leeloux さん プロフィール

  •  
leelouxさん: pluviôse 「仏蘭西 猫と食卓と」
ハンドル名leeloux さん
ブログタイトルpluviôse 「仏蘭西 猫と食卓と」
ブログURLhttp://ameblo.jp/berrichonne/
サイト紹介文ロワール地方の四季折々、ひたすら喰い意地の張った日常と猫との徒然
自由文フランスの食生活、郷土料理や海外の素材で作る和食の実験備忘録を織り交ぜた異国の日常で感じたひとりごとあれこれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 103日(平均3.0回/週) - 参加 2016/12/12 05:49

leeloux さんのブログ記事

  • 春場所巡業終了
  • ちょっとご無沙汰しておりました。 春場所的な遠征がやっと終了。いつもならこの流れでジャポンに里帰りというパターンなんですけど オットが多忙を極めるシーズンに帰国するのも落ち着かないし地元の春をゆっくり満喫したい気持ちが強くなったのでこの時期は帰国せずよ。 巡業中に、季節は春(暦の上でも、と言う意味)になっとりました。今年のドイツ場所はいつもより温かく感じましたよ。一日中立 [続きを読む]
  • 桃始めて笑う 黄水仙招き猫
  • 七十二候では、桃のつぼみがほころび花が咲き始める頃らしいがこちらはぼちぼちと杏子(梅に似とる)やアーモンド(桜に似とる)なんかと一緒につぼみが膨らみ始めとります。まだ笑わぬ(咲かぬと言う意味)けどね 毎年恒例の、黄水仙がちびっ子たちから届きました。→ 春生 再び これがワタクシにとっての春を告げる合図、のようなものになっております。いくつまで、彼女はこの黄水仙を握りしめて玄関の前に [続きを読む]
  • 諸行無常
  • ぼちぼちと、春の香りが感じられるようになって来ました。暦の上では、仏国はまだ春ではござーせんが レンギョウの花が開花し始め水仙の花がボチボチと見受けられるすなわち仏国の春を告げる黄色い花たちが活動を始めたと言う知らせざますよ。 これを春が来たと言わずして何とや。とニッポンジンは思ってしまいますやんかいさ。 黄色ほど、活動的な色はないんちゃうやろか。赤色も確かにでも、田舎の大自 [続きを読む]
  • 絶好調 なのか
  • 週明けまで大荒れの天気が続いておりましたが本日はやっとお日さんが拝めました。が明日はまた天気が崩れるとかどさ回り巡業とお天気の狭間に買い出しダッシュで仕込み補充に勤しんでおりやす。 さて、のっけから肉肉しくて御免なすって。厨房番長のマダム・ウジェニー(仮称)、絶好調のようです。肉の塊をまとめ買いして、それぞれ仕分けに入るんですけど挽肉はいつもまとめて仕込んで冷凍に。 そ [続きを読む]
  • 巡業中
  • 春の巡業始めました。今週はカヌレのふるさとで出稽古中来週まで、ブログ訪問がままなりませんがちょいちょい足跡だけでも隙を見てつけさせていただきますね。何方様も楽しいひな祭りを! [続きを読む]
  • salon de l'agriculture 2017 パリ農業博
  • 3月に入った事を午後も過ぎてから気付きました。 週明けから天候は荒れ荒れでございます。そんな中、早速ですが所用で毎年恒例のパリ農業博に行って参りました。 今年も、仏国製の野菜や果物で作られたエッフェル塔が健在でござんしたよ。 この日はパリに着く頃にはお天気は大荒れそして市内は毎度お馴染み大渋滞 予定時間から大幅に遅れて到着時間が読めないイライラマックスのオットをなだめる [続きを読む]
  • きみおもふよる
  • 冷え込みは強かったものの、本日も晴天でござんした。 本日もいつものように、うずらに水仕事のジャマされながらキャッキャしていた時に携帯にメッセージが入りましたんです。 うずらの同期の兄弟が、今朝突然死してしまいました。 と。 ご覧の通りこのニャンコ様は、うずらによく似ていてうずらの背中のまんまるな模様が無いバージョンで、頭部としっぽに模様のあるお顔はうずらよりも器 [続きを読む]
  • フランス家庭の常備薬 風邪っぴき編
  • ひっさびさの快晴です。壁に当たる太陽の光がまるで欧州の夏みたいやわーって、ここ欧州やんかと一人ボケツッコミをしてしまうほど、久々の力強さのあるザ・太陽光という感じでござーます。 寒い間にも、こうして美しい畑仕事は続けられておりこれから芽吹く葡萄樹の手入れもバッチリざます。 見習って自分ちの植物たちももうちょっと丁寧に手入れせんとあかんわ。 春の足音が近付いて来 [続きを読む]
  • 土脈潤い起こる
  • 春が近付いて来たなあと思わせる一枚が撮れました。 本日は強風が吹き荒れております。でも、真冬のような痛い寒さではなくなりましたよ油断は大敵ですけど。 春を呼ぶ雨水(うすい)が大地を潤わせて、着々と樹々は冬眠から目覚めて活動を緩やかに開始いているのを感じ取れますねん。カレンダーや時計で自分の季節の立ち位置を確認する人間とは違って植物は絶対的な自分軸で季節を感知して動 [続きを読む]
  • 閑話休題 食いしん坊バンザイ
  • パッとしないお天気が続く今週ざますが、風が切れる様な冷たさから、少しずつですが和らいで行くのを実感出来るようになって参りました。 言うてももう2月も思いっきり後半に入りましたからね。明日にもミニチュアお雛様でも飾るとしよう。 うちの招き猫たちも並んで窓の外を眺めては小鳥の歌声にソワソワしております。うずらさんが、心無しか非常にふくよかに見えますが首をきゅっとすぼめ [続きを読む]
  • 全ての揚げ物好きに捧ぐ 〜chou de Bruxelles編〜
  • このところ、あちらこちらの皆様のブログでは春めいた雰囲気なお写真やら食卓やら文章など、季節が確実に変わって行っている事を感じさせてもらっとります。我が地元は、まだまだ寒うござんすがそれでもぼちぼちメルルの歌声が聞こえ始め、うちの周りの木を往来する様子にお猫たちがソワソワし始めております。(お猫たちが来る前は、我が家のテラスはメルルの遊び場だったのですよ) 水玉(の色合いがうずら卵の [続きを読む]
  • gougères ワインのお供グジェール
  • 仏国東部はブルゴーニュ名物のワインのお供グジェール。 をアップしようと思ったら不具合発生でコメントのお返事も出来なくなっとりました。繋がる間にとっととアップしておきまっさ。 もちろん近隣地域でもワインのお供として登場する機会が多ござんすがブルゴーニュ圏でワインが出て来る地域はもう必須で登場します。 ワインと共に止まらないウマさ、のアテざます。 ご存じない方 [続きを読む]
  • ツマとオットの衝動買い
  • ご無沙汰しております。 上半期の「どさ回り」シーズンスタートですが、今年は元気ハツラツです。ちょっと一息なこの週末は、おネコ様のご機嫌取りと厨房お道具のパワーアップに勤しんでおりましたざんす。 ごはん先生、安定のもふもふ存在感。(親バカ)最近友人からプレゼントして頂いたおネコ様用のポインターが大好物過ぎてそれで家中を走り回っているうちに、心無しかぷよぷよがマシにな [続きを読む]
  • 爆速クッキング
  • パッとしないお天気が続きますがおネコ様ズは相変わらず愉快ざんす。 二匹のキャラがよく出ている一枚が撮れました。うずらはん箱に夢中で、ごはんさんウルサいわのイカ耳。 遠征予定だったのですが、ちょっと体調不良気味なのでワタクシだけ自宅待機。2月のこの時期は突然の大不調に見舞われるパターンなので大事を取ってお一人様満喫中ですがな。んでこの映像で朝から大爆笑させて頂きまし [続きを読む]
  • 魔滅 節分 恵方巻
  • 当方一日遅れの更新ですが、昨夜はジャポンでも海外でも色んな方々が節分にちなんだ食卓ブログをアップされていてごちそうさまでした。 それにしても、いつから全国区(海外組を入れたら世界規模やんね)の節分=恵方巻きを喰らわねば!になったんやろう。ワタクシの小さい頃は、恵方巻き発祥地域に生息していたにもかかわらずそんな大騒ぎしていた記憶がおません。極フツーに恵方巻きを「無言」で食べていたからだろうか?& [続きを読む]
  • オマージュ なんちゃって明太子ペースト
  • お朔日の仕込みをしてから、買い出しに行くときは晴天だったのにあっという間に雲が出て来て鉛色。まるで3月みたいな天気の2月の始まりざました。 買い出しではベルガモットレモンを追加購入する予定だったんですけどそのビオコープで、たまたま何気にアマランサスを発見。前々から、これでなんちゃって「たらこ(あるいは明太子)」が作れるらしいと聞いていたので実験してみたかったんですけど、なんやかん [続きを読む]
  • マダム・ウジェニーの試運転 そのいち
  • 取説で知恵熱が出そうな勢いの新入りさんと格闘中です。寒さが落ち着いているとは言えども絶賛引き籠もりデーには持ってコイでござんす。 空き箱がいっぱいで嬉しそうな方がおられますね。朝から大興奮であっちの箱、こっちの箱に。片付かへんがな。まあ、期待通りの行動やしカワイイから許す、親バカざます。 先日ご紹介させて頂いたこの家電は一体何者なのかご質問頂いたので説明しようジャポンや北米で [続きを読む]
  • 柑橘シーズンと新しい厨房スタッフ
  • やっと、最低気温も氷点下ではなくなりました。2月も油断はならぬ、ではあるもののこんなシバレル1月は久しぶりのような気がせんでもありませんので、マイナス10度をウロウロする毎日から突然8度とかになると、もう春になったんちゃうやろか?と大きな勘違いしそうな勢いですやんか。冷蔵庫の方が外気より温かいかどうかが寒さのチェックポイント。厳冬期の北海道へ液体系の宅急便を送る際はクール便指定が必須と聞いた事が [続きを読む]
  • banc d'essai ケチャップ編
  • いつも読んでいる(見てるだけ)の仏国の専門雑誌で調味料や食品の味比べ対決、みたいなシリーズがあるんですよ。 これが、まあまあ面白くてオサレ系の料理雑誌にありがちな、新商品とか注目の調味料とか特別感にあふれた商品ではなく、いわゆるどこの地域のスーパーでも手に入れられるブランドの商品対決をさせているんざますね。 それで、積ん読でたまってしまったバックナンバーを(しばらくゆっくり読む暇がなかっ [続きを読む]
  • 聖*ヴァンサンのご加護だったりしてね
  • ようやく、落ち着いて来ましたよ。地元の祝祭月間。 ノエル時期のような食傷感はまったくありませんがもうお腹いっぱいです。そして、気合いの入った寒さが続いておりんす。最高気温は1度(最低気温は書くと寒くなるからやめとくわ) 教会で祝福を受けた白ワイン。産地に関わらず、ミサのワインは白と決まっとります。確か起源はブルゴーニュ地方で大司教様がそう決めたからだったと聞き及びますけ [続きを読む]
  • 越冬と親知らず抜歯の経過
  • 本格的な厳冬でございます。 このところ、最低気温はマイナス8〜マイナス10度で、日中の最高気温も午後の2時間程が2〜3度になるだけでちょっと温かくなりそう?と思う頃は日没で瞬く間に氷点下に覆われる日々。 唯一の救いは太陽が出ていると言う事だけやろうか。それが一番重要やねんけど。お陰で、どんなに寒くても車で買い出しに行けることが何より日常生活でワタクシにとっては気晴らしでもあるざますよ。&nb [続きを読む]
  • 真冬の太陽
  • 先週の大きな嵐が来た後に本格的な冬の女王が到来中週末はミゾレ模様から深々と牡丹雪が振って参りましたよ。 そして、今年も葡萄畑とワイン農家の守護聖人の祝祭の儀式が始まります。去年も雪が降った時期ざんした。 → la fête des vignerons それはもう、寒い時期の祝祭ざんす。寒くて、夜の長い時期だからこそこういう祝祭で気持ちを盛り上げて行くのは良いことなんだと思うざます。今週からは [続きを読む]
  • どら焼き花へんろ
  • テレビでジャポンの映画「あん」(仏題 Les délices de Tokyo 意訳すると東京名菓的な、あるいはお江戸の美味しいもんと言う感じ)が放送されていたのでオットと一緒に観たんですよ。 仏国でもそこそこ評判が宜しかったようで方々からこの映画の話を聞かされていたにもかかわらず映画館に行くこともなく、DVDの発売(仏国版ね)を待っとったんですけど待っている間になんやかんやで忘れてたわ。 ワタクシの映 [続きを読む]
  • steak haché 仏版オトナのハンバーグ
  • ジャポンでは七草粥の時分でしたが十分な寝正月のお陰で、胃袋復活。 この週末は、肉気分。でも、日本人も大好きな洋食ビストロスタイルがよろしいわって事で、仏国版の肉肉しいハンバーグを作ってみたんですよ。 ふとこういうの、アップして無い事に気付いたので早速ブログネタにしてみる事にしましたねん。 日本のジューシーなハンバーグも好きですけどこういう、何のつなぎも入れず、 [続きを読む]
  • 小寒 銀世界の桃源郷
  • 相も変わらず、氷点下の日々ですが隙間雨で樹氷も元の姿に戻ってしまわれました。 でも、せっかくなんでまだアップしていなかった幻想ワールドの写真をあげとこう。 冬将軍と言う言葉より銀世界の女王到来という言葉の方がふさわしいね。 春はまだまだ先の話ですけど(暦では冬至の日を境に仏国ではやっと正式な冬に突入)景色だけ見ていると真っ白く凍った霧の花が咲き誇る桃源郷の如く、スン [続きを読む]