Earth Angel Lights さん プロフィール

  •  
Earth Angel Lightsさん: 書く癒し〜小さな私に光を〜
ハンドル名Earth Angel Lights さん
ブログタイトル書く癒し〜小さな私に光を〜
ブログURLhttp://earthangellight.hatenablog.com/
サイト紹介文幼い頃に置き去りにしてしまった「小さな私」の心を癒し、自ら育て直すための自己観察記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 187日(平均7.0回/週) - 参加 2016/12/16 19:36

Earth Angel Lights さんのブログ記事

  • 【6/19】小さな私と今の私との対話記録
  • 気づけば、久しぶりのワーク。昨日、コーチングをお願いしている方からいただいたメッセージからひょっこりと出てきた小さな私との対話。ー今日はどんな感情にフォーカスしたいですか。「私の話を真剣に聞いてくれる人も、真剣に理解しようとしてくれる人もどこにもいない」「私に対する無関心」への深い悲しみ。ー深い悲しみですね。はい。そうです。ーでは、この深い悲しみは、体のどの部分にありますか?眼球の奥の方。ー奥のど [続きを読む]
  • 個性を育てる
  • 花を育てながら気づいたこと。同じ椿にも歴然とした個性があった。よく見るベーシックな形もあれば。こんな薔薇のような椿もまたよし。個性があれど、美しく輝きを放っているという点では同じ。そしてふと思い出した。同じ人間の中でも、違いがあることを。違いはときに怖さを感じる。その怖さに覆われてしまうと、それは排除や差別という結果につながり、なかったことにするという行動に走るように思う。私の生い立ちは、少数派で [続きを読む]
  • 価値観という根っこ
  • 今の私は、古いものを削ぎ落とし、これらの根を新たに下ろしているような感じがする。「心身の癒しと健康」という根っこ。「自己尊重」という根っこ。「自然との調和」という根っこ。「自由」という根っこ。「感謝」という根っこ。「正の循環」という根っこ。「自己選択」という根っこ。「Win-Win」という根っこ。「感じることを表現する」という根っこ。これらの根を下ろした先に、どんな花が咲くのか、どんな形なのかも予想もつ [続きを読む]
  • 批判の裏側にあったこびりついた思い
  • 相手を強くなじりたくなるときがある。相手を強く否定したくなるときがある。相手を強く批判したくなるときがある。この批判の感情に激しく覆われると、私は手のつけようがないほどの感情の渦に呑み込まれてしまう。なぜ、私をこんなにも尊重しない?なぜ、私の意見をこんなにも無視する?なぜ、私を愚痴のゴミ箱のような扱いをする?なぜ、私の意見を聞こうとせずに強引にことを進める?なぜ、私のことだけ怒鳴る?なぜ、私だけが [続きを読む]
  • 偶然という天の配剤
  • 数日前、散歩中に家の鍵をなくしてしまった。思い返すと(こういう時に限って)、ポケットがゆるいズボンを履いてたり、長い時間うろうろも何時間も散歩していたり、写真を撮るのに散々しゃがんだり、旦那と待ち合わせして急いで走ったりと、色んなことが重なっていたなぁと思う。散歩先は、近所にあるキングスパーク。こんな山道も通ったり、一日ではとても歩くことができない大きさ。なので、落とした場所も皆目検討がつかず、ほ [続きを読む]
  • 【6/8】小さな私と今の私との対話記録
  • ー今日、扱ってみたいのはどんな感情ですか?一方通行な関係が続いていくことへの底なし沼のようなぽっかりとした虚しさ。ーでは、この底なし沼のようなぽっかりとした感じは身体で言うとどこにありますか?身体の皮膚を覆ってあるその中身全体が空洞になっている感じ。その中でも特に感じるのは、胸からおへその上の辺りの部分がごっそりと空いてしまっている。ここが中心になって、身体全体の空洞がどんどんと広がっているような [続きを読む]
  • 【6/7】小さな私と今の私との対話記録
  • ー今日はどんな感情を扱ってみたいですか?週末、警備員の人に、背後から無理やり服を思い切り引っ張られた。その瞬間に感じた「激しい不快感」。ーその「不快感」は身体のどのあたりにありますか?胸のあたりを起点として、胸から上がカーッと熱くなり、頭に血がのぼる感じがする。あまりにも血が上って、まるでハリネズミのように尖った針が逆さ立つような感じで、胸から上全体がチクチクしたりかゆくなるような感じがする。ー具 [続きを読む]
  • ムシャクシャと怒りの関係
  • 「すごく、ムシャクシャするんです」先日、コーチングセッションの中で、私自身がふと、口にした言葉だ。それは、胃のあたりでずっとぐるぐると旋回していたムシャクシャの存在…。そうか…。この一言から、私は生まれてからずっとムシャクシャ感に全く気がついていなかったようだ。いや、もしかすると、あまりにもぶつける場所がなく、行き場を失ったまま、心の片隅に押し込んでおくしかなく、そのまま忘れ去った存在だったのかも [続きを読む]
  • 【6/2】小さな私と今の私との対話記録
  • ー今日、扱ってみたい感情は何ですか?とある会話から「違いを気にせずに気の合う人とつきあう」という言葉を聞いて感じるモヤモヤ感を扱ってみたい。ーそのモヤモヤは体で言うとどこにあると思いますか?胃のあたり、みぞおちあたり。ムシャクシャもする。ー胃のあたり、みぞおちあたりの具体的にどこにあると思いますか?胃、みぞおちのその中央で、ぐるぐるぐるぐると回転し続けていて、外に出られていない感じ。これがムシャク [続きを読む]
  • 【6/1】小さな私と今の私との対話記録
  • ー今日扱ってみたい感情は?恐怖ー恐怖という感情は体のどこにあるのかな?胸のどまんなか。奥の方。奥の奥の方のすごく深いところに小さな穴に恐怖の感情が棘のように突き刺さったまま凝縮されている。恐怖がやってくるとそこがキューっとまた縮まって、その棘がもっと体にハマる感じ。ー大きさは?すごく小さい。ピンポイントで見た目には見えないぐらい。けれど、棘もすごく鋭くて細いから、見た目には見えない感じ。でもすごく [続きを読む]
  • 【5/31】小さな私と今の私との対話記録
  • ー今日、扱ってみたい感情は?寂しさ。昨日から目の奥が痛くて、頭痛も併発した。ー寂しさという感情はどこにあるのかな?目の奥の奥ー正確に言うならばさらにどのあたり?両目の奥の奥の方の突き当たったところ。眼球の一番裏側。涙腺のあたりにジーンとエネルギーが溜まっている感じ。眼球の上半分の辺り。ーどんな色かな?深みのある冷たいブルー。凍るように寒いブルー。ー形は?一滴の水を凍らせたような。ー触ったらどんな感 [続きを読む]
  • 寄り添う
  • 心から悲しいという人は「悲しい」という言葉を表現できない。心から苦しいと感じている人は「苦しい」という言葉をすっかり忘れてしまう。深い寂しさを味わっている人は、それが寂しさだということが言葉として探せない。深い怒りを味わっている人は、それが怒りだということを見失う。そこには、悲しみ、苦しみ、寂しさ、怒り…。心の痛みで全てが埋め尽くされている。言葉が入る隙間もないぐらいの感情の痛みに支配される。こん [続きを読む]
  • 積み重ねの感情
  • 土曜日。私にとっての土曜日はもはや休みでもなんでもない。喧嘩の温床の一日と言えるだろう。週末の朝。起きると、彼から「今日の朝ごはんはどうするの」という一言。私は起きて、朝ごはんを作り、その後片づけをし、掃除をして、彼の洋服を洗濯する…。片付けを後回しにしていると「なんでまだ動かしてないの?」という心無い一言に何かが壊れた…。結婚生活を続けて一年数ヶ月。なぜか土曜日のたびに喧嘩が絶えない理由が一年以 [続きを読む]
  • 成長の悦び
  • 生命の成長過程。ひとつひとつの生命は、日々、私が想像もできないほどの無数の過程を経ながら、時間を過ごしている。時間と共にその過程がゆっくりと溶け合い、交ざりあい、それがひとつの形として私の目の前に現れるようだ。その姿かたちの裏では、過ごした時間分のエネルギーがぎゅっと詰まっているように感じる。この育てた花は、見るからに、悦びのエネルギーが凝縮している。そんなこの花をじっと見つめていると、なんだかと [続きを読む]
  • 内なる泉
  • 心の内側にある深い泉。それは、深い静寂に包まれれば包まれるほど、くっきりとその輪郭を現わす。★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーを お願いします。 [続きを読む]
  • 輝き
  • 花を観察しながら思うこと。 光・水・風・空気・土…。一見目には見えづらい環境と時間によって、花の輝きは育まれているようだ。さて、今の私に適した環境とは、なんなのだろう…?どうやらこの答えは、ゆっくりとやってきそうだ。それまでは、静かに見守っていよう。★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーを お願いします。 [続きを読む]
  • 心のネジ。
  • 心のネジ。私は、物心ついた頃から、無意識にこの心のネジを開け閉めすることを学んできたようだ。そうやって、どうにかしてバランスを保ってきたのではないだろうかという思いが突然やってきた。生まれたばかりの赤ちゃんの頃…。それこそ記憶には全くないのだが、この世に出てきたというだけで心細さで潰されそうな、かよわさを持っている赤ちゃん。だからこそ、かわいさを備え、泣くという方法を取り、大人からの保護を得ようと [続きを読む]
  • 秋からのお知らせ
  • 風に乗って、秋からのお知らせがやってきた。どおりで空気も冷たくなったわけだ。★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーを お願いします。 [続きを読む]
  • 残っていた、念。
  • 『残念』漢字を分解してみると「残」っている「念」。私の心の空模様は今、とんでもない嵐…。先週末から、また、こうして残っていた念が一気に込み上げてきた。始まりはささいなことからだった。一昨日の夜中から旦那の咳がうるさくて眠れず、他の部屋に移動して寝ていると、旦那が寒いからこっちで寝ろと起こしに来て、また目が覚めて、イライラ。次は被ってた布団を取られて、イライラが頂点に。腹を立てながら、また、他の部屋 [続きを読む]
  • パース散策(動物編)
  • 今日は、気分を少し変えて、パース生活の一部を紹介してみます。シドニーやメルボルンのような派手な建造物はないのですが、自然そのままの美しさが私はパースならではの素晴らしさだと思います。よく写真に載せている場所は、市内を挟んで流れるスワンリバーです。私の定番の散歩道(芝生がきちんと手入れされていて気持ちいい!)。市内まで、船で行き来することもできます。10分ぐらいですぐ着くので、船で出勤してる人も多いで [続きを読む]
  • 仕事の価値観を更新
  • 結婚したこととオーストラリアへの移住をきっかけに、私は仕事を辞めた。高校のアルバイトから数えると、お金を稼ぐという行為は約二十年続けていたことだった。それを辞めた時、私は屈辱感のような、悔しさのような、敗北感のような…。なんとも言えない複雑な気持ちがずっと残ったままだった。しばらくは「仕事がなくなったのは環境のせい、旦那のせい」「なぜ、女性だけが犠牲にならなくてはならないのか」と恨んでいたものだ。 [続きを読む]
  • もともとあったものを受け取る
  • 要らないものを取り払っていく日々を続けて、いつの間にか二年が過ぎた。始めはとにかく心に響かないものは捨て続けた。そうすると、ずっと住み慣れた場所も捨てることになった。じきに、心に響かない人との交流も捨てた。連絡先を消そうと消すまいと、もう私の心にはなかったのであれば同じことかもしれないが、私なりの儀式として、形ばかりの連絡先をどんどんと消した。そうすると、罪悪感とすがすがしさが私の中でしばらく同居 [続きを読む]
  • なかったことにしていたわたしのかけらたち
  • なかったことにしたわたしのかけらたち。今日はなんだか、それを丁寧にひとつひとつ拾い集めたくなって、こうして書いている。なかったことにした私を探るヒント。それは「過度に」嫌い、遠ざけ、消したい、なかったことにした人や状況のもっともっと奥の方に隠されていた。(本当にイヤーなイヤーな感じがやってくると思うので、心の受け皿が充分でないと思う人は読まないことをお勧めする)母親の顔をした「いつもイライラして子 [続きを読む]
  • 世界がひっくり返る瞬間
  • ずっとずっと小さな私が真に受けて、信じ込んでたことがある。それは、親から言われたこんな言葉だった。『あんたはブスだね』幾度となく、そしてとても自然に言われ続けていたこの言葉は、いつの間にか小さな私の細胞の中に深く浸透していたように思う。また、恥ずかしくて「私ってブスなの?」と人にも尋ねられずにいた。そんなことから、鏡を見るのがずっとずっと嫌いだった。ブスな自分の姿を見たくなかったのだと思う。その状 [続きを読む]
  • 感じる「間」と、それを言葉にのせる「時間」と
  • 五感を通してやってきた情報を、足早に通り過ぎることなく、ただ、そこにじっと留まる。そして、どう感じているのかを探る「間」を作ってみる。見たものから目を離さず一時停止させるように。すると静かな沈黙から、なにかしらの感覚が自ずとやってくる。その間の感覚を味わい、言葉にのせた時、それはとても強いエネルギーを纏っているように感じる。★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーを [続きを読む]