Jucy さん プロフィール

  •  
Jucyさん: Be Myself
ハンドル名Jucy さん
ブログタイトルBe Myself
ブログURLhttp://jucy-juk.net/
サイト紹介文ロンドン生活を経て現在トロントにてPR申請準備中。恋愛・結婚やその他諸々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 168日(平均6.0回/週) - 参加 2016/12/10 15:56

Jucy さんのブログ記事

  • My Boom
  • こちらのキャラクターをご存知ですか?Masyanyaといって、ロシアのカトゥーンなのですが、何と言っても声がめちゃくちゃ愉快で。全部がロシア語(たまに英語を話すキャラクターもあり)なので、英語字幕がない限り自分ではストーリーが理解できないのですが、Masyanyaの彼の誕生日プレゼントに出産(子供)をプレゼントすると言ったり、クラシックコンサート会場の空気に耐えられず、妙な動きを始めた挙げ句外へ飛び出したり、出産 [続きを読む]
  • Are You Ready?
  • 暖かい日が続いているトロント。まだ半袖では寒いときもありますが、そろそろ夏服へシフトしていかなければならないシーズンになりました。わたしは基本的にレーザー脱毛等をしていないので、まずはムダ毛の処理から始めます。ただ、日本にいるときは背中の毛もわりと濃いのでそこも自分で剃っていました。(見えないのでよく切り傷を作っていましたが)腕の毛は薄いのですがそこも処理して、指の毛までも抜いていました。が、海外 [続きを読む]
  • LIVES
  • どうして罪のない人々が命を落とさなければならないのでしょうか。どうして夢と希望にあふれた子供達が犠牲にならなければいけないのでしょうか。どうして世界はいつまでたっても平和にならないのでしょうか。 もちろん世界のあちらこちらで毎日戦争によって多数の価値ある命が奪われています。ただ、どうして普通に娯楽を楽しむことさえ許されなくなってしまったのでしょう。。。もうどこにも「安全な場所」なんてないのかも [続きを読む]
  • It’s Our Culture
  • フランスのカンヌ映画祭でのセレブリティーのドレスや振る舞いが話題になっていますね。その中でもやはり日本人として注目するのは木村拓哉さん主演の映画「無限の住人」の内容よりもレッドカーペットでの立ち振る舞い。映画でのヒロイン役の女優さんが着物でカーペットに登場するも、木村さんも監督も彼女をエスコートや気遣う様子すらなく先にスタスタと階段を駆け上がって行ったというもの。「さすが日本人」と思ったのはわたし [続きを読む]
  • Beautiful Day
  • 5月22日はビクトリアデーというご存知ビクトリア元英女王の誕生日(正式には5月24日)を祝う祝日のため、3連休になる方が多いカナダ。わたしは日々祝日ですが(笑)彼も3連休なので、せめて1日くらいはいつもと違うことをしたいなぁと思い、今日から始まったマーケットに行ってまいりました。Waterfront Artisan Marketという今日から10月7日まで毎週土曜日に開催される小規模のマーケットなのですが、オンタリオ湖沿いのパーク内 [続きを読む]
  • Confusion
  • 今朝起きてメールをチェックしていると、イミグレーションオフィスからのメールが。「ビザ申請時に必要なアカウント作成とそのアカウントと今回封書で申請したアプリケーションをリンクさせて」という内容で、すでにアカウントは持っていたのでリンクさせようと情報入力。その際に思ったのが、Place of Birthってどこ?生まれた場所?本籍地?以前にも同じアカウントで違う種類のビザを申請した際、どこかのエージェントさんのウェブ [続きを読む]
  • Romance has begun
  • またまたTayler Swiftさんが新しいお相手を見つけたと話題になっていますね!お相手とされている方はジョーアルウィンさんでテイラーさんのひとつ下の26歳のイギリス人俳優だそうで、未だにご両親と同居されているのだとか。結構いますよね、生粋のロンドナーで成人しても両親や兄弟と一つ屋根の下で暮らしている方。やはりロンドンは家賃が高いですし、他人とハウスシェアをするよりもストレスレス。しかも日本に比べて海外は家族 [続きを読む]
  • No Confidence
  • ドイツ人Sとの再会は、お互いがぎこちない感じで幕を開けた。とりあえずSのいたレストランから映画館に場所を移す。その間拙い英語で話しかけてみるも話は広がらず。。。気まずい雰囲気のまま映画館についた。(前回はクラブという暗闇+彼はお酒を飲んでハイになっていたから、シラフであってがっかりしたのかな。。。)という思いが頭の中にあったし、他人に借りをつくるのが苦手なので、映画のチケットは自分で出した。彼はわ [続きを読む]
  • It’s just Risky…
  • 昨日投稿したビーチでの出来事。まさに今日(15日)その場所で、不運にも命を落とされた方がいたようです。。。http://www.torontosun.com/2017/05/15/woman-tries-to-rescue-swimmer-in-lake-ontario記事によると、オンタリオ湖で泳いでいた男性がすぐに動かなくなったので、女性が助けようと海に飛び込んだものの不可能だったと。海上警察が彼を引き上げ、病院に運ばれたものの、残念ながら助からなかったようですね。。。お酒が [続きを読む]
  • on the Beach
  • せっかく春の訪れを感じていた矢先、雨と寒い日が続いていたトロント。この数日でようやくまた暖かくお天気のいい日が戻ってきました。「今日はどこに行きたい?」と聞かれたので、迷わず「ビーチ!!」と答えました。厳密に言うとオンタリオ湖の湖岸のことなのですが、シティー(繁華街)から歩いていけて、静かで美しくて、飛行機も船も見ることができる絶景スポットです。イギリス・ロンドンの町並みが大好き過ぎて、個人的にトロ [続きを読む]
  • What a BLACK
  • 日本では過労死の問題やブラック企業などが連日話題になっていますね。海外でもブラック企業がないわけではないですが、やはり真面目な日本人はNOと言えなかったり、責任感が強すぎるため、会社や上司にいいように利用されてしまったりする方が多いのでしょう。。。さて、そんな中、厚生労働省が労働基準関係法令違反に係る公表事案という、言わばブラック企業リストを公表されました。2016年10月〜2017年3月の間に送検された334 [続きを読む]
  • Good Job!
  • 先日、初めて購入した種類の娘の餌を開けたときのこと。ビーフのウェットフードに何やら白い物体がチラホラ。。。脂が固まって白くなっているのかなぁと思ったものの、もしカビだったら娘に食べさせたくないし。こういうとき、日本の商品だと、パッケージに「白い沈澱物が混入している場合がありますが、脂が冷えて固まったものですので…」というような注意書きがありますよね?そのようなものがないか缶をチェックしてみたものの [続きを読む]
  • Young People
  • 昨日たまたま自動再生でプレイされていた動画の中で、山崎邦正(月亭方正)さんが大家族・橋本家を手伝いに行くという、大阪ほんわかテレビで放送されていたものがあったんですよね。2015年に放送されたもので、以前に観たことがあったのですが、改めてみるとやはり大家族は大変ですね。お子様が13人いらっしゃる15人家族で、第一子と末っ子ちゃんが15歳離れている(ほぼみんなが年子)家族構成です。関西出身の方はご存知の方もい [続きを読む]
  • Merits of Having a Boy in abroad
  • 最近夫婦でマリオカートにハマっているJucyです。小学生以来プレイしていなかったのですが、久々にプレイしても楽しいですね〜。夫婦でガチ勝負して楽しんでいます。 さて今回はわたしの今までの経験に基づき、こんなテーマについて書いていきたいと思います。海外で彼氏(デート相手)ができたときのメリット〇語学力が向上する語学を学びに来ている人には特に語学力アップに貢献してくれるのが外国人彼氏(ネイティブ並に話 [続きを読む]
  • Lovely Bad Girl
  • 私たち夫婦、よくケンカします。きっかけは些細なことで、だいたいわたしの沸点が低いので、そこから始まります。でもいつも割と直ぐに仲直りというか、どちらかが相手に甘え始めて終わるんですが、今回は日曜から火曜日の朝にかけて、わりと長めのケンカになりました。以前も書きましたが、うちの猫はそういう空気を直ぐに察知するんですよね。言い合いをしていると間に入ってくるし、わたしが彼に怒っているとわたしに甘えに来て [続きを読む]
  • Dissapointed Sunday
  • ロングウィークエンドが始まる前日の金曜日、驚くことにドイツ人Sから連絡があったのだ。「連絡できなくてゴメン。めちゃくちゃ忙しくて。元気?実は君のなくしたイヤリングだけど、正直言うと忙しくてちゃんと探せてないんだ。。。ゴメン。もしよかったら今から会わない?」遅ればせながらもちゃんと返信をくれたS。しかも、絶対に見つかるはずのないピアスを探そうとしてくれていたことにも喜びを感じた。すぐに返信すればいいもの [続きを読む]
  • like some boys
  • さていよいよ開催が数時間後に迫りましたMET GALA2017。毎年ニューヨークメトロポリタン美術館にて開催されるファッションの祭典ですね。今年のテーマ/展覧会はコム・デ・ギャルソン(川久保玲さん)だそうです。お恥ずかしながら、近年初めてコム・デ・ギャルソンが日本人女性によって作り出されたものだと知りました。。。ファッションは大好きな分野で、地元でも海外でも個性的なファッションでエキセントリックと言われていま [続きを読む]
  • Who is arrested?
  • 今週末が見頃と言われていた今年の桜in High Park。昨年は見に行ったにも関わらず、全く咲いておらずがっかりしたので、今年こそはと見頃を待っていたのですが。。。お天気が悪く断念(>_昨日は曇り空ながらまだ比較的暖かかったものの、彼がおらず、今日は曇り/雨で気温は6℃。寒すぎて久々にダウンジャケットを羽織りました。 そんなわけで、残念ながら今年も桜を見ることができなかったわけですが、今日はとりあえずテレビ [続きを読む]
  • March in April
  • 何やら窓の外から多数の人々の声が聞こえてきた今日(29日)。何事かなぁと覗いてみると、大勢の人々が行進しているではありませんか。パレードとかそうゆうハッピーな行進ではなく、明らかにデモといった感じ。大学が近いので、大学生の集まりか、それともトランプ米大統領の就任100日に対しての抗議かなと思い、CTV/CBCニュースを調べてみても、本日トロント市内でデモがあったというニュースは見当たらず。でもあれだけの人数の [続きを読む]
  • Amazing Girls!
  • ここ2、3日の間、やたらと90年代の邦楽をリピートしています。昔はテレビの音楽番組も豊富で、テレビ番組を通して歌手や曲を知ることも多かったのですが、今はテレビもないし、日本に住んでいないし、音楽番組も少なくなったし、最近の邦楽にあまり感心が持てません。。。お料理をする際によく大音量で音楽を聞くのですが、たまたまかけた”90’sCMソング”にて、彼女たちを発見。ご存知の方もいらっしゃるのでしょうか?沖縄ア [続きを読む]
  • So long…
  • 最近なんだかとっても眠くて怠くてやる気のないJucyです。ですがとりあえずずっと怠けて進めていなかったタックスリターンと、永住権申請書類の再提出を昨日終わらせたのですが、まぁ長かった。。。というのも、規格外サイズの書類をコピーするのに手間取って、自分ではできなかったため、彼が仕事から帰った時に彼にその書類のコピーを作成してもらい、タックスリターン用と永住権申請用の書類を持って、郵便局に行きました。5、6 [続きを読む]
  • Returning Our Package
  • 3月17日に永住権申請の書類一式を移民局に送付したのですが、一切音沙汰がなく、数日前になんと書類一式戻ってきたー!!まぁ有り得ないことではないなと思っていたので、中を開けて、何がいけなかったのかを確認してみると、〇彼のタックスに関する書類不備(こちらはいろいろあって書類を用意するのに時間がかかっているため想定内)〇わたしの日本語書類のcertified copy不備certified copyって何?まずそこから始まりました。お [続きを読む]
  • Like a Stalker
  • まさに逃がした魚は大きい。基本的に他人に対して執念深くない。相手が男性でも女性でも、他人に自分から好意をよせることはそんなに多くない。たとえ、相手のアプローチを快諾して、逆に自分の方が相手により興味を持ちはじめても、逆に相手に距離をとられることもある。それはそれで構わない。多少は凹むことはあっても。ただ、このドイツ人Sに関しては、彼を知るチャンスすらつかめなかったことに悔いても悔やまれない気持ちで [続きを読む]
  • Difference between British English and American English Ⅳ
  • 基本的にイギリス英語とアメリカ英語の違いはあっても、だいたいが通じることが多いのですが、カナダでカナダ人とハウスシェアをし始めたとき、掃除機があるか尋ねたんですよね。“Do you have a hoover?”“What?”“H-O-O-V-E-R”“I don’t know what is that.”結局そのあとVacuum Cleaner という言葉を思い出し、無事に掃除機を見つけることができたのですが、彼と同棲し始めて、上記と全く同じ会話をしたのを覚えています。 [続きを読む]
  • Aeroplane 3
  • ロンドンにはいつ戻ってこれるかわからないし、今後イギリスに長期で住める確率なんて0に等しかったので、イギリスの銀行口座を閉める予定でいたんですよね。結局口座自体は残しておくことにしたのですが、ロンドンを離れた後にイギリスの口座に振り込んでもらっても、いつおろせるかわからないので、できれば日本の口座に振り込んでもらいたかったんです。そのことをオランダ航空の担当オペレーターに伺ったところ、「日本の口座 [続きを読む]