが頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 77日(平均1.7回/週) - 参加 2016/12/06 02:21

芹澤 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • テト休みは帰国日和〜ベトナムの各都市は閑古鳥が鳴いている〜
  • 二月になってしまった。お久しぶりです。生きてますし、最近はお腹も壊さなくなり調子がいいです。 ベトナムは旧暦での正月、大体1月下旬や2月初旬まで1週間から10日まで休みになる。ベトナムの各都市部では田舎に帰ってしまう人が多いので、飲食店や売店はみんなシャッターを下ろしてしまう。 私の会社も10日ほど休みだったので、休みに入って早々日本へ一時帰国した。空港から外に出た瞬間、肌が痛いと感じた。ホーチミンにいる [続きを読む]
  • やっぱベトナム来たらマッサージでしょ〜Spa Garally〜
  • 唐突だが、マッサージが好きである。それもオイルマッサージが好きだ。オイルの香りと体の奥底まで刺激してくれるような感じがしていい。(大体施術はほとんど裸に近いし)そんなわけで、日本より物価の安いベトナムでマッサージを受けるとなると、日本よりはるかに安く済ませることができる!やはりリンパマッサージやオイルマッサージが好きで、しかも60分ほどやってもらいたい。日本でこの希望を叶えようと思うと大体¥6000〜7000 [続きを読む]
  • クリぼっちの過ごし方〜有意義なクリぼっち時間について〜
  • もう旬は過ぎてしまったが、今年はクリスマスが日曜日だったせいか、街全体が異様な盛り上がりを感じた。毎年クリスマスは街中が混むらしいが、今回はかなり人が多かったんじゃないだろうか。街のイルミネーションがとても眩しかった。ファミリーもカップルもみんな電光の前でパシャパシャ写真を撮っていた。24日は知り合いに誘われて、アコースティックliveを観に行った。私はズンズンボンボン大音量で鳴るliveは好きじゃなかった [続きを読む]
  • ベトナムの交通事情〜バイクテクニックは半端ない〜
  • ベトナムはご存知の通りバイクが多い。鰯の大群のようだ。私が1番最初に来た時の印象はバイクが多すぎてうるさいし、ここには絶対住めないと思った。今はそんなベトナムの交通事情にも慣れてきたので、この記事を書く。ベトナム人はみーんなバイクで移動するので、ほとんど歩かない。そのためか痩せてはいるが、筋肉がなく、年を取るにつれて足腰がダメになっていくらしい。確かに細いのにお腹だけポヨンと太っている人も多く見ら [続きを読む]
  • ヒトに慣れる
  • 最近紹介やサークル活動に参加して、名刺の減りが尋常でない。いくら人見知りといえども、人が集まる所に参加する以上は話さなければならない。それがしんどい時もあるが、まだ寂しさに勝てない。今は日本人のコミュニティに積極的に顔を出す時期だと思っている。私は営業職ではないので、自分の会社と取引している会社以外の日本人に会うためには食事会等に参加するしかない。何十人も集まる会から帰ってくると、まだ耳がザワザワ [続きを読む]
  • ブンタオに行ってきた〜ホーチミンから2時間の観光地〜
  • 知り合った人からブンタオに行くグループがあると誘われたので、行ってみた。個人で行かれるほど私はまだベトナムスキルがない。しかも、グループでバスを借りるというから安く済むと思った。人見知りな私なので、いわゆるパーティーピーポー(通称:パリピ)のグループにぶち込まれたらどうしようかとハラハラしていた。ぶち込まれたとしても、私は真面目なアナウンサーのような態度しか取れない。そんな心配も束の間、駐在の方中心 [続きを読む]
  • 人見知り改善委員会!
  • やっぱり、初対面の人との接し方が難しい。人見知りにも色んなタイプがいると思うが、私は人からどう見られるかを気にしすぎる自意識過剰タイプであると思う。元々感情の起伏がそんなにないタイプで、話しかけられればそれなりに話せる。ただ、優等生的な受け答えのために、カタイ人と思われがちな気がする。話題に対して、打てば響く鐘のようにもっと反応が良くなりたい。例えば、冗談かもしれないところで人がドッと笑ったシーン [続きを読む]
  • ホーチミン来客多すぎ問題について
  • 12月のここ2週間、会社に来客が多すぎて対応に追われている。やはり、日本も年の暮れに近付きつつあるからだろうか。予算消費のためか…だからといってホーチミンに来なくても。ベトナム、特にホーチミンは物も溢れて豊かだし、何よりも街の開発度合いがグングン進んでいる。あと2年後(現在の予定)には電車が通るのだし、5年後には空港も変わるしで、この10年でこの国はどこまで変わってゆくのだろう。とにかく、ホーチミンは娯楽 [続きを読む]
  • 初任給ディナー〜MOO BEEF STEAK〜
  • 昨日は初任給の御褒美ということで、ステーキがくいたい!!という欲求を抑えられなかった。トリップアドバイザーを見てみると、1人でも入れそうな店発見。「MOO STEAK BEEF」ドンコイ通り中ほどで目立つ看板からすぐ分かる。おそるおそる入口を抜けると、右側にエレベーターがあり、案内された。さて、メインはテンダーロイン250g(約3500円くらい)を頼んで大満足!セットで焼き野菜やマッシュポテトを頼んでしまったが、食べきれな [続きを読む]
  • 食について〜ベトナム職食住シリーズ〜
  • 私はこちらに来て、初めての初任給が入った。一ヶ月半分の給料なのでとても嬉しい。やった。ステーキでも食べに行こうかな。今日は一般的に安いと言われているベトナム(ホーチミン)の生活の食について書いていきたい。まず食費。ローカル食だと安くて、フォー1杯が30,000VND(約150円)だった。会社のベトナム人に連れて行ってもらった店はどこも安くて、バインセオも1個20,000VND(約100円)と安い。バインミーというパンも私の [続きを読む]
  • 狭くて濃い日本人コミュニティ~飲み会苦手克服~
  • 日本人コミュニティ…私は羨ましくも恐ろしくもある。パワーにいつも圧倒されてしまう。こちらにいる日本人は明るくて、カラッとした人が多くて私はいつもひいてしまう。パワーとパワーがぶつかり合ったら、私が壊れそうな気がして。元々大人数の飲み会が苦手で頷き魔になっている。私の雰囲気が大人しく見られるようで、あまり話を振られない。人には華というものがあって何もしなくても雰囲気で人の興味を惹くことができたり、た [続きを読む]
  • 海外(ベトナム)で働くに至った動機②
  • 前回からの続きです。心から働きたくなかった。どうにかして労働することから逃れたかったが、働かざるもの食うべからずである。働いてないとか・・・やっばいつまでフリーターでいるんだろうね・・・とか身を固めない限りこんな陰口は付きまとう。若ければ許されるかもしれないが、これが30代40代になったときに本当に絶望が待っているのだろう。私はまだ20代で若さという特権を思う存分振りかざせる世代だ。女であるから特 [続きを読む]
  • 住居について〜ベトナムの職食住シリーズ〜
  • 生きていくために必要なものは衣食住と言われるが、衣は現代にそぐわないと考え、代わりに職を入れて、「職食住」とした。仕事食事住居この三つは不可欠である。今回はこの住居について述べていこうと思う。この住居には本当にこだわった。周辺環境部屋の雰囲気大家さんの人柄ここはどうしても外せなかった。もちろん、家賃も大切だけど。地域での家賃の高さはホーチミン1区が一番高い。雑誌で出ている観光地がここに集約されている [続きを読む]
  • 海外(ベトナム)で働くに至った動機①
  • よくよく聞かれる質問No.1が「どうしてベトナムで働こうと思ったんですか?」である。いつもはサラっと、「若いうちに挑戦したかったんです〜」とか、「日本に飽きちゃって〜」と答えたりする。それで、訝しがられるような反応をとられた場合はもっと真面目に回答するようにしている。一番の理由は、日本の働き方や労働文化に違和感を感じたから。私は東京23区で生まれてから高校卒業までの18年間を過ごした。山手線や中央線、地 [続きを読む]
  • 初めまして
  •  はじめましてこのブログはベトナムホーチミンで働き始めた、ブログ主芹澤の日々の雑感を記述していくブログです。このブログを始めた理由は海外で働いている日々の事を記録するためと、少しでも潜在的に海外で働いてみたいな〜と思っている方々のために現実を知ってもらえたらと思って書きました。ネットで検索しても私の探し方が悪いのかもしれませんが、現地採用の方々の情報が見つからない(特にベトナム)綺麗事だけじゃなく [続きを読む]
  • 過去の記事 …