麻雀大臣 さん プロフィール

  •  
麻雀大臣さん: 日本プロ麻雀協会 武中進の色々な呟き
ハンドル名麻雀大臣 さん
ブログタイトル日本プロ麻雀協会 武中進の色々な呟き
ブログURLhttp://susumutakenaka.blogspot.jp/
サイト紹介文日本プロ麻雀協会の武中進による麻雀および麻雀界についてのお話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 40日(平均8.2回/週) - 参加 2016/12/15 01:58

麻雀大臣 さんのブログ記事

  • 第15期雀竜位決定戦が始まるみたいです
  • 麻雀なんて勝ったり負けたり、そして競技麻雀とは「負けたり負けたり負けたり」なわけです。タイトル戦なんて所詮たった一人の勝者以外は全員負ける。本戦、ベスト16、決勝と勝ち進んでいっても最後には一人を除いて全員が悔しい思いをするわけです。そして性質が悪いことに、勝ち上がれば勝ち上がるほど負けたときの屈辱感も大きくなる。でも、そんな中でもタイトルを取るにはコツコツと参加を続けるしかない。もう本当に競技麻雀 [続きを読む]
  • 第二期雀竜位とかについて書いてみる
  • いよいよ年も明けて雀竜位A級がはじまります。今回のA級メンバーについては以前にも記事にしているのでそちらをご参照下さい。http://susumutakenaka.blogspot.jp/2016/12/a.htmlそして現在までのスコアはこちらをご参照・・・・(--;)http://npm2001.com/janryu/a-kyu.htmlさて僕の雀竜位における最高順位は言うまでもなく第十三期の優勝であり、次が第十四期における準優勝なのですが、その次はなんとまあ第二期にさかのぼります [続きを読む]
  • 私見にともなう麻雀プロ紹介その6:松嶋桃
  • このタイミング松嶋桃について記事をアップすれば、TBSの恩恵にあずかってアクセス数が増えると考え書いてみる男本日の記事は麻雀業界について知らない人にも解るように比較的ライトです。ご承知おきをwhttp://mj-news.net/mjpro/pd/2015090821046日本プロ麻雀協会第9期後期で関東本部所属。来期(第16期)女流Bリーグ所属京都大学出身であり、麻雀プロによるアイドルユニットMOREのメンバー、まさに才色兼備の麻雀プロであります。 [続きを読む]
  • アイドルの人生について本気出して考えてみた
  • ふと思い立って雑記でも上げてみようと思うアイドルの握手会という物がある。CDを一枚買ってそれにオマケとしてついて来る握手券をイベントに持っていくと、10秒ほどお目当てのアイドルと握手出来るという代物だ。まあこの事を今のご時世に知らない人はあまりいないだろう。AKB等は特に有名だが、他のアイドルだっていまや多数これをやっているし、CD音源が商売に使えないこのご時世ではもはやメイン商法と言えよう。そしてこの握 [続きを読む]
  • 私見にともなう麻雀プロ紹介その5:吉田基成
  • 今日の記事は第十四期雀竜位(現雀竜位)の吉田基成。http://mj-news.net/mjpro/pd/2015100222791つまりあと少々の期間が経てば雀竜位を失冠する=私に奪い取られる(予定)の可愛そうな男です!キリッさて彼について語るに当り、僕が以前にこのシリーズの記事にて鈴木たろうについて書いた時の記事を紹介、http://susumutakenaka.blogspot.jp/2016/10/1.html僕は鈴木たろうの一番凄い所を「勝ち続ける事、強者と呼ばれ続ける事」と書きま [続きを読む]
  • ナンパ教室に通う男
  • 最近NHKの「ねぽりんぱほりん」という番組に嵌っている。http://www4.nhk.or.jp/nehorin/毎回顔出しNGのゲストと司会(山里亮太・YOU)が人形劇でお話をするトーク番組なのだが、呼ばれるゲストが「二次元しか愛せない女」とか「痴漢冤罪者」とか「国会議員の秘書」とかなかなかに風変わりでトークも際どくて面白い。んで昨日やっていた題目が「ナンパ教室に通う男」だった。そもそもナンパ教室なんて物がこの世にある事が意外なの [続きを読む]
  • 初めて天鳳やってみて思った事
  • 第3期しゃるうぃ〜てんほう! 予選リーグ 第1節A卓http://live.nicovideo.jp/watch/lv286078359https://freshlive.tv/npm2001/72936ご視聴いただきありがとうございました。競り合いにほぼ全部勝つとかいうバカづいた展開で1-2-2-1にてフィニッシュ!後輩ども(というか山中君)を蹴散らして、+6Pの好発進ですよ。キリッ実際天鳳ってほとんどやった事がなくて、それでもルールを聞いてある程度はその特殊性を知っていたつもりだっ [続きを読む]
  • 初タイトル獲得した知人にはプレゼントを渡す
  • 自分の中で決めている事の一つである。きっかけは自分が初めて勝った2年前の第十三期雀竜位の時、優勝した後に幾つかのプレゼントを頂いた事だった。思えば自分はどちらかというとそういった事にドライな方だったし、誰かが勝った時に何かをあげようという発想も無かったし、自分が受け取ってもあまり喜ぶ気がしていなかった。が2年前に何人かがプレゼントをしてくれた際に、物としての有難味より「自分のために時間をかけて選んで [続きを読む]
  • トーナメントとかでメモを取る意味
  • 以前に他記事で書きましたが、タイトル戦というのはフリーのような無制限回数での平均収支争いではありません。明確な通過条件があります。参加者が100人中上位30パーセントが通過、というような大人数の予選・本選だと、「ラスを取らなければOK。トップも2着も関係なし」といった状況が出てきます。これがベスト16のような少人数でのステージとなると条件が明確に。例えば自分の卓を含めて4卓しかない以上、「卓内でポイント1位に [続きを読む]
  • 麻雀を上達するための考え方⑥:有効戦術は常に変わっていく
  • 前回の記事http://susumutakenaka.blogspot.jp/2016/12/blog-post_28.htmlさて需要があったかはわかりませんがw、本シリーズ最後の記事。前回麻雀には最適解が存在しない理由を書いた一方で、「最適解があったとしても変動している」という点を書きました。その理由は単純明快。麻雀が相対的なゲームだからです。「周りの人達がどう打つか」で一番勝ちやすい戦術なんて変わってしまうんですね。代表的な例を言えば、十数年前に出て [続きを読む]
  • 麻雀プロの神頼み
  • 初詣に花園神社に行こうとしたけれど、1/1も1/2も1/3もあまりにも人が多すぎて挫折しました。毎年年明けのたびに「日本人っていつからそんなに信仰心あふれる民族になったんだ、、、、」と言ってやりたくなる、どうも僕です。というわけで初詣は家の近くにある成子天神にておまいり。おみくじは吉でした。ちなみにこの神社は2年前の第13期雀竜位等、色々と思い出があるのです。詳しくは下記記事にてhttp://susumutakenaka.blogspot [続きを読む]
  • その年始の抱負、本当に大丈夫でしょうか?
  • あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。そして今年も当ブログを是非ともごひいき頂けると幸いです!さて新年一発目のブログなのですが、いきなり真面目な麻雀ネタを書きたいかと。皆さん、新年の目標に麻雀についての抱負を掲げてたりしますかね?掲げてない方、今回の記事はあまり参考になりませんので読まなくてもOKです!・・・・・では掲げている方々、「リーグ戦昇級」とか「平均着順2.2台」とか [続きを読む]
  • 生放送の時の心がけ(麻雀とか人狼とか)
  • さて12/30(金)11時より以下URLにて人狼スリアロ村が放送されます。2016年最後のニコ生出演、是非是非ご視聴かTSを!^^※生放送は無料(ただし一部のみ)!http://live.nicovideo.jp/watch/lv284880446https://freshlive.tv/jinrou-ch/70588思えば僕が人狼放送に出始めたのは2年前の年末SP(13幕)からだったので、約二年間がたったわけですね。(大浜とか兄とかはもっと前から出てますが)さて今日はちょっと表題の通り「生放送の時の心 [続きを読む]
  • ただ決意して飛ぶ行為、それが麻雀(第15期女流雀王決定戦)
  • 第15期女流雀王は朝倉ゆかりでした。クリスマスに行われた協会の女流史上にも残るであろう激戦、朝倉・愛内・大崎のデッドヒート、以下URLにて完全無料視聴可能ですので気になる方は是非に!https://freshlive.tv/npm2001/69525最後の2回戦はもはや見所しかなかったです。夜に大浜さんと飲みの約束があったので、それまでテキトーに街を遊びまわる予定だったのですが、Twitterを見ていたら気になりすぎて急いで一時帰宅、最後の2回 [続きを読む]
  • 麻雀プロとプロ野球と四神降臨2016
  • 本日は四神降臨2016クライマックスSP四団体対抗戦、各団体の代表が激突する対抗戦であります。私も昨年の2015年は、協会のインテリ枠代表として出ておりました。キリッPVhttp://www.nicovideo.jp/watch/1482136365生放送http://live.nicovideo.jp/watch/lv285195165https://freshlive.tv/threearrows-ch/70309個人的な注目はスポーツファン枠、これ野球ファン枠って言ったほうが正しい気がするw最高位戦 浅見真紀(読売ファン)協会 [続きを読む]
  • 麻雀を上達するための考え方④:半荘単位の基本的な思考スタンス
  • 前回の記事http://susumutakenaka.blogspot.jp/2016/12/blog-post_97.htmlさて前回フリー・セット麻雀での戦略を着順・素点・祝儀Pといった各要素を考慮して無限に近い試行回数内でのトータルを出来る限りプラスにするという点を意識する事、と書きました。これを戦術レベルに落とし込む為に、今回は「半荘単位の基本的な思考スタンス」について簡単に書こうかと。まず着順・素点・祝儀P、この中で一つだけ仲間はずれがいます。皆 [続きを読む]
  • 雀竜位A級とか蔵美里とかについて色々と
  • 協会の年間公式戦には大きく分けて、年間リーグ戦である雀王位戦と、年間勝ち抜きランキング戦である雀竜位戦が存在しています。簡単に違いを言えば、雀王位戦はA, B1, B2, C1, C2, C3, Dリーグに別れ、1年or半年単位で昇降級を決めていく、一方で雀竜位戦はD級⇒C級⇒B級⇒A級の勝ち抜き戦が一年間で実施される、つまり入会一年目でも獲得できるチャンスがあり、過去には第3期の小倉孝、第12期の斎藤俊がこの「入会初年度での戴冠 [続きを読む]
  • 麻雀を上達するための考え方③:「勝つ」とはどういう事でしょうか?
  • 前回の記事http://susumutakenaka.blogspot.jp/2016/12/blog-post_82.htmlさて、麻雀のゲーム性については説明をしたので、ここから更に一段降りて「戦略概念」の部分、について触れたいかと思います。言うならば「勝つ為の考え方」ですね。ただこれを論じる前に、そもそも「勝つ」とは何か?これを明確に理解する必要があります。実はこれも状況次第で異なり、その分別を出来ていない人が結構多い。代表的な例は以下の通り競技麻 [続きを読む]
  • 麻雀界のクリスマス事情
  • 12/24,25というのは世間の独り身の男にとっては少々面倒なイベントである。街がカップルにあふれる中、一人でうろつこうものなら「なんて寂しい男なんだ・・・・」という視線を浴びる、そんな日だ。特に今年のように24も25も休日というのは非常に困る。まあ、この歳になるとあんまり気にもならないけどwそしてタイトルにあるように、この二日間は雀荘やゲストプロにとっても少々厄介な日と言われている。早い話、客が来ないのだ。 [続きを読む]
  • 麻雀界の恋愛事情(男性編)
  • 最近大ブームのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」主人公の津崎平匡35歳は生まれてから一度も彼女がいない自称"独身のプロ"、そんな彼の色々な腰抜けっぷりが見所(?)の一つであり、私も何だかんだで全話見てしまっているわけであります。さて「年齢=彼女イナイ歴」という現象ですが、個人的にはあんまり珍しいと思ってませんw麻雀界には別にちらほらいるだろうし、システムエンジニアにも結構そういう人はいるのでは、と思います。 [続きを読む]
  • 私見にともなう麻雀プロ紹介その4:近藤千雄
  • 昨日行われた最強戦で見事優勝した近藤千雄についてhttp://mj-news.net/mjpro/pd/2015092822366彼は日本プロ麻雀協会の二期生であり、12月受験組です。ちなみに当時の協会は前後期に分かれておらず、12月と2月の2回に行われたテストの合格者が全員通期リーグデビューをする形でした。※ちなみに僕は2月受験組で彼と厳密には同期ではない。さて彼についての僕が良く覚えている点は「正当に実力を評価されていない時期が長かった選手 [続きを読む]
  • 超今更ながら「科学する麻雀」についての私見を書いてみる
  • ちょっと気がむいたので唐突に書いてみようかとw約10年以上前に発刊された麻雀界の衝撃の一冊まあこの本についてのレビューを昔頼まれたけど、書いた内容が大幅カットされた悲しい過去もあるのでwはじめに言っておきたいのが、僕が今まで読んだ中で一番他人にお勧めする麻雀戦術著書は「超入門 科学する麻雀」だという点です。各ページの戦術論は少々昔の物で、今更感もあるし現代では古い物もある。でも現代でも有効な戦術は多々 [続きを読む]