テモテパパ さん プロフィール

  •  
テモテパパさん: テモテパパのぶろぐ〜みことばを読んで〜
ハンドル名テモテパパ さん
ブログタイトルテモテパパのぶろぐ〜みことばを読んで〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/temotepapa/
サイト紹介文主に聖書の言葉を読んで思ったことを 何でも良いから、毎日書く、で頑張っています。
自由文聖書のみことばはyou versionから
通知されるものに頼っています。

あくまでも、個人の勝手な思いなので、
適当に読み流してください。

たまに、他のことも書くので、
統一感は全くありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 99日(平均7.6回/週) - 参加 2016/12/15 07:25

テモテパパ さんのブログ記事

  • 神の怒り
  • 神の怒りって言われても、神様の存在を信じないと、なんてことない。でも、神様がいると思うのであれば、とっても、怖い言葉。そもそも、神と御子の関係は?疑問はたくさんあるね。でも、信じることがスタートだから。それは、父なる神の存在と愛、子なる神イエスによる救い、聖霊なる神による守りと導き。さあて、信じられるか?にほんブログ村 [続きを読む]
  • 誰に対しても
  • 誰に対しても、善を行う。じゃあ、善ってなんだろう。私にとって善と思っても、その人にとっても、善とは限らない。だから、難しい。だから、勇気がいる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • この人以外にない
  • そう言われてみたい。でも、仕事にしたって、代わりはいるものだ。夫と妻や、親子の場合は代わりはないなあ。それとは違うけど、この人以外救いがないと信じている。だから、この人についていく。にほんブログ村 [続きを読む]
  • おもいわずらうな
  • 明日のこと、先のことを心配するから、不安になる。その日、その時を精一杯生きる。それだけで良ければ心配事は減る。でも、先のことも考えないと、生きていけない。それよりも、その日を生きられるか、どうかそれさえ不安な人もいる。そのような人には、どのように伝えたらいいのだろうか?にほんブログ村 [続きを読む]
  • 信頼関係
  • その指摘、戒め、場合によっては、辛辣なことばが、愛から来るものなのか、悪意から来るものなのか、受けとる側の心の持ちようにもよる。ただ、厳しいことばを真摯に受けとるのは難しい。ことばを発した人との信頼関係にもよるかも。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 我が道をゆく
  • 「我が道をゆく」って、かっこいい。自分の信じた道を歩んでいくことはすばらしい。でも、他人のアドバイスを全く受け入れないと実は、間違っているかも知れないのに、気がつかないかも知れない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 完全
  • コメントできない。完全なので。。。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 腹から水
  • 「腹から水」っていわれると、なんか具合が悪いみたい。新改訳聖書では「心の奥底から」と訳されていた。でも、悪い考えを持つ人を「腹黒」といったりするので、あながち間違ってはいない。何れにせよ、その人の内面からあふれでる、見たいな感じかなあ。P.S色々あってちょっとサボっていました。気長に続けていきます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 強くなりなさい
  • 簡単には、そうなれない。人間だから、弱い。だから、強くなれと言われる。でも、それは人間の力ではない。だから、「主にあって」と言われている。人間は一人では生きられない。一人では強くなれない。だから、主に頼る必要がある。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 前か、横か。
  • 主とわたしの位置関係。主を前に置くということは、主についていくということは。それは、主がわたしに襲い来る困難に立ち向かってくださるということ。主が右にいるということは、主がわたしをしっかりと支えてくださるということ。だから、わたしは動かされることはない。それは、主の後からも主の左からもわたしは、主に支えられ、主に後ろについて生きていく。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 寄り頼む
  • 昨日は「信頼」とか、今日は「寄り頼む」とか、似たような言葉。でも、きっと微妙に意味や状況が違うから、訳し分けているんだと思う。「寄り頼む」の方が私は好き、すべてを預けるって感じあるから。仕事では、「信頼」だけどね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 永遠
  • 信頼と信用は、違うっていうけど、神様に対しては、信用よりも、信頼、なんだろうな。とこしえ=永遠に、って言われても、永遠に生きる訳ではない。あっ。神を信じるものは、永遠のいのちをあたえられるんだった。この世でのことではないかもしれないけど。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 祈りを聞かれる
  • わたしは正しいものなのかなあ。わたしの祈りは聞かれているのなかあ。それは、主のみ知っていること?祈りが聞かれたって、どうしたら、わかるんだろう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 愛と忍耐
  • 一見、相容れない、一見、無関係に思える。でも、愛があるから、忍耐できる。いや、愛がないと耐えられない、かもしれない、夫婦生活?いやいや、我が家はそうじゃないよ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 正しい
  • 正しい、って、何をもって正しいというのか。その判断基準はどこにあるのか。自分の価値観だけでは、自分にとっては正しいかも知れないけど、他人にとっては正しくないかもしれない。相対的に判断すると、どうしてもそうなる。だから、絶対的な基準が必要になる。クリスチャンの場合はその基準を聖書、神様におくけど、クリスチャンじゃない人とは、当然違うので、そこでも、問題が生じる場合がある。クリスチャンとして、この世の [続きを読む]
  • 愛するなら
  • イエスを愛するだけでいいんだよ。それだけで、神様が共にいてくださる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 患難に耐える
  • 何もなくてただ、耐えるだけ、それはつらい。耐えた先に、何かないと。だから、望みを抱いて、といわれているが、この望みは、必ず来ると信じているが、いつ来るかわからない。それでも耐えるために祈るんだろうな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ひとつになる
  • 同じ信仰を持っているといっても、やはり、別の人間。一致することは簡単ではない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 待ち望め
  • 目に見えないもの、耳で聞こえないもの、実感できないもの。それを期待し、待ち望むことは、なんと難しいことか。それでも、主は、待ち望め、といわれる。それが、信じる、っていうこと。難しいなあ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 愛を私に
  • この聖句で、「愛」を「私」に変えてみよう。そのまま、すらすらと読んで、違和感を感じない人は素晴らしい、愛ある人なんでしょう。 そんな人はいるのだろうか。少なくても、「私」はそうだよ、とは言えない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 主のわざ
  • 「主のわざ」って、なんだろう。伝道すること?奉仕すること?人のために何かすること?人として、一所懸命生きること?主にしたがって生きること。主を見上げて生きること。にほんブログ村 [続きを読む]
  • わたしを組み立てられた
  • 主によって組み立てられたのは、肉体だけじゃなくて、心も、かも。でも、そのことに気がつかないと、主のことを知ることができない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 神に選ばれた
  • 神に選ばれたことは、私が聖人君主だからではない、何か立派な業績を残したからではない。人と比べて優れているからではない。ただ、神の恵みによる。にほんブログ村 [続きを読む]