駐在妻 さん プロフィール

  •  
駐在妻さん: タイ・バンコクに駐在・赴任が決まった方へ
ハンドル名駐在妻 さん
ブログタイトルタイ・バンコクに駐在・赴任が決まった方へ
ブログURLhttp://bangkokchuzai.blogspot.com/
サイト紹介文タイ・バンコクへ駐在・赴任・転勤が決まった方の不安を解決する情報をお知らせします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 116日(平均2.1回/週) - 参加 2016/12/14 03:22

駐在妻 さんのブログ記事

  • バンコク駐在妻の人付き合いの悩み
  • バンコクのコミュニティーはとても狭いです。本当に顔見知りに頻繁に出会います。習い事がかぶったり、買い物する場所もかぶったりとかなり頻繁に奥様グループの誰かと出会います。バンコク駐在妻の大きな悩みの1つにこの日本人妻グループの人付き合いがあります。はじめから社交的であればいいんですが、そうではない人もいますよね。でも、毎回のようにカフェやランチの誘いをしてくる人もいます。また、子どもがいれば遊び場で [続きを読む]
  • バンコク駐在の妻が持っておくと便利なクレジットカード
  • バンコクの駐在が決まった奥様でお子様がいる方はぜひ持っておくと便利なものがあります。それはクレジットカード。しかもJCB。お子様が遊ぶところで有名な場所にエカマイのプレイタイムというところがあります。室内の遊び場で、子どもの遊具がたくさんあって1日楽しめるところなんですが、ここはJCBカードで払うと20%も割引があるんです。他にもJCBはちょくちょく優遇されるところを見かけるんで、JCBのクレジットカードは持 [続きを読む]
  • バンコク駐在に電化製品はもっていくべきか?
  • バンコクに駐在が決まった奥様が悩まれることに電化製品をもっていくかどうかがあるようです。冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、コーヒーメーカー・・・あげたらきりがありませんが、私の個人的な感想は、全くもっていく必要はない!ということです。バンコク駐在で住むことになるであろうコンドミニアムには、電化製品がほぼそろっているところが多くありますので。また、もし一部足りないものがあれば、簡単に手に入りますよ。ただし [続きを読む]
  • タイの駐在で不安な食生活について
  • タイに駐在が決まった夫の妻として不安なことに食事があると思います。タイの料理は、なんかキツイ香辛料のイメージがある人が多いんですよね。でも、そんな心配は全くいりません。というのも、バンコクなら、ほぼすべての日本料理が手に入ります。しかも、クオリティも日本レベルです。よくどっかの海外のなんちゃって日本食レストランというレベルではなくて本当に日本でも通用するレベルの店は山ほどあります。ココ壱、牛角、一 [続きを読む]
  • バンコクへ持っていくべきか迷う物があるときの思考法
  • バンコクへの駐在が決まったとき、次に奥様方がしなければならないのが、荷物整理でしょうね。バンコクに持っていった方が良いのかな?これは持っていかなくても良いのかな?正直なことをお伝えするとほとんどの物はタイで手に入ると思います。でも、不安は不安でストレスになりますよね。イライラも増えてくると思います。そんな方におすすめなことがあります。迷うくらいなら、いっそのこと持って行ってしまう!という決断です。 [続きを読む]
  • バンコク駐在妻のお小遣い/プチ収入を得る方法
  • バンコクの駐在妻は基本的に働くことはできません。「基本的に」と書いたのは、労働ビザを取得すれば、現地採用として働くことができるからです。でも、やはり現地で働く人は少なくて、子どもが学校に行ったあとに、時間を持て余している人もいるようです。そこでバンコクの駐在妻のおすすめのプチ仕事があります!まずはブログで稼ぐということです。これは資金0円でスタートできるのでかなりおすすめです。アフィリエイトって言 [続きを読む]
  • 赤ちゃん連れでバンコク駐在が決まったお母さん必須アイテム
  • バンコクに駐在が決まった方の中でもし赤ちゃんがいる方は必須のアイテムがあります。バンコクは暑いです!特に3月、4月の日中の暑さは想像以上です!朝8時から27℃を越えているなんてことも多々。そんな中、抱っこひもで赤ちゃんを連れて買い物をしているお母さんも見かけますが、暑さで赤ちゃんはぐったりしてしまいます・・・そんなとき必須のアイテムでタイでは手に入りにくい物を紹介します!くわしくはこちら⇒カンガル [続きを読む]
  • 厳選4社タイで有名な不動産会社
  • タイには不動産会社が多数ありますが、コンドミニアムの母数は限られているんで大手を選べば間違いはないでしょう。ということでタイで有名な不動産会社のベスト4を厳選しました。1位 アパマン2位 ディアライフ3位 石川商事4位 小林不動産それぞれのホームページのリンクをつけたんで不動産会社の名前を すれば調べることができます。まぁ、どこもそんなに大差はないでしょうが、全てに連絡をとって一番対応が良い [続きを読む]
  • バンコクの道路に対応するベビーカーとは。
  • 日本で赤ちゃんの移動は何を使われますか?当たり前ですがベビーカーですよね?が、バンコクに駐在になった方は驚かれると思います。道路がガタガタで普通のベビーカーは走行不可能なんです。すぐにタイヤが道のくぼみにとられて前に進むのに一苦労です。なので、タイに駐在に来られる方はベビーカーはこんなタイプをおすすめします。エアタイヤのベビーカーです。そうでないと赤ちゃんへの振動が半端ないです。大げさではなく、こ [続きを読む]
  • タイの駐在旦那のゴルフに悩む駐在妻
  • タイへ駐在される旦那さんの多くがほぼ確実にやることがあります。ゴルフです。駐在妻から見たらこれは許せない!という人も多くいるようです。タイはゴルフが安いのでかなりの頻度でゴルフ場に行くことになります。で、それだけではないんです。ゴルフに行く旦那さんはほぼ、打ちっぱなしに行きます。たまの休みもゴルフ場に行くか打ちっぱなしに行くか。平日は夜の飲みで遅くなる。極端な例になるとほぼ別居状態のように駐在任期 [続きを読む]
  • バンコクでのひったくり予防・対策について
  • バンコクは日本に比べて治安が悪いのは事実。前回お知らせした通りです。⇒タイ・バンコクの治安・安全性一つどうしても気を付けてほしいことを書きます。ズバリ「ひったくり」です。バンコクではバイクによるひったくりが頻繁に発生しています。そんなひったくりの予防についてです。まず、狙われないということが大切なので基本的なことですが、道を歩くときは、道路側に鞄を持たないでください。また、上の写真の様な道路から荷 [続きを読む]
  • 子供が病院になったときどうするか?タイ赴任の不安
  • タイへ駐在・赴任が決まり、いろいろなことが心配になってくるかと思います。特に心配なのが子供が病気になったときどうするか?特に考えておきたいことは日中は旦那さんがいないので奥様が家族の中心的役割を果たすことになるということです。もし、小さい赤ちゃんが高熱を出して痙攣をおこしてしまったとします。日本なら最寄の病院にすぐに連れていったり、救急車を呼んだりすることができるでしょう。でも、タイにいるとそう簡 [続きを読む]
  • 駐在妻に必須のタイ語の学習|タイ語スクール
  • 海外赴任に駐在妻として帯同することになる主婦。旦那さんは夜まで会社。子どもたちは夕方まで学校。本当に現地の生活を経験することになるのは奥様方になると思います。そんな奥様方にとって大切になるのがタイ語の学習です。1人で過ごすことが多くなる駐在妻にとって、タイ語が話せるか話せないかは数年の生活が大きく変わります。タイ語が話せない状態だと何をするにもどこに行くにも自信がもてません。数年先に赴任した先輩マ [続きを読む]
  • タイ・バンコクの治安
  • タイ・バンコクに赴任が決まると気になるのが治安です。日本という安全な国に住んでいると他の国は全部危険に見えることもありますが、タイはどうなのか。タイ警察が発表を見てみましょう。2015年の犯罪統計殺人事件(未遂含む)  7,517件傷害事件         15,711件強姦事件          3,115件強盗事件           402件盗難事件等        41,450件銃器不法所持事案   32,492人薬物犯罪 [続きを読む]
  • 雨季のタイで持っていると超便利な物
  • ズバリ長靴です!5月から10月あたりまでタイは雨季になります。いくら住居を日系スーパーの近くにしたからといってもどうしようもないことがあります。それが冠水。大げさな話ではなく雨季のタイは本気で冠水します。しかも、日本ではニュースになるレベルが当たり前の状態です。上の写真のレベルはバンコクではありませんが、くるぶしが浸かってしまう冠水なんて雨季にはざらです。スコールという大雨自体は1時間程度でやむこ [続きを読む]
  • タイに赴任が決まったときに考えたい住居のこと
  • タイに赴任すると驚くことがあります。それは超悪い道路。日本の様に自転車で移動できません。歩道は狭く、凸凹しているので自転車で移動なんて無理です。さらに暑く、日本の様に街中を散歩なんてできません。タイ人の中にも散歩している人なんていません。すると外出するのは必ず目的をもっているときだけとなります。しかも歩いて長距離の移動は厳しい。さらに自転車は無理。そうなるとドライバーさんか、タクシー、シーロー(乗 [続きを読む]
  • バンコク日本人学校に転入する子どもの不安
  • タイに赴任が決まり、子供の学校のことを調べると「バンコク日本人学校」という情報にたどり着くことと思います。子供は日本から転校生としてうまくやっていけるのだろうか・・・いじめのようなことはないのだろうか・・・転校生は優しく受け入れてもらえるのだろうか・・・いろいろと悩みが生まれてくるかもしれません。心配いらないかと思います。というのも、バンコク日本人学校にいる子どもたちは転出入に非常に慣れているから [続きを読む]
  • タイ人スタッフに嫌われないように!駐在前に知っておきたいこと
  • タイに赴任して駐在員になると現地のタイ人の上司として立ち回ることになります。タイの社員の特徴があります。タイの社員はとても真面目な方が多いですが、日本人に比べると穏やかな性格、悪く言えばルーズ。仕事を日本人と同じようなレベルでキッチリと仕上げてくれないことは多々あります。時間にルーズだったり、ミスをしてしまうことも多く、強いストレスを抱える駐在員も多くいるようです。タイに赴任となり、タイ人社員の上 [続きを読む]
  • タイに赴任した駐在妻のFACEBOOKあるある。
  • 駐在妻になったときのフェイスブックあるあるです。タイでの駐在生活は日本の生活と比べるとかなりセレブになります。コンドミニアムにはプールがあり、かなり広い3LDKの間取り。午前中はママ友と優雅にカフェに行くなんてことも多くなります。また、連休にはリゾート地へ旅行し、素敵な日々を送ることができます。すると、ムクムクと日本の友達へアピールしたくなるのが人の常です。フェイスブックに投稿して「いいね」をもらい [続きを読む]
  • タイで駐在妻はパート・アルバイトができるのか?
  • 日本ではパートをしていた主婦の方も多くいるかと思います。タイ・バンコク・シラチャでは主婦はパート・アルバイトができるのか?そんなことを考えている方もいるかもしれません。答えから言うとパート・アルバイトはできません。パートレベルの仕事はタイ人がやっています。日本人に残っている仕事は日本を相手とした仕事なので専門性が求められてきます。また、VISAの問題もあるので働けないのが現状です。駐在妻の立場上、就労 [続きを読む]
  • 海外赴任に電化製品はもっていくべきか。
  • タイ・バンコク・シラチャへ転勤・赴任が決まってから気になることが荷物。日本の電化製品はもっていった方が良いのか?炊飯器を持って行った方が良いか?オーディオ機器は?などなど良く耳にしました・・・答えを先に言いますと、ほとんどタイで売っているのでもっていかなくて良いです。タイのバンコクにはISETANもあるんで、日本の商品が簡単に手に入ります。子供用の水筒も弁当箱も売っています。背広類、食品類、書籍類・・・ [続きを読む]
  • タイ駐在員の浮気・風俗について駐在妻が知っておくべきこと
  • タイ・バンコク・シラチャへの駐在、赴任が決まったとき気になる情報があると思います。それはタイというお国柄、風俗関係の情報を多く耳にすることがあると思います。日本と比べて、タイの性風俗関係の敷居はだいぶ低いようです。日本人の駐在員が行く有名な歓楽街はタニヤという場所です。ここは、クラブ街で、タイ人のホステスとお酒を飲み、そのあと短い時間でホテルに同伴できる店がかなりあるそうです。短い時間なので奥様方 [続きを読む]