POHON さん プロフィール

  •  
POHONさん: 園芸のことなど
ハンドル名POHON さん
ブログタイトル園芸のことなど
ブログURLhttp://pohon.hatenablog.com/
サイト紹介文南カリフォルニアで園芸・農業の勉強中。他のことも書こうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 99日(平均0.8回/週) - 参加 2016/12/09 04:34

POHON さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • サクラ咲く、ソウカル(So Cal)
  • So CalとはSouth Californiaの略。南カリフォルニアでは先週辺りから桜がきれいに咲いている。気温もぐんと上がって80°F(26.7°C)を超える日も!春というか、すでに初夏。手前の木は葉桜に。一番見ごろだった先週は写真を撮り忘れた…。前回紹介したカリフォルニアポピーも週を追うごとに株が増え、花を次々と咲かせている。除草もほぼほぼ完了。(最初に取り掛かっていたところはもう生えている…)    2週間前 [続きを読む]
  • カリフォルニア原産植物
  • アメリカへ来て、日本であまり気にかけていなかったことを気付かされることがある。原産植物への意識もそのうちの一つ。園芸業界全体に地域の原産植物を積極的に取り入れようとする姿勢があるのだ。私が毎週ボランティアに参加している庭園でも、現在園内の一画にカリフォルニア原産であるカリフォルニアポピーを群生させようと試みている。カリフォルニアポピーこの斜面に群生させるため、他の草を除草中。南カリフォルニア [続きを読む]
  • Spring 2017来たる
  • 新学期が始まり、新しい生活リズムにようやく慣れてきた。南カリフォルニアではこの一か月、嵐が来たり雨が続いて各地で洪水や木が折れる被害が毎週出ていた。それも最近になって落着き、春が訪れたようだ。今までに見たことがないほど道路脇や山が青々とし、花まで咲いている。雨ばんざい。さて、うちでは11月に水耕栽培を始めたヒヤシンスが花を咲かせた。とっても良い香りで寝室で良い仕事をしてくれている。室内では少し暖 [続きを読む]
  • Fall 2016 収穫、そして失敗に学ぶ
  • あまり株が大きくならないままとう立ちしてしまったカイラン。ベビーリーフなのかという程、株も葉も小さい水菜。どちらも”収穫する”と言うのはおこがましい位だけれど、カイランの花茎と水菜の外葉を刈り取った。七草みたい。ほっそりとしたカイランと可愛らしいサイズの水菜。。私の野菜栽培・耕作歴はようやく2年になるが、まだまだ失敗ばかり。特に播種からの栽培は難しい。うまく育てられるようになるのは何年後だ [続きを読む]
  • Trees and Shrubs(高木と低木)
  • 一昨日カレッジの期末テストが終了し、冬休みに入った。家のベランダには特に変化がないので、今学期取っていた授業のひとつを紹介したい。日本の園芸学科の授業も同じようなことをしているのかな?-Trees and Shrubs(高木と低木)クラス名そのままなのだけど、南カリフォルニアでよく定植される高木と低木125種類を覚え、識別できるようになることを目的としたクラス。授業では毎週10種類の植物が紹介され、クラスで校内や公園 [続きを読む]
  • 不在時の水やり
  • 先日、急遽10日間家を空けることになり、水やりの問題が浮上した。幸いうちには多肉植物のエケベリアが2鉢、水耕栽培中のヒヤシンスの球根、野菜プランター1つとバジル1鉢があるだけなので失敗しても知れているのだけど、折角野菜の株が育ってきたところだったので心配で心配で…。10日位水がなくても大丈夫そうな多肉とヒヤシンスは外出前に水をやるだけにして、ベランダの野菜プランターには市販の水やり装置(Self-watering [続きを読む]
  • Fall2016 種まき、その後の定植
  • 苗が徒長してしまった…家のベランダは朝から夕方まで容赦なく直射日光が照り付ける。ラベンダーでさえ葉焼けして枯れてしまったので、小さな苗を炎天下にさらすのは怖くてできず…。結局窓際で育ててみたのだけど、それはそれで日光が足りなかった様子。種まき後 2週目そこから間引きし、たまに外に出してみたり、様子を見つつ一週間。カイランは何とか育つ気がしたので、今日定植してみた。水菜は枯れるだろうけど、こちら [続きを読む]
  • "Olla" (オーヤ)がじわじわ
  • "Olla"(オーヤ)とは、本来スペイン語で「ポット」という意味だけど、アメリカでは「灌漑用のクレイポット」がオーヤと呼ばれている。前回ブログに書いた点滴灌漑(Drip Irrigation)の起源はエジプトで(アフリカやアフガニスタンという説もある…。)、素焼きのポットを土中に埋め、水を入れることでじわじわと土に水が浸みだすという手法で水やりが行われていたのが始まりらしい。先日、この元祖点滴灌漑である"Olla"(オー [続きを読む]
  • 水やりと言えば、点滴灌漑(ドリップ・イリゲーション)
  • 点滴灌漑(Drip Irrigation)って日本ではどれくらい一般的なのだろう?商業的に導入している農家や商業施設は多いだろうけど、一般家庭ではあまり馴染みがないのではないかと思う。アメリカではとてもポピュラーな存在で、ホームセンターでは必ず取扱いがあり、種類も豊富。日本のアマゾンを見ると、鉢植えの水やり用に推奨されている例が多いけど、点滴灌漑は家庭菜園や庭全体に張り巡らせて庭木の水やりをするのに大変適してい [続きを読む]
  • Fall2016 種まき
  • ベランダを手に入れて初めてのプランター作りは野菜の混植にする。プランターサイズは17"x17"x14"(約43x43x35.5cm)。いつも行くスーパーにあまりない野菜を育てたいので、水菜とカイラン。アブラナ科とセリ科の互いの防虫効果を期待して、コンパニオンプランツとしてコリアンダーとパセリを植える予定。こんなに植わるのかな...水菜、カイラン(アブラナ科)コリアンダー、イタリアンパセリ(セリ科)コリアンダーとパセリは移 [続きを読む]
  • 園芸のことなど
  • 南カリフォルニアにあるカレッジで園芸と都市型農業の勉強をしています。最近ベランダを手に入れたので、ぼちぼち自分の庭を作っていこうと思います。園芸のこと、授業のこと、それから映画についても何か書きたいな。本日の気温:80°F / 26.6°C [続きを読む]
  • 過去の記事 …