Blog〜続・トイレの雑記帳 さん プロフィール

  •  
Blog〜続・トイレの雑記帳さん: Blog〜続・トイレの雑記帳
ハンドル名Blog〜続・トイレの雑記帳 さん
ブログタイトルBlog〜続・トイレの雑記帳
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hakase32
サイト紹介文鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、 政治社会の事共について記したくなり、現在に
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 164日(平均3.6回/週) - 参加 2016/12/09 12:35

Blog〜続・トイレの雑記帳 さんのブログ記事

  • 日本国憲法の 立ち位置は変わった その⑩
  • テロ等準備罪等処罰法案が、一応衆院を通過した。民進以下「例の」四野党は、審議不十分や、事実上の強行採決を理由に、審議差し戻しを主張している様だが、妥当とは言えない。曲りなりにも審議を尽くし、一応でも所定の手続き処理を踏んだ上でのはずで、拙速の芳しからずは承知しているが、続く参院でも粛々と審議の上、今国会での成立を図るべき。国会周辺で反対言動を繰り広げる民間人達は、結局は中国大陸と同じく、容共政党に [続きを読む]
  • 日本国憲法の 立ち位置は変わった その⑨
  • 第一野党 民進党の劣化が止まらない様だ。大坂・森友、愛媛・加計の両学園問題は、確かに不明朗な所あるは遺憾だが、特に後者は、最初の発信源 朝日新聞に(又も)捏造疑惑が生じたとかで、信憑性に乏しく、果たして厳重な検証の上で対安倍政権追及を決めたのか、大いに疑問符がつく所。蓮舫執行部の、感情に走ったヒステリックな出方も、それは鼻につく所多いが、この際そんな事は、脇に置いておいても良いレベル。そんな事より、 [続きを読む]
  • 日本国憲法の 立ち位置は変わった その⑧
  • 五年前に逝去された作家 丸谷才一(まるや・さいいち)さんの旧著「日本語のために」を、今読み進めている所。全部を読み切る前に、その中のある項目についての言及が必ずしも芳しくないのは分るのだが、どうにも気になる所あるので、同氏の文面を一部引用して、見て参りたいと思います。尚、原文は文語体であります。(Ⅰ)国語教科書批判 ⑦中学で漢文の初歩を(新潮文庫 P,38〜40)(旧)文部省の「小学校学習指導要領」に「第四学年 [続きを読む]
  • 日本国憲法の 立ち位置は変わった その⑦
  • コナサン、ミンバンワ!今日夕方の事だが、公共N局のGTVが、明らかに変な報道をしていた。先の大戦で被災された方々中、一部勢力が、正式な戦災補償を求める動きを、いかにも絶対の正義の様に伝えたのである。確かに、先の大戦では300万超の方々が尊い犠牲となり、又、それに匹敵する多くの方々が、重傷などの後遺症で苦労されているのは分る。その犠牲の上に立つ、我々現代人は、当然表敬の気持ちを謙虚に表さねばならず、先の大 [続きを読む]
  • 日本国憲法の 立ち位置は変わった その⑥
  • 審議中の、テロ等準備罪処罰法案に対し、反対勢力の筆頭 民進党からようやく対案が明かされた様だ。「共謀罪」への反対の一方で、テロ対策法案自体は一定必要を認めたとかで、既に予備罪が認められる殺人とか内乱、外患に加えて人身売買や組織的詐欺(特殊詐欺)にも拡大適用を図り、又、航空保安法案によって、航空機乗っ取りハイジャック阻止へ向けた、水際対策強化を図る事で、与党案に代える狙いの様だ。蓮舫執行部の説明は「テ [続きを読む]
  • 日本国憲法の 立ち位置は変わった その⑤
  • 大韓民国 文 在寅(むん・じぇいん)新政権が発足した。まずは、同氏を推した、韓国民の民意を尊重すると共に、基本 新政権の進路を静観して参りたいが、我国側の当然の姿勢として、先の慰安婦問題に関する日韓合意については、原則 再交渉余地のない事、それ以外の歴史諸問題についても、過分な譲歩はできない事共である旨を、はっきり毅然と伝える事が必要だろう。それで、文新政権が応じられないと言う事になれば、再びの我国 [続きを読む]
  • 日本国憲法の 立ち位置は変わった その④
  • 「われらは、いづれの国家も自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる」これは、何を隠そう、日本国憲法前文の「国際協調主義」を謳った部分(パート)。平和主義、戦争放棄、基本的人権尊重と並ぶ、同法の基本原理とされるが、その一方、やはり理想論ではないかとの懸 [続きを読む]
  • 日本国憲法の 立ち位置は変わった その③
  • コナサン、ミンバンワ!今月は、言わば「憲法月間」。よく言われる「憲法週間」は間もなく終わろうとしているが、特に大事とされる、立憲民主制を踏まえつつも、時代の趨勢との乖離(かいり)が益々広がる日本国憲法が、現状固定のままで良いとは到底思えない。今夜は、同憲法の抱える、言わば「自己矛盾」につき、少し考えてみたく思います。先般、我国科学技術の頂点たる「日本学術会議」見解として、大学の科学研究の、防衛分野へ [続きを読む]
  • 日本国憲法の 立ち位置は変わった その②
  • コナサン、ミンバンワ!今日5/3は、(日本国憲法の)憲法記念日。今年で施行70周年に当たる。例年通り、護憲、改憲の両勢力による、激しい応酬が繰り広げられた様だ。その中にあって、ある全国紙の記事タイトルに、拙者はちょっと魅せられている所。曰く「日本国憲法70年〜何がめでたい!?」いや〜、上手いアイデアだ。報道メディアも、嫌な輩ばかりではない。やはり的確に伝える、その為の文章を確実に起こせる様修練するのが生業( [続きを読む]
  • 日本国憲法の 立ち位置は変わった その①
  • 2017=平成29年5月も、拙ブログを宜しくお願い致します。先日来、拙OS Windows7の定例更新Updateができなくなり、どうした事かと、ネット記事も参照して対処するも改善しなかった為、接続業者プロバイダーの電話サポートと話をした所、画面右下の時計表示が不正確になっている事があり、為にUpdateが起動しない事がある、との御返事であった。調べてみれば、正にその通りで、拙時計の月次表示がほぼ二ヵ月遅れていた。これでは正常 [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その⑬
  • 2017=平成29年4月も、後僅かになった。拙方も又一つ、決して粋とは言えない齢を重ねる事と相成った訳で、お祝いのメッセージも伺っており、感謝の至り。作家 安西愛子さんの近著のタイトルではないが、このままでは決してめでたい訳がないので、少しでもそうならぬ様、心がけたいとも思う所であります。さて本題。一昨日、十数名の報道関係者有志が、国会審議中のテロ等準備罪処罰法案の反対声明を発した由。拙方、これは前のめり [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その⑫
  • 少し前の事だが、某民放TV番組にて、報道家・TV司会者の辛坊治郎さんが、面白い見解を披露されていた。「誤解を解く事は可能だが、曲解を解く事は不可能だ」の由。「成る程・・」と思ったものだ。これは、この所の一連の安倍内閣々僚の舌禍問題や、森友学園他の国有地問題などを見ていても、野党やメディアの側に、この「曲解」が大きくある様に思えてならないのである。確かに、今日までの今村前復興相の舌禍などは「本当は反省し [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その⑪
  • コナサン、ミンバンワ!当地愛知は、先日までの桜の見頃も終わり、これから初夏の新緑の時季へと向かう事になる。花の方も桜が終わりはしたが、藤や皐月は、これからが出番。それが又、楽しみな所でもありまして。本題に入る。先日、政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が、天皇陛下ご退位に向けた最終報告書を取りまとめ、安倍総理大臣に提出した。退位後の天皇を「上皇陛下」と呼び、象徴や権威の二重化を回避す [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その⑩
  • コナサン、ミンバンワ!先日の事だが、公共N局の、東シナ海の沖縄・尖閣問題に関するTV報道において、中国大陸と我国の国旗表示の配列に問題があり、厳しい批判のブログ記事を目にした。具体的には、TV画面の国旗表示が、中国大陸旗→上 我国旗→下となっていたもの。確かに慎重さを欠く扱いで、最低でも、両国旗を横並び表示すべきであった。以後、この様な問題なき様、細心の注意で取扱いを願いたい・・で本来は済む所だが。実 [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その⑨
  • 語学者で政治評論家 渡部昇一(わたなべ・しょういち)さんが亡くなられた。英語を初め、語学への深い造詣の一方で、戦後一貫して、保守側の信念ある発言者としての地歩を堅持された足跡は大きい。拙者も、学生時分は勢いのあった左派的思潮に押された事もあり、渡部さんの地に足をつけたご見解が、直ちには理解できない所もあったが、齢を経るに従って、その意味が理解できる様になって来ていた所だった。一言、弔意を表したい。皇 [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その⑧
  • コナサン、ミンバンワ!今夜は、全国的に「春の嵐」が東進中。或いは、九州や西日本辺りは、荒天のピークは過ぎたかもだが、当地東海から東は、これから荒れる可能性がある。どうか、やむを得ず外出の各位は、十分に安全留意でお願いしたい所です。先月生じた、千葉県下のヴェトナム出身女子小学生殺人事件は、逮捕の男性容疑者が、被害者の通う校の保護者会長だった由で、遺憾の極みだ。警察の調べに対し、黙秘中の由だが、被害者 [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その⑦
  • ここの所は、一度天気が崩れると、強い風雨の「春の嵐」になり易い時季・・は分っているのだが、近年どうも、荒れ模様の日が目立って来ている様に思えてならない。今世紀に入り、更に深刻レベルの地球温暖化の影響も大きくあろうが、その改善の取り組みも始まったとは言え、まだ決定打は現れていない様だ。結局、全人類レベルで、各々が少しずつ犠牲を出し合い、可能な所で諦める所を作り、CO2排出を抑制して行くしかないのかも知 [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その⑥
  • フィギュア・スケートの女王 浅田真央選手が引退された。先年、一年程の休養を経て復帰の様だったが、昨日今日の記者会見で、正式表明があった次第。冬季五輪の「金」が果たせなかったのがちと残念も、フィギュアの世界に、大きな足跡と、後輩方の為の大きな道標となったのは事実。まずは、これまでの健闘を称えたいものであります。本題へ。全く「見た事か!」の一言だ。人手などの労務問題に直面する運輸業界と、それに配送を大 [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その⑤
  • コナサン、ミンバンワ!今日、拙ブログ更新をするつもりでしたが、昨日来どうも体調がおかしく、咳が続く所へ、下半身の関節がだるく、何となく力が入り難くなる症状が出始めた。四年前、B型インフルエンザで似た症状が出たので、今回もこれを疑い、午後、拙居所西方のU病院で診断を仰いだのだが、インフルエンザ検査は陰性。医師の方が、口頭で病名を教えて下さったのだが、残念!失念してしまった。ただ、感染症向けや咳止め、そ [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その④
  • コナサン、ミンバンワ!今月二度目の週末の今日、当地愛知の桜花は、概ね満開を迎えた。菜種梅雨の降雨も一服。日中も、各地は多くの花見客で賑わった模様。今夜は又もやフラれそうだが、明日は昼夜共、今日を上回る晴天が予想され、今季最高の花が期待できるかもであります。さて次の話題。今日も、合間に他の方々のブログを拝見して来た。本当は遺憾な、米合衆国のシリア国爆撃、米本土での、米中首脳会談など、言及したい所は多 [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その③
  • コナサン、ミンバンワ!我国の国家 桜の時季。開花状況が気になる方は多いだろう。当地名古屋は、今日満開の宣言があった様だ。先月下旬の冷え込みもあって、例年より数日遅いと思われる。今夜辺りは、夜桜見物も賑わうだろうが、生憎これから雨がちの日々「菜種梅雨」に突入しそうな気配。花散らしの雨となる可能性もあるとかで、今年の長めの見頃は、他地域に譲る事となりそうであります。さて本日、国会衆院では、後半の目玉と [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その②
  • コナサン、ミンバンワ!まず、拙趣味的に大きな報が一つ。旧日本国有鉄道から分社化された、JRグループ七社が、この月初で発足30周年を迎えた。北日本などでの過疎化の進行に伴う地方衰退の折、これら地域の鉄道網をどうするかなどの課題もあるが、各地新幹線網の伸長や、リニア新幹線など、次世代の技術の具体化など、希望の材料もある。つつがない進展を望みたい所です。身近な所では、プロ野球国内二リーグが始動するも、拙地元 [続きを読む]
  • 誕生月に 言いたい事 その①
  • 2017=平成29年4月も、拙ブログを宜しくお願い致します。ここの所は寒の戻りとかで、開花の始まった桜も、踊り場で暫し休憩の風情。多分、当地の見頃は、来週半ば位かも知れない。次の週末にかかってくれれば、世間レベルでは大歓迎と言う所だろうが。さて、今月は何を隠そう、拙誕生月であります。この月末近くには、又一つ齢を重ねる訳で、後半生ともなると、もう喜ばしくも何ともないのだが、何とか日々つつがなく過ごせる努力だ [続きを読む]
  • 2017=平成29年3月回顧
  • 2017=平成29年3月も、後僅かとなった。冬と春とが出会う時候、正に「三寒四温」そのもので、桜の開花を聞く一方、大きく冷え込む日もまだ見られる。暫くは、風邪など、体調を損ね易い時季である事に留意して臨みたいものであります。さて国会は、何かと言えば、大阪の私立森友学園騒動が注目されがちだが、実態として、我国にとり、それを遥かに上回る影響、それも悪影響となりかねないのが、巨大電機企業 東芝の経営危機ではない [続きを読む]
  • 左傾四野党の国会活動は 学生運動レベル
  • 本来は、国有地の払い下げに適切を欠く所があったのを糾すだけとすべき大阪・森友学園問題が、思想闘争にすり替えられようとしている印象を受ける。民進初め左傾四野党は、安倍総理夫人 昭恵女史や、当時の近畿財務局長などの証人喚問を要すと主張している様だが、実際にどうしても必要かは疑わしい。周辺評価額より数億円以上安価と言うのは、確かに疑問符がつく所もあろうが、法的手続きに則った処理で移動しているのが確認され [続きを読む]