はな さん プロフィール

  •  
はなさん: コウノトリをお迎えに
ハンドル名はな さん
ブログタイトルコウノトリをお迎えに
ブログURLhttp://stork-hana.com/
サイト紹介文男性不妊&低AMHで顕微授精に挑戦中です。治療日記と、妊活中の方に役立つ情報をまとめています。
自由文男性不妊により高速ステップアップしましたが、採卵しても受精障害や空胞続きでなかなか結果が出ない日々です。
身近な不妊治療仲間はいませんが、オンライン上での交流に助けられています♪仲良くしてくれたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 211日(平均3.2回/週) - 参加 2016/12/10 09:04

はな さんのブログ記事

  • 3回目の移植周期 エストラーナテープとプレマリン開始
  • 採卵が終わった後、1周期はお休みするということでプラノバールを服用して、処方された2週間分飲み終えるころに病院へ行ってきました。プラノバール服用後の生理が来たら、移植周期に入ることになり、プレマリンとエストラーナテープを処方されました。今度が3度目の移植になりますが、今は楽しみという気持ちよりも「また着床しなかったら…」という気持ちの方が大きいです。採卵後の卵巣の腫れ確認&子宮頸がん検診採卵1周 [続きを読む]
  • 不妊治療での自己注射のやり方 痛くないコツは?失敗してしまったら?
  • 不妊治療を進めていく過程の中で、自己注射をすることになる人も多いと思います。私も転院した先で4度目の採卵を行うことになったとき、HMG製剤とHCG製剤の自己注射を行いました。指導されたのは腹部への皮下注射です。自己注射を始める前、私は「どんな注射器を使うんだろう?」「針は太いのかな?」「手順は難しいのかな?」など色々なことが気になっていました。同じように気になる方の参考になればと、自己注射で使用し [続きを読む]
  • 不妊治療の自己注射がお腹の理由は?筋肉注射と痛み比較した感想
  • 私は転院した今の病院で体外受精(採卵)を行う際、HMGの自己注射を行いました。指導されたのは腹部への皮下注射です。転院する前の病院で行った過去3回の採卵時は、2週間ほど毎日通院し、看護師さんから筋肉注射を受けていました。自己注射を始める前、「なぜ自己注射はお腹に打つんだろう?」「筋肉注射と比べて痛みは?」など気になることがたくさんあったので、同じように気になる方のために今回教わったことをまとめまし [続きを読む]
  • 採卵後の初診察で凍結卵のグレード確認&カベルゴリンの副作用
  • 6月9日に転院して初めて(通算4度目)の採卵をしました。4個採卵中3個は空胞でしたが、残る1個は顕微授精により無事に受精・分割してくれ、初期胚で凍結することができました。採卵後1週間経ち、卵巣が腫れていないかのチェックのため診察を受けに行ってきました。また、その間飲んでいた「カベルゴリン」という薬の副作用について確認しました。採卵1週間後の卵巣の様子診察前に、いつもどおり内診がありました。卵胞を複 [続きを読む]
  • 通算4回目の採卵 受精・培養結果
  • 生理14日目の6月9日に転院して初めて(通算4度目)の採卵をしました。採卵した時点で、4個採ったうち3個は空胞だったということで、頼みの綱は残る1個のみでした。その1個が成熟卵であるかどうかも、病院にいる間にはわかりませんでした。採卵の翌日に届くといわれていた受精結果のメール、もし受精していれば数日間培養するので、凍結できたかのメールが来るまでドキドキそわそわでした。採卵翌日の受精結果メールが届い [続きを読む]
  • 採卵周期D14 通算4回目の採卵してきました
  • 5月27日から始まった転院先では初めて(通算では4回目)の採卵周期、生理14日目の6月9日に採卵してきました。生理2日目からフェリング150単位を8日間、生理10日目と11日目はフェリング225単位と排卵を抑制するセトロタイド0.25mg、生理12日目の夜10時にHCG5000単位を自己注射しました。AMHが低いせいか卵が育ちにくく、採卵予定個数は3個だったので、採卵前に排卵してしまわないことと、空胞でないことを祈るばかりでした [続きを読む]
  • 採卵周期D10の卵胞チェック 低AMHで数が育たない
  • 5月27日に転院先では初めて(通算では4回目)の採卵周期が始まりました。1つでも多くの受精卵を凍結させることが目標です。生理2日目からフェリング150単位の自己注射が始まり、生理7日目に引き続き、10日目にも2回目の卵胞チェック&血液検査へ行ってきました。以前測定したAMHよりも、実際は卵巣機能が落ちているだろうと診断されてしまいました。採卵周期10日目の卵胞の様子HMGの自己注射を打ち始めて8日、 [続きを読む]
  • 採卵周期D7の卵胞チェックとFSHの数値
  • FSH値が高いことにより採卵周期が延期となっていましたが、プラノバールの効果で無事に下げることができました。5月27日に生理が始まり、いよいよ転院先では初めて(通算では4回目)の採卵周期のスタートとなります。生理2日目からフェリング150単位の自己注射が始まり、生理7日目に最初の卵胞チェック&血液検査へ行ってきました。生理終了後のFSHの数値1周期前はプラノバールを服用していて、1以下まで下がってい [続きを読む]
  • 採卵周期に入る前の自己注射指導を受けました
  • FSH値を下げるために飲んでいたプラノバールは5月21日で終了となり、22日からは同じくFSH値が上がり過ぎないためにプレマリンを飲み始めました。まだ生理はきていませんが、アンタゴニスト法で採卵するための自己注射指導と、再度FSH値を測定するために病院へ行ってきました。予定どおりに自己注射の説明は進められましたが、FSH値については少し心配が残る結果となりました。プラノバール服用4日後のFSHの数値先 [続きを読む]
  • プラノバールを2週間服用したあとのFSHの数値は・・・
  • 5月8日の生理2日目に行った採血の結果、FSH値が高くて採卵周期に入ることが出来ませんでした。その日から、数値を下げる効果のあるプラノバールを1日1回飲み始め、2週間経過したので、再度血液検査を受けるために病院へ行ってきました。プラノバールを飲むとFSH値が下がるはずだと聞いてはいましたが、不妊治療を始めて自分がどんどん少数派に入っていくうちに、悪い結果も思い浮かべて予防線を張るようになってしま [続きを読む]
  • 採卵周期が始まると思ったら延期に・・・
  • 前回の診察で指定されていたとおり、4月27日に病院へ行ってきました。4月18日から2週間プレマリンとデュファストンを服用中で、今回は採卵に向けてのスケジュール決定の予定でした。採卵周期に入る前に卵巣の様子が問題ないかを確認するための内診もありました。採卵周期スタートが1週間延期にまずは内診した結果、卵巣には特に異常がありませんでした。今飲んでるプレマリンとデュファストンは2週間処方されていたので、5月 [続きを読む]
  • 採卵前周期D2 プレマリンとデュファストンの同時服用開始
  • 予定通りにリセットしました。自然妊娠は可能性が限りなくゼロだとわかっていても、やっぱり高温期の終わりころは気になってしまうものですね…。先日の診察時に指示されていたとおり、生理開始2日目からプレマリンとデュファストンを一緒に飲み始めることになりました。急に決まった夫の転勤により引越しの準備でバタバタしていて、不妊治療のことを考える余裕がなく、毎日があっという間です。プレマリンとルトラールを飲む理由 [続きを読む]
  • メルカリでの妊娠米販売は妊活ビジネス?妊娠の願掛けについて思うこと
  • 少し前から気になっていて、最近友人とも話に出たのですが、メルカリなどフリマアプリで妊娠米などを妊娠〇〇を販売する「妊活ビジネス」や「不妊ビジネス」が増えているそうです。家の不用品を譲るために利用しているメルカリでも、妊娠菌のおすそ分けということでお米や植物の販売が増えていることに、実際に検索して驚きました。急増している「妊活ビジネス」や「不妊ビジネス」と、妊娠への願掛けについて私が個人的に思うこと [続きを読む]
  • 子宮鏡検査とLHRHテストの結果&スケジュール決定
  • 子宮鏡検査のため、D8である昨日病院へ行ってきました。D3に検査したLH−RHテストの結果もこの日わかり、今後のだいたいのスケジュールが決まりました。子宮鏡検査の感想卵管造営検査に比べたら、全然痛くなかった生理痛みたいな痛みで辛かったと色々な感想があるらしく、どんなもんかと緊張していました。器具を入れるときはググっと一瞬痛みがあったけれど、そのあとはいつもの内診と同じ感じだったので、あっという間に [続きを読む]
  • 空腹時採血とLHRHテストで病院へ&衝撃のAMH値が判明
  • 3月23日に生理がきて3日目(D3)、血液検査のため病院へ行ってきました。10時間前から絶食の状態で血糖値などを測定する空腹時採血と、LH-RHテストという血中のFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)の濃度の変化を調べるものです。前回言われてませんでしたが、内診と診察もありました。空腹時採血とLH-RHテスト受付後すぐに呼ばれ、採血を2本とりました。1本は空腹時の血糖値などを調べるためのもの。もう1本 [続きを読む]
  • マカは冷え症や生理痛に効果があるのか実際に検証してみた(実践編)
  • 「マカを飲んだら妊娠した!」という言葉は何度も聞いたことがありますが、男性不妊でステップアップしてしまった自分にはあまり関係ないのかなと思っていました。2017年2月の末、マカは冷え症や生理痛、朝の目覚めなどにも効果があるということを聞いたので、妊娠以外の効果があるのか検証してみようと飲んでみました。この1か月マカを飲み続けた個人的な感想と、気づいた体調の変化を書いておきます。今回飲んだマカは…服用開 [続きを読む]
  • 転院先の初診へ 心機一転スタートしました!
  • 1月26日に陰性判定を受けて2か月弱。待ちに待った転院先の初診を受けるために札幌へ行ってきました。まだ引越ししていないので、夫と一緒に車で6時間半の道のりなので日帰りは難しく、義実家への帰省も兼ねてでした。まずは診察から私の選んだ病院は、担当医制なので希望の医師を指名することができます。この先生が検査も診察も採卵もすべて行ってくれることになります。ネット上の評判通りのサバサバした明るい先生で、「採卵 [続きを読む]
  • 突然の転勤決定と転居先での助成金の違い
  • 転院先の初診も来週に近づいてきました。自然妊娠の可能性はほぼゼロと言われながらも、お休み周期(2周期)での奇跡的な妊娠を心のどこかで期待していました。でも、やっぱりそんなに簡単に奇跡は起きないですね。ただ、ホルモン剤の副作用から解放されたからか体重は2kg減り、生理痛も前に比べるとかなり楽になったので、ストレスなく過ごせていました。不妊治療を始めてからの生理痛の変化はこちら★ ⇒「不妊治療で体質が [続きを読む]
  • インプランテーションディップは高温期何日目から何日間起きる?
  • 高温期の途中で一時的に体温が低下する、インプランテーションディップをご存知ですか?アメリカでは妊娠の兆候の1つとして広く知られています。妊娠を希望する女性にとって、高温期の基礎体温で一喜一憂することは多いのではないのでしょうか。言葉だけ鵜呑みにせず、正しい知識を身につけておきたいですね。インプランテーションディップとは排卵日の数日後から基礎体温は高温期となりますが、その途中で一時的に体温が低下する [続きを読む]
  • 不妊治療患者数及び病院数の調査に関するニュース【記事紹介】
  • F Treatmentが運営する不妊症・不妊治療専門の情報サイト「不妊治療net」が、「不妊治療患者数及び病院数の調査」の結果を発表しました。ニュースを読んで、北海道の田舎在住の私が思ったことを正直に綴っています。調査によりわかったこと推定40万人の女性が不妊治療中病院等の医療機関の診断・指示を受け、不妊治療を行う(定期的に通院するタイミング法も含む)人は、女性だけでも全国に推定約40万人(※1)いるという。さらに、不 [続きを読む]
  • 不妊治療で体質が変わったのか?生理痛が楽になってきた!
  • 私は中学生のころから、重い生理痛があるタイプです。それから現在まで、ずっと毎月生理痛には苦しめられてきましたが、最近少しずつ痛みが楽になってきたような気がします。最初のうちはたまたまかな?と思っていましたが、記録のために経過を綴っておきます。私と生理痛とのお付き合い歴学生時代〜子宮内膜症の判明まで中学生の頃から、生理の時はトイレと保健室によく行く子でした。バファリンなどの市販薬では効果がなくなり、 [続きを読む]