山行 さん プロフィール

  •  
山行さん: 山行履歴
ハンドル名山行 さん
ブログタイトル山行履歴
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sangyo0110
サイト紹介文基本的には単独行。ただ、黙々と歩いてたり。
自由文最近は、低山ばかり。
本当は、森林限界を超えるくらいの高さが好き。
空気と空の色が地上と変わるから。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 257日(平均3.1回/週) - 参加 2016/12/07 18:26

山行 さんのブログ記事

  • 2017年 お盆休みの登山計画
  • お盆休みの登山計画。最近、急ピッチで高槻市内の未踏地帯に踏み込んでいる。高槻市内で山頂を踏んでいない山と言えば、三好山、高ヶ尾山、金毘羅山、と言うことで、残すところあと3山。この内で高ヶ尾山と金毘羅山は槻の木グリーンベルト(林道萩谷岡山線)沿いにあり、本来であれば、空谷橋のバス停から登り始めて、神峰山口のバス停に下山するか、その逆を行くかが距離的にも適当かなぁ、と。ただ、そのバスの始発を待っていたら [続きを読む]
  • 備忘録 釈迦岳 マイナールート(川久保渓谷→釈迦岳直登)
  • 川久保渓谷から釈迦岳へ直登するルート。川久保側からは水声の道の分岐を大杉方面に進む。大杉側からは堰の先に入口がある。1.釈迦岳直登ルート入口 → 大阪府の水源かん養保安林の立札2.堰 →堰の手前で沢の右手に渡り、堰を越える3.沢の右手(東側)の1本目の谷筋4.沢の右手(東側)の2本目の谷筋5.沢の右手(東側)の3本目の谷筋6.沢の右手(東側)の4本目の谷筋7.沢の分岐点 →北側から来る沢と北東側から来る沢の合流点 →北 [続きを読む]
  • 「火の用心」 〜関西電力 鉄塔巡視路 〜
  • 関西の山の中を歩いていると、「火の用心」と言う看板を良く見かける。小塩山の登山ルートにも、川久保尾根のルートにも、黒柄岳のルートにも、釈迦岳にも、時折、この看板に遭遇する機会があった。気になっていたので調べてみたら、関西電力の鉄塔巡視路の看板らしい。確かに、この看板がある先には鉄塔があるような気がする。基本的には鉄塔巡視路の入口と迷いやすいところにあるみたい。この巡視路の山岳図があったら、山の中を [続きを読む]
  • 気になるルート 釈迦岳 マイナールート(川久保渓谷→釈迦岳直登)
  • インターネットでポンポン山山域ルートの画像検索をしていると、気になるモノを見つけてしまった。下の画像がそれ。一見、GPSデータを地図上に落としたモノに見えたけど、気になったのは黄色い丸の部分。川久保渓谷から釈迦岳への直登ルートの点線が。。このルートは国土地理院の地図にも、昭文社の山岳図にもないルート。確かに釈迦岳の山頂から西側は緩やかな傾斜の広々とした尾根が開けていて、ちょっとした休憩スペースのよう [続きを読む]
  • クマゼミ
  • この街に来るまではクマゼミなんてほとんど見たことがなかった。関東でセミと言えば、アブラゼミで、子供の頃、セミ捕りと言えば、アブラゼミがほとんどでミンミンゼミやツクツクボウシはレアだった。この街でアブラゼミなんて見ることなんて皆無で、不思議な感じがしていた。梅雨が明けて、一斉にセミ達が地上に現れて来たのだけど、昨年よりもセミの数が異常に多いような気がするのはボクだけなのだろうか?今朝も1本の木を取り [続きを読む]
  • 白桃
  • 三連休で初めて岡山の地を踏んだ。今まで通過したことしかなかったのだけど、端物の白桃を買ってみた。白桃を剥くと半日以上、その香りは手に残った。暑い暑い夏の日の中、それはとても涼やかで、幸せな香りだった。 [続きを読む]
  • ホタルブクロ
  • 6月に山に分け入っているとこの花が咲いていた。そのときはこの花の名前を知らなかったのだけど、偶然ぼんやり見ていたテレビでこの花の名前を知ることとなった。ホタルブクロ。それがこの花の名前。その昔、子供達はホタルを捕まえるとこの花の中に入れて、提灯みたいにして遊んだと言う。小さな頃、父方の実家のある山形に帰ると祖母が池の見える縁側に寝椅子を置いてくれて、舞い飛ぶホタルを眺めながら、夕涼みをした。一番最 [続きを読む]
  • ポンポン山について 〜 ブログ開設1年を迎えるにあたって 〜
  • この山行履歴も7月10日で開設1年を迎える。まずは備忘録のようなこの拙いブログにいつもご訪問頂いている方々、併せて、立ち寄って頂いた方々にお礼を言わせて頂きます。これからもお時間の空いた時にお立ち寄り頂いて、何か得るものがあれば嬉しいです。さて、この1年の登山回数を数えてみると、なんと67回。(ほとんどがポンポン山なのだけど)これは、関東にいる頃にお客さんに誘われるままに山登りの会に参加していた頃よりも登 [続きを読む]
  • スズメバチについて
  • このところ、ポンポン山山域を歩いているとスズメバチを目にするようになってきた。最盛期にはまだまだ早いけど、ブーンと羽音を立てて単独飛行している姿を見かけるようになってきた。小学6年生までは東京の街中で育ったので、スズメバチなんてほとんど目にすることはなかったのだけど、6年生の頃に引越しをして、千葉の片田舎の住宅地に住むようになってからは、森に分け入りカブトムシを捕りに行けば、必ずセットになってスズメ [続きを読む]
  • ポンポン山の国土地理院の地図にしかないルート
  • 登山をするときはいつも、昭文社さんの「山と高原地図」のお世話になっている。毎週のように登るポンポン山を登る時でさえ、山と高原地図とコンパス、予備食料はリュックの中に入れてある。最近では、ポンポン山を登っている途中で地図を開くことなんて、ほぼなくなってしまったのだけど、それでも有事の際の為に潜ませている。さて、その山と高原地図で難路表記のあるこのブログでは川久保渓谷の2本目の橋を渡る廃道を登った時に [続きを読む]