タグー さん プロフィール

  •  
タグーさん: 夜のしじま
ハンドル名タグー さん
ブログタイトル夜のしじま
ブログURLhttp://yorunosizima.com
サイト紹介文長年の孤独を通じて多くを学び 世界を少し理解できた
自由文長年の孤独を通して多くを学び
世界を少し理解した。

そんな私のブログです。



:このサイトは毎日更新されます。

このサイトをブックマークへ追加していただき、
毎日でも見てもらえたら幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 193日(平均4.0回/週) - 参加 2016/12/14 22:38

タグー さんのブログ記事

  • やまない喧騒の世に置かれて話したくない心理
  • 慎重な性格 しばし、口を開かない人がいる。慎重さがそうさせる場合があります。 我ら人間は簡単に間違いを犯してしまいます。間違いの程度が軽ければいいのですが、重い場合には悲劇が起こります。悲劇とはなんとも心を抉るようなものです。普通ならば避けたいと思うでしょう。悲しみを感じられないくらい鈍感な人ならばどうでもいいような内容でしょう。これは、持ち合わせるべき罪悪感と感受性を持っている人に関係のある話で [続きを読む]
  • 頭の中で会話して思考する能力について
  • 省察者は一人でいるときにも思考はとどまることを知りません。どんどんと頭の中で話が進んでいくのです。「ああでもない、こうでもない。ならば、こうなのか。」 そうして暮らす人間。 コミュニケーション どのような人も母国語を学ぶにはコミュニケーションしなければいけません。小さい頃に両親や祖父母、他の大人たちと関わったこと。その経験が私たちの言葉に影響を与えるのです。 多くの人と関わり合って数多くの会話をこな [続きを読む]
  • 趣味を合理化する
  • Enjoy your life 私はかつて多くの事を考えました。人生、恋愛、命について。このままでいいか。何が正しいのか。何をすべきか。 また、いろんなことを想像しては楽しんでいました。美しいメロディーや綺麗な風景。 こうして私が活動していても、周りから見れば停滞しているように見えます。外見上では何も変化していないように見えるからです。その場でうずくまっていて、四肢の動きはないのです。 友人はそんな私を見てアド [続きを読む]
  • LGBTと呼ばれることに対する抵抗感の根を語る
  • セクシャリティ 最近になって取りざたされるようになった言葉があります。今まではあまり目立たなかったけど、すごい速さでテレビに登場するようになった言葉です。多くの政府でも支援がなされています。流行語みたいになっていますね。LGBTという言葉です。聞いたことのある人がほとんどでしょう。私はLGBTと聞くと不安感を感じます。とても最近にできた言葉で、ちゃんとした定義や使われ方がされていないように思えるからです。 [続きを読む]
  • 暇があるってことに気づいて重要な一歩が踏み出せる
  • 普通の毎日 私たちは若い時には学校に行く。部活をして友達と遊んで、太陽が沈んだら疲れて寝る。大人になったら会社に通う。みんなでお酒を飲んで、酔っ払っては寝る。 流れ作業のようにこなしていく日々の中で歯車のようだ。満足を感じてそこにとどまる。大きな困難に直面しないようにする。こうして、みんなレールに乗った人生を歩むんだろう。 これが普通の青春で健康。一番いいやり方なんだろうか。確かにこんな風に生きてい [続きを読む]
  • 貴賎同楽・金持ちも貧乏人も「楽しみ」は同じ
  • 格差 世界中、ほとんどの国民は格差を抱えています。古今東西、国家や経済に組み込まれている国には富めるものと貧しきものがあります。世界の超大国であるアメリカだってそうです。 数ある国家の中でも、キューバは格差が少ないかもしれません。格差の少ない国は理想的ですね。そこで、キューバのように格差のない社会主義国家を作ればいいじゃないかと思うかもしれませんが、そう簡単に社会主義国は維持できないのです。社会主 [続きを読む]
  • 目黒の秋刀魚・昔からファストフードは美味しい?
  • 日本の昔話に、目黒のさんまというものがあります。現代のファストフードの魅力とも通じる、さんまに魅入られたお殿様のお話です。 ここでは一つそのお話をすることにしましょう。 昔々、江戸に殿様がいました お殿様は幼少期からとても大切に育てられていました。小さい頃から縁起物の魚、鯛を食べて育ちました。毎日の食事には、何人もの毒味係がいます。毒味係は殿様が食べる前に毒味をして、食べ物に毒が入っていないか確認し [続きを読む]
  • ムチに打たれて人生に疲れながら僕らはどこまで走り続けるのだろう
  • 生きる 自己啓発本のほとんどには「明るく前を向いて頑張れ」と書いてある。いつまでもいつまでもこの言葉を胸に焼き付けていなければならない。生きるには前進しなければいけない。本当にその通りだ。 停滞すると体と精神が腐り始めてしまう。「もうだめだ」と言ったら、そこで自分の成長は止まってしまうし何も変わらない。いつかは前を向いて未来に進まなければいけない。でも、自分を傷つけたり周りの人を傷つけてしまったり [続きを読む]
  • 心配性な人にかける言葉・怖がる人に脅しの言葉はNG
  • 性格 あなたは心配性で怖がりな性格ですか。わたしはそんな性格です。時々足がすくんじゃうようなことがあります。踏み出すことができなかったから、損をしちゃったことがあるんじゃないかということがしばしあります。でも、思い返してみた時。その慎重さがいい方向に働いていたかもしれません。何かをする時の慎重さが我々の強みかもしれません。もしも怖がりじゃなければ一歩踏み出し、奈落の底へ落ちていたかもしれません。計 [続きを読む]
  • 厭世ブッダと救世主キリストはどちらも優れている・二人の違いについて
  • 以下は私の一解釈です 「ブッダは無神論者的であって、優れた哲学者である。」と言われている節がある。なぜそんな風に言われているのでしょう。「キリストは救世主である」と言われている節がある。なぜそんな風に言われているのでしょう。 ゴータマ・シッダルータ ブッダは優れた生活環境を持っていた。彼は王族の出であり衣食住に困らなかった。若い頃の名前はゴータマ・シッダルータ。のちに覚者、ブッタとなる。 なぜ覚者に [続きを読む]
  • いじめは仕方ない?「いじめ・ダメ、絶対」には無理がある
  • 過ち そもそも完全にこの世界から罪はなくなるのか 平和は人間の追求する理想郷です。人が最後の最後に求めるのは幸せ。幸せを象徴するものは平和です。争いがなくて、すべてのものが手をとって暮らす。でも、果たしてそんなことが可能なのでしょうか。生活するのには何かしらの攻撃が必要になります。人間に対して攻撃をしなくても、動物や植物を攻撃して、殺し、食べなければ生きていけません。 争いがない [続きを読む]
  • 悲しみを無視し、暴力的に自信満々で居られる図太い神経を持ったもの
  • 乱暴 「恥の多い人生を送ってきました」とは太宰治のかいた小説、人間失格の有名なセリフです。私はここまで自分のことを恥ずかしいとか、恥ずかしい人生を送っていると思いません。しかし、ほんの少しは引け目を感じることがあります。人はみんなそれぞれ得意不得意があって、その不得意なところを自覚した時、恥ずかしさや後ろめたさを感じるのだと思います。自己否定や被害妄想じゃない、事実 日々の生活を送っていく中で、己 [続きを読む]
  • 私の好きな辛さとは何か・食べる人の心理
  • 味覚 皆さんはどんな食べ物が好きですか。そういえば味覚が何個あるか知っていますか。実は味覚って5個あるんですよ。 甘味酸味苦味塩味 ここまではなんとか言えたのではないでしょうか。もう一つはちょっと難しいですよ。 辛味?違うんです5個目は旨みです 皆さんが美味しいと言っている辛いのは味ではないのです。では一体、あの舌で感じるよさとは一体なんなのでしょうか。&n [続きを読む]
  • きれいな字が書けないことについて・電子機器が広まれば手書きはなくなる
  • 実は私の字はとても汚い 距離感の近い人はためらいもなくそういうことを指摘します。当たり前のことですが、少し距離感のある知り合いとかだと字が汚いと指摘してくることはないですね。変に相手の弱点を指摘するといい関係が作れませんからね。得体の知れない人にいきなり言われたくないことを言われたら、その人とは縁が切れてしまいますね。それ以上仲良くなりません。 ある程度の近しい関係の人なら、言いにく [続きを読む]
  • バッテリー切れバイクを押しがけ・深夜12時におまわりさんに助けられる
  • 慣れない場所へ行く ついこの前のことでした。夕方に友人が電車で私の家を訪ねてきたのです。わざわざ電車に乗ってやってきてくれて嬉しかったです。その友達と楽しい時を過ごして、友達が帰るという時、私はバイクで彼の事を送ってあげようと思い立ちました。私は16で免許を取って以来FTR250cc(中型)に乗っているのです。バイクの二人乗りは楽しいですし、オートバイで風を切る気持ち良さを味あわせてあげたかっ [続きを読む]
  • お店で怒鳴るお客さんが苦手・モンスタークレーマーについて
  • 怒り あなたは毎日の生活でストレスを感じていますか?きっと多くの人は感じていることでしょう。実は必ずしもストレスとはいけないものではないのです。ある程度は生命の維持に必要です。朝起きて、体を動かすことも正確に言えばストレスです。引越しもストレスです。引越しや進学は大きなストレスですね。ストレスとはつまること変化なのです。 心の動き 変化に際して、どのように心が活動するか。それが重 [続きを読む]
  • 身だしなみって重要ですね・しっかりしないといろいろ損をしそうです
  • 人は見た目 あなたはいつも髪をセットしたり、鏡に向き合ってから職場や学校に行っていますか?もし、何もせずに朝起きたままの状態で出かけるなら、人生を損しているかもしれません。 男の人なら現代日本で髭を剃るのはごく当たり前かもしれません。また、髪をセットするのも体毛を剃るのと同じくらい重要なことかもしれません。 印象の変化 私はかつてヘアスタイルをセットしていませんでした。しかし [続きを読む]
  • 海外の曲の歌詞は意味がわからないけども私は洋楽厨でした
  • 中学生の好む音楽 洋楽厨 意味。これは洋楽にかぶれた中学生のことを指す言葉である。子供が背伸びをしてファッショナブルな音楽を好むことがある。ファッションや自分のかっこよさを気にし始める年齢がちょうど中学生くらいなのである。そんな子供っぽさを馬鹿にするような言い方がこの言葉だ。中央のチュウでなく、厨房のチュウにとなっているのはこの言葉がインターネットスラングであることに原因がある。イン [続きを読む]
  • 好きな音楽・どんな人生を歩みたいですか?
  • Power of Sounds 好きなジャンルは何ですか。 邦楽でしょうか、洋楽でしょうか?ポップスですか、インストゥルメンタルですか?不思議なことに、聞いている曲のジャンルからその人の性格が予想できます。 洋楽を聴いている人はオシャレ感、がありますね。国内だけでは飽き足らずに海外にまでも興味の手伸ばしている。そこまで文化への興味があるということが予想できますね。 ポップスを聴く人は大衆的 [続きを読む]