tsuki さん プロフィール

  •  
tsukiさん: FFA岡山
ハンドル名tsuki さん
ブログタイトルFFA岡山
ブログURLhttps://okayamaffa.wordpress.com
サイト紹介文毛ばり釣りを紹介しています。活動日記や初級者さん向けコンテンツも。倉敷でスクールも。
自由文フライフィッシングを世に広める。
環境保全活動をする。
教育、啓蒙活動をする。

楽しく釣りも!
一緒に釣りしませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 197日(平均3.0回/週) - 参加 2016/12/06 18:29

tsuki さんのブログ記事

  • 秋のスクールは実釣り体験付
  • 新見で開催していた、フライフィッシングスクールのワンシーンです。もう4年前になりますでしょうか・・実際に魚のいる川へはいり、ベテランのサポートを受けながら実釣が体験できる素晴らしい施設がありました(現在は閉鎖)多くの参加者を集めて(講師含めて20人位)昼食はBBQテラスで楽しく会食をしたものです。ちょっと懐かしいですね。さて本題です。津黒高原いきものふれあいの里という自然観察や、ワークショップなど [続きを読む]
  • 手軽に取り組める釣り、フライフィッシング。
  • 毛ばり釣りは難しい釣りというイメージありますか?普段釣りを楽しんできる方であれば、始めるのはすごく簡単。ちょっと投げる練習をしたら、川へ行くことができます。竿もリールもレンタルがあります。毛ばりは自分で作ることもできますが、実は一個200円くらいから買えます。渓流釣りを全くやったことがない方でも、すごく簡単、簡単。先ず、生餌・・ミミズとか川虫とか触らなくてすみます。ルアーなどもそうですが、疑似餌釣り [続きを読む]
  • 梅雨アマゴとフライ教室会場下見
  • はじめて同行釣行する方と8時に待ち合わせ。タンクローリーやのんびりドライブのおじいさまの車の後ろで、むむう・・・と困っている間に5分遅刻・・・余裕のはずでしたが、迷惑をかけてしまいました。お詫びと、初めましてのご挨拶をして早速移動。入渓点で、2投目に、まあまあのアマゴが出ました。稚魚放流個体でしょうか・・ヒレもキレイでよく引きました。気を良くして釣り上がりますが、後が続かずです。上流へ移動します。 [続きを読む]
  • 川遊びのススメ ”見守る人がいる安全”
  • 夏休みの計画進んでいますか?すごく田舎の、信号もない里山集落にある古民家に泊まって、夏の思い出作りをしてみませんか?釣りして、網で虫取り、野菜を採ってすぐ食べる、なによりも安全に走り回れます。何もない贅沢とは、どのようなものなんでしょう?ちょっと相反する言葉の組み合わせですよね。何もないと地元のかたは言います。でも僕らには違うように映りますよ。それって、すごく贅沢で、楽しみが尽きることがないという [続きを読む]
  • サムライグリーンは、くらしき環境フェスで巻く
  • FFA岡山のイメージカラーは、ハッとするような緑色です。萌えいずる新緑をイメージした明るい緑色です。僕が、フライフィッシングを知ってもらう活動をはじめて、3年が経過しました。心ある仲間に声をかけて、FFA岡山が正式に発足し1年。昨年も多くの拡大啓蒙活動を実施してまいりましたが、今年から普通の一般の人達が集まるイヴェントにロートルなサムライは切り込みます。どこの釣りクラブさんも、まず出展はしないであ [続きを読む]
  • くらしき環境フェスティバルは明日開催です。
  • キャンプとフライフィッシング2017-1の熱も冷めやらないうちに、 次のイベントが迫ってきました。6月3日、明日開催です。岡山県 倉敷市水島東千鳥町1-50倉敷市環境学習センターで開催されるお祭りに出展させて頂きます。毛ばり作りをワークショップ形式で体験して頂き、川に棲む昆虫のお話をにさせていただこうと思っています。水質によって発生する昆虫に差異があるとか、水生昆虫の生態なども釣り人目線でお話ししてみようかなと [続きを読む]
  • 北海道 春の朱鞠内湖で使う道具の紹介
  • 朱鞠内湖は昭和18年にできたダムによる人造湖です。いろいろな理由から湖底の木を切るときに切り株を残して沈んでいます。根掛かりがあります。さらに、予定より水量が増えた様子が有り、水量が少ないときは立ち枯れの大木、ネコヤナギの水没立ち枯れが周囲にあります。春は産卵のために浅場に集まるワカサギを食べにくるイトウを狙います。タイミングが合えばボイルしている様子が見えます。以上の理由により、フライはワカサギを [続きを読む]
  • 子供用の沢靴はなぜ存在しないのか。
  • アイデア的お話。実現させたい安全のお話です。軽めで読んで下さいね。高価な靴は、すぐ大きくなる子供にはもったいない。海用のマリンシューズを流用している。靴の上から靴下をフェルト代わりに履かせている。わらじを子供用サイズで作って履かせている。靴にスパイクピンを打って履かせている。そもそもですが、子供用のフェルト底の靴は販売されていません。お子さんと沢へ遊びにいく親御さんは、色々考えて工夫されていますね [続きを読む]
  • 酷暑、奥出雲
  • この日、島根県は最高気温35度だったそうです。奥出雲の山中は30度位だったと思いますが、それにしても暑く、涼しい渓流へ行ったはずが汗だくになってしまいました。3年越しの大先輩との釣りが、今日叶いまして、とてもいい釣りになりました。学ぶべきことも多く、彼のガイドのおかげで思いがけない魚との出会いもありました。早朝、山陰へ向けて出発。8時半に現地に到着。合流の後、着替えて遊漁券を購入し釣り開始です。大 [続きを読む]
  • 鳥取県八頭町でフライフィッシング
  • 鳥取県は渓流王国であると思います。大山、氷ノ山、扇の山、那岐山、他にも高い山が沢山あり、そこから流れ出す渓流も数多く有ります。ヤマメやイワナの宝庫であり、降海型のヤマメであるサクラマスでも有名な川が沢山あります。鳥取県でフライフィッシングを始めない手はないでしょう。鳥取県八頭町でフライフィッシング教室を始めると予告して1年。始動します。やってみたいけど、やったことあるけど、釣ってみたけど。  どう [続きを読む]
  • 2017倉敷市市民活動登録完了
  • 今年も倉敷市への登録の時期が来ました。倉敷市市民活動登録完了 昨年度の記事です。色んな所へ話を聞いてもらいに行く際に、この登録をしているのとしていないのでは大きく違います。門前払いは殆ど無くなったといえます。倉敷市と協働している訳ではなく、市民活動団体として真っ当に活動出来ていますよ。という審査を受けているようなものと思って下さい。活動実績がない団体は今年から審査が厳しくなったようです。また1年、 [続きを読む]
  • 初夏の陽気、魚と遊ぶ。
  • 鳥取県には千代川という1級河川が流れています。鳥取県内の3大河川の中でも一番流域が広く、支流も多いです。日野川が私のホームなのですが、渓流民宿とんぼ屋さんへゆくことが増えてからというもの千代川への釣行も増えてきたような気がします。とんぼ屋さんを出たのは夕方3時頃。5月末にしては暑い。帰りの時間を考えると・・2時間ちょっとの釣りができそうです。手堅く実績のある川へと車を走らせます。6.3フィート3# [続きを読む]
  • 北海道 朱鞠内湖のイトウをフライで釣る
  • フライフィッシングする人にとって特別な魚、イトウ朱鞠内湖では細かくレギュレーションを定めて保護しており、一部の通っている北海道の人は人は狙って釣ることができる場所なのですね。本州からの遠征での釣りはとても難しく、フライわからない、適切なロッドの番手わからない、湖が広すぎてポイントわからない、釣り方がわからない、イトウを入れるネットがない、動くものしか食べないので反応も何もない中でキャスト、ラインを [続きを読む]
  • キャンプとフライフィッシング2017-1
  • 恒例のクラブ活動とフライフィッシングのスクールのイベントが無事終了しました。総参加人数21人 行政の方も来場頂き、今後の活動に関する有意義なお話もさせて頂きました。全国的に高気温の中での2日間。真っ黒に日焼けしてしまいました。が、笑いっぱなしの良いキャンプになりました。ではレポートをどうぞ。土曜朝、倉敷市を6時半出発。集合場所には11時半でいいので、3本ほど未踏河川の調査。田んぼ濁りとチビイワナのみ。お [続きを読む]
  • キャンプとフライフィッシング雑感
  • 明日からのキャンプの準備完了しました。車のなかは準備の品で一杯です。パンパンなので、荷崩れしなくていいかな。2日間フライフィッシングのことだけ考えて過ごそうと思っています。それは、非常に贅沢なことですね。フライフィッシングと自然を学びながら、一泊のキャンプ。始まりは3人でのキャンプでした。これがまた傑作でして、鍋を作ったのですが、不味いのなんの。画像もなんだか不機嫌そう(笑)年を追うごとに段々盛大 [続きを読む]
  • 真に子供のためのものは・・・
  • くらしき環境フェスティバル出展のお話です。6月3日に予定されています。パンフレットを見れば判りますが、イベント自体がお子様向けの教室なのです。購買力のある大人向けのスクールはショップさん主催などで数多く行われています。子供にフライフィッシングを見てもらう機会を記憶から引っ張りだすと、東京や横浜で毎年開催されているフィッシングショーの出展などが思い出されます。県内で機会を作るとなると、釣りのイベント自 [続きを読む]
  • フライフィッシング専門ショップ
  • 割りと深刻なことなのですが、フライのプロショップ、知る限り岡山県にはありません。県北に扱いがある店が一軒あるようですが、開店しているのかどうなのか・・県南には釣具店は沢山あるのですが、フライ関連の物をおいているショップは、ごく一部でほんの少量です。マテリアル(毛ばり作りの材料)などに関しては、皆無と言っていいと思います。その為、ものを見て商品を選びたいのに、通販ではよくわからない、商品を発注するに [続きを読む]
  • 鳥取県日野町フライフィッシング教室 予告
  • 秋のスクール予告です。鳥取県日野町でフライフィッシング教室を開催します。鳥取県を流れる日野川には沢山のサケ科の魚が棲んでいます。ヤマメ、イワナなどの渓流魚を狙って多くの釣人が日野川で釣りをしています。フライフィッシングで、渓流魚の釣りをはじめてみたい方、もっと上手になりたい方を対象に釣りの基礎を学んで頂ける教室を、日野町の後援を頂く企画として計画しています。釣り教室の受講を通じて、日野町の自然環境 [続きを読む]
  • 北海道、阿寒湖で使う道具紹介①
  • どのような道具が最適なのか、私の経験から紹介します。個人の意見なので異論はあると思いますがご容赦お願いします。春、5月1日解禁から6月初めまで風が強いときが有り、波が立つためラインはシンクラインを使い、水中を引っ張ります。立ち込んで釣るときは、かけ上がりを釣りたいのでインターミディエートでカウントダウンして深さを合わせます。緩く流れている程度なのでしばらくの間は放置できます。ロッドはシングルハンドで [続きを読む]
  • 複合ハッチと発生しないライズ
  • 今日のイブニングの釣りは、ヒゲナガ、モンカゲ、ストーンと百花繚乱であった。何にライズしているかも判らないほど多量のハッチとライズ。あれだけ虫が居たら手当たり次第に食べているのか、ライズフォームまでバラバラ。結局答えの出ないまま真っ暗に。午前中の支流は好調。全てのポイントから魚が出る久しぶりの嬉しい悲鳴。2時間でサイズアップできないのを理由にやめてしまった。キャンプとフライフィッシング開催日の前後で [続きを読む]
  • 2017年北海道阿寒湖解禁
  • 2017年5月1日 北海道阿寒湖解禁阿寒湖は漁協が管理+リゾートとしての釣りが根付いている場所です。ゴールデンウィークの観光船運行のためにワカサギを釣っていた氷を4月の中旬から割っていきます。解禁日は氷が残っていて釣りにならないことがあります。それでも解禁に行く。行きたいからです。気候は過激で雪がある、みぞれが降る、氷が浮いている、朝5時は霜が降りてマイナス気温、太陽が出ていれば日中は20℃を越えます。なぜ [続きを読む]
  • 渓流民宿とんぼ屋さん
  • 釣りで町興し!いきなりですが、拠点は古民家!田舎を遊びつくそう!!と題して営業している宿を紹介したいとおもいます。釣りとは普遍的な趣味といえるかと思います。釣りで町が元気になるという活動は、他の町でも漁協さんと協力して魚釣りで町興し活動を推進しているところってありますよね。渓流民宿とんぼ屋さんは、通常の民宿業の他に、遠方から来られた釣り客の方に宿泊プランを提供なさっています。ご主人は千代川漁協員で [続きを読む]
  • 津黒高原でフライフィッシング
  • 津黒高原にあります、いきものふれあいの里にて開催するフライフィッシング教室の日程が掲載されています。僕らが講師派遣する教室の他にも面白いイベントが沢山あります。山に親しんだり、環境保全活動へのボランティア参加など、色々取り組んで居られます。筆者も行ってみたいなと思う催しもありました。気軽に問い合わせ、ご参加下さいね。この記事に関連して、過去記事で色々書いています。予告 秋のイベント予定他津黒いきも [続きを読む]
  • キャンプとフライフィッシングへ参加の方へ
  • はじめてお越しになる方が居られます。土曜日釣りに行かない方の集合場所ですが、昼前に黒坂カワコふれあい公園です。11時ごろには公園に入っています。場所詳細https://goo.gl/maps/kjDuAi9xAUU2昼食後(ご持参下さい)カゲロウロッドに工房にお邪魔した後、キャンプ場へ移動。タイイング教室をやろうと思います。夕方から食事の準備開始。お手すきの方はお手伝いをお願い致します。イブニングも釣りに行く方もおられると思います [続きを読む]
  • スクール用タックルが充実
  • 今年に入ってから、ロッドやリール、ラインなどのフライフィッシング用タックルのご寄付を頂戴しております。ご寄付を頂きました皆様に改めて御礼申し上げます。本日も数点のタックルをお預かりしてきました。高番手のロッドなどもあり、力のある男性などにお使い頂けるものがやってきました。個人的に頂戴したものでありますが、世のために使用できるものは貸出用として活用させていただこうと思います。本当に有難うございます。 [続きを読む]