かおとみ さん プロフィール

  •  
かおとみさん: のすたるじっく音楽
ハンドル名かおとみ さん
ブログタイトルのすたるじっく音楽
ブログURLhttp://nostalgicmusic.blog.fc2.com/
サイト紹介文マンフレッドマンの事について書かれた本や音楽を紹介、他に自分の好きな洋楽等も紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 170日(平均1.8回/週) - 参加 2016/12/08 22:13

かおとみ さんのブログ記事

  • またビートルズしか書いてないであろう本の中のマンフレッドマン
  • Manfred mann マンフレッドマンを求めて、今回読んだ本は・・・『ビートルズ事典』(立風書房:2003年改訂・増補版発行)こちらの本は、そうです、ビートルズに関することが書かれたでっかい(A4サイズ)事典です。内容は写真やプロフィールはもちろん、ある年の何月何日何をしていたのかとか、どこどこ公演で何を歌ったのかとか、愛用の楽器とかディスコグラフィーとか解散後のソロの事とか、なんやかんやビートルズの事が書かれ [続きを読む]
  • やはり国民的アイドルは時代が変わってもアイドル
  • 80年代邦楽を子供に聴かせてみたら・・・今回はManfred mann マンフレッドマンの事ではなく、ちょっと趣向を変えて80年代音楽(しかも邦楽)について。とある日、子供が学校でEXILE エグザイルの「The Galaxy Express 999」を聴いてきました。「The Galaxy Express 999」とは、すなわち「銀河鉄道999」のこと。エグザイルがゴダイゴの「銀河鉄道999」をカバーしたんです。ちなみに2008年発表でCMにも使われていました。この曲のこ [続きを読む]
  • 簡潔に書かれたロック歴史本の中にもマンフレッドマン
  • Manfred mann マンフレッドマンを求めて、今回読んだ本は・・・『見開式クイックマスター 知りたいことがよくわかる ロック&ポップスの歴史』(ヤマハミュージックメディア:2001年発行)こちらの本は、ロックやポップスの歴史を項目別に解説しています。項目としては、有名アーティスト50〜60年代のロックの歴史R&Bやパンクなどの主要ミュージックの歴史J-POPの歴史70年代ロックの歴史80年代から現代まで以上のように大きく項目 [続きを読む]
  • 日本独自ヒットチャートの中のマンフレッドマン
  • 今回Manfred mann マンフレッドマンを求めて、読んだ本は・・・『ヒット・パレード黄金時代 〜ラジオから生まれたヒット曲〜』(シンコー・ミュージック:1997年発行)この本は、1955年から1970年までのAMラジオ番組での洋楽トップ10の移り変わりを番組別や日本とアメリカ別に紹介したものです。この時代は洋楽の情報がほとんどなかったためか、日本ではアメリカのヒットチャートとは違った独自のヒットチャートが生まれていきま [続きを読む]
  • Manfred mann マンフレッドマンについて(詳細編)
  • Manfred mann マンフレッドマンについて、バンドの経歴をまとめてみました。(※わかりやすくボーカルがポール・ジョーンズの時期を1期、マイク・ダボの時期を2期としています。)●バンドの始まり(1962年〜1963年)1962年夏、マンフレッド・マン(個人名・以下マン)はイギリスのクラクトンにあるバトリンの休暇リゾートでジャズカルテットに参加した時、マイク・ハグ(以下ハグ)と出会う。夏の終わりにジャズ・グループを組ん [続きを読む]
  • ロック・ビギナーのための名曲にもマンフレッドマン
  • 今回Manfred mann マンフレッドマンの記事を求めて読んだ本は・・・『THIS IS ROCK ビギナーのためのロック・ファーストステップ 名盤・名曲700』(朝日新聞社:2005年発行)こちらの本は『ROCK CD聴く名盤・名曲693』(1993年発行)の増補改訂さらに文庫版にしたものだそうです。いつかはこれも読んでみたいと思いますが・・・こちらの本の内容は、まあ、題名通りなのですが、初心者のためのロックの歴史解説と代表的なミュージシ [続きを読む]
  • 「As Is」はマンフレッドマンの影の名盤!
  • さて、もしManfred mann マンフレッドマンのファンの人に名盤はどれだと思いますか?と聞いたら・・・  「Soul Of Mann (Instrumentals)」(1967)  「Up The Junction」(1968)  「Mighty Garvey」(1968)・・・などがあげられるのではないでしょうか。あ、「Volume 〇〇〇」とかになっちゃうと興味範囲外ですが(笑)私も上記のアルバムは好きですし、他のアルバムを含め全て素晴らしいと思います。でも、私がマンフレッ [続きを読む]
  • R&Bならばマンフレッドマン
  • 巷では、Manfred mann マンフレッドマンって言ったらポップ?いやサイケ?などと言われていますが(全然言われてないか・・・)やっぱりR&BのManfred mann マンフレッドマン!!R&Bなんて書かれていたら、大いに関係するのでは?と、期待に胸を膨らませ今回マンフレッドマンの記事を求めて選んだ本は・・・『R&BコンプリートCDガイド』(朝日新聞社:2004年発行)こちらの本はR&Bと呼ばれる音楽・・・基礎となるブルースやロッ [続きを読む]
  • 「L.S.D.」はお金に関する歌です。
  • タイトルにある「L.S.D.」という曲は、シングルカットではなくセカンドアルバム「Mann Made マン・メイド」の中の1曲です。作詞作曲は当時ベース担当のTom McGuinness トム・マクギネス氏。彼が、Manfred mann マンフレッドマンで初めての作詞作曲した曲なのではないでしょうか、共作を除いて。初めてこの曲名を見たとき、60年代のブリティッシュ文化も少々かじった頃だったので、「LSD=リゼルグ酸ジエチルアミド=幻覚剤」の名前 [続きを読む]