アト さん プロフィール

  •  
アトさん: みどりのろうごくblog
ハンドル名アト さん
ブログタイトルみどりのろうごくblog
ブログURLhttp://atlanta.blog24.fc2.com/
サイト紹介文ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ、等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 217日(平均4.1回/週) - 参加 2016/12/17 16:37

アト さんのブログ記事

  • 寺田御子さん(’17)
  • あんまり人気も無いようですし、ちゃっちゃと。(笑)寺田御子さん。1992年6月11日生まれ。双子座のB型。T160 B88-W52-H84(Wiki)より・・・いきなりプロフィールから入るとは異例。いや、"W52"に反応してしまったので。(笑)ロマンだわあ。ウェスト表記が"55"以下だと、それだけで自分の瞳孔が開くのが分かります。(笑)相手が小学生でも関係無いです。数字が物を言うのです。数秘術です。(?)増して88からの52なんて、それだけでお金 [続きを読む]
  • 今週のモーニング(’17.7.20)
  • 『ジャイキリ』アディショナル6分で何も起きないの?弱いなヴィクトリー。(笑)『グラゼニ』やはりピッチングコーチ複数制は意味が無いように見えます。今"チーフ"がやっている役割を、監督がやればいいだけの話で。『バンデット』なんかつまんなくなったな。結局主人公は高義、ないしそれと石との関係性だったということでしょうね。『二科てすらは推理しない』面白いけど、ただ「推理」してますよね?(笑)"実証"しないから「思考 [続きを読む]
  • WGP2017日本ラウンドメモ
  • オランダラウンドはこちら。登録メンバー。WS(ウィングスパイカー)古賀紗理那、新鍋理沙、石井優希、鍋谷友理枝、石井里沙、内瀬戸真実MB(ミドルブロッカー)岩坂名奈、島村春世、奥村麻衣S(セッター)宮下遥、冨永こよみ、佐藤美弥L(リベロ)小幡真子、井上琴絵WS堀川真理、MB松本亜弥華outで、WS内瀬戸真実、S佐藤美弥in。"真理"より"真実"?(笑)堀川離脱でライトは新鍋一人に。なお理由は体調不良との情報もあり。セッターが3人に [続きを読む]
  • 第二期眞鍋ジャパンの軌跡(後) (2015〜2016)
  • (2012〜2014)編から続いて。2015年4月 新鍋理沙代表辞退 (参考)5月 佐野優子引退5月 モントルーバレーマスターズ2015 (2位)5/27 〇3-0 トルコ5/28 〇3-1 ドイツ5/29 〇3-0 イタリア5/30 〇3-0 ロシア5/31 ●2-3 トルコWS 木村沙織、高田ありさ、古賀紗理那、石井優希、江畑幸子、鍋谷友理枝MB 山口舞、大野果菜、大竹里歩S 古藤千鶴、宮下遥、藤田夏未  L 座安琴希、岩崎紗也加[メモ]ハイブリッド6放棄?6月 ブラ [続きを読む]
  • 今号のイブニング(’17.7.11) & 今週のモーニング(’17.7.13)
  • 『罪の声』何というか話の先行きが分かるようで分からなくて(いい意味で)、とにかく見守っている感じ。『世界で一番』色々バラしちゃいけない男と女の内情をバラしてる感。(笑)『フジマル』部活に恋に、何か物凄く"筋力"がある感じの作品。『前略雲の上より』意外と面白いかも。単純に知らないことが沢山あるし。機種が変わって席種自体が無くなっちゃうことってあるんだ。(笑)『創生のタイガ』なんかおらワクワクして来たぞ!?( [続きを読む]
  • WGP2017オランダラウンドメモ
  • 最近すっかりバレーボールづいている(ただし女子限定)僕ですが、いよいよ生まれて初めてリアルタイムでちゃんと見る女子バレーの全日本チーム、"中田(久美)ジャパン"の門出の日を迎えました。本格的(?)に評論をするようになるのはまだまだ先になると思いますが、後でヨソのサイトを当てにしないでも経過が追えるように、最低限自分用のメモだけは取って行くようにします。とりあえずバレーボールに特に詳しくないだろう、大部分の [続きを読む]
  • 中田ジャパン資料集
  • 女子バレー全日本中田ジャパンについての主なメディア記事を。随時追加して行く予定です。WGP2017前中田久美と宮下遥、天才セッターの師弟が思い描く全日本女子の未来図 (web Sportiva '17.6.26)セッター宮下遙「東京五輪が最終目標ではない。その先に人生がある」 (web Sportiva '17.6.27)高さ以前に、日本は技術が足りない。中田久美が開始したバレー観の革命。 (Number Web '17.7.4)新生女子バレー代表のキーマン宮下遥。「これ [続きを読む]
  • 連敗しないで良かった。/熊本−東京V(’17)、東京V−岡山(’17)
  • J2第21節 東京V ●0−4〇 熊本(えがおS)J2第22節 東京V △1−1△ 岡山(味の素)という感じ。何はともあれ。・凄く悪いというわけでもないんですけどね。・概ね底は割れて、後は運任せみたいな感じにはなってるかも。・ねじを巻き続けないと、すぐ惰性というか。・熊本戦。・大敗。・"崩壊"というよりも、仕様の"バイタル使われ放題"を、きっちりないしある程度意識して突かれて、かつ点も取られたその結果 [続きを読む]
  • 今週のテレビアニメ(’17.7.1〜7.7) [追加]
  • 試合始まるーーーっ。今帰って来て、これ更新してないの思い出しました。(笑)7/2(日) ナイツ&マジック #1『Robots & Fantasy』 (MX)はいはい、また異世界転移ねと思いかけましたが、意外と良かった。(笑)こういう方向(装備の合理化)で、「現代」の視点を入れて来るとは。"転移"に淡々としているところも含めて面白いキャラの主人公ですが、この"無頓着"な感じがどこまで貫けるか活かせるかに、今後の僕の"お気に入り"具合がかか [続きを読む]
  • 今週のモーニング(’17.7.6)
  • 『ジャイキリ』サッカー選手の故障は気の毒ではありますが死ぬわけではないので、その場では意外と「台風の晩」みたいな若干不謹慎なワクワク感があったりしますよね(笑)。実感も遅れて来るものだし、そこまで(チームは)深刻な雰囲気にはならないのではないかと。後で予後を聞いて衝撃を受けたりはしますし、見るからに酷い倒れ方をしたりすると、やはりショックは受けますが。『グラゼニ』堺雅人、夏目三久、江本孟紀。随分豪華だ [続きを読む]
  • ’17.4月期の地上波アニメ(まとめ)
  • 早くも始まった7月期が当たり続きで、怖いくらいです。この記事もこれからは、せめてもう1,2週間は早くやらないと時期外れ感が辛いかもですね。結局最後まで見た作品。の、主要スタッフ。エロマンガ先生 (Wiki)原作 - 伏見つかさ監督 - 竹下良平シリーズ構成 - ?橋龍也音響監督 - 山口貴之大傑作・・・の予感はありましたが、不発でした。面白いは面白いんですけどね。"ラノベ作家の日常or内心"ものとしては。その熱い"小説愛"も [続きを読む]
  • ’17.6月のブログ拍手
  • 変に忙しい。しかもストレス食いで少し太った。腹立つ!1位 意外としぶとい。昇格するかも。(笑)/松本−東京V(’17)、東京V−名古屋(’17) (6/12) 152位 天皇杯を挟んで別の試合?/東京V−愛媛(’17)、町田−東京V(’17) (6/26) 123位 親善試合シリア戦メモ (6/8) 84位 ペップと"常識"の狭間で 〜16/17ペップ・シティの1年(2)ペップのチーム運営 (6/5) 75位 欅 [続きを読む]
  • 泉里香さん(’17)
  • もう4週目ですね。だいぶ遅れました、泉里香さんの紹介です。最近増えて来た、"脱げるファッションモデル"の一人という感じの認識でいいのかな?・・・なるほど、"モグラ"女子か(笑)。上手いことを言う。「モデル」+「グラビア」=モグラ。女性誌などのファッションモデルとしても、男性誌のグラビアとしても活躍している女性のことを指します。(男性も女性も虜に なぜ今「モグラ女子」がウケるのか?/Forbes Japan)実は僕自身は [続きを読む]
  • 今週のテレビアニメ(’17.6.17〜6.23)
  • 暑くなって試合開始時間が18:00以降に集中すると、土日が微妙に暇ですね。(笑)6/17(土) エロマンガ先生 #11『二人の出会いと未来の兄妹(ふたり)』 (MX)えらい感動巨編に。(笑)で、結局「最初の読者」が「妹」だったということは、分かってるのかわかってないのか。ちょっと僕には読み取れなかったんですけど。妹の方だけ、分かってるのかな?それで兄へ、(イラストレーターとして)忠誠心を持っていると。それにしてもの、「小説 [続きを読む]
  • 欅坂46:推しメン診断
  • "総論"に対する、各論的な。思ったより記事の需要は無い感じなんですけど(笑)、もう止まらない。(笑)と言ってさすがに愛を語っているだけではキモ過ぎるので、1期メンバー全21人を、(僕にとっての)タイプ別機能別に、分類・紹介してみます。並びは基本、五十音順です。(Wiki)積極的天才織田奈那小林由依渡邉理佐消極的天才平手友梨奈渡辺梨加(鈴本美愉)有能・芸達者尾関梨香長濱ねる人柄の味わい佐藤詩織志田愛佳米谷奈々未(鈴本美 [続きを読む]
  • 欅坂46、および『欅って、書けない?』(テレ東)について
  • そろそろ書いておきますか。(笑)日曜の深夜に"欅"(けやき)のタイトル画像が出て来ると、半分寝ててもとりあえず「バゴーン」と唱和してしまう立派な中毒者です。(笑)(番組公式)(Wiki)初めて見たのは・・・確か3rdシングル「二人セゾン」発売の少し前だったから、2016年の10月くらいかな?まだ1年も経ってないのか。番組自体の歴史は、それにちょうどプラスして1年くらいですね。勿論過去の放送も、遡って全部見ました。ちなみに『K [続きを読む]