よつば さん プロフィール

  •  
よつばさん: 。+゚☆よつばblog☆゚+。 辻調、そして大阪芸大へ。
ハンドル名よつば さん
ブログタイトル。+゚☆よつばblog☆゚+。 辻調、そして大阪芸大へ。
ブログURLhttps://ameblo.jp/yotsuba2005/
サイト紹介文2015年3月辻調理師専門学校卒業。2016年4月から大阪芸術大学通信教育部(音楽学科)在学中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 292日(平均5.2回/週) - 参加 2016/12/07 22:13

よつば さんのブログ記事

  • 2017/09/30 京都人の密かな愉しみ Blue 送る夏
  • http://www4.nhk.or.jp/P3653/ http://www.tsujicho.com/hotnews/cat621/post-480.html 京都人の生活の中の密かな喜びや苦悩を描いた人気シリーズの2ndシーズン。主役はガラッと変わり、今度は若者たちの物語となる。作庭、陶芸、京料理など、京都の伝統的な文化を継承し、自分なりの生き方を見いだそうとする若者たちの姿を五山の送り火に向かう情景の中で描く。厳しい親や師匠との葛藤あり、涙あり、笑いあり。ドキュメンタリー [続きを読む]
  • 習い事が増えました。声楽レッスン
  • 合唱が好きな私。 でも、合唱だと、どうしても全体的な指導になるので、個別で細かく教えてもらえるチャンスが少ないので物足りなさを感じていました。 なので、個人レッスンで声楽の先生にしっかりと発声とかを教えてもらって、いずれは声楽家やミュージカル俳優のようなしっかりとした発声、歌い方ができるようになりたいなと思っていました。 今日やっと声楽教室の無料体験レッスンに行きました。 歌う時に大切な身体づくりの [続きを読む]
  • 中村佑介展終了しました…。
  • 7月に始まった中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURAも9月18日をもって終了してしまいました…。 中村佑介展では、中村さんがイラストレーターになる前、つまり学生時代の作品もいっしょに展示されていました。 美大予備校・高校生時代と大学時代の作品です。 ↓ こちらは中村さんが大学1回生の時に描いたデッサンで、大阪芸術大学の敷地内を描いています。 高校2年生から地元・兵庫の美大予備校へ通い始めた [続きを読む]
  • 大くまモン展−熊本復興をH2Oサンタもお手伝い−
  • 9月25日(月)まで、阪急百貨店うめだ本店 9階阪急うめだギャラリーで、「大くまモン展−熊本復興をH2Oサンタもお手伝い−」が開催中です。http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/gallery_kumamon/index.html ちなみにくまモンの展覧会は全国初開催だそうです。 熊本地震の募金箱も設置してあります。 くまモンからのあいさつ文。 同じ階にあるCafe Le Painで、大くまモン展の特別メニューを販売中らしいです。 くまモンの履 [続きを読む]
  • すみっコぐらし展〜5周年でもここがおちつくんです〜
  • あべのハルカスで開催中のすみっコぐらし展に行ってきました〜。http://www.san-x.co.jp/sumikko/campaign/sumikko_ten_5th/abenoharukas/ すみっコぐらしって、もう5周年になるんですね!早いなぁ…。 すみっコぐらしとは?電車に乗ればすみっこの席から埋まり、カフェに行ってもできるだけすみっこの席を確保したい…すみっこにいるとなぜか“落ちつく”ということがありませんか? さむがりの“しろくま”や、自信がない“ぺん [続きを読む]
  • 美術手帖2017年10月号 新しい食
  • 美術手帖2017年10月号 新しい食http://www.bijutsu.press/books/2017/09/-1710.html 特集新しい食私たちは日々、何かを食べて生きている。自分がどういうものを食べているのかを知ることは、自分が生きる環境の構築に主体的に関わる第一歩となる。巨大企業の利益追求により工業化され、目に見えなくなってしまった食の供給システムや、遺伝子組み換え食品、食品添加物のリスクなど、食をめぐる問題はあまりに大きい。本特集では、 [続きを読む]
  • 「音楽再生の楽しみ〜はじまりは蓄音機」 その2
  • 昨日に引き続き蓄音機の展覧会の話です。 本展覧会のパンフレットにも載っている、こちらの可愛らしい花柄の蓄音機。 さらに、当時の蓄音機の価格一覧表もありました。 掲載されている金額はあくまでも当時の金額そのまま。 当時ですら家が建てられるぐらいの高価なものだったという噂ですので、 今の金額に換算すると…とんでもないことになりそう(;´・ω・) 音楽を聴くというのは当時は相当な金持ちの道楽だったので [続きを読む]
  • 最新作品が追加!中村佑介展
  • 7月に始まった中村佑介展も9日18日(月・祝)で終わってしまいます。 http://www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/kh/ny15/ 「もうこんなに大きな僕の展覧会は生涯しませんので」と、中村さん本人がTwitterでもつぶやいておられます(笑) さて、中村佑介さんの最新作品が追加で展示されていました! ↓ 『ワンダーウーマン』 ↓ 『トランスフォーマー/最後の騎士王』 サイン会の時に見せていただいた作品です。 さらに、中 [続きを読む]
  • 学ぶにあたって最も大切なこと。私の考え。
  • 「勉強が嫌い」と言う人が大嫌いです。 音楽の専門学校にとくに多いと聞きますが、「音楽って簡単そう、誰にもできそう」という理由で入学してくる人が必ずいます。冗談じゃありません。ふざけるな。 辻調の時にもいましたが、「勉強嫌いだから調理師学校選んだ」という学生が案外多いです。 私は勉強を疎かにする人間が大嫌いです。 音楽にせよ何にせよ、物事を甘く見ている、舐めてかかる人間が大嫌いです。 そういう人間とはい [続きを読む]
  • 楽典を勉強するにあたっての参考書を一部紹介
  • 大阪芸術大学通信教育部の音楽学科に入学してくる人全員が全員、ピアノが引けて楽譜が読めて楽典のこともしっかり理解できている人ばかりではないみたいです。 ここまで本格的に和声法やら作品制作やら理論と向き合ったのははじめてだという学生が案外多いみたいなので、今回のブログでは、私が楽典の勉強をするのに買った参考書を(参考になるかわかりませんが)紹介します。 楽典―理論と実習 Amazon 音大受験生のバイブルですね [続きを読む]
  • 「怖い絵」展 −兵庫県立美術館−
  • まず、たくさんの方々よりたくさんのコメントをいただきありがとうございます。 ひとりひとりが違う生き方、考え方を持っていて、だからこそいろいろな意見を知ることができ、とてもありがたいし、参考になりました。 本当にありがとうございます。 さて本日は9月18日(月・祝)まで開催されている、「怖い絵」展に行ったときのお話をさせていただきます。http://www.kowaie.com/ ↑ この屋上にいるカエルは、兵庫県立美術館の [続きを読む]
  • いじめ後遺症。そして実習が怖い。
  • いじめが原因で学校(とくに教室)という空間に恐怖を抱くようになりました。辻調では実習が恐怖になってしまい、いまだに調理現場で仕事をすることに恐怖を感じます。調理師学校では当たり前ですが実習があります。実際に調理現場で働くことを前提に行うので、当然ですが怒られる場面もありますし、何より時間に厳しいです。実際にレストランやホテルではお客様が料理を待っているので、ゆっくりマイペースに作っている場合ではない [続きを読む]
  • 負け組なんです、私は。
  • 私は負け組です。 辻調出たのに料理の仕事に就いていない。 今の仕事は福祉の仕事。 通っているのは芸術大学。 辻調を卒業してから一度も料理の仕事に就いたことがない。 辻調を卒業して、それこそ料理長になったり、自分のお店を経営している人たちと比べると、これ以上ないってくらい負け組だ。 辻調の先生たちも勝ち組だよね。学生に料理教えてるんだもん。 私は一生かかってもあの人たちには勝てない。 よしんば私が将来それ [続きを読む]
  • 6月スクーリングの成績が出たようです。
  • ずっと採点中だった6月スクーリングのアートプランニングのスクーリングの成績がようやく出たみたいです。 結果は…「優」でした。 これはあくまでもスクーリングの成績なので、自宅学習の課題とはまた別なのです(;´・ω・) そう、スクーリングが終わってもまだ課題があるのです…。 しかも、スクーリング終了後一週間ぐらいで提出するスクーリング後提出課題と、本来自宅等でする課題はまた別ものなのです。ややこしいですが(; [続きを読む]
  • 9月1日
  • 昨日、今日とたくさんのコメントをお寄せいただきありがとうございます。心からお礼申し上げます。一人一人、じっくり読まさせていただきました。やはり、人間それぞれいろいろな考え方があっていいですね…。本当にありがとうございます。 さて、9月1日は子どもの自殺が多い日だそうです。 私もいじめられっ子だったからすっごく分かる…。 夏休み明けの始業式ってホントに憂鬱だったなあ…。 学校も嫌だったけれど、家庭のほ [続きを読む]
  • 友だちがいない
  • 昨日の夢に、昔私をいじめていた子が出てきました。 中学、高校時代の夢ばっかりみています。 お恥ずかしい話、現在の私には友だちがほぼほぼいません。 これ以上生きていて何の意味があるのだろう…と思ってしまいます。 誰からも必要とされない人間に生き続ける価値はあるのだろうか…。 将来のことを考えると恐ろしくて仕方がありません。 やっぱり将来は孤独死するのかしら…。 *:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★ [続きを読む]
  • 野に咲く花のようにささやかな幸せを求めて。
  • 夏休み特別講座 絵画・デッサン が今日で全て終了しました。 デザインスクール理事長の書かれた文章で印象に残っている箇所がいくつかあるので紹介します。http://kawahara-ds.co.jp/rekishi/ 全体的に『ああ、たしかに。なるほど』と思うところが非常に多いのですが、とくに印象に残っている部分は、 “お金をたくさん持つことだけが成功者であるという考えや、手段を選ばず何がなんでも有名になりたい、というような風潮には [続きを読む]
  • 北大路魯山人展 −和の美を問う− 何必館・京都現代美術館
  • ちょっと前のことですが、何必館・京都現代美術館にて北大路魯山人展が開催中とのことで、行ってきました。http://www.kahitsukan.or.jp/frame.html 「陶」「書」「茶」「花」「食」と、様々な分野で活躍された方です。 料理もしていて、尚且つ芸術家。すごく興味を持ちました。 魯山人の言葉で印象に残っているのが、 “人はいつ死んでもよいのである人はこの世に生れてきて、どれだけの仕事をしなければならぬときまったわけ [続きを読む]
  • 2017/08/21〜23 サウンドスケープ論 スクーリングを終えて。
  • 21日(月)から23日(水)まで、サウンドスケープ論のスクーリングに参加してきました。 授業では各グループに分かれて話し合う場面があったり、 実際に学内を歩き回って、周囲から聞こえてくる音に耳を傾ける…ということをしたりもしました。 学内とはいえ、外に出るので紫外線対策必須です。 でも、冬期に受ける人は今度は寒さとの戦いになるな…。 暑いのと寒いの、どちらかまだマシだなと思える時期でご参加ください(笑) いや〜 [続きを読む]