SaaSForce さん プロフィール

  •  
SaaSForceさん: 素人でもアプリが作れるか?『SaaSForce』編
ハンドル名SaaSForce さん
ブログタイトル素人でもアプリが作れるか?『SaaSForce』編
ブログURLhttp://ameblo.jp/saasforce/
サイト紹介文エクセルで簡単なアプリなら、誰でも作れる、作ったら売れるというアプリ開発環境を使ってみての感想です。
自由文エクセル使えないのでかなり苦戦していますが、エクセルが使えなくてもある程度PCが使えればアプリが作れる開発環境SaaSForceを遣って、さまざまなアプリを作ってみています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供680回 / 226日(平均21.1回/週) - 参加 2016/12/08 11:51

SaaSForce さんのブログ記事

  • 情報を多く扱う会社がシステムを短時間で構築するには?
  • 多くの情報を扱う会社は、個人情報を扱う場合、個人情報保護法などの法律を遵守しなければなりません。 時々、個人情報の流出などの事件が報道されますが、とても会社の信頼を失墜させてしまうため、現在では情報セキュリティへの関心が高まっています。 SaaSForceは、情報のセキュリティについてはとても強固で、高い評価を獲得しています。 金融会社も納得のセキュリティではないかと思われます。 また、なんといってもSaaSForc [続きを読む]
  • 会社のシステムをクラウド化したい!
  • クラウド・コンピューティングと言う言葉が生まれてだいぶ時間がたちました。 会社によってはすばやく取り入れて、情報の共有化を図り、より多くの利益を上げているでしょう。 情報化社会では、情報が早く隅々までいきわたることが大きな強みになると賢明な経営者は早くから気づいていたからです。 さて、今からクラウド化したいという会社もあるでしょう。 その費用を考えると、意外に高いとおもってしり込みするかもしれません [続きを読む]
  • Excelインポートによって画面自動的に作成する方法
  • 今回は、Excelインポートによって画面自動的に作成する方法をご紹介します。 これは、E-Laborを使った画面の作成方法です。 まず、画面作成から画面レイアウト作成の画面を開いて、現時点での画面の数を確認します。 次に、システムから開発設定を開き、「システム設計書一括取り込」を押します。 画面が切り替わったら、黒い「システム設計書一括取込」のボタンを押します。 システム設計書一括取込の画面が開いたら、自動メニ [続きを読む]
  • エクセルでシステムを開発するツールとしてのSaaSForce
  • エクセルは今ではすっかりメジャーなソフトウェアです。 普通の人なら触れる機会は1度ぐらいはあるでしょう。 おそらく、かなり使い慣れている人ならば、きっとSaaSForceでエクセルファイルを自分でアプリケーションに帰ることができるのではないでしょうか。 これは、「エクセルを使いこなす能力」=「クラウドアプリを開発する能力」と言う、新しいスキルの開拓ともいえるでしょう。 今までの表計算ソフトと言うPC上での作業か [続きを読む]
  • システム開発会社が、SaaSForceを利用する場合のお支払い方法
  • やはり、クレジットカードでの支払いが便利と思います。 ネットバンクでの送金も可能と思いますが、手数料がかかるので。 近日、クレジットカードでの支払いも可能になるようです。 支払いは簡単で、請求は、皆さんご存知の通り公共サービスも含めてきっちりきますので、そこはご安心ください。 また、有料サービスは私では使えないさまざまな機能があるようです。 言語の切り替えなど、一度やってきたいですね。 英語なら、まぁ [続きを読む]
  • 新規にシステム開発会社を立ち上げるなら
  • 新規に事業を立ち上げようとします、システム開発の会社を。 その場合、資金や会社所在地などを決める必要などさまざまな問題があると思いますが、その一つにスタッフと言う大きなポイントがあります。 スキルがある人は高い。 当たり前ですね。 かといって素人をやとって仕事になるかと言うと、育てるのにドレぐらいの時間がかかるでしょうか? 最初の数ヶ月は、もはやお金を払って勉強を教えるような不条理さを経験すること [続きを読む]
  • エクセルに慣れている社員がクラウドを利用しやすくするには?
  • マイクロソフトのオフィスに含まれているワードやエクセルは、もはや世界標準となっていて、その歴史は、そのままPCでのオフィスワークの歴史とさえいえます。 つまるところ、私たちはワードやエクセルになれきっていて、新しい物を導入するにもやはりなれたものに似ている物がとっつきやすいといえるでしょう。 無料で使えるクラウドストレージといわれるグーグルのgoogleドライブすら、マイクロソフトオフィスとの互換性があって [続きを読む]
  • システム開発会社が利益を上げるには?
  • 仕事はたくさんあるという会社も、仕事が減っているという会社も、どちらも共通項として人件費と言う問題があります。 儲かっていても、儲からなくても月々出て行くのが人件費です。 ランニングコツとだからといって割り切ることも可能ですが、人件費における対費用効果として少ない人数で最大の利益を上げたいのは合理的な経営者ならもっとも望ましい野ではないでしょうか? もし、人件費を70%以上削ることに成功するならば、そ [続きを読む]
  • 顧客情報が多い会社のシステム構築法は、とっても簡単
  • あまりに膨大な顧客情報、そしてそれを管理するのにどうしても新しいシステムが必要。 しかし、自社で開発するにはスキルがある人材がいないし、割く人手もない。 かといって、お金を掛けて外部で作ってもらうのも、かなりコストがかかりそうで二の足を踏んでしまう。 このジレンマ状態に陥っている経営者は、意外に多いのかもしれません。 なんといっても、システム構築は利益に直結するわけではないので、そこに投資するなら何か [続きを読む]
  • システム開発を外注するときの注意点
  • 自社で使うシステムを自社開発するよりも、専門の他社に外注でと考えている場合、やはり注目すべきはメンテナンスでしょう。 長く同じシステムを使う場合、メンテナンスも継続的に依頼し続けると結構な金額になる可能性がありますし、同じ業者がずっと営業してくれるかどうかも不明なわけですから。 そうなると、「独自」の物よりも誰でもいじれるようなシステムを組んでくれるような会社がのぞま言いといえます。 SaaSForceは、ノ [続きを読む]
  • モバイルを活用した業務システム
  • 現在、スマホの普及率は10代で90%、60台でも47%ほどと、ほとんどの人が持っているという調査が2016年に発表されました。 つまり、社員のほとんどがスマホを持っている可能性があり、それを利用した業務と言うこともかなり多様にできるようになっています。 例えば、スマホ用のワードやエクセルのアプリがあり、電車での移動中に文書や資料を作成することができます。 また、電話アプリなら専用の電話番号がもらえるので、それを使 [続きを読む]
  • ノンプログラミングの金銭的な価値
  • ある哲学の博士が、一つの物を知るには他の物と比較するのが分かりやすいアプローチだ、それがまるで自分を映す鏡のような役割を果たす、といっていました。 SaaSForceを理解するには、他の類似の製品と比較するのが早道だ、とこの場合当てはめることができるかもしれません。 人によっては、比較することで他の情報も知ることができるので、より知識が増えて、ものを見る目が養われることでしょう。 例えば、SaaSForceと同じノン [続きを読む]
  • エクセルでアプリを開発するツールをビジネスに活かす
  • 実を言いますと、SaaSForce以外にも似たサービスがあります。 パッケージ(市販のソフト)でもなく、スクラッチ開発(完全にゼロからソフトを作る)でもない、と言うコンセプトなのですが月額の価格がSaaSForceの3倍以上でびっくりしました。 他にも、クラウド化はできないけれど、エクセルの感覚でアプリが作れる安いソフトウェアも販売されています。 いろいろな競合他社を見ていると感心している部分もありますが、安心できる部 [続きを読む]
  • 社内のシステム開発にSaaSForceを導入するもっともな理由
  • クラウドと言う技術を取り入れて、古いシステムを刷新することで何が起こるでしょうか? 今のままでも満足と言う会社経営者はおそらくいないでしょうが、クラウドをまだ取り入れていない場合、会社がどのように変わるかイメージが難しいかもしれません。 そのメリットが、投資金額に見合うものかどうか、判断が付かないというのもあるでしょう。 しかし、未知の物を取り入れることで、さまざまな変化が確実に起こることは、歴史的 [続きを読む]
  • 仕事の仕組みをクラウド環境で共有化
  • 仕事上でみんなが知っておくべき情報を共有化する。 それがクラウドの強みですね。 CMでも、某社の専務が同僚のおじであったというのは、まさしく「早く言ってよ」のリアクションの通りだと思います。 コネクションの他にも、問題解決法や危機管理のための情報共有などは、できるだけ早く周知する必要があります。 また、社内でのサポート体制がしっかりしていると、新人でも周囲の先輩の手助けをうけてひとりでも動き回れるようにな [続きを読む]
  • クラウドのアプリを『新規』で事業化したい開発会社必見!
  • いちからクラウド・アプリを開発のプランニングすると、やはりかなり初期投資がかかるのでは? それももし月額最低1万円ぐらいに押さえ込むことができるとしたら、かなり魅力的な話ではないでしょうか。 見積もりした数字とは比較にならないほど低額だったら、もしかしたら信用できないと思うかもしれません。 しかし、データーベースのためのクラウドアプリなら、その金額で実現可能です。 ワンダフルフライ㈱が開発したSaaSFo [続きを読む]
  • 開発会社がデーターベースアプリを早く安く作るには?
  • アプリ開発で重要なのは、短時間で人件費を書けずに納期までに望まれた製品を納品するということではないでしょうか? わずかな投資で、十分なリターンが見込めるようなシステムを採用することは、利益を限られた人数で最大にあげるためのキーともいえます。 月々1万円で、今までの仕事の2倍の量をこなせるようになるのなら、それを導入しない理由はないとさえいえます。 人件費を半分に削って今の仕事量のペースを守るのもいいし [続きを読む]