山行 さん プロフィール

  •  
山行さん: 山行履歴
ハンドル名山行 さん
ブログタイトル山行履歴
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sangyo0110
サイト紹介文基本的には単独行。ただ、黙々と歩いてたり。
自由文最近は、低山ばかり。
本当は、森林限界を超えるくらいの高さが好き。
空気と空の色が地上と変わるから。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 196日(平均3.2回/週) - 参加 2016/12/07 18:26

山行 さんのブログ記事

  • ポンポン山の国土地理院の地図にしかないルート
  • 登山をするときはいつも、昭文社さんの「山と高原地図」のお世話になっている。毎週のように登るポンポン山を登る時でさえ、山と高原地図とコンパス、予備食料はリュックの中に入れてある。最近では、ポンポン山を登っている途中で地図を開くことなんて、ほぼなくなってしまったのだけど、それでも有事の際の為に潜ませている。さて、その山と高原地図で難路表記のあるこのブログでは川久保渓谷の2本目の橋を渡る廃道を登った時に [続きを読む]
  • タラの芽
  • ポンポン山山域で、タラの木を見かけた。小学生の頃、千葉の新興住宅地で育ったのだけど、自転車で5分も走ると里山みたいな森がたくさん残っている町で、縄文式土器のカケラや磨製石器などが雨で洗われた地表に露出していた。そんな森の中にはタラの木がチョコチョコと自生していた。春になると入って、その新芽をちょっとだけ頂いたりした。タラの芽を摘む時には全ての新芽を取らずに残しておく、というルールがあって、そうしな [続きを読む]
  • この花は?
  • 5月に入って、色んな花が咲いていたけど、川久保の集落に咲いていたこの花の名前が分からなかった。先日登った丹沢山の登り口の大倉にも同じ花が群生していたし、遠い記憶を辿っていくと、この時期、山の入口にはこの花が咲いていた。名前が分からないのは気持ち悪いな。。。花とか、鳥とかは図鑑で調べようとしても、そもそも何の分類に入るか分からないと中々お目当のモノに行きつかない。こういった知識って、知らなくても生き [続きを読む]
  • トレッキングシューズ・登山靴の重要性
  • 普段、山に入るときは必ずハイカットのトレッキングシューズを履くようにしている。低山であってもハイカット。人によっては低山では動きやすさを重視して、ローカットのモノを履く方がいるようだけど、捻挫とかするのも嫌だし、若い頃やっていたバスケットのせいか、ハイカットの靴で動くことに抵抗はなかったし。ところが、先日、丹沢山に登った際はスニーカーで登山していた。と、言うのも、当初の予定では5月3日に丹沢山に登る [続きを読む]
  • 落花(2)
  • 周囲では桜の花が満開で、うららかな春の陽射しは優しくて。そんな中で地面に散り咲く真紅の花弁は何かを語りかけているようだった。見上げた空に揺らぐ薄紅色の花々と対照的なその花に散りゆくモノの宿命を感じた。 [続きを読む]
  • 落花(1)
  • 千々に乱れた心模様のように落ちた花弁は地面に咲き乱れた。真紅に燃える花弁は雨に濡れて艶めかしさを一層増していた。 [続きを読む]
  • 桜前線 2017 〜大堰川緑地公園(2) 〜
  • 桜の写真って、撮るのがとても難しい。何気なく撮れば、ぼんやりとした写真になってしまうし、曇り空だと、花と空が同化してしまう。この写真だって、空が優しい青空だったら、素敵な写真なのかもしれない。それでも、この一瞬を切り取ることはやめられない。それが桜の花の魔力なのかもしれない。撮影:2017年4月9日 南丹市八木町 大堰川緑地公園 [続きを読む]
  • 桜前線 2017 〜大堰川緑地公園 〜
  • 南丹市にある桂川沿いの公園。車で入って行けて、人もまばらで、この時期、お気に入りの場所。不思議なのはこんなに桜があって、車で入れるのに、何で人が少ないのだろう。関東の人間からすると、桂川を望みながら時折通る電車を眺めて桜を楽しめる場所なんて、とても贅沢なような気がする。撮影:2017年4月9日 南丹市八木町 大堰川緑地公園 [続きを読む]
  • 桜前線 2017 〜水無瀬神宮〜
  • この街に来てから、毎週訪れている水無瀬神宮のしだれ桜。ソメイヨシノよりも一足先に満開。この神社には、離宮の水という日本百名水があって、いつも人が沢山いる。桜の花が咲き始めると、毎年少しだけソワソワとした気分になってしまう。撮影:2017年4月1日 水無瀬神宮境内 [続きを読む]
  • 林道ポンポン線改良工事 完了
  • 1ヶ月以上、川久保渓谷側から登っていなかった間に林道ポンポン線改良工事が完了していた。まずは、川久保渓谷の本山寺への分岐点の斜面改良。あとは、沢の曲がりがキツイところの護岸改良が2箇所。最後に林道ポンポン線の舗装路の延長。舗装路が水場の手前までだったのに、廃道の分岐点(メガネ橋のとこ)まで延長されていた。舗装路が増えてしまうと何だか、山歩きしてるような気がしないので、少し残念。この工事は終わったのだけ [続きを読む]
  • GWの山行計画(案2:大倉→バカ尾根経由→塔ノ岳→鍋割山経由→大倉)
  • GWの山行計画の2案目。このルートは、大倉から約1200mの高低差をひたすら登る素敵なコース。駒止茶屋の手前と花立山荘の手前が素敵な登りです。登ったり下ったりを繰り返す尾根の縦走より、個人的には好きなパターンです。下山は同じルートを相模湾を望みながら下るか、途中、二股分岐で西に向かい、鍋割山で鍋焼きうどんを食べて、大倉に下りるか。ちなみに鍋割山はその昔歩いたときに雨に降られてドロドロになった思い出がありま [続きを読む]