365yum さん プロフィール

  •  
365yumさん: 美味求心 - San Francisco Yummy Life
ハンドル名365yum さん
ブログタイトル美味求心 - San Francisco Yummy Life
ブログURLhttp://ameblo.jp/2yum/
サイト紹介文サンフランシスコからこんにちは どこにいても毎日感謝して心身ともに幸せ生活してゆきます。(⌒-⌒)
自由文時々多重言語ブログを書きます。おかしな言い回しをしてると思われたら、軽く突っ込むか流してください。 Multilingualになりたい私は英語に加えてスペイン語を学び始めたのでこれも使い回したいです。どこでも交流できるロコになって美味しいものを食べたいから。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 101日(平均7.9回/週) - 参加 2016/12/15 05:36

365yum さんのブログ記事

  • RT 2
  • 結局2ヶ月が限界の、お互いがルームメート・フロム・ヘルちゃん状態でした。  最初から順に読む ルームメート RT 1詳細としては。。。 悪口:彼女が来てから一ヶ月目ぐらいに実感したことが、この人は友達に引っ越しを手伝ってもらったり物もらったりしてるのに、私に話すときには友達のいい点を上げたりせずに、"She is so ugly." とか、"He looks like a monkey." とか、"She's boring." "He's too competitive." [続きを読む]
  • ルームメート RT 1
  • ルームメートのTちゃんが来て 2週間の間は双方忙しく過ごしてたので、 引越してきた翌日の日曜に、ブルーグラスのコンサートに行ったきり、あとは 朝ちらっとお互いを見かけて、夜また見かけるかなーってすれ違いの生活でした。 台湾生まれのTちゃんは、中学・高校・大学と米国南西部で過ごし、大学卒業後、数々の医大に応募してその結果が出るまでの9,10ヶ月間はカリフォルニア大学のサンフランシスコ研究室でア [続きを読む]
  • RB 7 Unbelievable Ending
  • 発つ鳥後を濁さず、なんて日本のことわざを、いくらアイビーリーグ名門校出とはいえ、RBさんが知る芳もない。けど、レンタル物件を明け渡し前にはプロ並みに掃除しないと課金される、ってことは常識だし、私達の交わした契約書にも明記されている。 最初から順に読む: 1 2 3 4 5 6 RBさんは「月末の木曜日に3時ごろ荷物を出して、3時 [続きを読む]
  • どっしり持ち込み 衣類の断捨離
  • 大きなダッフルバッグに一つ衣類どっちゃり、中型アウトドア仕様のバックパックにブーツ2足、バッグを3つに帽子2つ詰めて、どちらもパンパンに膨れ上がったバッグを押し抱えるようにして閉じて、徒歩で5分ほどの Fashion item exchange shop buffaloexchange に行った。 ここで持ち込んだ品物を店員さんがひとつひとつ手にとって、再販できそうなものにはこのお店での販売価格を即決し値札を付けてゆく。その価格の30% [続きを読む]
  • RB 6 Out of Place
  • 私にすれば毎日キッチンとバスルームに行く度、汚れた場面に我慢するか掃除するかの選択を強いられていたから、ルームメートPBさんの苺やヘアーアイロンやシャンプーボトルに対する抗議内容は些細な事に思われたけど、こちらの不満は話したことがないから向こうの知ったことじゃない。 最初から順に読む: 1 2 3 4 5 PBさんの抗議に理由を述べたし [続きを読む]
  • RB 5 Strawberry Incident
  • ルームメートのRBさんと私は、 一緒に早朝から有機栽培マーケットへ買出しに行ったり、 新作映画と新レストランをチェックしに行き、 2、3時間のドライブも含めた他の街への探訪をしたりと、 友達っぽく最初の数ヶ月を過ごして、互いに不満があるという発言は発生しなかった。 ある月曜の朝までは。最初から順に読む: 1 2 3 4 彼女が入居して4ヶ月目 [続きを読む]
  • RB 4 Venting out
  • ルームメートRBさんと私は、有機栽培マーケット探訪に加え、近郊のリゾートに半日でかけたり、ショッピングセンターで衣類やアクセサリーをいろいろ試着してみたりと、アパートから外へ一緒に出かける。共にグルーポンを使って、サンフランシスコ近郊のBodega Bayボデガベイで乗馬レッスンする予定も組んだりした。 自宅でたまにすれ違うだけの、または共に映画を鑑賞するだけ、あるいは、自炊した料理をシェアしあう住居地 [続きを読む]
  • まだ百もある 断捨離 (^▽^;)
  • ものが片付けば考えも片付くことを願って、身の回りの整理をしつつある昨今。 昨日は大型スーツケースに4杯分の書籍をサンフランシスコ図書館に寄付し行き、Uberのドライバーサマサマに車のトランクへ積み込み手伝ってもらえて大感謝。 今月2度めの書籍寄贈をした後の現自宅にはまだ20冊程手放せなかった本がある。半分は形見分けよろしく親しいお友達に差し上げる予定で、残りはもう一読して手放すか、電子バージョ [続きを読む]
  • RB 3 Farmers Market
  • RBさんは非営利セクターで有機栽培を促進すべく、農場主と他の非営利セクターの間で働いてるので、食品問題には熱を入れてブイブイしゃべりまくれるお人。 最初から順に読む: 1 2 2008年作のFood Inc って映画では、食品産業が安価に低品質の食品を大量生産することと、農業・牧畜従業者を飼い殺しにする方向に来たかって紹介してたけど、この映画を始めてみたのはRBさんと。食生物の種子さえも [続きを読む]
  • RB 2 Neti Pot
  • RBさんの引越しは小さなレンタルのトラックに平らに並べた箱が第一便、 分解されたベッドとマットレスが第2便、という極めて小さな引越で、 彼女の友達4人と、私で合計3時間ほどの搬入で片付いた。 最初から順に読む: 1 引越しを手伝ったお礼にと、近所のピザ屋さんでRBさんのおごりで皆で食事して、くつろいで戻ってきたあと、RBさんと友達は屋上へシャンパンを開けて乾杯しに、私はク [続きを読む]
  • RB 1 Interviews
  • サンフランシスコの新居となった2ベットルーム、1バスのアパートで、初めて大家としてルームメートを募集するにあたっては、友達から Find a fine roommate for your fine apartment!とか、Be careful choosing your roommate, and don't be neive to take in a strange person. と注意された。 実際、Rroomie募集のオンライン広告を出すとたくさん応募メールが来たので選べる立場になった。 興味 [続きを読む]
  • 今日はオリーブの日? the Best Olive Oil
  • 先日、我が家のイケメン、と私のゲイ友がみなそういう、現ルームメートが、大きな箱を持ってごそごそと音をたてながら帰宅。 "Hey Yum!! My uncle won the Awards for the World's Best Olive Oils!!"と話しながら2重3重になったダンボール箱を開け、一本私にくれた。 へ?世界一?!それってすごいね!ありがたく頂いて味見してみると、まずオリーブオイル独特の香りがとっても軽くて、舐めてみるとあの苦さがない。&n [続きを読む]
  • Quit being an American?
  • アメリカ国籍を取得して十年以上経ち、トランプ大統領の誕生と同時に、米国で会社勤めすることに興味をなくし、現在は次なる移住先を模索中の私。 先月はメキシコ視察して、メキシカンフードはサンフランシスコで提供されるものよりも美味しいと思えたものの、2週間の旅の後半にはアジア系食事の必要性をしみじみと実感したので、現在はタイとベトナムへの移住もしくは長期滞在を考慮中。 行く先を見繕っている間も、愛 [続きを読む]
  • Spring Forward in Style 
  • 来たよ、また、DSTが。略称 DST はDaylight Saving Time デイライト・セービング・タイム。 3月の第2日曜午前2時に始まり、11月の第1日曜午前2時に終わるので、今年は3.12から11.5までの間。 "Spring forward or fall back" とは DST 適用方法をまとめた言い方で、時計の針を一時間、春には先送りにし、秋には後ろ向きに、ってことなんだけど、Spring forward 前に弾むFall back 後退すると、ど [続きを読む]
  • パンダ発見の日、一方サンフランシスコでは
  • 上空がバラバラと、幾つかのヘリコプターが飛び、数機はほぼ停止状態で何やら録画中の様子。何があったんだろう、今日のサンフランシスコ。 レストランへ向かう途中、閉鎖された数ブロックの前で報道陣が何やら録画・中継中。 NEWSをチェックすると、2ブロック先のアパートで、銃を持って立てこもった人が、害虫駆除に来た人を驚かし、爆発物も持っているようだと通報されたので、現在はそのビルを囲む警 [続きを読む]
  • Song of the Open Road by WaltWhitman
  • 詩を読む声がとても良く響いて印象に残ったので原作を探した。原作者は Walt Whitman, American poet, essayist, and journalist (1819-1892) この30秒TVCMでは以下太字部分だけが第一章と第五章から使われている。 Song of the Open Road Afoot and light-hearted I take to the open road, Healthy, free, the world before me, The long brown path before me leading wherever I choos [続きを読む]
  • Thanks but no thanks.
  • 私の最も頻繁に使うウェブブロウザーには広告よけのプラグインがついていて、普段はあまり広告画像を見ない。 広告が表示されないで、空白部分がぽっかりあったり、AD とか広告とのさっぱりしたテキスト表示がでるけど、ページ全体のレイアウトが正しく表示されているかかどうかは保証がない。 自分のページに関してはそういったプラグインまたはエクステンションをつけていないウェブブロウザーで同じページを開いて確 [続きを読む]
  • 散々台湾 9
  • 台北空港に着いて早々にAーさんに対面するのは嫌だったので、ぎりぎりの時間に当該ゲートに行き、機内へ搭乗してから数日ぶりにこの旅のパートナーAーさんに会って並んで座りました。最初から順に読む:1 2 3 4 5 6 7 8シートベルトを装着したAーさんはにこやかに、'I am so proud of you going diving by yourself. You should thank me [続きを読む]
  • 散々台湾 8
  • 台湾南端の町、墾丁・ケンティンからは、カナダから来ていたスクーバダイバーのnewly engaged couple、白人男性と台湾女性のレンタカーに台北まで同乗させてもらい、台北出身の彼女の案内で中華風しゃぶしゃぶを食べてからお別れ。 最初から順に読む:1 2 3 4 5 6 7 まずホテルを確保して荷物をおろしたら、ツアーを探し翌日のブッキング。そしてそ [続きを読む]
  • 私を構成する成分は・・・
  • ▼私を構成する成分は・・・ なんのこっちゃ。でも光っていいな。私欲が無くなりそうなセルフイメージ?ちょっとそれぶって一日過ごしてみようかな。もちろん覚えていたら、って話だけど。手の甲にでも「光」って書いとかないときっと忘れるよ。 ちなみに、うちの猫ちゃんにはこれが出た。 我が家の猫ちゃん、活字よりも缶が好きで、勉強してる様子も、名案を持っているような顔つき [続きを読む]
  • 散々台湾旅行 : 7
  • 3日間連続でダイビングした最後の日は、ダイブ歴20数本というフランス人カップルを自分でもあまり良く地理の分かってない場所でガイドすることになった。何処でどんなものを紹介できて,40~50分の楽しいダイビングツアーにするには、うーん。 最初から順に読む:1 2 3 4 5 6最善をつくして珍しそうなものを見つけれるように、ゆっくり泳ぎませんか、と合意を [続きを読む]
  • Girls Day 散らし寿司に三色団子
  • Happy Girls Day!!! これはサンフランシスコで雛祭りのエピソード。散らし寿司に、照り焼きチキン、モロきゅう、インゲンとブロッコリーの胡麻和え、三色団子、フルーツにシャンパンを用意したところ、 ガールフレンズ6人が、チーズケーキ、マカデミアナッツ・チョコレート、ブロウニー・ケーキ、カシスケーキ、ムースケーキ、クリームパフ、にクッキーとワインなぞ、たんまりしょっていらっしゃいました。 私 [続きを読む]
  • 散々台湾旅行 : 6
  • 最初から順に読む:1 2 3 4 5 墾丁・ケンティン!とドライバーさんに知らされて下車したバス停留所は、コンビニのある商店街の軒先で、ダイブショップも海も見当たらない。タクシーを捕まえて、ホテルだかホステルだかの設備もあるダイブショップへ住所を見せて行ってもらう。海沿いの細い舗装された道沿いに時々建物が現れるのだけれど、当該のダイブショップはお隣の平屋 [続きを読む]
  • 散々台湾旅行 : 5
  • 最初から順に読む:1 2 3 4 Vacation of Lifetimeがこれじゃお笑いじゃん。冗談じゃないよ、まったく。一緒に観光するって予定で来たのに、と文句をいいたい気持ちがいっぱい。けどこの人とは10時間以上ある帰りの飛行機内でゆっくり話し合えるから持ち越して、この場はアットホームな雰囲気に夕飯の支度を手伝って、食後か翌日さっさと旅立とう、と決意した。 仕事用のラ [続きを読む]
  • 散々台湾旅行 : 4
  • 最初から順に読む:1 2 3 Aーさんの大間違いのお陰でサンフランシスコと台北間の往復航空券を購入して、夜中に台北着のフライトから長距離バスとタクシーを乗り継ぎ高雄に来る破目になった。到着直後の母と娘の再会をビデオに収めて、気がついたらこれまたAーさんの話による大きな2べットルームではなく、とても小じんまりしたワンベッドルームのアパートで、押しかけた母君は娘のAnnaとベットをシ [続きを読む]