mari さん プロフィール

  •  
mariさん: 発達障害児学習指導教室smileのブログ
ハンドル名mari さん
ブログタイトル発達障害児学習指導教室smileのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/otsukimari/
サイト紹介文発達障害児を対象にABAを基盤とした個別指導を行っています。次女が自閉スペクトラム障害です。
自由文日々、教室で行っているABAセラピーの事例や、セラピーあるある、娘のことなど、、徒然と書いています。
学生時に専攻した発達心理学と、障害児の母としての経験を生かし、発達の凹を上げるボトムアップの支援を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 110日(平均2.0回/週) - 参加 2016/12/14 15:34

mari さんのブログ記事

  • 馴化型学習で不安、困難を減らす
  • 「学習」は、主に4パターンに分けられ、馴化型学習(事象への慣れ)予測型学習(時間的に近い順序による経験)制御型学習(ABAなど)観察・模倣型学習(集団の中での遊びなど)があります。(坂爪一幸 「特別支援教育に力を発揮する神経心理学入門」学習研究社2011より)私は、教室ではABA(応用行動分析)を主に用いて指導をしていますが、「馴化」も、とても意識している側面です。制御型学習を行いながら、馴化型学習にも取り組ん [続きを読む]
  • 公開講座ー社会性・コミュニケーションの支援ー
  • 今日は、お仕事をお休みさせていただき、東京学芸大学附属特別支援学校の公開講座に行ってきました。『特別なニーズのある幼児を育てるⅡー社会性・コミュニケーションの支援ー』講師は、東京学芸大学教育実践研究支援センターに在籍されている、林安紀子教授です。東京学芸大学は私の母校で、教育実践研究支援センターは私が昔在籍していた研究室がありました(たぶん名前が変わったのだと、、)。講義を聴いていると、なんだか学 [続きを読む]
  • 忙しい小学生について(ひとりごと(((^_^;))
  • 私の長女は小学5年生ですが、長女や周りのお友達を見ていると、近頃の小学生って、なんだかすごく忙しいなあ、と思います。ゆとり教育が終わり、授業数も増え、ほぼ毎日六時間授業なうえ、クラスの半分くらいの子は塾に通っているようです。かくいう長女も、塾に通っています。なぜかというと、夫が塾に勤めているため、無料で通えるから、というだけの理由なのですが(((^_^;)ww電車を乗り継いで15〜20分の場所にある塾に、週三 [続きを読む]
  • 音声模倣の進め方
  • 今日は、音声模倣について書きたいと思います。私なりに考えてきた「効率的な進め方」です。私は5年前に教室を始めてから、二歳を過ぎても発語のないお子さんを20人以上見させていただきましたが、いくつかのタイプに分かれます。私は、音声模倣の進め方は、お子さんのタイプによって、少し変えています。タイプというのは、「出せる音」と「出せない音」の傾向等によってわけたものです。【Aタイプ】出る音が「ア」「バ」「マ」 [続きを読む]
  • いろいろ理解しているのにことばが出ない
  • 当教室は、今年度は募集を締め切っており、今現在は新しい生徒さんはお断りしています。ホームページからのお問い合わせが殺到しておりまして、、全ての方にお返事を出来ておりません申し訳ありません・・。体験セラピーも、今は受け付けていないのですが、、実は、最近、友人のお知り合いのお子さんの発達の状態をみて、アドバイスをさせていただいたり、お電話をいただいて、ご相談に乗らせていただく機会が、何件かありました [続きを読む]
  • 実家に帰省中です
  • 先週から、愛媛にある実家に帰省しています。今回は、二十歳になる愛猫も一緒です何度も飛行機には乗ったことはありますが、もうおじいちゃんなので、心配しました。移動は辛そうでしたが、実家についてからは、すっかり元気です愛媛では、蛇口からオレンジジュースが出ます笑焼き肉を食べに行ったり親戚が集まって、従兄弟の結婚のお祝いの宴をしたり時間がたっぷりあるので、いつもより長く勉強をさせられたりwのんびり〜〜な、 [続きを読む]
  • 比べない決意
  • 先日、知り合いの学生さんの卒論に少しだけ協力させていただいたのですが、その中のアンケートで、「障害をもつお子さんをこれから育てるご両親に、今まで障害児を育ててきた親として、伝えたいことがあるとしたら?」という質問をされました。三秒くらい考えて、すぐに思ったのは、「なるべくなら、他の子と自分の子を比べないほうがいい」私が一番苦しんだ瞬間は、やはりどこかで、障害のない子と、障害のある我が子の何かを比 [続きを読む]
  • 質問の練習(どこ?)
  • 今回は、「質問をさせる」課題について。次女は、質問がとても苦手で、幼児期は、自分から質問をすることはありませんでした。「これなあに?」「○○はどこにあるの?」「○○はどれ?」のような質問をすべき場面でも、諦めたり、自力でひたすら探していたり、、。「質問をする」という発想がなく、脳内でその機能が欠落しているようにすら見えました。4.5.6歳の頃は、家と療育施設で(送り、お迎え時とか)、質問をさせる場面を毎 [続きを読む]
  • 葛西ことばのテーブル(おすすめ教材)
  • 当教室では、「葛西のことばのテーブル」が出版している教材を、よく使っています。シンプルだし、分かりやすく作られています。大変優秀な教材だと思っております。?葛西のことばのテーブル(こちらのサイトから、購入することができます。)特に私が気に入っているのは、構文訓練絵カードです。多語文の様々な表現を確認し、表出する練習ができます。この二つもよく使います。右の「ひらがな読解ワーク」は、動詞や、物の属性の [続きを読む]
  • PECS(絵カード代替コミュニケーションブック)
  • 私は、当教室にきた生徒さんには、わりと多くの方に、PECSをお勧めしています。以前にも、PECS推しの投稿を載せましたが(((^_^;)今回は、実際にどのように使うのかを観ていただこうかと思い、またまた娘に協力してもらいましてw動画を撮ってみました。こんな感じです。「マリせんせい、赤いチョコちょうだい」と、PECSを使って、要求してもらいました(ヤラセ)PECSの優れたところは、多語文での要求が可能なところだと思います。ま [続きを読む]
  • 肯定・否定表現(オウム返しで答えるお子さんに適した応答の練習)
  • 以前、肯定、否定の練習について、書いたことがありましたが今読み返してみると、わかりにくいなあと思いまして(((^_^;)今回、次女に協力してもらい、セラピー動画を撮ってみました次女が、三、四歳の頃、やっていた課題ですが、教室でもたくさんの生徒さんに取り組んできました。○○いる?と聞くと「いる」○○いらない?と聞くと「いらない」というように、そのままオウム返しで答えてしまうお子さんに、有効な課題だと考えま [続きを読む]
  • 障害児に教える際のプロンプト(お手伝い)の重要性
  • 先週、今週と、次女がスポーツクラブで短期水泳教室に通っているので、付き添いのため、教室をお休みさせていただいています。ビート板を使って、バタ足の指導をしてもらっていますが、見ていると、ヤキモキすることがたくさん生意気ですが、自分がコーチをやりたくなってしまいます(((^_^;)コーチが悪いわけでは、決してないですし、療育的な指導を求めてはいません。が、ついつい、療育的指導の目線、ABAの視点で観てしまい [続きを読む]
  • 私と夫のためのABA(家事分担バージョン)
  • 実は先月から、我が家の家事分担にも、ABAを取り入れ始めました家事労働を視覚化して、項目ごとに札を作ります。1項目100円をご褒美として設定次の月に支給する(される?)ことにしました。初日。このように、家事の項目を作り、やった項目を自分のところにうつしていきます。初日は戸惑い気味だった夫ですがw日々、自分のところへ移す項目が増えてきました♪休みの日には、8項目くらいやれるようになってきました。私も、 [続きを読む]
  • 次女の中学からの就学先
  • 次女が小学四年生になったので、少しずつ、中学からの進路を考え始めています。小学校の就学の時、年少から色々見学に行ったのですが、早めにみておいてよかったなあと思うことが多かったので、、今回も、早めに動き出しています。先週末から、公立中学の支援級と学区の特別支援学校を、みてきました。先に、今次女が通っている小学校の隣にある公立中学の支援学級の学校公開に行きました。土曜だったので、次女も一緒に観に行き [続きを読む]
  • 次女の美容院
  • 昨日、次女が「セツコにしたい」と言うので、急いで美容院へ連れていきましたw小さい頃は大嫌いだった美容院。スモールステップで、少しずつ少しずつ練習していき、今は、大好きです「マッシュルームにしてください。セツコみたいに!」と、自分で美容師さんにオーダーしておりました(((^_^;)セツコ、とは、、このお方のことです。「火垂るの墓」のセツコちゃんです。映画をみせたことはないのですが、私が画像を見せると、乗り気 [続きを読む]
  • お仕事再開しました
  • 昨日から、セラピーを再開しました。1ヶ月のブランクがどうでるかな?と気になっていましたが、 なんとか、カラダが覚えてくれていて、今まで通りやれました。たのしかったですなんとか、やれそう、、と、自信に繋がりました。訪問セラピーの方々、まだご予約をお入れできてない方々、もうしばらくお待ちください(>_1ヶ月半ぶりの生徒さん、ちょっとお兄さんになっていたり、ちょっとヤンチャ娘になっていたり、、あまり変わっ [続きを読む]
  • 次女の心のよりどころ
  • 雨ですね今朝、次女は5時過ぎに「雨!!」と叫んで起きてきました。今日学校でプールの予定だったので、昨日から楽しみにしていたのです。「もう!雨!やんでよ!!」と、朝から空に向かって怒っていたり、大急ぎでてるてる坊主を作ったりしていましたが、間に合わなかったようです。今日はプールは中止ですねwホラー笑てるてる坊主って、怖いですねw家を出る頃には、プールは諦めていました。だいぶ切り替えられるようになって [続きを読む]
  • 軌道修正
  • ブログがずいぶんご無沙汰してしまいました。6月もあと少しですね。5月半ばから体調を崩して、6月いっぱいお休みさせていただいていましたが、7月から教室を再開します。生徒さんには、大変ご迷惑をおかけしましたが、体調もかなり回復し、この一ヶ月で、色々なことを軌道修正できました。ありがとうございました。頭痛、目眩で動けない状態になるまで、日々がむしゃらに動きすぎてしまっていたなあと、改めて感じています。 [続きを読む]
  • お葬式の経験
  • 先週末、主人の祖父が亡くなり、土曜からずっと主人の実家のほうへ行っていました。田舎のお葬式は、本当に大変です。お通夜、告別式の二日前から、ずっと古い親戚や近所の人が来て、ご飯を出すという仕事がありました大量のおにぎりやお味噌汁、お漬け物、炒め物を、ご近所の方たちと一緒に作り続けました。こういうときって、男の人は座り、女の人は台所で働き続けるのですよね。身内の女性の人手が少なく、私もなかなか忙しか [続きを読む]
  • 生徒さんの皆様へ
  • 私の体調不良のせいで、教室をお休みさせていただき、ご迷惑をおかけしております。申し訳ありません。お陰様で、頭痛や目眩の症状は改善し、体調は回復してきております。6月いっぱいお休みをいただき、7月から、また、開始させていただけたらと思います。これから、個々にご連絡をさせていただきます。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • かんしゃくの対処法②
  • 前回は、癇癪に対する基本的な対処法について書きました。言葉を話せるお子さんに対する癇癪に対する対処はこちら今回は、言語を持たず、「イヤ」と言えないお子さんのかんしゃくに対する対処について書きたいと思います。②知的障害があり、言葉で伝えられないお子さんの場合言語をもたないお子さんの癇癪は、単なる「我慢がきかない」ということから起こっているだけでなく、精一杯の意志のアピールであるとも思います。それ以外 [続きを読む]
  • かんしゃくの対処法①
  • かんしゃくに対する対処については、いろんなところで書かれていますよね。本もたくさん出ています。若輩者の私がこのことを偉そうに書くことに、長く抵抗があったのですが、様々なパターンについて、少しずつ対処を変える必要があると、経験から感じているので、今回取り上げたいと思います。ABA的には「かんしゃくは、無視」が基本的なセオリーだというのは、ご存知の方も多いかと思います。ABAでは、「行動」に対してアプローチ [続きを読む]
  • 専門家について
  • 教室をお休みさせていただくことを、このブログと、生徒さんのお母様方に直接お知らせすると、皆様からとても優しいお言葉をいただきました。申し訳ありません。ありがとうございました。色々な思いがありますが、今はゆっくり休ませていただきます。ゆっくり、家事をやるのと、子どもの送迎以外は、ほとんど床についていますので、この機会に、書きたかった課題の進め方や、事例などについても書いていけたらと思っています。あと [続きを読む]
  • 自分の身体と気持ち(教室お休みのご連絡)
  • このブログは、当教室に通ってくださっている生徒さんのお母様が読んでくださっているので、実は、お母様方へのメッセージを兼ねて書かせてもらうことも多いです。(生徒さん以外の方にも読んでいただき、ご意見、感想をいただくことも嬉しく思っています。)今回は、主に生徒さんのお父様、お母様に向けて、お詫びの気持ちを含めて、今現在の私の状態について書きます。実はここのところずっと、私は、頭痛、微熱、目眩に悩まされて [続きを読む]