BOND少佐 さん プロフィール

  •  
BOND少佐さん: 熱帯楽園ペナン通信
ハンドル名BOND少佐 さん
ブログタイトル熱帯楽園ペナン通信
ブログURLhttps://ameblo.jp/n5e100penang/
サイト紹介文マレーシア・ペナン島にMM2Hビザで長期滞在中。 日々の暮らしのあれこれをお伝えします。
自由文常夏の島ペナン、ジョージタウンでの生活。
水は飲めるのか?何を食べるのか?日用品はどこで買う?バスはあるのか?家賃は?携帯電話は?インターネットは?物価は高い?
いざ移住を考えてみると分からないことだらけ。
日々の体験をお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 252日(平均5.1回/週) - 参加 2016/12/10 17:55

BOND少佐 さんのブログ記事

  • 所変われば弁当箱も変わる。
  • ホーカーズ(屋台村)が街中にあるペナン。 その場で飲食する人も多いですが、毎日のように家に持ち帰る人も沢山います。いろいろな料理があって、値段も手頃。屋台村は、弁当豊富な日本のコンビニのような役割を担っています。 そんな持ち帰りの常連の人達が、よく使っているのがステンレス製の弁当箱。弁当箱と言うより、運搬用食器と言った方が良いかもしれません。大きなものや小さなもの、2段重ねから6段重ねくらいまで、い [続きを読む]
  • 街角風景の楽しみ方
  • 散歩の楽しみは人それぞれですが、街角の歴史を楽しむこともできます。 ジョージタウンは、20世紀になって市街地が周辺部に広がったため、簡単に言えば同心円状に街が新しくなっていきます。世界遺産地区が一番古く、当初は自然豊かな郊外だった周辺部が宅地開発されていきました。 イギリス流の都市計画で開発されている郊外住宅は、基本的には面開発。主要道路から街路を引き込んで両側に店舗や住宅を並べていきます。極端な [続きを読む]
  • iPhoneの予備機をどうしよう。
  • ペナン生活で使っているスマートフォンは実質2台。エージェントとの電話連絡にも使う UmobileSIM の IPhoneSE と テサリング機能を使ってiPadやMacのネット接続に主に使っている DigiSIM の FreetelPriori3。 FreetelPriori3は同一機種が2台なので良いのですが、iPhoneSEは1台だけ。メイン利用機なので、故障や破損時の対応が心配です。今や日常生活に欠かせないAppleWatchはiPhoneにしか接続できないので特に心配。 iPhoneを [続きを読む]
  • 有間麺館 GO NOODLE HOUSE
  • ガーニープラザの海側の最上階はシネコンになっています。中央吹き抜けのエスカレーターを延々と登って行くと到着。久しぶりに行ってみると、飲食店が随分と充実していました。ハンバーガーショップだったところに新規オープンしていたのが有間麺館 GO NOODLE HOUSEフロアを仕切ったオープンな造りで、開放的で入りやすい雰囲気です。人気があるようで、食事時間は とても混んでいます。ビーフンなど米粉を使った麺と上品なスープ [続きを読む]
  • 久しぶりに「Hon Kei Food Corner Restaurant」
  • 7月下旬ころからペナンはヘイズの日が多く、散歩気分ではありません。雨季もそろそろ終わりのようで、雨は少なく暑い毎日。 久しぶりにジョージタウンの中華粥を食べに行きました。以前にも紹介したことのある Hon Kei Food Corner Restaurant 粥・麺などを選んで、豚肉メインの具材を選んでいきます。肉の種類は豊富ですが、脳や小腸など初心者にはハードルの高い部位もあるので、初めてならミンチ、ミートボール、三枚肉あたり [続きを読む]
  • 携帯電話代4割減! MY SIM 新体制へ移行。
  • 予定どおりUmobileのポストペイドSIMを解約して、スマートフォンのSIM構成を見直しました。ペナンのUmobileサービスセンターは、空港に近いクイーンズモールの一箇所だけ。ポストペイドの契約や解約は、サービスセンターでなければ行えません。レンタルしていたモバイルルータとSIMを持参して、パスポートを提示すれば解約は即時終了、実に簡単です。保証金は最終月の利用料に充当され、残金があれば小切手が後で郵送されて来るそ [続きを読む]
  • COFEE&DESSERTS FESTIVAL 2017
  • 今日のペナンは小雨がパラつく冴えない天気。陽射しはなくても蒸し暑い。夕食がてら、ガーニーパラゴンに来てみました。予告通りコーヒーフェスティバルが開催中。中央ステージではコーヒー講座、ブースも多くて結構本格的なイベントです。美味しいコーヒー豆探しが目的でしたが、コーヒー店のブースはやや少なめ。試飲も少ないので豆探しは難しそう、スイーツ店が目立ちます。コーヒーやスイーツの販売もあるので、ちょと立ち寄っ [続きを読む]
  • ついに発見!美味しいコーヒー豆
  • ようやく美味しいコーヒー豆の販売店がみつかりました。 Hillkoff Coffee & Beverage Solution コムタの交差点からマカリスター通りを進み、ローガンライ病院の交差点を過ぎた道路左側。ジョージタウンの市街地からは少し不便な場所で、外観もチョット地味。通り過ぎないように気をつけましょう。 タイ産コーヒー豆を扱っていて、自家農園での栽培から焙煎販売までを行うタイでは大手のコーヒー店のようで、自家焙煎のコーヒー豆 [続きを読む]
  • 「Power Tool」復活!
  • これは何でしょう?「え? クリップでしょ。」と返事をした貴方。正解! でも貴方は若い。iMac登場前からのMacユーザーなら答えは一つ。「Power Tool !」パーソナルコンピューターが誕生した頃、データは勿論のこと、アプリやOSさえもフロッピーに保存され駆動されていました。当時主流のDOSで動くPCには、イジェクトボタン付きのFDドライブが搭載されていましたが、何とMacのFDにはイジェクトボタンが無かったのです。デザイン重 [続きを読む]
  • MY SIM前線 異常なし
  • ここ最近のプリペイドSIMの各社の競争で、ポストペイドSIMが割高になっています。ポストペイドSIMは、保証金が必要だったりと手続きが面倒なのですが、プリペイドSIMより特にデータ通信が割安なので、我が家ではテサリング機能を使って固定回線のように使っています。現在使っているのはUmobileのMB68プラン。7GB+深夜5GB、ビデオストリーミング7GB、音楽ストリーミング無制限で月額RM68+税金です。このSIMを解約して、来月から [続きを読む]
  • 朝食はシンプルに。
  • ペナンで暮らしていると、外食や中食が多くなります。何しろ街中いたるところにホーカーズや手頃なレストランがあって、味が良くて値段も安い。ひとときは市場やスーパーで肉野菜を買って自炊もしてみましたが、結論としては値段でも味でも自炊は完敗!たかが屋台料理と侮ってはいけません。グルメ都市ペナンで数種類のメニューを何十年と作り続けている料理人の腕は確かです。 そんなペナンで健康的に暮らすため「朝食はシンプル [続きを読む]
  • オデオン座前の交差点
  • ペナン大通りにチュリア通りが合流する大きな交差点。昔はジョージタウンの繁華街の中心だった場所だそうです。 ひときわ目立つのがアールデコ様式のオデオン座。ジョージタウン随一の映画館・劇場だった建物です。映画館が閉館になった後は荒れ果てた外観でしたが、大規模改修されて往年の姿に復元整備され、現在はレストラン・カフェとして利用されているようです。 オデオン座のアールデコ様式は本格的で、教科書のよう。左右 [続きを読む]
  • シャワーフィルターを付けてみた。
  • ペナンに引っ越してから、肌が荒れたり、髪の毛がゴワゴワしたり、あちこちが痒かったりと皮膚がらみのトラブルが続いていました。原因が、食事なのか、強い陽射しによる日焼けなのか、ダニなどの微生物なのかがはっきりしなかったのですが、どうやら毎日何回もあびるシャワーの水にあったようです。 ペナンの水道水は見たところは、色や匂いなども殆どなくて、さすがに飲料用には蛇口直付けのフィルタとポット浄水器を併用してい [続きを読む]
  • AppleWatchCollection 3
  • スペースブラックステンレススチールケースとスペースブラックリンクブレスレットの組み合わせは最もクール。写真では十分伝えられませんが、漆黒のボディの深みのある輝き。バンドは表面は艶消し、側面はボディ同様の光沢仕上げ。繊細で重厚な質感は、ティファニーなど宝飾店が扱うメンズアクセサリーのようです。テーマは「ビジネス&フォーマル」。大企業の役員の高価なダークスーツにも、タキシードにも見劣りすることはありま [続きを読む]
  • 日本の携帯電話料金は高い!
  • ペナンに移住して2年を超しましたが、日本の携帯電話(SIM)を1回線維持しています。年に数回の一時帰国時用でもありますが、年金事務所や銀行、クレジットカード会社などへの届出に使うのが主な理由。多少なりとも日本との接点がある以上、日本の電話番号がないと非常に不便なのです。移住した2年前は、日本で格安SIMが一般化しだした頃。当時最も安かったフリーテルに番号をMNPして、SIMフリースマートフォンで使っています。電 [続きを読む]
  • 「机上の空路」:マニラ・途中下車の旅
  • フィリピンの首都マニラ。ここも東京とペナンの途中下車には良い場所にあります。でも調べた限りでは、あまりお勧めできる都市ではないような気がします。理由は、有名観光スポットがない・交通が不便・治安が悪い。 これまで行ったことがないので断言はできませんが、あまり評判は良くないようです。観光でいかれた方がいれば、コメント欄で実際のところを教えてください。 せっかく調べてたので参考までに纏めておきます。 <東 [続きを読む]
  • DVD海賊版「それ違法です。」
  • 最近は映画・テレビ・ミュージックビデオなど、何でもネットで見ることができます。でも我が家のネット環境はスマートフォンのテザリング。4Gとはいえ、大容量の動画は通信速度やコスト的にチョット辛い。 マレーシアはDVDが安いので、古い日本テレビドラマなどを暇つぶし用に時々買ってきて観ています。 コムタやショッピングモールなどには、マレーシア・アメリカ・中国・韓国・日本などのDVDを扱う店があって、月一度位ぐるっ [続きを読む]
  • 「机上の空路」:マカオ・途中下車の旅
  • 香港は高い、でも前回の工夫や覚悟も無理!そんな皆さんに、香港観光を割安で楽しむコロンブスの卵的旅行プランをお教えします。 マカオ3泊の旅。 20世紀末頃のマカオといえば「香港のおまけ」的な場所で、「香港4日(マカオ日帰り観光つき)」のようなパック旅行を良く見かけました。確かに当時のマカオは、発展から取り残された植民地時代の古い建物ばかりの寂れた小さな街で、見所といえば正面の壁だけの教会跡とか眺めが良 [続きを読む]
  • 「机上の空路」:香港激安旅の工夫と覚悟
  • 前回の香港旅行、思ったより高いなと思った方も多いと思います。日本からの団体旅行のほうが安いくらいですが、個人旅行の自由さは魅力。免税店や提携土産店への「強制連行」もないですから。 もちろん工夫と覚悟で、激安で旅行することも可能。「香港街歩き」のときは、1人旅ということもあって総額で4万円ほどで香港を楽しみました。 ポイント1は航空券。羽田発の香港エクスプレスは新規路線の深夜便ということもあって、かな [続きを読む]
  • 「机上の空路」:香港・途中下車の旅
  • 電子本「香港街歩き」お楽しみいただけたでしょうか。一時帰国の立ち寄り都市として、香港は一押しです。観光スポットが多く、中華料理も美味。昔から日本人の観光客が多いので日本語が通じる店が多くて何かと便利。場所も日本とペナンのほぼ中間と飛行時間のバランスが良いのもお薦めする理由です。 <東京から香港へ>香港直行便は羽田・成田両空港から複数の航空会社が何便も運行していますが、LCCは羽田空港発は香港エクスプレ [続きを読む]
  • AppleWatchCollection 2
  • 一番よく使う組み合わせがこれ。「お散歩時計」ゴールドアルミニウムケースにトーステッドコーヒー/キャラメル ウーブナイロンバンドを付けたもの。文字盤はモジュラーです。この組み合わせは、軽さと快適性、そして機能性が抜群です。アルミニウムボディは至って軽く、丈夫で通気性の良いナイロンバンドと組み合わせれば、着けていることを忘れてしまいます。そして何より普通の時計らしさが心地良い。文字盤は基本的に消えてい [続きを読む]
  • 「机上の空路」:ホーチミン・途中下車の旅
  • 立ち寄り旅の候補都市、選定のポイントは、ペナンと日本の途中にあること。例えばシンガポールやヤンゴンだとちょっと反対方向に行く感じなので、ペナンから往復するほうが良さそう。北京はだいぶ遠回りな感じ。バンコクやホーチミンは途中ではあるものの、かなりペナンに近くて飛行時間のバランスは今一つなのですが、どちらも人気がある都市なので候補に入れました。 ホーチミンは、旧南ペトナムの首都サイゴン。統一後にホーチ [続きを読む]
  • 「机上の空路」:台北・途中下車の旅
  • 一時帰国、立ち寄り旅の第三弾は台北です。台北は台湾の首都、台湾第一の大都市です。台湾は太平洋戦争終了まで数十年間も日本の植民地でしたが、若い人には知らない人も多いようで驚きます。年配者に日本語が話せる人が多く、街並みがどこか日本的なのはその影響でしょう。台北観光の目玉は何といっても故宮博物館。中国歴代王朝の至宝が所蔵されてます。せっかくの個人旅行ならタップリ時間を取りたいですね。その他にも多くの観 [続きを読む]
  • 「BORDER」が面白い!
  • 18日までの期間限定で配信されている「BORDER」2014年放送の小栗旬主演のテレビドラマです。TVerとGYAOで全話を無料視聴できますが、これが面白い!犯人に頭部を至近距離から拳銃で撃たれたもの「奇跡的に」一命を取りとめ、しかも銃弾が脳中央部に残ったまま現場復帰!更に殺人被害者の幽霊と会話できる能力を獲得! と至って非科学的な設定のドラマですが、小栗旬をはじめ芸達者な共演者に恵まれて、とても面白いドラマに仕上 [続きを読む]