コロロク さん プロフィール

  •  
コロロクさん: 負けないPOG (勝てるとは言っていない…)
ハンドル名コロロク さん
ブログタイトル負けないPOG (勝てるとは言っていない…)
ブログURLhttp://tokyu8606.blog.fc2.com/
サイト紹介文10年くらいPOGで負けていないのでその方法を伝えたり、考えていきます。競馬予想もたまにします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 170日(平均2.3回/週) - 参加 2016/12/08 09:56

コロロク さんのブログ記事

  • アオゾラペダルの2015
  • ダービーの翌週からすぐに新馬戦が始まるようになって以来、新馬戦開始後一ヶ月以内にデビューした馬の中から毎年GⅠ馬が出ているそうです。名前、デビュー戦、生産、厩舎、馬主の順にまとめてみると12年 ロゴタイプ 6/24函館新馬1着 社台F生産 田中剛厩舎 社台オーナーズ13年 イスラボニータ 6/2東京新馬1着 白老F生産 栗田厩舎 社台RH14年 クラリティスカイ 7/5中京新馬4着(新馬開始から5週目) パカパ [続きを読む]
  • シルヴァースカヤの2015
  • シルヴァースカヤの2015 牡馬名ヘンリーバローズ父ディープインパクト母シルヴァースカヤ母父Silver Hawk馬主 猪熊広次 (セレクトセール2015当歳馬 12,000万円)角居勝彦厩舎入厩予定全兄に先日オーストラリアTを快勝したシルバーステートがいます。そのシルバーステートの復帰戦での勝ちっぷりで更に人気に拍車が掛かりそうですね。配合的にはあんまり強調する点がないんですが、最近ようやく芽の出てきたディープ× [続きを読む]
  • 今年のPOGのレギュレーションが決定
  • 毎年ではないが3年に1度くらいずつルール変更会議が行われる地元POG。メンバー全員が35歳以上となる今年は結構大胆なルール変更があった。ルールとしてはシンプルなもので・10頭の指名馬の内、同一種牡馬産駒は3頭までとする・過去の指名牝馬の仔は上記の頭数制限には適用されない。というルールが加わった。今までは同一種牡馬の産駒は5頭までだったので、これはかなり痛い。確率を頼りにフルスイングしているだけの指 [続きを読む]
  • ザ・POGドラフト会議2017-2018の感想
  • youtubeにアップされているザ・POGドラフト会議2017-2018を見ました。まずはシャムロッカーの15の情報。空港牧場育成、膝の後ろに骨の棘が出来たため手術済みのためゆっくりになるとの事。個人的には配合は微妙かなと思っていますが、セレクトセールの動画を見た限りでは馬の出来はやはり良い。本日のシルバーステートの復帰戦の出来でヘンリーバローズが更に人気しそうで、マラソン馬リッチダンサー等もいるので単独で一本釣り [続きを読む]
  • ノーザンホースパークマラソンの賞品馬 判明
  • 前回のエントリはこちらノーザンホースパークマラソンの賞品2012年 ディアデラマドレ POG期間内収得賞金700万円 (その後マーメイドS、府中牝馬S、愛知杯制覇)2013年 ハープスター   POG期間内収得賞金23000万円2014年 シャイニングレイ POG期間内収得賞金7200万円2015年 シンハライト    POG期間内収得賞金19800万円2016年 エピカリス     POG期間内収得賞金5800万円+UAEダービー賞金 [続きを読む]
  • 東スポのタブロイド紙「ザッツPOG」を買いました
  • いろいろと不満点は多いものの毎年買ってしまうザッツPOG、今年もやはり買ってしまいました。毎年思うことではあるが、写真と文のレイアウトがごちゃごちゃしていて本当に見辛い。アンカツとI理論コーナーは要らないし、井崎さんのコーナーは毎度ネタに走ってるし余計なコンテンツが多い気がする。価格が350円と安いことだけが救いだが、内容的にも報知ブログで既出の情報が多いので買わなくてもよかったなぁ…。しかしそんなザ [続きを読む]
  • POG本で見て、一番印象が変わった馬。ブエナビスタの15
  • 馬名 ソシアルクラブ以前のレビューブエナビスタの2015クラブの募集写真とPOG本で見た馬体のギャップが一番大きかった馬がブエナビスタの15です。募集写真の時に触れたブエナっぽい骨格にキンカメの筋肉が必要なだけついたという感じ。良血の力といえばそれまでですが、それ以上のものを感じますね。サイズも480キロ台で合格、厩舎もメラグラーナでオーシャンSを勝ったりボンセルヴィーソをNHKマイルCに送り込む等若手と [続きを読む]
  • ナスノシベリウスの15 続報
  • 以前のレビューナスノシベリウスの2015丹下さんのPOG本、所謂黄本を購入したところ情報が載っていました。馬名はナスノシンフォニー、武井亮厩舎所属に決まったようです。なんでも途中からノーザンF育成になり、現在は一番調教が進んでいる組にいるとの事、現在の馬体重は470キロ台。馬体は確認していませんが、結構期待されているようなコメント。あくまでサブ扱いですがリストには載せることにしました。 [続きを読む]
  • 今年のサトノの当たり予想
  • ダイヤモンド、クラウン、アレスがGⅠを勝ち、もう好き嫌い関係なく取らざるを得なくなってきたサトノ軍団。断然一番人気になるはずだったサトノグロワールは各紙に馬体写真が無く何かしらの頓挫か順調さを欠いているような雰囲気。個人的には一番馬以外は取らなくてもいいかなと思っていただけにいきなり難しくなってしまったがそれでも一頭は当たりがいるはずなので予想しておきます。◎サトノソルタス(アイランドファッション [続きを読む]
  • リッチダンサーの15
  • 馬名 フラットレー 牡父ハーツクライ母リッチダンサー母父Halling藤沢厩舎入厩予定もしディープインパクトがいなかったら、今年のドラフトはこの馬の1位指名で何人競合するんだろうってレベルの馬だと思います。普通に狙える馬だったので敢えてレビューもしていませんでしたが、現在のところハズレ1位か2位で指名予定の馬です。半姉にフラワーC、中山牝馬S勝ち馬のバウンスシャッセ。デビュー出来た兄弟は勝ち上がり率100%。PO [続きを読む]
  • カサブランカスマイル15とロイヤルペルラ15
  • 父ハーツクライ母カサブランカスマイル母父Ocean Terrace佐々木厩舎預託予定(POG虎の巻より)3月時点での馬体重514キロ母はチリのGⅠエルダービー(2,400m)とラスオークス(2,000m)を勝っていて祖母はチリの年度代表繁殖牝馬なる賞に輝いたという名牝系らしい。各紙のコメントでは可動域が広い、ストライドが大きいとのコメント。配合的にはHaloクロスによるNothirdchanceの強調やブラックタイアフェアー内のBusinesslike、 [続きを読む]
  • 青本(最強のPOG)を買いました
  • 率直な感想、ドラフト対策がかなり使えそう。特に山田乗男氏の格高ラインと出川塁氏のアルマームードの法則だけでもう十分戦えそうな気がする。上の記事を見てプチノワール15を指名候補に入れてみることにしました。馬体も良さそうで厩舎もいいんだけど、馬体重がやや軽いので中位〜下位候補まで。記事内ではシユーマ15とのダブル指名を推奨されていましたが、こちらは元々指名候補。ラングレーからのリアルスティールのような [続きを読む]
  • 優駿5月号から②
  • ノルマンディーファームからはツーデイズノーチス15。ハズレを出さない血統に加えて、コメントの内容も凄い。またステゴの今年の産駒は種付け料が一番高かった時の世代だったはずでオルフェの影に隠れそうだが本当の狙い目はステゴ産駒の気がする。千代田牧場はカサブランカスマイル15。バランスが良い筋肉質の馬体、ハーツ特有の緩さも無さそう。ロイヤルペルラ15も配合がよく、仕上がりもよさそうなのでニコイチ作戦で取る [続きを読む]
  • 優駿5月号から①
  • 優駿を見ての感想を軽く書いていきます。社台Fはディープ産駒が1頭のみ、毎年おなじみの個人馬主へのサービス的掲載と思われますね、全頭パスかな…。ノーザンFは流石のラインナップ。ブエナの仔、ソシアルクラブはクラブの募集写真の頃と比べると段違いで良くなっていてビックリ。上位でしか取れないのがわかりきっている馬ではあるが、その価値は十分にありそう。ウィーミスフランキー15は配合自体は好みではないが馬体重477 [続きを読む]
  • デイリー馬三郎POG虎の巻購入
  • 久しぶりの更新になります。毎年POG虎の巻を皮切りにPOGシーズンが始まるといっても過言ではない気がします。色々な情報が雑多に散りばめられているPOG虎の巻。名前が出ているのに馬体が載っていなかったり、馬体重についてもあったりなかったりでかゆいところに手が届かないもどかしさを感じつつも毎年買ってしまっていますね。今年のPOG虎の巻は狙っている馬についてのコメントが多く、本当に買った甲斐がありました。特に注目だ [続きを読む]
  • 2歳馬レビューの振り返り
  • 報知ブログでも2歳馬の紹介が増えてきていよいよPOGシーズンが始まる感じになってきました。レビューしていたディロスも報知ブログ上で調教師のコメントがあり芝の長いところというコメントが気になるものの性格は穏やかでデビューは早そうとの事。今年の選別基準の「ふるい」の方向性はおおまかに決まってきたのでPOG本が発売される頃には現実的な指名候補を絞っていきたいと思います。備忘録としてこれまでにレビューした馬をま [続きを読む]
  • ファンディーナについて
  • 春が来て我が家に新たな当歳が誕生しました。大変ありがたくめでたいことなのですが馬券にしろPOGにしろ競馬の時間が激減しなかなかブログ更新出来ずにいます。ファンディーナの兄、ナムラシングンはPOG指名馬ではないものの好きな馬で馬券の相性も良い馬なのですが負けたレースを見た時に父ディープだったらここから弾けるだろうなぁと思うことが多々ありましたがそういう直感って大事ですよね…。ファンディーナについてはターフ [続きを読む]
  • ラトーナの2015
  • ラトーナの2015 牡馬名ディロス父ステイゴールド母ラトーナ母父Dansili 馬主 シルクホースクラブ (募集価格 3,200万円)木村哲也厩舎預託予定母は1勝、近親にはBCターフ等を制したMain Sequenceがいます。お決まりになってきているHyperion,Swynfordを多く含む血統でのチョイスですが、この馬はHeliopolis=Seven Seas 、Flower Bowl、Peace Rose、Tudor Minstrel、ハイハット、Jennifer等多くのHyperion,Swynfordの組み [続きを読む]
  • オータムメロディの2015
  • オータムメロディの2015 牡父ステイゴールド母オータムメロディ母父Kingmambo今年はステイゴールドの実質ラストクロップ世代となりますね。(2016年の産駒はエレインの2016一頭のみです。)ラストクロップから大物が出て欲しいところですし、当たったらこれほど夢を見れる種牡馬もいないと思います。エリザベス女王杯3着のピクシープリンセスの半妹になります。母は海外未勝利ですが名牝Fall Aspenの牝系で近親にDub [続きを読む]
  • プリティカリーナの2015の全兄、エクレアスパークル新馬勝ち
  • 仕事が一息ついたと思ったらプライベートが忙しくなる、人生はなかなか上手いこと出来てますね(笑)プリティカリーナの2015の馬名がグラマラスライフに決定したとの事。母名とリンクしないというような意見もあるようでしたがグラマラスライフといえば歌手のシーラEを連想してしまいます。母親のカセットテープでよく聴いていましたので個人的に良い名前がついたかなと思いますね。さて全兄エクレアスパークルの新馬戦、抜群 [続きを読む]
  • ナスノシベリウスの2015
  • ナスノシベリウスの2015 牝父ハーツクライ母ナスノシベリウス母父Unbridled's Song母は3勝、近親に目立った馬は居ないものの配合で目を引いたのでピックアップしてみました。穴馬です、今年のハーツ産駒を見てハーツ固めにしようなんて方以外にはオススメ出来ませんのでご注意下さい(笑)スワーヴリチャード、アダムバローズでブレイク中のハーツ×母父Unbridled's Songです。こちらは母母母父A.P. IndyですのでSeattleSlew [続きを読む]
  • リヴィアローズの2015
  • リヴィアローズの2015 牡父ディープインパクト母リヴィアローズ母父Galileoここ最近の持論である『ディープ産駒のトレンドは2、3年周期くらいで少しずつ変わっている説』は『ディープ産駒のトレンドは2、3年くらいは続く説』とも取れるわけで、昨年の新傾向は今年も積極的に狙って行きたいと思っています。以前から狙っていた母父Galileoのディープ産駒ですが、昨年のヴァンキッシュランでようやくブレイクした感じですね [続きを読む]
  • マルケサの2015
  • マルケサの2015 牡父ディープインパクト母マルケサ母父Kingmambo馬主 大野 照旺(セレクトセール2015当歳馬 5,000万円)またまた大好きな母父Kingmamboのディープ産駒です。母は愛1勝。牝系を遡るとスピニニングワールド、アルデバランⅡ、Sex Appeal等に繋がる名牝系。Kingmambo(ミスプロ、Nureyev)、Storm Cat、Buckpasserとディープと相性の良い血が豊富でSir GaylordとSecretariat、Sir IvorとHalo、BusandaとS [続きを読む]
  • ラルナデミエルの2015
  • 調べているとオルフェ産駒の牡も良さそうな馬がたくさん居ますね。ディープもキンカメも欲しい馬がたくさんいるのに困ったもんです。正直手が回らないし、初志貫徹で初年度スルーを決め込もうかと思案中です(汗)ラルナデミエルの2015 牡父オルフェーヴル母ラルナデミエル母父Monsun馬主 GⅠレーシング (募集価格 4,000万円)池江厩舎預託予定母は米G3オーキッドS勝ち馬。配合的には母自身のSurumu、Lyphardのクロス、B [続きを読む]