りかこ さん プロフィール

  •  
りかこさん: 過干渉型毒親家庭で育つということ
ハンドル名りかこ さん
ブログタイトル過干渉型毒親家庭で育つということ
ブログURLhttp://dokuoyasurvivor.hatenablog.com/
サイト紹介文スパルタ教育、過干渉、テレビ禁止が当たり前の毒親家庭で、息苦しい子供時代を過ごしてきました。
自由文小学校から高校まで女子校、京大卒。大学卒業後に親の敷いたレールからやっとこさ抜け出し、現在は、海外でのびのびと暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 13日(平均4.8回/週) - 参加 2016/12/08 01:27

りかこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 東大京大専門受験塾T会
  • 公文→T会へのシフトどこから噂をききつけたのか、スパルタ教育大好きな毒母はこのT会という塾を知るに至り、私は入塾テストを受けさせられ、中2の冬ごろから入塾することとなってしまった。T会というのは、中学1年の時から東大京大合格を見据えたカリキュラムで学ばせる塾だ。当然、塾生は私立(又は国立大附属)の中高一貫校の生徒ばかり。関西でも有数の難関校の生徒ばかりが在籍している。そんなわけで、いわゆる「お嬢様 [続きを読む]
  • 毒親家庭に育つと子供を持とうと思わなくなるという話
  • にほんブログ村子供が欲しくならない私が20代後半になった頃位から、母は「子供を産み育てるということは、意義のある尊いこと…云々」とメールによく書いてくることになった。彼女は、間違った育て方をしたことに遅まきながら(私が20代後半になってから)気づいたタイプの毒親だ。だから、「子供を産みなさい」と直接的に押し付けてくることはないのだが、本心では、私が子供を持つべきだと考えていることがにじみ出ている文章を [続きを読む]
  • 中学受験しないのに中学受験塾の講習に通わされた小学生時代 
  • にほんブログ村自分の子供の頭の良さを試したい毒母小学受験の結果、小学校〜高校まで一貫の女子高に入った私。当然、中学受験は不要だ。だが、教育熱にうかされた毒母は、「その勉強に意味があるかどうか」なんて考えもせず、とにかく子供に勉強を押し付けておきたい、という考えがあったようだ。私の学校での成績が良かったためか、その頭の良さを試したいという理由で(おそらく)、中学受験塾の公開模試を受けさせたりしたもの [続きを読む]
  • スパルタ教育型毒親家庭の音楽はクラシック限定
  • 家にあるCD・カセット・レコードはクラシックのみ元ピアノ講師の母と、超堅物真面目人間である父の好む音楽はクラシック。小さい頃、家にあったCD・カセット・レコードで、クラシック以外のものは皆無だった。彼らが若かった時、子供だった頃は、一体どんな音楽を聴いていたのだろう。まさか小中学生の頃からクラシックオンリーとか!?でも、父方はともかく、母方の祖父母がクラシック好きという話は聞いたことがない…一年に一回 [続きを読む]
  • 果てしなき公文との闘い(小学生時代)
  • 常に数学年先の勉強を先取り私の学校での成績は、常に上位だった。幼稚園の頃から公文で先取りしてきていたので、学校の教科書が退屈なほど簡単に感じられた。私が通っていた私立小学校は、よっぽど素行が悪かったり成績が悪すぎたりしないかぎりは、高校・大学までエスカレータで行けるので、日々の勉学は、予習・復習をすればそれで十分な筈だった。だが、毒母はそれだけでは満足できないらしく、公文を引き続きやらせた。母は [続きを読む]
  • 小学校お受験
  • S学社思えば、母の教育熱は私が幼稚園年中の時から始まっていた。一体、誰からきいたのか、どうやって調べたのかは知らないが、S学社という私立小学校受験のための幼児教室に通わされはじめたのである。祖父母達が母にプレッシャーを与えたということもないし、社宅のママ友と競っていた、というわけでもないと思う。完全に母の判断・決断だ。父は、母の決断に従うのみだ。ちなみに、3歳の頃からピアノも習わされ(元ピアノ講師の [続きを読む]
  • 過干渉型毒親あるある・その① テレビ制限編
  • テレビ禁止・またはテレビの時間が制限される過干渉型毒親あるあるが、テレビ禁止や、テレビ視聴時間の制限だ。もちろん、内容にも文句を付けられたりすることもある。我が家の場合、母親はテレビの視聴時間にうるさく、一方父親は内容にうるさい。これはどういうことかというと、母:一週間に90分はTVを見ても良い。但し、一日30分を越えてはいけない。例えば、ドラマを見たければビデオに撮り、30分ずつ区切って別の日に見るべ [続きを読む]
  • ブログを書くきっかけ
  • 子供時代!?絶対戻りたくない!辛かった事が沢山で思い出したくないことも沢山…でも、ふとした時に辛い記憶が蘇って、その記憶ばかり数日間頭の中をグルグルしている時がたまにある。そういう時期があるのは、何か月かに一回、一年に何回か位なのだけれど、その期間中は、悲しみが頭の中を占拠してしまい、涙が出てきて辛い。なんで私だけ、こんな思い・経験をしなければならなかったのだろうと。そんな私の気持ち・過去の記憶の [続きを読む]
  • 過去の記事 …