とりとん さん プロフィール

  •  
とりとんさん: とことこ治療の足跡地図
ハンドル名とりとん さん
ブログタイトルとことこ治療の足跡地図
ブログURLhttp://ameblo.jp/nature-trail444/
サイト紹介文心の病気の受診や気持ちの記録☆通院歴20年。四苦八苦な闘病生活の記録☆
自由文通院歴20年。四苦八苦な闘病生活の日常の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 85日(平均7.1回/週) - 参加 2016/12/10 17:46

とりとん さんのブログ記事

  • 過去の通院を振り返りながら今感じること
  • 2004年。。13年前くらいも一つの転機だったな。初めて「身の丈に合った生活スタイル」を夫婦で共有することができた。何とか。二人でも生きていけるんだ〜って。 10年ひと昔というけれど、この頃は両親も元気でいつもお世話になって申し訳ないなってずっと思ってた。買い物とかも母親に振り回されて嫌だなって。。でも今になると、その時期もその年代にしか味わえない、貴重な体験だったんだなと思う。& [続きを読む]
  • 『300万円生活』の本で夫婦の生活観が一致(2004年6月)
  • <6月>心身ともに治りました     体重が50キロ代に・・(10年ぶり)    ●チャレンジ3回(ユモ2回、通院1回) カー17回、自活14回、人13回 ●6/11 『300万円生活』の本で「食べて生きることは難しくない」とわかって、底の不安(死の不安)が減って、そしたら食べられなくなったら?の不安がなくなって、自然な感じで食べ始めた。この「食べられなくなっ [続きを読む]
  • 活動量が最低限戻ってきた(2003年12月)
  • <12月>体がふつうに戻ってきた −最低限の社会参加ができなくなった25歳頃(下宿)からかれこれ8年ぶりの回復!しかも心は健康風!。心身が健康ラインに戻って、普通になってきた。 −心と体が両方健康ゾーンに戻ってきたのってかれこれ18年ぶりの快挙!絶対ムリと思ってきたから感動もひとしお!すごく感謝の気持ちで一杯になった。   [続きを読む]
  • 心を育てる第2段階(2003年10月〜2004年3月)
  • <下宿自活生活に向けての基礎練習経過> 〇心面はふつうレベルに安定。半年で心の試運転に結構慣れる。(4月から自立に向け様々な経験を半年積み、引き続き続行中) 〇今度は体面。健康人の現実生活レベルに向けた練習を始める。(社会復帰前の「体のリハビリ慣らし期間」のような事を開始) **** *「自立日常生活に必要なこと」   1. 自分で心をコントロール [続きを読む]
  • ココロ模様(2003年6月?)
  • <トリトンの日記より> ●6/1  「4、5月に学んだまとめ−従姉妹流気合い」 ○私がダンナさんを守らねばという強い想い(子どもがいると強くなるという感覚に似ている。気合いが入る) ○私がどうなろうと心配してくれるのはダンナさんだけ。私が死のうと関係ない肉親。 ○従姉妹もがんばってる。私もがんばる。 ○今までの人生のひどいこと考えれば、これからはあんなひどいことは [続きを読む]
  • パキシルを2個に増やす(2003年6月①)
  • <6月>SSRIを2個に移行(以後これで安定) 経済の自立−小遣いを作って現実の楽しみに集中し始める 心がふつうに戻ってきた(体もどってくる−12月) ●チャレンジ3回(自宅1回、通院2回)−散歩3回 ●6/13 カウンセリング「今のペースであまり飛び上がらずいきましょう。ゆっくりいきまし [続きを読む]
  • ダンナさんとの自宅生活の練習を少しずつ(2003月5月?)
  • <5月−自宅暮しの日記> ●5/7  従姉妹と約束した。何とかなるって。実家よりこっちの方が家はきれいで便利いいし、住みやすい。「マイペース生活」が快適にできる。細々と「ネロ」のようにいきるにゃ。 ●5/10 よくよく岡山のみんなの暮しを見てみると、服装も私と同じでけなげで、田舎風だ。とっても安心した。な〜んだ。みんな自由人ね♪お惣菜も半分くらいの人が買ってた。主 [続きを読む]