藤田 雄介 さん プロフィール

  •  
藤田 雄介さん: web青鳩
ハンドル名藤田 雄介 さん
ブログタイトルweb青鳩
ブログURLhttp://korokke1234.hatenablog.com/
サイト紹介文クソ大学生のテキストサイトです
自由文こんなスイーツ食べました☆みたいな量産型のブログに飽きたあなたにおすすめです。

偏見と独断で世の中を切っていく痛快ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 142日(平均9.2回/週) - 参加 2016/12/09 22:55

藤田 雄介 さんのブログ記事

  • あんあん
  • 表現について語ろうと思う。ブログ書いてるくらいで何言ってんの?あんたばかあ?と言われそうだけど自分のことを表現者の端くれだと勝手に思っている。僕には表現者としての資質があると思う。なぜなら僕はブログを通してでしか承認欲求を満たすことができないからだ。命の危険性が限りなくないに等しい今の日本ではいかにして承認欲求を満たすことができるかが重要になってくると思う。家族、仲間、恋人などに恵まれている人は表 [続きを読む]
  • にあみす
  • 毎日低俗極まりないド下ネタ満載のブログを更新しているくせに手前なに言ってんのって言われそうだけどやっぱり女の子には下ネタを軽々しく言って欲しくない。本当に。万が一下ネタに遭遇する場面に出くわしたら眉を八の字にして口を尖らしたちょっと困ったような不服そうな顔、あるいは顔を赤らめて俯いて欲しい。なんでかと言うと純粋に勿体無いと思うからだ。いくら可愛い顔をしていても下ネタを平気な顔でバンバン言う子に魅力 [続きを読む]
  • not founnd
  • 男子諸君に問いたい。もしも途方もないほど壊滅的ブスな女と超絶イケメンのどちらかを抱かなければ殺されるとする。あなたならどちらを選ぶだろうか。僕の場合は当然後者だ。壊滅的ブスな女よりも超絶イケメンを抱くほうを選ぶ。断っておくが僕は決して男色家ではない。性的対象はあくまでも女だ。というか大の女好きだ。おっぱいが大好きだ。おっぱいおっぱい(^ω^)話を戻そう。だから壊滅的ブスな女よりは超絶イケメンのほう [続きを読む]
  • こうであるべき
  • 身の回りに起こることは全て何かのメタファーである。この言葉を知っている人はおそらくほとんどいないと思う。さっき僕が考えたからだ。例えば僕と恋人のユウコとのセックスはひどく退屈だ。ユウコとの退屈なセックスは僕のつまらない未来を比喩しているような気がする。ユウコはリアクションが薄い。端的に言えばマグロだ。不感症だ。これでは燃え上がるわけがない。「うヴぉっほうゥううっ。。うううういういいうイイ!?」「 [続きを読む]
  • 披露
  • 俺は従兄弟の結婚式に来ていた。アメリカ帰りのデザイナーの従兄弟だ。俺は家族とは離れた席で見知らぬ奴らと座っていた。服装と会話からすると従兄弟の同業だろう。会場にいるどいつもこいつも楽しそうな顔をしている。そいつら一人一人に張り手を食らわしてやりたい。しかめ面をしているのは俺一人に違いない。しかしそれは仕方がないことだ。今の俺に笑えというほうが無理というものだ。俺は大学を留年した。就職もおじゃんにな [続きを読む]
  • 邂逅
  • 僕と恋人のユウコの境界線は曖昧だ。僕とユウコの境界線は限りなく無いに等しい。僕がユウコでありユウコが僕。初めてこれに気が付いた時は一週間前の日曜日だった。僕が道端で痰を吐いたことに対して見知らぬ老婆が注意してきたのだ。僕は無視を決め込もうと思ったのだがユウコは僕が吐いた痰をハンカチで拭きとった。その瞬間に僕は僕とユウコの境界線が薄くなるのを感じた。セックスをするとよくわかる。僕のペニスがユウコのヴ [続きを読む]
  • haragatatu
  • 人生において必要ないものは夢だと思う。勘違いしないで欲しい。夢だ。目標ではない。夢と目標は違う。夢は分不相応な願いで、目標は努力すれば手が届きそうなものだ。人生において目標はより良い人生を歩むための座標軸となるから素晴らしいものだ。しかし夢は違う。夢は人を疲弊させる。心身を磨耗させる。人生において夢が叶う人間は少ない。というかほとんどいない。家族、友人、趣味、その他諸々を捧げたところで夢を達成でき [続きを読む]
  • げんじつ
  • コンビニの外の喫煙所で俺は必死に女を口説いていた。女は年は二十代後半。OLのような恰好をしている。肉感的な体つきをしていて服の上からでも豊かな乳房の持ち主であることが伺える。派手な顔立ちをしておりどことなくハーフっぽい。非常に男受けするであろう顔立ちだった。「お願いだから飯くらいいこうよ」俺は必死に懇願する。「嫌。あんたなんかに興味ないから」にべもなく断る女。それでも俺は引き下がらない。なんとしても [続きを読む]
  • ねた
  • やっばーい。書きたいことがなーい☆だってないんだもん。書きたいことがないんだもん。完全ネタ切れ。ガス欠。ぶっぶ。でも書いてるじゃん?それがし書いてるじゃん。可笑しいじゃん。って思ったよね?尊公は思ったでしょ?思ってない?どっちどっち?ならば応えるよう。貴君の疑問に答えよう。小生はね。書きたいことがないということを書いているのだよ。書きたいことがないからこそ故に書きたいことがないよおひいひいと本音を [続きを読む]
  • 現実の壁
  • あんたたち、良いかげんにしなさーいっ!昨日俺のメルアド晒した途端来るわ来るわ。ほんとてんてこ舞いだよ。嫌味悪口メールから顔写真付きのガチ出会厨まで。ほんと君たちどんだけ俺にかまって欲しいんだっつうの。ははははは。ははは・・・・・・・・・・・・・ほんとは誰からも来てない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・さあ。気持ち切り替えてこう。切り替え切り替えっ。今日 [続きを読む]
  • 確固笑
  • お元気ですか。僕は元気です。最近食べ物が喉を通りません。お元気ですか。僕は元気です。最近何をしていても楽しくありません。お元気ですか。僕は元気です。僕以外の人間全員が楽しそうです。お元気ですか。僕は元気です。お元気ですか。僕は元気です。お元気ですか。僕は元気です。お元気ですか。僕は元気です。お元気ですか。僕は元気です。お元気ですか。僕は元気です。お元気ですか。僕は元気です。お元気ですか。僕は元気で [続きを読む]
  • 問問
  • Q-今日は忙しいところ時間取ってもらってありがとうA-いやいや、こちらこそありがとうQ-今日は君のこと、つまり僕の最近のことを根掘り葉掘り聞いていこうと思ってるんだA-なるほどね。まさか自分自身にインタビューされる日がくるとは思わなかったな。答えられる範囲で答えるよQ-最近何か不満に思ってることとかはあるかな?A-うーん。そうだね。強いてあげるならなぜ犬や猫は互いの尻をなめ合うのに、人間がしたら変態 [続きを読む]
  • 赤羽2
  • 俺は公園のベンチに座り弛んでいた。四方を郵便局、高層マンション、大型スーパー、百貨店に囲まれた公園だ。公園の中央には噴水がある。さらに噴水の中央には少年が馬にまたがった銅像がある。俺の隣のベンチからペチャクチャと不快な音がした。小汚い恰好をした老婆が冴えない表情で弁当を食っている。その隣のベンチではこれまた小汚い老人が競馬新聞を一心に読んでいる。周りを見渡せば公園にいる者たちは誰も彼も皆一様に覇気 [続きを読む]
  • ゆめにっき
  • 今限りなく社会人に近い学生をしてるんで、スーパーの掃除のバイトをしてるんです。鮮魚コーナーの掃除ね。鮮魚コーナーはガラス張りになっていて中からも外からも見えるんですね。つまり僕のほうからもお客さんのほうからも丸見えなんです。だからひそかの作業をしつつもお客さんのことを観察するのが最近のマイブームなんですね。いろいろな人がいますからね。お客さんには。目的がある人ない人。帰る場所がある人ない人。恋人が [続きを読む]
  • めたふぁー
  • カツカツカツカツ。コツコツコツコツ。高いハイヒールを履いたモデル風の女が歩いている。東京のどこかの地下道だろうか。壁、床、天井、すべてが目が痛くなるほどの白い大理石でできている。カツカツカツカツ。コツコツコツコツ。女は迷いなく歩いている。僕はその女の足音を同じ地下空洞の中で聞いている。僕は今どこかの部屋にいる。気が付いたらこの部屋にいた。広さは二十畳くらい。全面畳で所狭しと老人たちがお喋りに華を咲 [続きを読む]
  • katukuitai
  • カイジなう。カイジの沼編なう。ガタガタ御託を言ってる時かっ。勝てっ。勝てっ。勝てば綺麗に解決するっ。カイジの名言なう。泣きそうなう。キレッキレッ。キレッキレッだよ。この時のカイジ。おもろいなあ。おもろいなあ。ははは。とか思ってた。思ってたけど。あんけらそ。僕チンがこうしてあはあは漫画を読んでる最中も刻一刻と同期と差がついている。嫌だねえ。嫌だねえ。今日もこんな学校で昼飯を食ってると隣に座ってた雌ど [続きを読む]
  • kmetumei
  • ケツメイシのさくらのPVを見て思ったね。恋したいって。いやマジで。もうほんとに甘酸っぱい恋したいの。僕は。舞台はそうね。この時期の夜の公園とかがいいな。俺が一人で桜を見てるんだよね。あーそろそろ桜も散っちゃうなーとか思いながらボケっと見てるの。そしたら話しかけられるのよ。突然。「桜、もうすぐ散っちゃいますね」って。声をしたほうを見ると品が良い綺麗めな女の子が立ってるのよ。「そ、そうですね」って女性経 [続きを読む]
  • ennjeru
  • いっやほおおおおおおおおおおおおおおお!ハッピーうれピーよろぴくねー!幸せ人間藤田だよ!僕チンとんでもない発見をしたんだよ!知りたい?ねね。知りたい?知りたいよね?なら土下座しろ。今すぐに。もしくは俺の靴を舐めろ。今すぐに。まあ冗談はさておきノーベル賞ものの発見をしたんだ。俺は。それはね法学部の教務課に巨乳ちゃんを発見したのだ!推定Eカップ!多分。恐らく。そんくらいはある。しかも顔がねえ。ちょ〜ど [続きを読む]
  • 始動
  • 遂に本格的に動きだしやがったよ。奴等が。そう。奴等だ。まだわからないのか。おいおい。勘弁してくれよ。俺の不幸にまみれにまみれた人生の諸悪の根源ともいえる機関だよ。あ。これ大学のことね。始まったんすよ。大学が。久しぶりに白山キャンパスにきたらビビッたよ。だって増えてんだもん。校舎が。なんか真新しい校舎ができてんだもん。びっくりよ。ホンマ。男子三日会わざるば刮目して見よみたいなことなん?これ。たった二 [続きを読む]
  • 飲み会
  • きのう書いたやつ。マジはずい。はずかちい。だから俺は小説を書くことにしたんだってアホか。かっこつけんなよボケが。どういう了見でそんな薄ら寒いことを書いたんだ俺は。まあわかるよ。わかりますよ。だってきのう酔ってたから。酔っぱらってたかさ。泥酔に次ぐ泥酔。酩酊に次ぐ泥酔よ。ホンマに。ぐでんぐでんよ。ホンマに。きのうはヨッピーのサイバーエージェントの金で酒を飲む会っていうイベントがあったのよ。ヨッピーは [続きを読む]
  • akaba
  • 俺は深夜に散歩にいく。赤羽まで。これはもう日常になっている。赤羽には美学がある。堕落の美学が。赤羽にはダメな人間が多い気がする。都内でも数少ない早朝から開店している居酒屋が何店もあるし、キナくさい違法スレスレのような風俗もかなりある。事実として赤羽には奇人変人が多い。奇人変人を題材とした漫画もあるくらいだ。この漫画は赤羽ではワンピースより売れているらしい。山田孝之主演でドラマ化もされた。そんな街だ [続きを読む]
  • やばい
  • やばい。やばいよ。やばいんだよ。右手の親指の平の一部が乾燥肌のせいなのか皮がめくれあがってる。これどういうことかわかる?ヒント 思いっきりものを握れないわかる?わからない?もしかして答えたくない?とりあえずさらにヒント出しておくねヒント 僕は右手そろそろわかる?わかるよね?あるいはわかってるのに口に出したくない?そんなつれないこと言わないでさ。ね?とりあえずさらにさらにヒントヒント しご [続きを読む]
  • 貸す課すカス
  • 原級手続きのために学校に行った。指定された教室にいくと50人くらいの俺と同じように留年して卒業できなかった奴らがいた。この親不孝共がと怒鳴りつけてやりたいところだが俺もなので耐えた。それにしてもどいつもこいつも負のオーラに満ち満ちてやがる。カイジの作中に登場する劣悪債務者共かよ。借金でにっちもさっちもいってねえのかよ。この世の不幸を一心に背負ってるような禍々しいオーラ放ちやがって。たかが留年ごときで [続きを読む]
  • もし村上春樹が街中で呼び捨てで呼ばれたら
  • 作家の村上春樹さんってあまりメディアで素顔を出すことがありませんよね。理由としては写真や動画に映る自分の顔が好きじゃないことと、街中で声をかけられることが嫌だからだそうです。そこで以前にブログでも紹介した村上春樹さんのことをなぜか「春樹」と呼ぶ先輩の登場です。前にも紹介しましたがこの先輩が春樹と呼ぶときのイントネーションは、は?る?き?です。スーツの青木の発音ですね。この先輩くらい図々しくて社 [続きを読む]
  • arihennna
  • 近所のコンビニの若い女性店員がおつりを渡す時に僕の手を触ってくれないんですよ。必ずまず僕の手のひらに上にレシートをそっと置いてから、その上にチョコンとおつりを置くんです。もう本当にショックでショックでね。食事も喉を通らないし、夜は眠れないし、勃起不全に陥るし、全身に失神もできるし本当に困ってるんです(おわかりだと思うが全部ウソ。しょうないウソついてごめん)んで、なんで僕なりに考えてみたんです。触って [続きを読む]