ぽんた さん プロフィール

  •  
ぽんたさん: ☆リアルDASHな暮らし☆
ハンドル名ぽんた さん
ブログタイトル☆リアルDASHな暮らし☆
ブログURLhttp://ameblo.jp/tomu-sky/
サイト紹介文憧れのDASH村を目指して!! リアルDASH村!人生の旅を味わう☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 111日(平均4.4回/週) - 参加 2016/12/10 14:39

ぽんた さんのブログ記事

  • 放浪記 四国周遊 ⑱
  • 〜サラリーマン放浪記〜 四国周遊の旅 ⑱  高知県④ 四国周遊の旅  〜さらば桂浜、高知市内へ〜長年の夢であった桂浜にやって来て、憧れの龍馬様に出会う事が出来た。その上、桂浜から見るダイナミックな夕日を拝める事が出来て満足この上ない。憧れの龍馬様にお別れを告げた。次回訪問する時には今よりもっと立派な男になって 堂々と龍馬様にお会いするつもりだ 後ろ髪を引かれながら桂浜を後にした。ちょっと桂 [続きを読む]
  • ミニ耕運機メンテナンス!
  • どうも、ぽんた農機具店です。本格的な農作業が始まる前のこの時期は時間的に余裕があり、色々な準備をするのに絶好の時期です。ミニ耕運機のメンテナンスをしました。こちらがミニ耕運機のポー君です。度々、ブログでも登場しています。ポー君は運命の人出会うべくして出会ったお方なのですあれは作業場の整理整頓をして出た金属ゴミを捨てに、廃品回収業者の集積所へ行った時の事でした。運命が巡って来ました一台の車がやって来 [続きを読む]
  • 刈り払い機のメンテナンス
  • ある時は放浪する謎の旅人・・・またある時は怪しげな百姓・・・またまたある時はなんちゃってカメラマン・・・そして今回は・・・ぽんた農機具店の開店です ぶぶー刈り払い機1です。エンジンが掛りにくい状況が続いています。メンテナンスをして改善したいと思います。エアークリーナーエレメントカバーを外します。次にキャブレターを外します。それにしても汚れが酷いです。昨シーズン、いかにハードな草刈りをしていたかが分 [続きを読む]
  • 花壇の春
  • 連休中は暖かな日が続いて春めいていました。昨年の暮れにチューリップの球根を植えた道沿いの花壇。チューリップが芽吹いてきました。道沿いの花壇春の日差しを浴びてチューリップ達が一斉に芽吹いてきましたにょきにょき〜一緒にスギナ君もにょきにょき〜前年は初めてのチューリップ栽培でした。なかば実験的に少しばかり栽培をしました。今年は栽培球根の数を大幅に増やしました。前年の球根も含めて全部で190球。この小さな花 [続きを読む]
  • 春到来!! DASH庭
  • 長く雪に閉ざされたDASH庭にようやく小さな春が到来しました。DASH庭はこまめに除雪をしていたので、周囲より春の到来が早いです。小さな春を覗いて見ましょう。昨年の年末に、ホームセンターで見切り品として売っていたムスカリを植えました。冬を越して春に気が付いたのか、にょきにょきと芽を出してきました。小さな可愛い新芽がにょきにょきつやつや光っていますねあっちこっちににょきにょき〜春の日差しで目をさまし、暗闇の [続きを読む]
  • 除草機第二弾 復活!!
  • ヤフオクでジャンク商品として格安で購入した水田用除草機第二弾。休みを利用して修理をしてみました。これがその水田除草機です。オオタケミニカルチです。ジャンク商品なので格安にて購入しました。ジャンク商品なのでエンジンがかかりません。修理が出来ればもうけもの。直らなければ単なる鉄くずです。なので何が何でも直さなければなりません。エアークリーナーカバーを外したらびっくり。エアークリーナーエレメントがぼろぼ [続きを読む]
  • 畑の除雪
  • 先週の日曜日の話ですが、川向いの畑の除雪をしました。川向いの畑差し当たり用事はないので、川向いの畑は冬の間中一度も除雪をしていませんでした。1シーズン分の雪を始末してしまいましょう。除雪機君の登場です。3月になり随分と雪が融けてなくなりました。畑準備を早める為に、残った雪を吹き飛ばしてしまいましょう。除雪を始めたらビックリ。意外と雪がありました。川向いの畑と雪が全くない庭畑や家の周りとを比較するとか [続きを読む]
  • 放浪記 四国周遊 ⑰
  • 〜サラリーマン放浪記〜 四国周遊の旅 ⑰  高知県③ 四国周遊の旅  〜思い焦がれた憧れの人〜         いざ、桂浜へいくぜよ四万十川を後にし四国最南端、土佐清水市足摺岬へ行く予定だったがすっかりと時間がなくなってしまった。急きょ予定を変更し、次なる目的地、高知市桂浜(かつらはま)に向う事にする。最低でも日没前には桂浜の地に立ちたいと思う。放浪の旅では変更は付き物だ。臨機応変に対応するのが放 [続きを読む]
  • 災害への備え!!
  • 災害は忘れた頃にやってくる。いざと言う時の為に、災害への備えは常日頃からしっかりとやっておかなければなりません。過去には大きな地震を経験しましたし、色んな災害にも遭遇しました。大規模地震、大雨による河川の氾濫や土砂災害、地滑り、大雪による雪害、雪崩・・・経験から得た災害への備えは日頃から準備をするようにしています。3月に入り災害への意識を高めるとともに、比較的暇なこの時期に備えの点検整備をしました [続きを読む]
  • 山の神
  • 3月9日は村では山の神をお祭りする日とされています。毎年山の神の日にはぼたもち(おはぎ)を作って山神様にお供えをする儀式となっています。今年もぼたもちを作って、神棚にお祭りしてある山神様にお供えをしました。母親がぼたもちを作ってくれました。こしあんのぼたもちです。あずきは昨年、少しばかり栽培したDASH産あずきです。自給自足あずきで作ったぼたもち。自給自足、手作りぼたもちでお供えにも気持ちが篭りますね。 [続きを読む]
  • ドローン季節紀行 晩冬
  • 晩冬の景色をドローン君で捉えました。先週の日曜日の様子です。今週は先週と違って真冬の季節に後戻りしました。融けて見えだした茶色の土手は白銀に世界に変化しました。しかし、降ってくる雪を見ると明らかに真冬の雪とは少し違います。湿った雪で、大粒の牡丹雪です。いわゆる春の雪です。季節は着実に春に向かっています。1分52秒の動画です。時間のある方はご覧下さい。※パソコンの方は手元の通信環境の範囲内で画質を上げ [続きを読む]
  • 放浪記 四国周遊 ⑯
  • 〜サラリーマン放浪記〜 四国周遊の旅 ⑯  高知県② 四国周遊の旅  〜清流四万十川〜いよいよ車は目的の四万十川エリアにやって来た。以前から一度は立ち寄ってみたいと思いこがれた憧れのエリアだ。四万十川高知県西部を流れる四万十川は、「日本最後の清流」や「日本三大清流の1つ」と言われている。四万十川は、高知県西部を流れる四国最長の川。「日本最後の清流」と言われ全国的にも有名な川で、長良川、柿田川とともに [続きを読む]
  • どんぐり共和国 新潟店 ②
  • 3月3日にオープンしたどんぐり共和国新潟店。店内を見渡した後はちょっとグッズを覗いて見ましょう。愛媛松山店では撮影禁止となっていましたが、こちらでは特に禁止事項はありませんでした。なのでグッズを撮影させてもらいました。可愛いですね。部屋に一匹でもいれば癒されそうです。個性的なお方が沢山います。ジブリシリーズは子供はもちろん、大人も楽しめるので好きです。いい感じの物が沢山ありますね。見ていても楽しい [続きを読む]
  • どんぐり共和国 新潟店 ①
  • 日曜日は新潟市内のおばさんの所へ遊びに行ってきました。それとは別に「放浪記⑭ー愛媛県⑥の道後温泉、道後ハイカラ通り」で紹介したどんぐり共和国と言うお店が3月3日に新潟市内にオープンしました。どんぐり共和国は道後温泉内にある松山店ですっかりとお気に入りのお店となりました。ついでなので、オープンしたばかりのどんぐり共和国新潟店に行ってみる事にしました。新潟市内にある県内一の繁華街、万代エリアのラブラ万代 [続きを読む]
  • 水田用除草機(管理機)
  • ヤフオクで落札した水田用除草機第三段が入荷しました。実は入荷までにはトラブルがありました。荷受けした業者が、貼り付けていた荷受け表を紛失すると言う信じられない失態がありました。なので2週間程、幽霊荷物として行き場が無く漂っていたそうです。出品者さんと相談して、運送会社にパレット便の送料をただにする様に文句を行った所、全額ただになりました。ある意味、もうけものでした。何とか入荷しました。小型管理機  [続きを読む]
  • ドローン季節紀行 晩冬
  • 3月になりました。冬の終わりが近づく季節です。まだ油断していると雪が降りますが、季節は着実に春に向かって動いています。晩冬の雪国季節紀行です。急斜面では至る所で、春を告げる全層雪崩が多数発生しています。ここの所の気温の上昇で雪が緩んでいる様です。上から下へとなだれ落ちる雪崩。この沢の雪崩を下から上へと追って見てみましょう。この時期の雪崩は全層雪崩で、湿った重い雪がなだれ落ちます。湿った重い雪はまる [続きを読む]
  • 放浪記 四国周遊 ⑮
  • 〜サラリーマン放浪記〜 四国周遊の旅 ⑮  愛媛県⑥→高知県① 四国周遊の旅  〜いざ、南国土佐へ〜余程疲れていたのだろう。朝まで死んだ様に寝入っていたようだ。放浪の旅の朝食といったらお馴染みの光景となる。そう、ビュッフェで朝からバカ食いである。和洋折衷スペシャルてんこ盛りここで今日一日の栄養を確保しなければならない食べ放題となればなおさらだそれにしても朝からこの分量を平らげてしまうのだから何とも [続きを読む]
  • 助け合いの心?
  • 2月最後の日曜日に、ご近所さん宅へ除雪ボランティアに行ってきました。過疎の村では高齢化が進んでいます。雪国豪雪地帯の冬は高齢者宅にとっては大変に厳しい環境です。高齢者宅では冬の除雪がままならない状態となります。余裕のある家が余裕がなく力不足の家を援助をするのは、田舎ならではの助け合いの精神です。田舎では色々な場面で当たり前に見られる助け合いの光景です。しかし都市部に出れば殺伐とした環境の中で、そん [続きを読む]
  • 放浪記 四国周遊 ⑭
  • 〜サラリーマン放浪記〜 四国周遊の旅 ⑭  愛媛県⑥ 四国周遊の旅  〜そぞろ歩き・道後ハイカラ通りへ〜憧れの道後温泉本館で温泉を堪能した。時間があれば、2・3階の休憩部屋付きのプランでゆったりとするのもいいだろう。道後温泉本館の雰囲気を最大限に楽しめる。次回、機会があれば利用したい。道後温泉本館を出て、温泉街をぶらりと散策する。道後温泉本館の脇にレトロなバスが止まっていた。どうやら道後プリンスホテ [続きを読む]
  • 放浪記 四国周遊 ⑬
  • 〜サラリーマン放浪記〜 四国周遊の旅 ⑬  愛媛県⑤ 四国周遊の旅  〜念願の道後温泉へ〜松山城を後にし、次なる目的地、道後温泉に向かった。道後温泉は温泉マニアなら一度は行ってみたい温泉だろう。旅と温泉はセットの様なものだ。旅の疲れを温泉で癒し、心身ともにリフレッシュする。旅と言う非日常を味わう上で、温泉がさらなる旅情を演出する。日本人ほど温泉が大好きな民族はいないだろう。本日の宿道後温泉 ホテル [続きを読む]
  • さらば、試練・忍耐の2月よ〜
  • 本日記事1/22月も残す所、あと僅かとなりました。雪国にとって2月は冬本番の時期厳冬期、最深積雪到達の時期です3月は2月と言う長く続いた試練、忍耐の厳しい冬が折り返し地点を過ぎて、春と言う下り坂へ季節が移ろう季節となります。そんな2月に別れを告げるべく、長らく冬眠についていた頼れる相棒を眠りから叩きお越し、2月最後の雪との格闘をしました。小さな公園です。雪にすっぽりと埋まっています。雪は異常な小雪だった去 [続きを読む]
  • 農業用除草機(水稲用) 第二弾 
  • 農業用除草機の第二弾が本日入荷しました。前回記事の第一弾除草機は畑用でしたが、今回は水田専用除草機となります。これが今回ヤフオクで落札した水田用除草機です。メーカーは前回同様、オオタケミニカルチシリーズです。2条用です。3条用もありますが、湿田の棚田では2条用の方が小回りが利くので重宝します。実は今回もこの機械はジャンク品ですつまり、現時点でエンジンは掛りません。手頃なサイズで、見た目以上に機体重量 [続きを読む]
  • 放浪記 四国周遊 ⑫
  • 〜サラリーマン放浪記〜 四国周遊の旅 ⑫  愛媛県④ 四国周遊の旅  〜いざ松山市内へ〜 松山城②大天守目指して先に進む実は高所平気症である私は、高く見晴らしの良い所が大好きなのだ 意気込んで大天守を目指す所で松山城とは誰の城だったのだろうか今頃になって疑問が湧いてきた ちょこっと調べてみた。松山城★1603年、西国大名であった加藤嘉明(かとうよしあき)が松山城の築城に着手。しかし、広大な平山 [続きを読む]
  • 放浪記 四国周遊 ⑪
  • 〜サラリーマン放浪記〜 四国周遊の旅 ⑪  愛媛県③ 四国周遊の旅  〜いざ松山市内へ〜 松山城①瀬戸内の海は穏やかで温かく、実に素晴らしい。浜辺に立つと思わず時が経つのを忘れてしまう。こんな穏やかな海をいつまでも眺めていたい。反して冬の日本海は恐ろしい光景だ。強い冬型の気圧配置の時などはまさに地獄絵図となる。激しく吹き付ける風、吹雪。沖では荒々しく白波が暴れまくる。数メートルに及ぶドス黒い波が、 [続きを読む]
  • フキノトウの寄せ植え 〜その後〜
  • 正月明けの休日に植えたフキノトウの寄せ植えが、見頃になってきました。植えた時は小さなつぼみだったフキノトウ。部屋に入れてからは春と間違えたのか、ぐんぐんと成長しました長く雪に閉ざされる雪国に暮す者にとっては、貴重な小さな春の到来です少し失敗をしてしまいました植え付け後にしばらく外に置いておいたのですが、夜の氷点下の冷え込みにやられて、外皮が少し枯れてしまいました。雪で覆われていれば断熱材の役割を果 [続きを読む]