いのっち さん プロフィール

  •  
いのっちさん: ふるさと納税
ハンドル名いのっち さん
ブログタイトルふるさと納税
ブログURLhttp://inoue-furusato.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文仕組みを知ったらやらなきゃ損!!面倒くさいと後回しにしていたら、人気商品の品切れが出始めてた。
自由文住宅ローン控除を受けているので「ふるさと納税」は出来ないものと思っていました。よくよく調べると、私は普通にデキたんですね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 102日(平均1.1回/週) - 参加 2016/12/16 22:59

いのっち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ふるさと納税 返礼品額
  • 総務省も意外と対応が早い。ふるさと納税の返礼品など経費がかかりすぎると問題になっていましたが、今後は返礼品額の比率(還元率)を寄附金額の3割までにするよう地方自治体へ要請するそうです。あーあ。マスコミが盛り上げちゃうから、こんなことに。この限度額の要請は4月1日付けとなるとのことなので、別に寄付金申し込みは年末に限っていないんだらか今のうちに寄付しとこっと。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 Yahooプレミアムで3000ポイント
  • Yahooプレミアムに登録して さとふるを申し込むとTポイントが3,000ポイント貰えますよ〜既にプレミアム会員でもOK。さとふるの会員登録とYahooプレミアム会員の紐付けを行うことが条件。注意点は、紐付けと さとふるでの申し込むを同一月に行うこと。いまさら、遅いよ・・・なんて思ったけど、今年はまだ数日ある。さとふる トップページ限度額いっぱいまで既に寄付済みだと諦めそうでしたが、数千円の返礼品もあるんだった。万 [続きを読む]
  • ふるさと納税 申し込み期限
  • 基本的には年内に入金できれば本年度中の寄付とみなされます。クレジットカードの場合はカードを使用した日。カードの引き落とし日では無いので安心ですね。ところが、ふるさと納税を扱っているサイトによっては年内で一旦締め切るところがあるようです。安心なのは「さとふる」→寄付証明書に記載される納付日についてここある通り、・寄付証明書に記載される納付日は、さとふるにて寄付申込みが完了した日となります。・コンビニ [続きを読む]
  • ふるさと納税 カニ
  • ふるさと納税でカニ 頼みました♪稚内産紅ズワイかにしゃぶセット 500g入 相場をみると、カニ本舗のむき身がこの値段かに通販なら厳選特産品専門店 匠本舗コチラは1kgなので、稚内の返礼品は還元率としては50%いっていないってことかな。後は、肝心な「味」ですね。届いたカニは今夜食べてみます!! [続きを読む]
  • ふるさと納税 限度額いっぱい
  • せっかくの制度なので、限度額いっぱいまでキッチリ使いたい。そのためには、限度額を究極までシミュレーションしなくちゃね。過去記事→ふるさと納税 限度額「限界いっぱいまで」と言っても、気にしすぎは良くない。別に限度額を超えても「ドボン」とかありませんから。ただし、負担が最低の2千円よりも多くかかります。限度額の倍以上のふるさと納税をしたら、多分赤字ですが、1万円程度のオーバーなら?ちょっと試算してみる [続きを読む]
  • ふるさと納税 限度額 早見表
  • 標準的なサラリーマン世帯での年収別限度額の早見表はこちら→全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安家族構成によって変わるので、イマイチという場合はコチラのサイトでより詳しくシミュレーションできるので参考にしてください。→シミュレーション〜概要〜 | ふるさと納税サイト早見表だけでは不安とか住宅ローン減税を受けている方も、ここで詳細を確認出来ますよ。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 確定申告
  • 昨年まではふるさと納税をすると、サラリーマンでも確定申告が必要でしたが今年からは手続きが簡略化されて確定申告が不要になりました♪寄付先が5自治体までなら、商品注文後に書類を書いて寄付先の自治体に郵送すれば手続きは完了です。めちゃめちゃ簡単でしょ。書類はコチラでダウンロードできました。→ふるさと納税ワンストップ特例制度について書き方も詳しく解説してあるので、安心です。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 人気
  • 人気の商品は何と言っても「米」多くの自治体で扱っていますが、必ず消費するので ふるさと納税で返礼品として貰えば、その分食品が浮く。つまり現金化できるということです。普段食べられない高級肉も人気ですが、贅沢品は結局トータルの支出が増えてしまうので倹約主婦はなかなか選べないのが実情です。2千円の負担で貰えるからと高級肉を一度口にしてしまうと、いつものお肉では満足できなくなってしまうなどのデメリットがあ [続きを読む]
  • ふるさと納税 都城市
  • 以前紹介した人気ランキングには入っていなかったのですが、注目されている自治体が宮崎県都城市売れ筋は「宮崎牛」と「霧島」人気の理由はイロイロありそうですが、私の感想は宣伝が上手!!地方自治体としては珍しく、話題作りやアンテナショップでのPRなど積極的にふるさと納税をアピールしています。返礼品の選択もGood!!ふるさと納税が始まるまでは高級肉は「松坂牛」ぐらいしか思いつかなかったけど、アンテナショップで [続きを読む]
  • ふるさと納税 楽天
  • テレビCMで「さとふる」がふるさと納税の窓口となって宣伝していますが、楽天市場でもふるさと納税ができます。普通に商品を買うように注文できるので、不安なく始められますよね。ありがたい。楽天は検索機能が充実しているから、「ふるさと納税 肉」とか「ふらさと納税 米」とかで検索すると見つけやすいし、比較がしやすかったです。特に、お米とかはブランドによる価値の違いはあるのでしょうが、1万円で10kgの自治体もあれば [続きを読む]
  • ふるさと納税 家電
  • 高級食材が目立つ返礼品ですが、家電を返礼品としている自治体がアリました。コチラ長野県伊那市長野県喬木村高価なものは、ソレだけでふるさと納税の限度額を超えちゃいそう。高級食材を選択して家族との団欒を楽しむのもいいですが、家電も選択肢のひとつとなるのはありがたいです。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 還元率
  • ふるさと納税をやろうとして戸惑うのは商品としての高さ。それだけを商品としてみると、とても価値に見合う値段になっていない。仕組みが分かると、当然ですよね。→ふるさと納税 仕組み本来は寄付とか納税先の選択性なのですから、返礼品が貰える方が不思議。自治体をしては、自分の所により多くの寄付を集めようと必死です。豪華な返礼品を付けて、寄付を集める。相場は最大で寄付金の半額が目安なんだそうです。特に決まりは無 [続きを読む]
  • ふるさと納税 仕組み
  • わかりにく、ふるさと納税の仕組みも図解するとわかりやすい。ココにわかりやすい解説されていました。→ふるさと納税理解するには2年間で考えなければイケません。例えば、今年は寄付金として6万円払って返礼品をもらいます。すると、翌年の税金が5万8千円減る。2千円の負担で、返礼品が手元に残ることになるんですね。ふるさと納税をしないと、現金は2千円残りますが、返礼品などの商品は手に入らない。6万円分の寄付で貰 [続きを読む]
  • ふるさと納税 限度額
  • 納税の限度額を超えるともったいないことになるので、注意が必要ですね。参考となる表がコチラにありました。→ふるさと納税 限度額 早見表より詳しく調べるには「さとふる」の控除額シミュレーションをお試しください→さとふる 控除シミュレーション年収と家族構成、社会保険料率の入力だけで概算がわかる簡易シミュレーションと、源泉徴収票から入力する詳細シミュレーションが可能です。同じ年収600万円でも、独身と子持ち家族 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング
  • 選ばれる人気の返礼品のランキングを調査しました。1位 米(ゆめしずく)佐賀県唐津市2位 カニ(北海道近海産毛ガニ)北海道八雲町3位 明太子(牛もつ鍋セット)福岡県春日市4位 ハンバーグ(牛100%)北海道白老町5位 ハンバーグ(老舗肉屋ブレンド肉)佐賀県唐津市食品が人気ですね。確実に消費できるところが魅力的です。いずれも、寄付額は10,000円でした。コレぐらいの金額だと限度額の調整がしやすくいので選ばれやすいのだ [続きを読む]
  • 過去の記事 …