たらこ さん プロフィール

  •  
たらこさん: 夜が明ける前に
ハンドル名たらこ さん
ブログタイトル夜が明ける前に
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/itsuki0729/
サイト紹介文2015年7月 人工死産を境に変わった私とまわりと、その後の暮らし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 118日(平均2.0回/週) - 参加 2016/12/11 00:57

たらこ さんのブログ記事

  • 桜の季節と、排卵検査薬
  • 今週、東京は桜がきれいだ。樹を妊娠したときもちょうど桜の季節だった。妊娠は2回目だったけど、1回目のときは初期流産であまりにあっという間に妊娠生活が終わってしまったから、樹の妊娠の方が、春の妊娠発覚〜夏の死産まで、季節の移り変わりとセットですごく記憶に残ってる。死産した夏も悲しくなるけど、何も知らずにただ幸せな気持ちだった春のことも、今思うと悲しい。そろそろ2年になるけど、ふとしたときの悲しい気持ち [続きを読む]
  • 疲れとマイナス思考と自分の中の暗いところ
  • 年度末のバタバタと、気持ちのアップダウンの振り幅がすごく大きくて、ここ1ヶ月とっても疲れてる。時間に追われたり体力的に疲れたりするのはある程度なら耐えられるけど、精神的に疲れるのがけっこうしんどい。その上さらに、ただでさえ疲れてるところに、送別会参加や、挨拶のために赤ちゃんを連れて久しぶりに会社にくる育休中のひとたち。後輩の妊娠報告。友人からの育児報告LINE。人は人、自分は自分と思っていても、自分の [続きを読む]
  • 水子供養について
  • 生まれてこなかった命を供養するために、水子供養がある。流産のときは、そうは手術のあとそのまま検査に出されたので、私たちの手元には数枚のエコー写真しか残らなかった。人工死産のときは、病院から渡された死産届を区役所に提出して、火葬許可証をもらい、火葬業者を決めるというところまでを、退院までの間に済ませなくてはならなかった。退院後の、胎児の火葬は立ち会えなかった。希望したけど、業者に「赤ちゃんの火葬は日 [続きを読む]
  • 一度きりの人生だから
  • 死産を経験してからとくに、生について考える樹の妊娠発覚の頃、高校の同級生が亡くなった乳がんその約1年前にがんが見つかった話を他の同級生づてに聞いてた私とその子は高1のとき同じクラスで、在学中くらいは接点もあったけど、卒業後はお互い連絡先もわからなくなってるような関係だった。子供が好きで、小学校の先生になっていた。お通夜には友人知人、職場関係以外にも、教え子の小学生達がたくさん来ていた。仕事が大変で、 [続きを読む]
  • プライベート出産とかいう…
  • 試験も無事終わり、仕事もそんなに忙しくなく、静かな毎日が戻ってきた。もうバレンタインもう2月…とは、今年の私は思わない。自分の命の時間を大事にしたい。樹に見られて恥ずかしくないような毎日を積み重ねようと決意したから、気がついたらひと月経ってた〜なんてありえないのだ。今年のバレンタインはどうしようかな。すでにお腹が出始めた旦那にお菓子をあげるのも…うーん下着か洋服にしようか…時間に少し余裕ができたの [続きを読む]
  • 有休消化/思い出の場所へ行ってみる
  • 今年度の有休が余りまくっている。死産した2015年度は、検査などの通院や、そもそも精神的に参ってしまい出勤できなくなってしまったりして、かなり有休を使った。その反動で、2016年度は大事に大事にとっておいたら、かつてないほど有休が余ってしまった。海外旅行に行ってぱぁーっと消化してもいいのだけど、妊娠を考えてると、旅行の計画って立てづらい。仕事で出張とかたくさんしてる人からしたら、はあ?って感じなんだろうけ [続きを読む]
  • 生理前の体調不良
  • 今までは、生理が始まった後の生理痛がしんどかったのに、最近生理前の方が体調がよろしくない。身体が重だるいし、頭痛も。生理前の頭痛は鎮痛剤が効かなくて、それで「生理がくる!」とわかる。と、いうわけで、先週生理がやってきた。ここ2回が26日周期。いままで30日周期でほとんどズレなかったのに、これはいいのかな?大丈夫ですかー? 私の子宮ー??(サバンナ八木風に)生理前のあのどよーんとした感じは何なんだろう。結 [続きを読む]
  • 今週の目標
  • 寒い寒い週末だった。冷え性なので、足が冷えてつらい。冬の空気は好きなんだけど。いつもよりストレッチを長めにしてるつもりだけど、やはりもともとの筋肉量が少ないようで、冷える。ストレッチだけじゃなくて、ヨガもサンサルテーションくらいは毎日やるべきか……さて、今週のやりたいこと・お世話になってる先輩に渡したいちょっとしたもの探し・ハタヨガのクラスに出る・来月うける試験の勉強お世話になってる先輩は、ちょく [続きを読む]
  • アラサー夫婦ふたり暮らしが住むところ
  • たまたま会社の人と住宅購入の話をすることがあって、それからというもの、暇なときにネットでいろいろ見てしまう。市場的にも、我が家の状況としても、今は買う時じゃ無いなーと思ってはいるけど。不動産のサイトっておもしろい…よい暇つぶし…自分の実家時代や旦那の独身時代もいれれば、私たちは首都圏の1都3県で計7ヶ所の街に住んだことがある。結局、いま住んでるのは都心だ。家賃は高いし、部屋は狭いけど、通勤がラク!ど [続きを読む]
  • 流産・死産を経験して…お願いしたいこと
  • 流産と死産を経験して。それぞれのときの主治医や助産師さんには良くしてもらったし、感謝の気持ちしかない。ただ、医療関係者全体にお願いしてみたいことが3つある。まず、20代前後の女性には血液検査を推奨して欲しい。血液検査では、エストロゲン、黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモン、プロラクチン、甲状腺ホルモンの各項目、抗ミューラリアンホルモン、凝固系の各項目、抗体系の各項目を調べて欲しい。子供を持つつもりがあ [続きを読む]
  • 医療費控除のための確定申告
  • 去年は、甲状腺クリニックの他に不妊検査のために婦人科にもかかったので、医療費が膨らんだ。会社員なので、普通なら無縁の確定申告。年間の医療費が16万円ほどになったので、医療費控除のための確定申告デビュー。一応領収書はファイルにガサッと入れてあったけど、順番めちゃくちゃ。広げてどんどん仕分けして、病院毎にクリップで留めていく。支払った金額は、病院もしくは薬局毎にエクセルで集計する。それぞれの交通費も集計 [続きを読む]
  • 私にとっての生きること
  • 2017年がより良い年になりますように。私にとっての今年のキーワードは、「自然体」かなと思う。気負わず、考え過ぎず。樹を死産してから、生きていくことについて普段からよく考える。生きてる意味。子供をつくろうと思ってから立て続けに流産と死産をしているので、「私には子供を持たない人生が用意されてるのでは?」と思ったこともあった。それなら、私は残り50年くらい何をするのかな と。仕事に生きて、なにか大きなことを [続きを読む]
  • 今年最後の神社通い
  • 会社帰りに寄り道して、おそらく今年最後になるだろうお参りに行った。心が落ち着かないとき、よくここに来る。境内をぐるっと回って、手を合わせて挨拶だけする。昔はあれこれ自分のお願い事をしたけど、今は何にも言うことがない。しいて挙げれば、「私が死ぬまでの間、樹がさみしくないように、退屈しないようにしてあげてください」と言うくらい。心を鎮める方法は人によって違う。私はこの神社のおかげで、いま静かに暮らせて [続きを読む]
  • いいひとぶって自爆する
  • 「いいひと」ぶるとはまたちょっと違う気もするけど…スイッチON/OFFが、我ながらはっきりしている。会社でのONの反動で、それ以外でのOFFが本当に完全OFF。うちの部署には育児中のため時短勤務してる一般職が2人いるけど、そのうちの1人の仕事のやり方などで部内でクレームが出ている。面倒くさい業務はやらず、やりたい業務しかやらない とか。他の一般職がどんなに忙しくても、自分の持分(と彼女が判断してる分)以外の手伝い [続きを読む]
  • またひとつ歳をとった…30代の人生設計
  • クリスマスが誕生日だ。子供の頃からケーキはクリスマスケーキと合同、プレゼントもクリスマスプレゼントと一緒。これクリスマス誕生日あるある。ブログ上で自分のことをアラサーアラサーと言っているが、四捨五入でアラサーを名乗れる時間も残り短くなった。アラフォー…感慨もひとしおである。私はどんな「アラフォー」になるのだろう。去年あたりから、人生設計はできなくなった。これまで、比較的想像通りに生きてきた。自分が [続きを読む]
  • アラサー夫婦の年賀状
  • 年賀状をギリギリセーフで投函した。おそらく、ちゃんと元旦に届くでしょう。年賀状の準備が好きだ。普段クリエイティブとはかけ離れた仕事をしているが、このときばかりは広報勤務とかデザイナーの気分で、どういうイメージにするか考える。昔から、美術とか好きだった。こういう時間は大好きだ。でも、準備する作業は大好きだけど、出すのはそんなに好きじゃない。我が家の年賀状は、他の人にどんな風に見えるんだろうと考えてし [続きを読む]
  • 芸能人の妊娠出産話に思うこと
  • 夫婦揃って体調が優れず、まったり過ごしてる連休だ。暇にまかせてネットニュースに目を通す。芸能人の妊娠出産ニュース、ほんと多い。本人達の本意でなく妊娠初期に公表されてしまったなんてのもあったけど…無事に産まれて何より。そのことのありがたさ、難しさをよく知ってるつもりだからこそ、「無事で何より」と思う。ところで、妊娠報告のスタンダードっていつなんだろう。うちの職場のスタンダードは、10週あたりで直属の上 [続きを読む]
  • 忘年会帰りにふと考える
  • 今日は職場の忘年会だった。もう2016年も終わりだ。早いなあ。去年の忘年会ももちろん参加したけど、内心「別に忘年したくもないしなー」「この人たち何がそんなに楽しいのかなー」と冷めた目で見ていた。産休明けが9月末だったので、職場復帰から3ヶ月経った頃だ。身体の具合が悪いわけではないし、フツーに毎日会社に行ってフツーに仕事できてるから、フツーに忘年会に参加したのだけど…心の底でくつくつしてる気持ちが出てきて [続きを読む]
  • 変わる死生観とお地蔵さん
  • 私は信心深くないし、死生観もかなりドライな方だった。死んだらおしまい生まれ変わりなんてないお墓もただお骨がある場所と、思っていた。でも、樹を人工死産で亡くし、変わった。樹がお骨となって手元に戻ってきて、離れたくないと思った。退院後は実家でゆっくりするよう言われていたけど、そうすることができなかった。頭では、「これはお骨が入った骨壷であって、ここに樹がいるわけじゃない」とわかっているのに、家の中で持 [続きを読む]
  • 月に1度のフェイシャルエステ
  • 少し前から、フェイシャルに月1のペースで通っている。今日も行ってきた。もともと美容系には興味もないし、疎かった。でも、死産からしばらく経ち、自分の顔を鏡でよく見たときや、撮られた写真を見たときに、自分のあまりの変わりように驚いた。すごく、くたびれている。死産直後の毎日毎日泣いていた頃ならともかく、ある程度落ち着いたのに表情がぼんやりして、目が死んでいる。死産後に髪がけっこう抜けたのだが、そのまま、 [続きを読む]
  • 悪い人
  • 妊娠や出産には、絶対がないということを知っている。わからない部分が多いせいか、ちまたにはいろんなアドバイスがあふれている。これを食べるといい、飲み物はこれがいい、これをしてはいけないあれをするといい、、、一昨年の稽留流産のあと、身体を整えるのに良いかと思い、ハリに通った時期があった。女の人向けの治療で定評がある所だった。5回くらい通ったが、引越すことになりそのままになった。今思うと、あの先生は少し [続きを読む]
  • 葬式にいくカタツムリのうた
  • 私のSafariのお気に入りには、ある詩の翻訳ページが登録してある。死産直後に天使ママが紹介していたものだ。葬式にいくカタツムリのうたhttp://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-382.htmlカタツムリの歩みはとても遅いので、秋に死んだ葉っぱのお葬式に行くつもりが、着いた頃はもう春になっている。葉っぱはもう生まれ変わり、草木が唄い、お日様も輝く季節になっている。誘われるままに楽しく過ごして、カタツムリはしあわ [続きを読む]
  • 私のこと② 死産から1年〜1年5ヶ月現在
  • 次の妊娠に向けて見切り発車して3ヶ月、一向にその気配がない。おかしいな、という気持ちがわいてきた。人工死産のあと、生理はそれなりの周期で毎月来ていたけど、量が明らかに減っていた。3日目にはおりもの用ライナーで済むくらい。おかしい。稽留流産と人工死産を経験し、その間に年齢も重ねたのだから、何かホルモン分泌に問題が出てきたのでは…そういえば人工死産のあと胎盤が残ってしまったから、取り出す処置や収縮剤を追 [続きを読む]
  • 私のこと① 死産から1年
  • 死産した人が、次の妊娠を意識するのは大体どれくらいなんだろう。私は、退院後からすぐ意識していた。でもそれは1年近く経つまで、前向きなものではなかった。妊娠するのが怖いもう妊娠したくないまず、疲れ果てていた。異常が見つかって人工死産の決断まで2ヶ月の時間があったことは、(変な言い方だが)心の準備の時間となった。その一方で、あまりにもいろいろなことを考えすぎて精神的に壊れていくのに十分でもあった。また、 [続きを読む]
  • 私がアメブロをやめたわけ
  • 天使ママという言葉、とくにネット上などではよく見かける。私が人工死産という形で妊娠生活を終わりにしたのは2015年7月8週の産休の後、職場復帰した。すり減っていく神経、どんどん不安定になる気持ち…家族でさえ、もう何もなかったかのようだった。私が樹のことや、病院のことを話題に出しても、さっさと話を終わらせようとするか、「まあまぁ。」みたいになだめられる。話したい私の中で何も終わってないのに退院時にもらった [続きを読む]