ゴルフの裏ワザ さん プロフィール

  •  
ゴルフの裏ワザさん: ゴルフの裏ワザ
ハンドル名ゴルフの裏ワザ さん
ブログタイトルゴルフの裏ワザ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/st7100198
サイト紹介文ゴルフの情報番組です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 246日(平均8.5回/週) - 参加 2016/12/17 12:51

ゴルフの裏ワザ さんのブログ記事

  • 【ゴルフの裏ワザ】プロ達が愛し続ける 名器
  • 中古クラブの名器と言われる人気機種もいろいろありますが、プロが好んで使っている機種重心のバランスに優れ、飛びのポテンシャルも高いご存知、松山英樹プロが実戦で使っていますシャフトはツアーADを差して、350ヤード飛ばすそうです松山英樹:キャロウエー グレイトビッグバーサー ドライバー^ 2015年発売     中古価格¥26,000    片山プロ:フォーティーンCT―112  2012年発売  中古価格¥15,0 [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】FWの払いうちとは
  • FWの払いうちとは最近キャロウエーが、スチールヘッドを出してきて、復活の気配がしますUTが大流行りですが、高い球が打てるのはやはり、FWですFWは払いうちとよく言われます、ヘッドを低く長く出していこうとすると、下からのあおり打ちとなってしまう。@切り返しでボールに向かって、打ち下ろすのではなく、腕をおろす。腕をおろすとは、腕、特にひじを真下に落とすイメージで打ち下ろす。結果的に手元を体に引き付ける、動き [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】女子プロの寄せ技職人
  • 寄せ技職人引用先:パーゴルフ 6/27日号寄せでは、プロのようなSWでかっこいい寄せではなく、ザックリやトップの危険がない確実な寄せをしたいトウよりで打つ棒球がアマには最適ですボールの近くに立って、クラブを吊るすように持ち、フェースのトウ側で打ちます。地面との接触時間が短くなるので、ダフリにくくなるメリットがあります。球質は棒球となりますから、グリーンに落ちてからもそれほど転がらいないので、距離を合 [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】女子プロ並みに飛ばしたい
  • 女子プロ並みに飛ばしたいゴルフでは身体の回転を、うまく使えと教えています一般の男子アベレージゴルファーと、女子プロゴルファーを比較してみます体格やパワーという点で比べれば、男性アベレージゴルファーにアドバンテージがある。しかしドライバーの飛距離は、女子プロのほうが間違いなく上である、女子プロのドライビングディスタンスは、平均で250ヤードである、一般の男性にもラウンドで1回か2回は250ヤード飛ぶ [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】松山ニューパターですぐに優勝!
  • ********************************************************松山がブリヂストン招待で使用した新しいパターは、テーラーメイドの「TPコレクション」シリーズのひとつ、オーソドックスなマレット形状の“ミューレン”だ。市販品にはショートスラントネックが付いているが、松山が使用したのはネックが存在しないベントネックのプロトタイプ。ネックがないことにより、“松山プロト”は水平にバランスをとったときにフェース面が上を [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】はみ出し禁止のバックスイング
  • 首から地面に垂直な線をイメージし、左肩がその線をはみ出さないようにバックストロークすると方向性がいいこれはストレート・バック、ストレート・フォワードのストロークをする際に役立つ方法です。「ストレート・パッティング」をするコツ 肩を上下にふって、振り子のようにパターを上下させる バックで左肩を下げ、フォワード・ストロークで右肩を下げる私に最も役立っているイメージは、図の黄色い線のように両肩の前にガラ [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】スコアリングゾーン 名人
  • スコアリング・ゾーンのヒント「スコアリング・ゾーン」とはピンまで100ヤード以内の地域。プロは、この距離だとピン傍3メートル以内につけるのが目標だそうです。バイロン・ネルソンは云う、『確実にバックスピンをかけるには、体重を左足に保ち、スウィングの間中右手の親指と人差し指が自由に活動出来る自由を与えることだ。これは多少の手首の動きを加えるので、鋭い角度のバックスウィングと望ましいディセンディング・ブロー [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】トッププロの片手打ち
  • ********************************************************ジャンボ尾崎をはじめ、片山晋呉、石川遼、松山英樹など今も昔も、多くのプロが日々取り組んでいる「片手打ち」練習。トップ選手が口を揃えて「ゴルフスウィングのすべてが詰まっている」と言うのは、この練習が大事だということの裏づけでもある。キーワードは、右手は方向性を出す「ハンドル」、左手は軸を作る「ボディ」「スウィングにおいて右手は方向性を出す役割を [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】コースでできる ボール位置チエック
  • 練習場ではいい当たり連発だったのに、コースではさっぱり……。「コースに出ると、ボール位置が変わってしまう人が多いんです。いつでもどこでも正しいボール位置が確認できるいい方法があります7Iなら「前へならえ」をしたときの腕の長さが適正なボール距離すべてのボール位置の基準になるのは、7Iのボール位置なんです」「体とボールの距離は、左腕を水平に伸ばし、クラブをつりさげた時の真下。左右で言うと、左目の真下。これ [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】岡本綾子 不動のアドレス
  • 日本人として初めて米女子ツアー賞金女王に輝いた岡本綾子。そのスウィングはかの野球のイチローがバッティングの参考にしたほど。多くの女子プロを一流に育て上げた指導者としても知られる岡本が、そのスウィング論をまとめたのが、「LESSON!」だ。名著の中から、今なお色褪せない“珠玉の言葉”アドレス、トップ、そしてインパクト。スウィングの各パートにおける左右の体重配分は、ゴルファーならば一度は気にしたことがあるは [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】どんなライからでもトップしない(追補)
  • 想定される原因1:ボールから遠過ぎる立ち方をしているアドレスでは、肩から両腕が自然に垂れるように構えること。これは、ややアップライトなスウィング・プレーンを作り出すので、ソリッドなインパクトに繋がる。想定される原因2:ボール位置がターゲットに近過ぎるボール位置がスウィング弧の最低点よりターゲット方向にあると、クラブは上昇気味にボールを打つのでトップとなる。ウッドを打つ場合は、ボールを左足踵の前方、 [続きを読む]
  • 【ゴルフの裏ワザ】SWよりもPWを選ぶ理由
  • ピンまで25ヤード、SWで寄せたくなる距離だアマにはPWのほうが寄せやすい、理由はスピン量のばらつきですシングルのスピン量の変化SW:1500〜5000回転PW:2000〜3500回転SWで距離が合いにくいのは、スピン量がばらつくからですPWはその点、ころがしが前提なので、スピン量が安定し、ばらつきが少ないことになります。46度のPWは58度のSWに比べたら、エッジが出ていないから、フェースの下に [続きを読む]