貴泉堂 さん プロフィール

  •  
貴泉堂さん: 貴泉堂〜中国茶と中国茶器〜
ハンドル名貴泉堂 さん
ブログタイトル貴泉堂〜中国茶と中国茶器〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/kisen-dou/
サイト紹介文中国青島在住。高級茶芸師&評茶員 吉貴泉の中国茶や中国茶器ブログ。茶会やイベントも行なっています。
自由文中国茶や茶器の楽しさをより多くの方にお届けしたくて茶会イベントやブログ更新を行っています。お茶に馴染みのない方にも楽しんでいただけるような情報をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 197日(平均6.4回/週) - 参加 2016/12/12 15:39

貴泉堂 さんのブログ記事

  • 〜金駿眉と雲南野生紅茶〜
  • 今朝のお茶は福建省の紅茶、金駿眉です。(光の加減でずいぶんオレンジがかってますがもっと黄色です)金豪の豊かな芽のまろっとした甘さ。ただ今朝は温度を下げすぎました。こちらもまずまず美味しいけれど、初めて飲んだ金駿眉には及ばない。記憶の中の美味しさを越えるものにまた出会えたら、いいなと思います。一回一回が勉強になるお茶時間。今夜は、痛恨のミスをしてしまいました(;O;)雲南省西双版納の野生紅茶。茶博で中式衣 [続きを読む]
  • 〜?山ラオシャン紅茶〜
  • 今朝のお茶は山東省の?山(ラオシャン)紅茶。ここ青島にあるラオシャンは中国大陸の茶葉産地の北限で特産は緑茶と紅茶です。海に隣接する山、濃い霧、美味しい水。長い冬の間にゆっくりと成分を蓄えた茶葉には、しっかりとした味わいがあり、なんだかんだ飲んでも一番好きな緑茶紅茶かもしれません。ラオシャンの水で淹れるとより美味しいのでしょうね。完熟ライチにもよく合いました。パンチのある深い味わい、濃い甘さが特徴で [続きを読む]
  • 〜小青柑野生紅茶〜
  • こちらは昨日の黒茶レッスン2日目の生徒さんのお手前時のお写真です。小青柑熟プーアル茶の洗茶時に、蜜柑の皮の油分でぷっく〜と泡が!「は、鼻ちょうちん!」と興奮し、ちょっと待ってくださいと写真を撮らせていただいちゃいました。碧泉流のブログにも恒例のレッスン記録をしなきゃなんですがそちらはまた落ち着いて後ほど(ゾウ老師も見てくださっているし、こちらほど気軽にダラダラ書けないのでどんどん遅れています…(^o^ [続きを読む]
  • 茶友さんとお茶屋さんへ
  • 今朝は湖北省の蒸青緑茶"恩施玉露"。たまには蓋碗で、と淹れてみたらやっぱり具合が異なりました。定点観測のごとく同じ茶器で日々飲み比べる方が、本当は葉の量・湯の温度・蒸らし時間…など細やかな違いがわかるんでしょうね。今日は茶葉が多くやや濃いめにはいって、少し日本茶に近い渋みも感じられる。淡く華やかな炒青緑茶に親しんでいる娘、「今日のなんかにがいで(ボキャブラリー少ない小3)」。正解やけど、こちらは「味 [続きを読む]
  • 今週の貴泉堂
  • 今日は、半月以上ぶりにやっと開催できた家庭文庫と中国茶体験の貴泉堂の日です?青島はあまり梅雨らしい雨は無いけれど、今朝はすごくじっとりとした朝。 ・水出し凍頂烏龍・漳平水仙・安渓鉄観音あたりの体を温めない軽発酵烏龍茶をお淹れしようと思ってそれに合う涼やかなお茶席を、とご用意しましたが、さすが鉄観音は飲んだことがあるという方が結構いらっしゃったし、風が意外にも涼しかったので、鉄観音ではなく清香大紅袍 [続きを読む]
  • 〜鉄羅漢・水金亀〜
  • 昨夜のお茶。2010鉄羅漢・2012水金亀同じ岩茶だけど飲み比べることでそれぞれの個性を浮き彫りにして記憶に刻み込む。この茶葉に適した蒸らし時間の違いもわかりやすい。少量しか買わないからやっぱりもったいなくて、審評杯は使わずミニ蓋碗で。三煎目でわりとふらふらです。余韻の長さは同時では比べられないけど、総合的にはこの鉄羅漢のがいい。香りが濃く重厚感があります。水金亀は、それよりも軽やかな爽やかな甘い香りでし [続きを読む]
  • 日々のお茶記録
  • こちら昨日のお茶。我らが山東省のラオシャン緑茶は味わい深いので、冷やしてもしっかりしています。朝淹れたものの残りを冷蔵庫で冷やしました。汗を流して帰宅してから飲む冷茶はきゅんと体を冷やしてくれて美味しい。そしてこちらは新入りの紫砂壷。新しく我が家に来た茶器は、すぐ使ったり眺めたり。美しいかたち。滑らかな肌触り。この小さな壷は、もしも割れてしまっても絶対に金継ぎして一生使おうと思います。さぁ、今日は [続きを読む]
  • 蓮の茶席
  • こちらは火曜日の現実逃避、茶席遊びの様子です。午後からの語学の宿題をしなきゃならないけど。"今やらんでいいことをしてまう"のは、学生時代テスト勉強前にデスクの大整理してしまう(ひどければ模様替え)、のと一緒ですね。今週来週は黒茶のレッスンなので、蓮の花をイメージしたお席をふたパターンを考えてみました。咲きほころぶ蓮と朽ちた蓮。今日のレッスン記録は碧泉流事務局ブログにまた記します。生茶、塾茶、再加工茶 [続きを読む]
  • 蒙頂石花を飲みながら
  • 今朝のお茶は、個性的なべっぴんさん"蒙頂石花"。四川省の緑茶です。「最近かわったお茶ばかりやなぁ」と、下の娘。あなたの「普通」は青島特産のラオシャン緑茶なんやね。今までで一番長く住んだ街。青島が故郷になるんだろうな、としみじみ思いながら朝のお茶を淹れました。 このお茶は、葉が多すぎたり温度が高いと失敗しやすいけど、低温で淹れたシャープなフレッシュさは他にない感覚です。春のお山を駆ける風!を感じるよう [続きを読む]
  • 〜恩施玉露〜
  • 湖北省の蒸青緑茶"恩施玉露"。まっすぐに撚られた針のような松葉のような綺麗な茶葉。茶葉内の酵素による発酵を蒸して停める殺青法は日本の緑茶と同じです。昔々の中国ではこちらの製法が主流で、その頃日本に製茶技術などが伝わって…という歴史を感じる特別なお茶。低温で淹れました。三煎目だから薄いですが、白豪の漂う綺麗な黄緑色でした。茶はとろりとまるい舌触り、深みのある味わいです。冷めてしまってからも美味しい!美 [続きを読む]
  • 春の茶博にてvol.3
  • 茶博2日目の昨日。行き帰りも入れて3時間限定、子どもを夫に預け独り早足で回り、茶葉だけの予定がやっぱり出会ってしまったから色々と…。でも今日も大満足なお買い物ができました(お茶は★印を入手)今回初出店だという各地からいらしたお茶屋さんも多く青島では手に入れられないお茶を両日たくさん試飲することができ、幸せなひと時。特に福建省武夷山からのおじさんの岩茶への熱いお話もすごく勉強になり、レンゲに残る濃厚 [続きを読む]
  • 春の茶博にてvol.2
  • 茶博初日の茶器の戦利品は、紫砂壷、野点セット、干泡茶?、蝙蝠の茶針、竹のミニ茶席布です。 帰宅したらまずは飾る!買ってきた服を色々コーディネートして一人ファッションショーするのと一緒です。この時間が楽しいんですよね。 この旅行茶具は、下に茶器をいれ二段目が茶パン(こちらの中にも収納できます)、一番上はお盆になります。 昔ネットで見て欲しかったコウモリの茶針。コウモリは中国では縁起ものです。 青花の [続きを読む]
  • 春の茶博にてvol.1
  • 昨日、お茶を学ばれている方やご興味のある皆さんと一緒に春のお茶博に行ってきました!会場の雰囲気などは碧泉流事務局のブログでご覧ください。うれしくて無駄にテンションが上がらないよう気をつけつつ^ ^まずは皆さんとぐるり。私は、授業で使いたいお茶をメインに16種類のお茶を試飲させていただき★印を入手しました。〜湖北〜恩施玉露(全芽)(初の蒸青緑茶!)★恩施玉露(一芽一葉)★富晒黄金芽(黄茶)碧潭?雪(花茶 [続きを読む]
  • 〜水出し梨山茶〜
  • 今日は先日の炭酸水出し梨山茶のリベンジ!水出し梨山茶を作りました。7〜8gの茶葉を500mlのお水に入れ一晩。冷たいからするりと心地よい喉越し。ふわりとあと口が甘く香ります。ウェルカムティとして、今日のレッスン前に飲んでいただきました。ガラスの茶器はやっぱり涼やか?今日で蓋碗を使った烏龍茶の淹れ方のレッスンが終わりました。レッスンの様子は碧泉流ブログの方に記しました。引き続き黒茶、紅茶…六大茶と花茶を学ん [続きを読む]
  • 本日のお茶日誌
  • 朝のお茶は西湖龍井。こちらのガラス茶壷は実は蓋を割ってしまったものです。でも!若い芽の緑茶なら、高温になって蒸れてしまわぬよう蓋をせずに淹れるから、デイリー使いにまだまだ活躍してくれています。午後。持久走練習(青島では冬は大気汚染の問題があるから6月開催)で、ひーはー言って帰ってきた子らには、シュワシュワ&スナックやね。ということで午後はお茶は飲まずレモンスカッシュとレイズのポテチでおやつタイムとし [続きを読む]
  • 雨上がりの茶花
  • 雨の少ない青島ではめずらしい結構な風と雨降りの朝。子どもを送り出した後のお茶は福建省の老白茶です。とても甘い。雨の日にだけ出したくなる土佐和紙を茶席布にしてお茶を飲みながら、溜め込んでいた中国語の宿題を頑張りました。 雨の上がった夕方、お花屋さんに白い良い花無いわぁ、明後日のお茶席どうしようかなぁ、と思案しながらの帰り道で嬉しい落とし物がありました。マンションの散歩道で、雨に降られて落ちてしまった [続きを読む]
  • 聞香杯で楽しむ烏龍茶
  • こちらは、昨夜のお茶。広東省の鳳凰単?蘭花香です。聞香杯でいただくのに一番好きなお茶はダンツォンです。私の中の妄想劇場では、清香鉄観音は女ウーロン代表。艶やかで誰もが認めるすごい美人さん。対局にあるのが武夷肉桂で男ウーロン代表、いぶし銀のダンディなおじさま。このダンツォンは、自分を飾り立てたりしないクールな女性。なんだけど、内面から醸し出される洗練された大人の女性らしさは隠せてませんよ、というよう [続きを読む]
  • 昨日のお茶は
  • 朝寝坊の週末は簡単にパンで朝ごはん。昨日の朝はスリランカの紅茶を淹れました。また絶対に行きたいヴィラのあるスリランカ。マングローブの木々の下にもぐりこんで、ゆらゆら漂っていたいなぁ。暑くなるほど懐かしく思います。お昼には水出し梨山茶(炭酸水出しの後の茶葉に水を注いで一日冷やしました)。二番出し(?お出汁でいうところの…)だから薄めだけどやっぱり美味しいです!葱油餅や炒菜といったお昼の中華お惣菜にぴ [続きを読む]
  • 冷泡〜梨山茶〜
  • 朝の早い中国。昨日は子どもを送り出した足で買い物に行ってきました。ラオシャンの炭酸水と桃などなど。夏ですね。このシーズンに入り、色々な方のSNSで知った炭酸水出しの中国茶。やってみよう!ということで、梨山茶の炭酸水出しに挑戦してみました。 せっかくあるしシャンパンなどの空気を抜くバキュバンを使って閉じようとしたらサイズが合わなかったみたいで、噴射してしまいましたが…。?山?打水での冷泡梨山茶できあが [続きを読む]
  • 〜白豪銀針と安渓鉄観音〜
  • 昨日のお茶記録。朝ごはんはラオシャン緑茶でしたが、こちらは朝のお出かけ前の一杯。福建省の白茶、白豪銀針です。独りのお茶時間はいつも本を見ながら。それぞれのお茶の一番美味しいところを探る楽しい時間です。葉が少し入ったこちらの銀針は去年のもの。葉が入っても銀針て言えるんですね。詳しく聞けばよかったな。大会にも出た茶葉だそうで、味わいが深い。夜のお茶は福建省の烏龍茶"安渓鉄観音"。 実は、鉄観音は炭焙鉄観 [続きを読む]
  • 〜凍頂烏龍〜
  • 昨夜のお茶は台湾の凍頂烏龍。聞香杯を返す所作が大好きです。私たちが学ぶ碧泉流の所作は大袈裟に飾り立てるような所作はありません。茶を淹れる動作以上でも以下でもない。その分細部に宿る美しさを追求するのは、ある意味難しいのですが。この聞香杯を返す老師の所作にうっとりしたことが懐かしいです。中国大陸だけでも、飲んでみたいお茶は山とあります。一つのお茶だって一回飲んだらわかる、ようなものでは全くなくて、どの [続きを読む]
  • 昨日は端午節
  • 端午節の昨日の朝は、西湖龍井で粽子と茶卵を。本当は、チャーシューなんかのこっくりしたお味には絶対に焙煎の効いた肉桂が合うなと思いつつ、我が家の朝は緑茶が定番なので、そちらを淹れました。百度(中国の検索サイト)とクックパッドとにらめっこで、かつ無い材料も多いから結果適当になるのですが、イメージするお味に仕上がっていて、よかったです。朝晩(夜は肉桂!やっぱり相性最高でした)ともりもり食べました。昼は台 [続きを読む]
  • 端午節前の仕込みは
  • 昨夜のブログをアップし損ねていました。↓こちらは昨夜のお茶、白芽奇蘭。この茶葉で茶卵にリベンジしました。今回はかなり煮汁が煮詰まりいい塩気になりました。あと半日漬け込んだらさらによかったかなという感じですが、待ちきれず朝ごはんになりました。今日は端午節でした。昨夜は子どもと粽を巻き巻き。"粽子"ゾンズ用の粽葉を処理して、青島ビール飲みながら^ ^自分好みな味付けのチャーシューを。段取り悪いから夜になっ [続きを読む]
  • 小吃×生普洱茶
  • 面倒な日のお昼ご飯には、買ってきたB級グルメ"小吃"が定番です。中華料理は自炊するより油が断然多いから、よく生普洱茶を合わせます。まだ発酵が浅いこちらの生普はキリリとしていて油をさっぱりさせてくれました。味わいが経年でどんどん変化していく生プーアル。たまに飲んで熟成の具合を伺うのが楽しみのひとつでもあります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 〜蒙?石花〜
  • 昨日の夕暮れ時のお茶は、四川省の緑茶"蒙?石花"でした。日本から持ってきて、どんどん割ってしまって最後の一個だったから棚の奥深くにしまいこまれていたカイフランクのミニタンブラー。厚みがあるから手に持っても熱くないし、小ぶりで気軽に緑茶を淹れるのにちょうどいい?茶葉を少なめにし、かなり低温で淹れてみたら、とても美味しくはいりました。淡い味わいの中にも旨味とシャープな春の息吹を感じます。お茶は、とにかく [続きを読む]