クロエサト さん プロフィール

  •  
クロエサトさん: 簡素に暮らす 時々 肺がん
ハンドル名クロエサト さん
ブログタイトル簡素に暮らす 時々 肺がん
ブログURLhttp://kuroe-sato.com
サイト紹介文名古屋の50代シングル。2015年夏、肺腺がん1Bの宣告。放射線治療を受け、現在、経過観察中です。
自由文名古屋で暮らす50代シングルです。
2015年夏、肺腺がんステージ1の宣告。
放射線治療を受け、現在、経過観察中。
がんのこと、節約生活のことを綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供225回 / 198日(平均8.0回/週) - 参加 2016/12/12 21:40

クロエサト さんのブログ記事

  • 湿潤療法その後
  • 湿潤療法を始めて5日目。ラップと絆創膏(紙テープ)の両方にかぶれるようで、ずっと貼り続けていると、かゆくて仕方ありません。体質的なものか、季節的なものなのか(暑くて汗をかきやすい時期なので)。ほかの人はこんなことで困ったりしないんでしょうか。お風呂に入ったら、湿潤療法をしているところとは全然関係のないデコルテにバーッと湿疹が広がってびっくり(しばらくして消えた)。体って全部つながってるんだなーとし [続きを読む]
  • 目方とご飯 記録のみ 2017.06.26
  • 2017年6月26日(月曜)〇体重 49.8 〇BMI 18.9 〇体脂肪率 25.9■朝豆乳、野菜ジュース ■お昼うどん(乾麺80グラム。干しシイタケ、ワカメ、ネギ、天かす、ちくわ)、焼き野菜(ナス、ピーマン、シイタケ、厚揚げ。生姜醤油)、セロリの甘酢漬け(カニかまぼこ)※ショウガはいつも冷蔵庫に固まりを常備。食べる前にすり下ろしています。 ■お八つトウモロコシ1/2本 ■夕飯カレーライス(雑穀入りご飯100グラム。野菜カレ [続きを読む]
  • 2017年6月-1 肺がんの患者会-5
  • 先週、肺がんの患者会に参加した(名古屋市がん相談情報サロン「ピアネット」の患者会)。ピアネットは6月から上前津(名古屋市中区)へ移転。以前も交通の便はよかったが、今度の立地はもっといい。地下鉄のコンコースから地上までエレベーターで上がったところの真ん前のビル。名古屋の繁華街(大須商店街や栄など)にも近くて、患者会後に楽しみが加わった。また、臓器別の患者会はこれまで半年に1回だったが、今後は年4回に。 [続きを読む]
  • スパイスボトル
  • キノコやエビのアヒージョ(オイル煮)にはずっとクレイジーソルトを使ってきた。クレイジーソルトは紙製の円柱型の容器に入っていて、上部のフタを回して、穴から調味料を出す。でも口の部分にスパイスが付いたままになって、何だか不衛生。虫が寄ってきそう。何かいい容器がないかと半年ぐらい探し続け、ようやく見つけたのが写真左の詰め替え容器です。山崎実業のスパイスボトル。右上のヒマラヤ岩塩とブラックペッパーの容器と [続きを読む]
  • 自転車で転ぶ〜湿潤療法
  • 昨日、自転車で2度も転んでしまった。図書館で借りた本とスーパーで買った食材を一緒に前カゴに入れていたせいで、ハンドルを取られたせいだと思う。なぜ2回も転ぶ?最初は細い路地から大通りの歩道に出ようと角を曲がったとき、前から来た自転車を避けようとして転んだ。右腕のひじの下をしたたか打ったが、アームカバーをしていたおかげで軽傷ですんだ。近くにいた小さな男の子を2人連れた女性が「大丈夫ですか!」と駆け寄って [続きを読む]
  • 小林麻央さん死す
  • 昨夜、小林麻央さんが亡くなりました。たまにブログ「KOKORO.」をのぞいて、思うように治療の成果が出ず辛いだろうに、いつも笑顔ですごいなーと感心していたが、その姿、言葉をもう見ることはできない。小林麻央は明石家さんまが司会をしていた「恋のから騒ぎ」で見たのが最初。若い女性の計算高さ、ずるさをさんまが笑いとともに引き出す中、小林麻央は一人浮いていた。今どきこんな清純な女子大生がいるのか、演技ではないかと [続きを読む]
  • きしめん
  • お昼はうどんかラーメンを食べることが多いのですが、今日はきしめんにしてみました。きしめんは名古屋(広くは愛知県)の名物。いわゆる名古屋めしの一つで、熱田神宮や名古屋城でも食べられます。名古屋のスーパーでは乾麺のほか、茹で麺もうどんやそばと並んで売られている。私は麺のコシを楽しみたいので、麺類はもっぱら乾麺を茹でている。が、よく行くスーパーでは、きしめんは地元の食材なのにうどんに比べてなぜか高く、ち [続きを読む]
  • 藤井四段祝28連勝
  • 将棋の藤井聡太四段がついに公式戦最多連勝記録歴代タイの28連勝を達成。愛知県瀬戸市出身、名古屋大学付属中学校3年生ということで、名古屋ではひんぱんにテレビ、新聞に登場しております。鉄道ファンで学校の科目では数学と地理が得意と聞くと、将棋の手を考えるように、地図を見ながらどういうルートを選べば目的地に一番早く着くかを考えたりしているのかな、などと想像しています。瀬戸から名大へ通学というと、名鉄瀬戸線栄 [続きを読む]
  • ちりめん
  • ネットで購入したちりめんが届きました。以前は小女子と呼んでいたけど、紛らわしいので今後はちりめんと呼びます。1kgパックのものを3袋購入。春先からずーっとずーっと安くなるのを待っていたけど、いっこうに値段が下がらず、いい加減手を打つかと思っていたところ、楽天のセールで時間限定で半額になっているのを見つけて購入。安いのは、海でエビを食べていたのでお腹が赤いためだそうだ。エビを食べてたら、その分おいしそう [続きを読む]
  • 夏の手袋とアームカバー
  • 梅雨だというのに晴天続き。今日の名古屋の最高気温は34.0度ですって。こんな日に自転車に乗るとき、帽子と共に欠かせないのが、日焼け防止機能の付いた手袋やアームカバー。以前は日焼け止めこそ塗っていたけれど、直射日光に焼かれても大して気に留めていなかった(若さって無謀)。それが最近は日に当たると肌がヒリヒリする。これも老化現象の一つ?ということで、数年前から日焼け防止のための手袋やアームカバーを使うように [続きを読む]
  • プラシーボ
  • 3日前の深夜、テレビを付けると面白そうな番組をやっていた。NHK BS世界のドキュメンタリー「プラシーボ ニセ薬のホントの話」(イギリス BBC制作 2014年)(16日午前0時〜)。鎮痛剤だと言われてビタミン剤を飲んだのに痛みが治まった、などという話を聞く。薬効成分が入っていないのに、プラシーボ(偽薬)で症状が緩和されるのはなぜか。その仕組みを科学的に解き明かし、現在欧米で行われている研究を紹介していました。痛 [続きを読む]
  • アイロン掛け
  • 2週間前に紹介したリネンの生地を、ようやく縫いました。テーブルクロス1枚と掛け布団の衿カバー2枚。サイズに合わせて布を裁断して、三つ折りにするところをアイロン掛けして、ミシンで縫って。何が一番大変かって、アイロン掛け。テーブルの上にアイロン台を載せて生地に折り目を付けるのですが、ずっと中腰で前屈みになって力を込めているので、普段使わない筋肉が悲鳴を上げて、腰と肩、背中まで痛くなってくる。ちなみにアイ [続きを読む]
  • もし自分がA子さんだったら-2
  • 昨日の「もし自分がA子さんだったら」に、tontonさんがまた秀逸なコメントを寄せてくださったので、こちらで返事をします。(tontonさんのコメント)「B医師は婦人科医の前では『う〜ん』と、とぼけておいて、A子さんに放射線科に直接受診するようアドバイスすればよかったのに…」 これ、笑っちゃいました。でも、もしかしたら、こっそりとこういうことをしている放射線科医がいるのかも。他科に知られたら問題になるため外に出て [続きを読む]
  • もし自分がA子さんだったら
  • 昨日の「なぜ放射線治療が勧められないの?-4」にtontonさんからコメントをいただきました。子宮頸がんのA子さんは放射線治療を希望していたのに、病院内の診療科の力関係に巻き込まれ、婦人科医の「放射線治療の対象じゃないよな」の言葉に、放射線科のB医師は「はい」と返事。あきらめきれないA子さんは近藤誠医師を受診し、B医師へ紹介状を書いてもらって無事、放射線治療を受けた(近藤誠著「がん治療総決算」文春文庫)。この [続きを読む]
  • なぜ放射線治療が勧められないの?-4
  • 一昨日に続き、「なぜ放射線治療が勧められないの?」へいただいたtontonさんのコメントへの返事です。治療法の選択についてです。(以下、tontonさんのコメント)「ただし放射線治療のメリットは大きいと思うので、それぞれの治療法の長短は公平に説明してほしいですよね。とはいえ、患者に治療法を選択させることはいいことだと思うものの、あなたが選べ、と言われても正直難しいなぁ〜というのが本音です。」治療法の自己決定確 [続きを読む]
  • ニラ玉の雑炊
  • ニラと卵の雑炊。これを作るときは大抵、体がしんどいとき。今日はちょっと疲れが出たのか、胃がむかむかしてて、柔らかいものが食べたくなりました。基本的に昔から胃腸は丈夫で、病気でも食欲が落ちたことはないのだけど、やっぱりトシ? いやいや、50代だし、がんサバイバーなんだから、20代30代のつもりでいるほうが間違ってますね。20代のころ、会社の人たちと仕事帰りに食事に行ったとき、ちょっと変わったものを食べるたび [続きを読む]
  • なぜ放射線治療が勧められないの?-3
  • 昨日に続き、tontonさんのコメントへの返事です。近藤誠医師についてです。(以下、tontonさんのコメント)「著作本はタイトルなど、わざと断定的な表現を使っているのでしょうが、その表現方法に少々疑問もあります。断定的だと一種の洗脳効果があると思うので、逆に近藤医師の説以外を聞く耳持たなくなりそうで危険を感じるのです。」刺激的なタイトルが付けられるわけ確かに近藤医師の最近の著作は刺激的なタイトルが多いですよ [続きを読む]
  • なぜ放射線治療が勧められないの?-2
  • 「なぜ放射線治療が勧められないの?」へtontonさんからコメントをいただきました。(以下、tontonさんのコメント)「病院内の診療科の力関係?もしあるとしても、それは医師同士の政治的な力関係であって、患者の治療方法にまで影響するものなんでしょうか?」放射線治療を受けさせてもらえない影響すると思います。患者への影響が大きいからこそ問題だと思います。ただ、今ここで身近で具体的な例を思いつかないので、近藤誠医師 [続きを読む]
  • 肺がんの入門書-3
  • 2015年6月に肺がんの診断を受けてから2年。今さらですが、図書館で肺がんの入門書を借りてきました。なるべく最近発行された本を選んでいます。「最先端治療 肺がん」国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院呼吸器内科編著国がん中央病院 がん攻略シリーズ「最先端治療 肺がん」(法研)2016年1月初版3章から成っており、第1章「肺がんの基礎知識」、第2章「肺がんに対する最新・近未来の治療法」、第3章「肺がん治療を [続きを読む]
  • トウモロコシと「ガッテン」
  • 今年初めてトウモロコシを茹でました。ちょっと小さめ。旬になると、もっと大きなのが出回ると思います。同じくらいの大きさのを選んだのに、皮をむいたらどうしてか片方が小さい。兄弟だったら、どっちが大きい方を取るかできっと喧嘩になりますね。そういえば数年前、皮をむいたら真っ白な実が出てきたことがあった。動物と同じように植物にもアルビノというのがあるのかしらん。いやいや、これはピュアホワイトという高級品では [続きを読む]
  • なぜ放射線治療が勧められないの?
  • 「肺がんの入門書-1」と「2」にtontonさんからコメントをいただきました。tontonさんは東京在住の50代女性。2015年秋に肺腺がん1期で手術を受けられています。(以下、tontonさんのコメント)「手術を受けたくない患者がどのくらいいるか?の前に、手術以外の方法があること自体、クロエさんのブログを見るまで知りませんでした。」「(略)放射線療法はもっと知られてもいいはずですね。放射線の設備がないなら分かるけれど、「実 [続きを読む]
  • 梅雨と足のしびれ
  • 今日から東海地方も梅雨入り。午前中から雨です。昨日の夜から体が重かったので、気象病を自覚している自分としては、やっぱり来たかという感じ。しかししかし、以前にはなかったことが。それは足の裏のしびれ。先週(6月2日)、めまいが起きたころから、両足の裏がたまにジンジンとしびれるようになっていたが、今日は起きたときからずっとしびれっぱなし。指の付け根のふくらんだあたり。両手は一昨年の頭くらい(肺がんと診断さ [続きを読む]
  • 肺がんの入門書-2
  • 肺がんの診断を受けてから間もなく2年。今さらですが、肺がんの入門書を手に取ってみました。「名医が語る最新・最良の治療 肺がん」光冨徹哉他「名医が語る最新・最良の治療 肺がん」(法研)2012年初版10人の医師がそれぞれ専門の肺がんの治療法を説明。研究者(概要)1人、手術3人、放射線3人、化学療法3人とバランスを取っており、さらに手術は開胸、縮小、胸腔鏡下、放射線は定位放射線、重粒子線、陽子線、化学療法は非小 [続きを読む]
  • 肺がんの入門書-1
  • 4月下旬、病院の経過観察で、「胸部CTに影が見える」と言われ、がんが転移したかもしれないと不安になり、図書館で肺がんの入門書を借りてきました。こういうベーシックな解説書を借りるのは始めて。肺がんの診断を受けたら、普通は真っ先にこういう本を手に取るのでしょう。肺がんについて、基本的なこと(肺の形、機能から始まって、手術ならどこをどう切るのかとか)がイラストを使ってごく分かりやすく書いてある。完全に順序 [続きを読む]
  • リネンのシーツ
  • 深夜、シーツが裂けた昨日に続いてリネンの話。寝具にもリネンを使っています。フラットシーツと掛け布団カバー、枕カバー、衿カバー。真夏に掛け布団がタオルケットに代わる以外は、一年中。真冬でもリネンです。ちょっと高くて自分には贅沢かなと思ったけど、麻って丈夫だからコストパフォーマンスに優れている、長い目で見ればお得なはずだと、思い切って購入したのが数年前。リネンのサラサラ、トロンとした肌触りに、ベッドに [続きを読む]