tsuki さん プロフィール

  •  
tsukiさん: FFA岡山
ハンドル名tsuki さん
ブログタイトルFFA岡山
ブログURLhttps://okayamaffa.wordpress.com
サイト紹介文毛ばり釣りを紹介しています。活動日記や初級者さん向けコンテンツも。倉敷でスクールも。
自由文フライフィッシングを世に広める。
環境保全活動をする。
教育、啓蒙活動をする。

楽しく釣りも!
一緒に釣りしませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 254日(平均2.6回/週) - 参加 2016/12/06 18:29

tsuki さんのブログ記事

  • キャンプとフライフィッシング2017-2のご案内
  • 日程等決定しましたので、お知らせと募集を開始します。日程 平成29年9月23日(土)〜24日(日)場所 鳥取県日野郡日野町黒坂 鵜ノ池キャンプ場費用 2000〜3000円(食事代に充当)小中高生の方は無料です。アルコール類は費用に含まれておりません。各自ご持参下さい。定員 20名イベントの紹介キャンプとフライフィッシング2017のご紹介先回と昨年の様子キャンプとフライフィッシング2017-1キャンプとフライフィッシング201 [続きを読む]
  • 吸血昆虫の季節です。
  • クラブの掲示板的役割を担っているフェイスブックグループ内で昆虫の忌避に関する話題が出まして、ちょっとした知識で忌避も可能であるというスレッドをまとめてみました。アブの季節がやって来ます。憂鬱です。森林香、ハッカ原液、リーサルウエポンは、バグズネット。釣りに行かないという選択肢は無いので(滝汗)赤外線を虫に見え難くする方向で頑張ってみます。皆さんは対策どーしてます?長袖、長ズボンのウェットスタイル(ハ [続きを読む]
  • リードチラシできました。
  • 毎日暑いですね。魚もヨロヨロになっていることと思います。盛夏は里川での釣りはあまりせず、山岳渓流でのイワナ釣りがおおくなります。涼しい川での釣りは最高なんですよ。さて、9月に開催する日野町フライフィッシング教室のリードチラシを作成しました。ネット上のあちこちに貼らせていただこうと思います。また、日野町の町だよりへのご案内も来月号でなされると思います。沢山の方と釣りで繋がりたい。そして地元の宝である [続きを読む]
  • 始めたい人のためのフライフィッシング教室終了
  • 環境フェスはお子さん相手の時短講座。今回は、1日かけての大人の方へのフライ手ほどきです。さて、どうなりましたか、レポートをお届けいたします。筆者は、早朝に倉敷を出発。現地に7時に到着して、場内をウロウロと。9時に施設が開くにも関わらず、早すぎです。津黒いきものふれあいの里の朝の風景です。フライ教室の朝、張り切っておりました。それもかなり。麓ではトライアスロンの交通規制で、わりと大事になっている事はつ [続きを読む]
  • キャンプとフライフィッシング2017-2 予告
  • 秋のクラブ主催のキャンプにおいでになりませんか?フライマンだけではなく、様々な人が集まります。釣りと日野川を愛する人であれば、どなたでも参加いただけます。キャンプとフライフィッシング2017-1 5月のイベントの様子などをご覧ください。秋もほぼ同じ内容で実施します。2日目(日曜日)は毎回フライフィッシングの教室をやっております。今回から日野町のご後援を頂けることになり、町の広報誌などへの掲載頂けるようです [続きを読む]
  • 四国の秘境へ
  • 梅雨の大雨後、増水から川の水が減水してくるタイミングで、四国西部の最源流へ釣行してきました。今回釣行した谷はまさに秘境と呼ぶに相応しい、幽玄な谷。私自身、10年ぶりに挑戦する谷で、川を歩くだけでも自然の力を感じる素晴らしい渓谷でした。途中、釣り人を拒絶するかの様な大滝が存在し、アマゴ達を守っているかのような谷で、釣り場へのアプローチ、途中のルート等、危険な場所も多くあり、決して1人での釣行はするべき [続きを読む]
  • 阿寒湖で使う道具紹介②
  • 「6月のモンカゲダンの釣り」私の経験からモンカゲダンの釣りの道具紹介。モンカゲダンの釣りは6月の中旬です。おおむね6月20日前後になります。自然が相手なのでモンカゲが出ない年もあり、ある年は20日頃行くと「早すぎる」と言われ、次の年に25日に行くと「終わった」など、違う釣り方の準備も必要です。他の釣りの道具の紹介は別の機会とします。・ロッドシングルハンド5番または6番:アベレージ50cm、まれに60cmオーバーが混 [続きを読む]
  • 7/23日はフライ教室です。
  • 始めたい人のためのフライフィッシング教室 FB(フェイスブックへのリンクです)定員になりましたので、募集はストップしております。沢山のお問い合わせありがとうございました。コツコツと数年やっておりますが、沢山のフライを始めたいという方々の声を頂戴しております。興味を持って頂いて、本当に有難うございます。初級者の方に、いかに楽しく最初のステップを踏んでもらえるか、という部分に一番腐心しながら事業を継続 [続きを読む]
  • モンカゲダンの阿寒湖
  • バシャ・・・・・ライズ見えた!10時の方向 15m、巨大な8番ドライフライがうなりを上げてが吹っ飛んでいく。強制的にラインを握ってターン。ラインを少し引いて誘い。ズボッ、体全体を出して50cmオーバーがフライに飛びつく。この時期のアメマスは強い、日本の魚には強すぎて面白くないと言われるUSA製シングルハンド6番ロッドがうなりを上げ、ラインが鳴る。大丈夫、ティペットは3x切れる心配はない。しかし、フックは8番とは言え [続きを読む]
  • 秋のスクールは実釣り体験付
  • 新見で開催していた、フライフィッシングスクールのワンシーンです。もう4年前になりますでしょうか・・実際に魚のいる川へはいり、ベテランのサポートを受けながら実釣が体験できる素晴らしい施設がありました(現在は閉鎖)多くの参加者を集めて(講師含めて20人位)昼食はBBQテラスで楽しく会食をしたものです。ちょっと懐かしいですね。さて本題です。津黒高原いきものふれあいの里という自然観察や、ワークショップなど [続きを読む]
  • 手軽に取り組める釣り、フライフィッシング。
  • 毛ばり釣りは難しい釣りというイメージありますか?普段釣りを楽しんできる方であれば、始めるのはすごく簡単。ちょっと投げる練習をしたら、川へ行くことができます。竿もリールもレンタルがあります。毛ばりは自分で作ることもできますが、実は一個200円くらいから買えます。渓流釣りを全くやったことがない方でも、すごく簡単、簡単。先ず、生餌・・ミミズとか川虫とか触らなくてすみます。ルアーなどもそうですが、疑似餌釣り [続きを読む]
  • 梅雨アマゴとフライ教室会場下見
  • はじめて同行釣行する方と8時に待ち合わせ。タンクローリーやのんびりドライブのおじいさまの車の後ろで、むむう・・・と困っている間に5分遅刻・・・余裕のはずでしたが、迷惑をかけてしまいました。お詫びと、初めましてのご挨拶をして早速移動。入渓点で、2投目に、まあまあのアマゴが出ました。稚魚放流個体でしょうか・・ヒレもキレイでよく引きました。気を良くして釣り上がりますが、後が続かずです。上流へ移動します。 [続きを読む]
  • 川遊びのススメ ”見守る人がいる安全”
  • 夏休みの計画進んでいますか?すごく田舎の、信号もない里山集落にある古民家に泊まって、夏の思い出作りをしてみませんか?釣りして、網で虫取り、野菜を採ってすぐ食べる、なによりも安全に走り回れます。何もない贅沢とは、どのようなものなんでしょう?ちょっと相反する言葉の組み合わせですよね。何もないと地元のかたは言います。でも僕らには違うように映りますよ。それって、すごく贅沢で、楽しみが尽きることがないという [続きを読む]
  • サムライグリーンは、くらしき環境フェスで巻く
  • FFA岡山のイメージカラーは、ハッとするような緑色です。萌えいずる新緑をイメージした明るい緑色です。僕が、フライフィッシングを知ってもらう活動をはじめて、3年が経過しました。心ある仲間に声をかけて、FFA岡山が正式に発足し1年。昨年も多くの拡大啓蒙活動を実施してまいりましたが、今年から普通の一般の人達が集まるイヴェントにロートルなサムライは切り込みます。どこの釣りクラブさんも、まず出展はしないであ [続きを読む]
  • くらしき環境フェスティバルは明日開催です。
  • キャンプとフライフィッシング2017-1の熱も冷めやらないうちに、 次のイベントが迫ってきました。6月3日、明日開催です。岡山県 倉敷市水島東千鳥町1-50倉敷市環境学習センターで開催されるお祭りに出展させて頂きます。毛ばり作りをワークショップ形式で体験して頂き、川に棲む昆虫のお話をにさせていただこうと思っています。水質によって発生する昆虫に差異があるとか、水生昆虫の生態なども釣り人目線でお話ししてみようかなと [続きを読む]
  • 北海道 春の朱鞠内湖で使う道具の紹介
  • 朱鞠内湖は昭和18年にできたダムによる人造湖です。いろいろな理由から湖底の木を切るときに切り株を残して沈んでいます。根掛かりがあります。さらに、予定より水量が増えた様子が有り、水量が少ないときは立ち枯れの大木、ネコヤナギの水没立ち枯れが周囲にあります。春は産卵のために浅場に集まるワカサギを食べにくるイトウを狙います。タイミングが合えばボイルしている様子が見えます。以上の理由により、フライはワカサギを [続きを読む]
  • 子供用の沢靴はなぜ存在しないのか。
  • アイデア的お話。実現させたい安全のお話です。軽めで読んで下さいね。高価な靴は、すぐ大きくなる子供にはもったいない。海用のマリンシューズを流用している。靴の上から靴下をフェルト代わりに履かせている。わらじを子供用サイズで作って履かせている。靴にスパイクピンを打って履かせている。そもそもですが、子供用のフェルト底の靴は販売されていません。お子さんと沢へ遊びにいく親御さんは、色々考えて工夫されていますね [続きを読む]
  • 酷暑、奥出雲
  • この日、島根県は最高気温35度だったそうです。奥出雲の山中は30度位だったと思いますが、それにしても暑く、涼しい渓流へ行ったはずが汗だくになってしまいました。3年越しの大先輩との釣りが、今日叶いまして、とてもいい釣りになりました。学ぶべきことも多く、彼のガイドのおかげで思いがけない魚との出会いもありました。早朝、山陰へ向けて出発。8時半に現地に到着。合流の後、着替えて遊漁券を購入し釣り開始です。大 [続きを読む]
  • 鳥取県八頭町でフライフィッシング
  • 鳥取県は渓流王国であると思います。大山、氷ノ山、扇の山、那岐山、他にも高い山が沢山あり、そこから流れ出す渓流も数多く有ります。ヤマメやイワナの宝庫であり、降海型のヤマメであるサクラマスでも有名な川が沢山あります。鳥取県でフライフィッシングを始めない手はないでしょう。鳥取県八頭町でフライフィッシング教室を始めると予告して1年。始動します。やってみたいけど、やったことあるけど、釣ってみたけど。  どう [続きを読む]
  • 2017倉敷市市民活動登録完了
  • 今年も倉敷市への登録の時期が来ました。倉敷市市民活動登録完了 昨年度の記事です。色んな所へ話を聞いてもらいに行く際に、この登録をしているのとしていないのでは大きく違います。門前払いは殆ど無くなったといえます。倉敷市と協働している訳ではなく、市民活動団体として真っ当に活動出来ていますよ。という審査を受けているようなものと思って下さい。活動実績がない団体は今年から審査が厳しくなったようです。また1年、 [続きを読む]
  • 初夏の陽気、魚と遊ぶ。
  • 鳥取県には千代川という1級河川が流れています。鳥取県内の3大河川の中でも一番流域が広く、支流も多いです。日野川が私のホームなのですが、渓流民宿とんぼ屋さんへゆくことが増えてからというもの千代川への釣行も増えてきたような気がします。とんぼ屋さんを出たのは夕方3時頃。5月末にしては暑い。帰りの時間を考えると・・2時間ちょっとの釣りができそうです。手堅く実績のある川へと車を走らせます。6.3フィート3# [続きを読む]
  • 北海道 朱鞠内湖のイトウをフライで釣る
  • フライフィッシングする人にとって特別な魚、イトウ朱鞠内湖では細かくレギュレーションを定めて保護しており、一部の通っている北海道の人は人は狙って釣ることができる場所なのですね。本州からの遠征での釣りはとても難しく、フライわからない、適切なロッドの番手わからない、湖が広すぎてポイントわからない、釣り方がわからない、イトウを入れるネットがない、動くものしか食べないので反応も何もない中でキャスト、ラインを [続きを読む]
  • キャンプとフライフィッシング2017-1
  • 恒例のクラブ活動とフライフィッシングのスクールのイベントが無事終了しました。総参加人数21人 行政の方も来場頂き、今後の活動に関する有意義なお話もさせて頂きました。全国的に高気温の中での2日間。真っ黒に日焼けしてしまいました。が、笑いっぱなしの良いキャンプになりました。ではレポートをどうぞ。土曜朝、倉敷市を6時半出発。集合場所には11時半でいいので、3本ほど未踏河川の調査。田んぼ濁りとチビイワナのみ。お [続きを読む]
  • キャンプとフライフィッシング雑感
  • 明日からのキャンプの準備完了しました。車のなかは準備の品で一杯です。パンパンなので、荷崩れしなくていいかな。2日間フライフィッシングのことだけ考えて過ごそうと思っています。それは、非常に贅沢なことですね。フライフィッシングと自然を学びながら、一泊のキャンプ。始まりは3人でのキャンプでした。これがまた傑作でして、鍋を作ったのですが、不味いのなんの。画像もなんだか不機嫌そう(笑)年を追うごとに段々盛大 [続きを読む]
  • 真に子供のためのものは・・・
  • くらしき環境フェスティバル出展のお話です。6月3日に予定されています。パンフレットを見れば判りますが、イベント自体がお子様向けの教室なのです。購買力のある大人向けのスクールはショップさん主催などで数多く行われています。子供にフライフィッシングを見てもらう機会を記憶から引っ張りだすと、東京や横浜で毎年開催されているフィッシングショーの出展などが思い出されます。県内で機会を作るとなると、釣りのイベント自 [続きを読む]