香港ずっこけ男 さん プロフィール

  •  
香港ずっこけ男さん: 香港ー京都 行ったり来たり
ハンドル名香港ずっこけ男 さん
ブログタイトル香港ー京都 行ったり来たり
ブログURLhttps://ameblo.jp/bright-ocean/
サイト紹介文2017年から、香港と京都、そして時々バリ島の生活へ。そこでの喜びや戸惑いを綴ってまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 282日(平均0.8回/週) - 参加 2016/12/13 11:04

香港ずっこけ男 さんのブログ記事

  • わーい! お風呂だ!!
  • 僕ら家族は、20年以上バスタブのない生活をしてきた。まぁ暖かい国での生活だったから、風呂は必ず必要というわけではなかったが。ただ、歳を重ねる度に、風呂に対する思いが強まっていった。 バスタブのある おうちに住みたいなぁ だからバスタブに憧れる僕らは、海外旅行で、ホテルのバスタブにゆっくり浸かれることが、旅行の楽しみの一つだった。***日本にも住み家を持とう、となったとき、カミさんは、”日本ではお風呂の [続きを読む]
  • 今日も笑顔。明日も笑顔。
  • 『笑うところに福来たる。』これって言い古された言葉だけど、本当に大切な事だと思う。と言いつつも、1日のうちに何回かは、「コノヤロー」とまでは行かないまでも、「チッ」と思うようなことは起こる。満員電車の中で足など踏まれ、謝罪がなければ、おもわず踏み返したくなるな。特に自分の気持が憂鬱なときなどは。怒りの感情が出てくるのは別に異常ではない。人間なんだから。ただ、その怒りをどう対処するかによって、未来 [続きを読む]
  • 壁をゆっくり乗り越えていく。テニス
  • 僕は幼少の頃から楽器には親しんできた。自分の経験から言えば、楽器は、触っている時間が長ければ長い程、間違いなく上達する。もちろんそれはある一定レベルまでだが。ところが、僕が夢中になっているテニスは、まだ中級レベルにも達していないにもかかわらず、長い間、同じレベルにとどまっている気がしてならない。こんなに練習しているのに、なんで・・・僕の練習方法に問題があるのか、運動神経が悪いのか、考える力が弱い [続きを読む]
  • これも日本だけでしょ、水道水が飲めるなんて。
  • 28年ぶりの日本での生活。驚く事ばかりです。 ******** 当たり前で、知っていることなんだけど、日本では 「水道水が飲める」!! 僕らは香港でもインドネシアでも、飲料用に限らず、料理用の水でも購入していたので、この日本の当たり前の設備には、本当に感謝だ。 バリ島在住時は、バイクでいつも20リットル入の大ボトルを、近所のショップへ買いに行っていた。香港でも、2リットル入の水ボトルをいつも数ダース買って [続きを読む]
  • 日本だけでしょ、時間指定配送サービスは。
  • 28年ぶりの日本での生活、驚く事ばかりです。 ****** 世界広しといえども、宅配便の配達時間指定などできるのは、日本だけじゃないかな。 便利この上ないサービスだけど、ここまで高いサービスする日本って、ちょっと異次元だな。 なぜなら配送時間などは、不確定な要素に左右されやすいからだ。交通渋滞や、悪天候など。それでも指定できちゃうなんて。 先日、購入した商品は、時間指定ができたため、夜8時以降にお願いし [続きを読む]
  • 財布の中身がどんどん増える。
  • 香港に滞在するときは、財布の中身はいたってシンプルだ。おカネ以外は、香港IDカード(必須)、クレジットカード1枚、オクトパス この3枚だけだ。 オクトパスとは、プリペイドカードの一種で、地下鉄バスの運賃支払、スーパー、レストラン、あらゆる場所で支払いを磁気で読み取る便利なカードだ。 香港人でこれを携帯していない人は、まずいない。香港IDカードとともに、香港では必須なカードだ。 *** 一方、日本にいると [続きを読む]
  • 日本のコンビニでの違和感。
  • 本当に便利だな、日本のコンビニって。住まいのマンションから半径500m以内にコンビニが4件もある。 *** 京都でも居を構えた当初、まだ食器類もなく、数日間は近所のコンビニで弁当やおにぎりを買ったんだが、その豊富な品揃えに思わず笑みがこぼれたほどだ。 カミさんも、沢山のスィーツに興奮し、毎日衝動買いしていた。和菓子から洋菓子まで。 香港でもコンビニを利用することはあるが、ほとんど缶コーヒーだけだったかな [続きを読む]
  • 香港人も驚くドンキホーテ!
  • 日本人からすれば、海外旅行というのは、今でこそ簡単に行くが、一昔前であれば、「気合いを入れて」出かける、一生涯の思い出となる一大イベントだった。 外国旅行と言えば、文字通り「海外」だからハードルも高い。一歩国外へ出れば、日本語も通じない。一方、香港人からすると、香港そのものが小さい都市なため、「旅行」=「海外」となる。「国内旅行」という単語は存在しない。香港人にとっての東南アジア旅行は、関東の人間 [続きを読む]
  • 香港って先進国?
  • 「先進国」という指標には、国民一人当たりのGDPなどが使われるが、それは単に「どれだけ稼いでいるか?」ということであって、果たしてそれだけを持って「先進国」と判断していいのだろうか。僕がその国へ行った際、国の成熟度を感じるのは、「公共の場所でのバリアフリー率」と「公共の場所での非喫煙率」だ。***香港を歩いていて、よく出合うのが『電動車椅子』で移動している人だ。付き添う人もおらず、一人で普通に買物し [続きを読む]
  • 香港の若い世代の未来は。
  • 僕ぐらいの世代の香港人友人たちは、兄弟姉妹がとても多い。5−6人は当たり前だな。だから僕が香港に初めて住み始めた1989年頃、僕もまだ30歳で、香港はどこいっても若い人ばかりだった。 百貨店、レストラン、銀行、役所・・そうか、香港に来て、とてもエネルギッシュな都市と感じたのは、周りがみんな、若いからだったのかも知れない。その頃の日本の平均年齢は世界でも上位だったため、そんな国から来た僕は、特にそう感 [続きを読む]
  • 世界で愛される回転寿司
  • 28年ぶりに味わう日本の生活。驚く事ばかりです。*****京都で借家が見つかるまではホテル住まいだったため、毎食、外食だった。なるべく節約しているつもりでも、計算すると結構な金額になっていて驚いてしまう。ちょっとショックだ。だけど日本に来たからには、やっぱり寿司を食べたくなるんだよな。そこで友人に頼み、回転寿司に案内してもらった。ここだったらお腹いっぱいにしても、それほど怖くはない金額だろう。さ [続きを読む]
  • 香港人はコーヒーが好きなのかな?
  • 僕は、コーヒーを一日に3杯ほど飲む。といっても別に「コーヒー通」というわけではなく、もっぱらネスカフェ・ゴールドブレンドを愛飲している。***香港では、今でこそスタバのような外資系コーヒーチェーンが氾濫しているが、移住当初の1989年には、コーヒーをメインとする喫茶店など見当たらなかった。だから商談というと、当時はホテルのラウンジを利用する事が一般的で、そこでコーヒーを飲んでいた。といっても、好きで [続きを読む]
  • 見えない常識
  • 自動車運転免許を初めて取得してから約40年経ったが、幸運なことに、今まで大きな事故に遭遇したことは無い。 バリ島移住当初(1998年)は、それほど車も多くなく、ドライバーものんびりしていて、路面の凸凹を別にすれば、運転はそれほどストレスを感じなかった。 しかし、僕の移住直後にインドネシアの政情(治安も含め)不安をきっかけに、ジャワ島在住のインドネシア人が大挙してデンパサールに移住してきて、その影響からか [続きを読む]
  • 香港の医療はどうなの?
  • 海外生活で最も不安な点は、何と言っても病気や事故だ。 香港の医療レベルは? これは先進国と同様で、外科レベルも高いと思う。僕の知人の中でも、心臓バイパス手術や、ガン摘出手術を経験した人もいる。世界水準のレベルとはいえ、言葉の壁、特に症状の微妙な言い回しなどの表現が難しいのが、ちょっと心配な程度かな。 僕も、香港で心臓カテーテル治療の入院経験(5年前)もあるし、カミさんもハッピーバレーに位置する養和病 [続きを読む]
  • 便利過ぎる世の中なんだが・・・
  • 香港での仕事上のメインバンクは香港上海バンク(HSBC)だ。既にペーパーレス(paper less)になって久しい。 通帳なんてものは、もう存在しない。(通帳は有料で発行可能)窓口で振込依頼する際にも、書き込むための申込書さえ、もう置いていない。HSBCでは、海外送金から外貨の売買まで、全てスマホ上で、全世界どこでも操作できる。 もうあらゆる窓口がスマホの画面になってしまった。 銀行の窓口、旅行代理店(チケット予約) [続きを読む]
  • 100円ショップ
  • 「今日、新しい100均 行ってきた」 と言いながらカミさんが家に戻って来た。手には、”玉葱”や”ジャガイモ”を持っている。 我が家から自転車で行ける距離に、100円ショップはダイソーを始め5店舗もあるが、今まで、野菜など見た事ないぞ。どこで買ってきたんだ? 「そこの角の農家の敷地内で、一袋100円で野菜が並べてあるんだけど、無人販売所なの。」 そういう販売所が日本にある事は知っていたが、かなり田舎に行かないと [続きを読む]
  • キンドル VS ブックオフ
  • 本は重たいんだよな。 香港から日本以外へ出張するときには、常に本を数冊かかえて行くのだが、結構めんどうだ。フライトのチェックインの際、預け荷物の他、機内持ち込み用の小さいバッグまでも重量チェックされるときもあるので、なおさらだ。 ところが電子書籍のキンドルを7年前に香港で購入してからは、そのストレスから開放された。僕のキンドルは「ペーパーホワイト」という機種だが、重さはたったの200g。その200gの中に [続きを読む]
  • LCC(格安航空)は止められない。 
  • LCC(格安航空 Low Cost Carrier)でアジアを行き来する僕は、なるべく余分な費用を軽減するために、重量を軽くすることをいつも心がけている。ほとんどのLCCでは、10kgを超える手荷物に対しては超過料金が発生するからだ。 この10kg以内に収めるのは、以外に難しい。機内持ち込み用のミニスーツケースとノートパソコンとケーブルなどで、すぐに数キロかかってしまう。 だから機内や出張先で読む本などは、ジャケットに入る程度し [続きを読む]
  • 香港の中西薬局
  • 香港は物販の店舗の種類が、とても偏っているように思う。何のことかと言うと、薬局とコスメショップの割合がとても高いんだ。 他の種類の物販店、例えば、ファッションブティックやシューズショップが店をたたむケースはよく見るが、薬局やコスメ店が閉店することはあまりない。 なんで? 薬局やコスメショップに行くとその理由がわかる。聞こえてくるのは広東語ではなく、マンダリン(中国公用語)だ。大陸からの中国人がキャス [続きを読む]
  • 自転車っていいな。
  • 香港ではスポーツとしての高額な自転車は売れているが、生活のツールとして自転車は全く売れない。そしてバリ島でも、日常の生活の中ではバイクは必須だが、自転車はほとんど見かけない。特に若者にとって、通学などに自転車を利用することは ”恥ずかしい” ことらしい。「バイクも買えねぇのか、可哀相なヤツだな。」とバカにされるのが嫌なんだと、バリ人の知人の息子が言っていた。なんだかな・・・そして京都。多いな自転 [続きを読む]
  • Natur シャンプーは止められない。
  • 地元での高校時代のクラス会に40年ぶりに参加した。僕が参加するのは18歳で卒業して以来だ。 40年ぶりにもかかわらず、女性陣の面々はすぐに顔と名前が一致した。みんな変わっていないんだ。 一方、男性陣は、頭がさびしくなったり、白髪がほとんどになっていたり、体重が倍以上に増えている者などなど。再会して数秒、誰だかわからない者がいたりする。 「なんだよ、おめぇは!おめぇだったのかよ〜(笑)」 「しかし、お [続きを読む]
  • 楽しいスーパーマーケット
  • いやぁ驚いたな、久しぶりに日本のスーパーマーケットに行って。 28年ぶりに日本のスーパーを利用して、とても驚いた。理由は大きく分けて二つある。一つ目は、その『品揃えの充実との低価格』なんだな。 大好きな缶コーヒーから、日用の醤油や塩にいたるまで、本当に種類が豊富だ。 そしてその価格の安さ!缶コーヒー1缶50円とか。何で? つい香港ドルに換算してしまうんだが、香港でいつも利用している香港イオンのスーパ [続きを読む]
  • 有効期限 昭和66年?
  • 海外に住んでいると言っても、日本に帰省する事は今までも度々あった。それは仕事であったり、冠婚葬祭であったり。 だから日本にも居を構えるにあたっては、特に大きな心配もなく、 「外国と違って滞在ビザが無くても住めるなんて、嬉しいな」 などと呑気に構えていた。 しかし、28年ぶりに日本に「住む」となると、日本人だからといって、はいどうぞ、とは直ぐにはいかない。 住民票の取得、国民健康保険の申請、年金支払い申 [続きを読む]
  • テニス 中級レベルはまだ遠い
  • テニスを香港で習い始めたのが2012年。現在2017年で既に5年が経ったのだが、上達レベルを考えると落ち込みそうになる。 ちょくちょくコートで出会う、ジュニアのメンバーたちの上達の速度といったら、もう言葉がでないほどだ。いつの間にか、全身の力を効率よく使って鋭いスピンボールをバシバシ打てるように成長しているジュニアたちには、いつも驚かされる。 一方、僕らのいつもの練習メンバーは、皆、社会人から始めたプレー [続きを読む]
  • ”憧れの日本” から ”身近な日本” へ
  • 最近、海外からの日本旅行者が激増していると、よく耳にする。香港人もご他聞に漏れず、日本ファンが多い多い。 ある統計によると、香港からの日本への渡航者数は、20年前と比べ、25倍だそうだ。 僕の香港のテニス仲間に、とても懇意にしている30代カップルがいる。彼らは結婚式は軽井沢で挙げ、過去、何度も日本旅行するほどの日本フリークだ。 ここ近年では主だった都市は行き飽きたらしく、旅行先としては、知床半島、飛 [続きを読む]