フルハンズ さん プロフィール

  •  
フルハンズさん: カスタムロッド工房「フルハンズ」
ハンドル名フルハンズ さん
ブログタイトルカスタムロッド工房「フルハンズ」
ブログURLhttp://www.fullhands2016.com/essay
サイト紹介文カスタムロッド工房「フルハンズ」はロッド修理やリメイク、カスタムロッドの製作を受付けております。
自由文カスタムロッド工房「フルハンズ」1ヶ所だけのロッドガイドの修理や交換グリップの変更などから、スピニングをベイトロッドに変更するなどのロッドリメイクをする工房です。また、ロッドの塗装などを含むトータル的な修理や変更をして、世界に一つだけのカスタムロッドを1本から製作致します。全国からのご依頼を受付ける工房です。そんな日々の日記を書いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 247日(平均0.7回/週) - 参加 2016/12/09 09:17

フルハンズ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • いつかやってみたい事
  • ってありますよね。現実的な事から突拍子もない事まで。僕はトレーラーハウスで日本を旅したいと思っています。ここで問題となってくるのが先立つもの(^_^;)宝くじでも当たらんかなあ、って思うのですが、結局いつも買わないんですよね、絶対に当たらない自信があるので(笑)。では、収入を得つつ旅ができんもんだろうか?と考えていたところ、「この仕事場を移動式にすればいいのではないか?」と考えるようになり、これはいつかや [続きを読む]
  • はっきりとしたイメージを
  • もってオーダーを下さるお客様は、なかなか気合の入った図を書いて下さいます。今回のお客様は細かい説明入りの手書きのイラストを竿と共に送って下さいました。スゥエルズのブラックライド128のリメイクです。お客様ご自身で綺麗に解体され、ブランクの状態で送って下さいました。これですとかなりお安くなりますので、ご予算を節約したい場合は是非(^o^)さて、ご希望のイメージは…。MCワークス社のワイルドブレーカーのリミテッ [続きを読む]
  • まずは言い訳から入るのが^^;
  • 常套です。フェイスブックやインスタグラムなどでお客さんとのコミュニケーションが簡単になった反面、PCに向かうとどうしてもそちらに行ってしまい、ブログを放置してしまうという…。メールや電話でお問い合わせ下さるお客様から、ブログが結構好きなんで更新して下さいと言われる事が3回程続いたのでもうこれはいかんなと…。今回は僕の一番嬉しいコト。お客様からの釣果報告です。竿が届いてからすぐに写真を送って下さいまし [続きを読む]
  • 5月28日は、どうぞよろしくお願いします。
  • 第6回スネークヘッドフェスティバルへ西の果てからお邪魔致します。会場となるのは群馬県多々良沼。ちょっと群馬県についてネットで情報収集をしたところ…「やきまんじゅう」「おっきりこみ」「水沢うどん」「館林うどん」「ひもかわうどん」…やたらうどんが多いです(笑)うどん大好きなんで楽しみです。ルックス的には「ひもかわうどん」が気になります。さて、今回の出店で皆さんに一番見て頂きたいのは子供用の竿です。小学校 [続きを読む]
  • リメイクや新規作成では
  • 竿に名前をつけて欲しいというご注文があります。これがなかなか苦戦する仕事でして、何とか捻り出した名前も、インターネットでちょっと調べてみると、既にそんな名前の竿があったりする事はしょっちゅうです。みんな考える事は似てるもんだなあと(^_^;)英語がダメらなフランス語でどうだ?ドイツ語では?などと悪戦苦闘した挙句に結局振り出しに戻っちゃったり(笑) そのお客様の竿が仕上がり、まだ名前の候補が絞れず、「トルネ [続きを読む]
  • メインとサブ
  • という概念について真剣に考えてみたのです。発端は旧知の人物からのロッドリメイクの依頼です。「お任せで!」というざっくりとした打ち合わせの後に、2本の竿が送られてきました。1本には「メイン」もう一本には「サブ」と殴り書かれた養生テープが貼ってあります。これはどう考えるのが正解なのだろうか?メインはちゃんとやって欲しいけど、サブは適当な感じで、という意味ではないはず…。ひょっとすると「メイン機」に求める [続きを読む]
  • やっぱり難しいですね
  • 定期的にブログを更新するのって。SNSなんかもやっておりますと、どうしてもそっちのほうがお手軽で(^_^;)どうやって使い分けるのがよいものだろうか…。いっそ「月刊FULL HaNdS」とするか…などと考えております。本日は結構お問い合わせがある内容について、皆様にお願いというか、お知らせを。MCワークス製品に関するお問い合わせが非常に多いです。内容は「スタンダードモデルをカスタムモデルみたいにして欲しい」というもの [続きを読む]
  • 竿の長さなんですが
  • ルアーロッドの場合は一般的にはフィートで表しますよね。「10フィートって何メートル?」「9.8フィートと9フィート8インチ、長いのはどっち?」なんて言われて「さっ」と答えられたら「おお〜」ってなりますよね。恥ずかしながら僕は全然ダメなんです。そんな時に便利なページを発見しましたよ(^^) インチ・ミリ・センチ・フィートの換算ちなみに魚の重さなんかでポンドってのもありますが、ポンドをキロに換算するのはわりと簡 [続きを読む]
  • 「 」冥利に尽きる
  • 「 」の中には何を想像しました?僕の場合は「男」なんて格好良い経験はありませんが、せめて「 」に自分の職業が入るような仕事をしたいと思うのです。お客様から「良かったよ!」のお声を頂くのが一番嬉しく、贅沢を言わせて頂くと実釣報告を頂いた時などまさに冥利に尽きます(^^)【竿】 2ピースのシーバス用スピニングロッド【依頼内容】 ベイト用へ変更、リールシートはそのままでガイドの貼り替え。トップはフランジ、そ [続きを読む]
  • Mr.DONってご存知
  • でしょうか?僕がまだ初々しい成人前だった頃、先輩にオススメされるがままに買ったのが、このブランドの【VD6201】というモデル。トップウォータープラグから軽めのスピナーベイト、ライトテキサスリグまで、これ一本で何とかなるみたいな竿だったなあ。「ミスタードン」という不可思議なネーミングや透明感のある深いグリーンのブランクも魅力でした。バスロッドで一世を風靡したMr.DONは、調子に乗って雷魚ロッドも出してしまし [続きを読む]
  • 下手なんですけど
  • 麻雀が好きなんです。厳寒期に、暖かい雀荘で飲みものを頂きつつ釣り仲間と打っていると、「この寒空の下で釣りなんかやってるヤツは完全に変態だな」という気持ちになります。北風が強く吹きつける冬磯で釣りをするのは大好きなのですが、無風の冬は外に出るのすら億劫なのです。麻雀には「役満」と呼ばれる、一撃で局面をひっくり返す程の大技があり、その「役満」の中に僕の最も好きな「国士無双」というのがあります。13種類の [続きを読む]
  • 深夜に書いたラブレターを
  • 朝になって読むと非常に恥ずかしいという通説。僕自身そんな経験がないのだけれども、ひょっとすると明日のお昼、それに似た経験をする事になるのかもしれない…。飲み会へ行くという妻を居酒屋まで送り、その足で真夜中のアトリエへ向かった。瞼を閉じれば、一瞬で眠りに落ちそうに疲れ果ててはいたのだけれども、組み立て途中であったブラッシュポッパーの残骸を捨て置く訳にはいかなかったのだ。よ〜し、今日こそは完成させる。 [続きを読む]
  • チタンガイドとステンレスガイド
  • ってやっぱりチタンが良いんですよね?と聞かれる事があります。良い悪いではなく性質が違うので僕は用途に応じて使い分けるのが良いと考えます。今回の記事は、何となくガイドの張替をしたいなあ、と考えていらっしゃる方に読んで頂ければ幸いです。それではさっそく本題に。【チタンガイド】 ①軽い ②錆びにくい ③柔軟性がある。【ステンレスガイド】 ①硬い ②安い。あくまで【ガイドに加工されたチタンとステンレスの比 [続きを読む]
  • 気になり始めると
  • 仕事が手につかない状態になりませんか?最近の僕が気になって仕方がないのが、今年初めにアングラーズマーケットで買ったジャンクなブラッシュポッパー達。何とかしてみようと思案中なのです。最初はキーホルダーにでもしようかと思っていたんですが、なんか悪戯心が騒ぎ出してしまい、この子達に新たな命を吹き込む事にしたのです。そうとなれば、オリジナルの不満だった箇所の改良もしなければ…。ブラッシュ小のバズペラのモ [続きを読む]
  • 「へドンさんがそれ見たら
  • 悲しい気持ちになると思わんかったんか?おめえはよ〜!」この台詞は高校生だった僕に向けて、当時お世話になっていた釣具屋のおっさん(以後K師匠)が放った一言です。その頃の僕はK師匠の影響で、へドンのプラグに魅せられ、小遣いの殆どをプラグ収集に費やしていたのでした。そんなある日、かわいがってくれていた釣具屋の常連さんからリップの折れたマグナムタイガーを貰ったのでした。「リップ付けたら使えるかもよ」と(^_-)- [続きを読む]
  • 中は撮影禁止
  • でしたので入口と出口の写真だけですが、行ってまいりました。釣り道楽の世界かなり面白かったです。庶民が釣りを楽しむ様子が描かれた浮世絵が数多く展示されており、そのモデルの多くが綺麗な着物の女性だったのが印象的でした。釣りガールの歴史は江戸時代にまで遡る、と。藩によっては武士としての鍛錬になる、という事で釣りを推奨していたようです。現代的に解釈するならば、魚を釣るのが上手な人は仕事もできる、という事 [続きを読む]
  • Weedbed Monster
  • スーパーボロン80のリノベーションです。このままでも十分素晴らしい竿ですが、ちょこちょこと手を入れます。①ガイドをKWガイドへ張替 ②オールペイント ③リールシート位置の変更とグリップのカット70?程リールシートをティップ方向へ移動。グリップ素材はEVAとコルクのコンビネーション。握る部分だけEVAになっています。ちょうど他のお客様からの預かりの同モデルがありましたので並べてみるとこんな感じです。ヘビーロ [続きを読む]
  • 忘れ去られた
  • フィールドってありませんか?ずいぶん昔は人気だったんだけど、補修工事や掃除?の為に水が抜かれてしまったり、水生植物が消滅したりで、釣り人が来なくなっちゃった溜池なんか。今年はそんなフィールドをのぞきに行く事が多かったナ。どこも雰囲気は変わってますが、それなりに釣りが成立するフィールドなんてのもありました。懐かしかったり、ワクワクしたり、やっぱりダメかあ、と寂しかったり。それでも何かのアクシデントを [続きを読む]
  • しっくりくる
  • 言葉が浮かんだ時は、悪銭苦闘の末に痰が切れたような爽快感をおぼえます。僕は仕事について尋ねられる事が結構ありまして、「釣り竿を組み立ててます。」なんていうと、ほとんどの方が(・・?←こんなお顔になります。あらためて、自分の仕事のマイナーさを感じるわけなんですが、もう少し伝わりやすい表現はないかと。いや、そもそも組み立てってのもちょっと違うかな、修理、改造、…横文字で言うと、リペア、リメイク、洒落たと [続きを読む]
  • 決意表明的な
  • のは苦手なんですが、なにごとも最初が肝心なのでひとつ。楽しく末永くやることをここに誓います!なんだか、言葉にするとくだらないですね。僕の仕事は釣り竿の修理や改造、組み立てをする事。もちろん釣りは好きなんですが、釣り道具が好き、何か作る事が好き、釣り仲間と飲むのも好き。だから僕にとってはこれは趣味みたいなもの。だけどそれだけじゃダメなんだなあと。仕事人として真摯に向き合っていきますので、どうぞ宜しく [続きを読む]
  • 過去の記事 …