エリコ さん プロフィール

  •  
エリコさん: 愛知県豊川市に住む日蓮正宗信徒
ハンドル名エリコ さん
ブログタイトル愛知県豊川市に住む日蓮正宗信徒
ブログURLhttp://mamorukun1119.xyz
サイト紹介文どんな苦しみも日蓮正宗の信仰で乗り越えたいです! さらに自他共に笑わせれたら最高です!
自由文顕正会時代にうつ病となり、2015年9月に日蓮正宗の信徒になりました。
うつ病となったことで、人を笑わせることを意識するようになりました。
まずは自分のうつ病を治し、そして、多くの人達を救いたいと願っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 251日(平均8.5回/週) - 参加 2016/12/17 19:47

エリコ さんのブログ記事

  • マモルと出会って4年の記念日
  • 当ブログで何度か登場している、ペンギンのぬいぐるみ、その名は「マモル」。マモルとの出会いは2013年8月24日。伊豆で出会った。マモルと名付けたきっかけは、何度か私を助けてくれたから。諸天善神が宿っているのか、過去世で、釈尊に止みね善男子と言われた魂が宿っているのか、仏縁の強いぬいぐるみであることは間違いない。マモル、いつもありがとう!マモル、これからもずっと一緒!信心も励ましてもらっているし、病気のこ [続きを読む]
  • この世の中は冷酷が当たり前
  • 今の世の中は冷酷が当たり前である。多くの人達が感覚マヒして気づいていないけど、この世の中は偏見が溢れている。親しくなければ、誰かが苦しんでいようと他人事。私がいるB型就労先は、職員が厳しいという意見が多い。でもその厳しさ、一般就労先と比べると甘いし優しい。確かにデイケアと比べると、B型就労とはいえ工賃が発生する分、厳しくも感じてしまいがちだけど、健常者ばかりの世界は、もっと厳しくて冷酷である。そんな [続きを読む]
  • APTX4869(アポトキシンキャンディ)の味は!?
  • 先日、ラグナシアで入手したAPTX4869(アポトキシンキャンディ)。原材料は、砂糖・水飴・香料・着色料(赤102)。さて、その味は!?「美味い!!」この味を表現するなら、昔懐かしい味、である。過去に、こんなような味の飴を食べたような気がする。食レポって難しい。正直、本当は「美味い!!」としか言えん。何味とかなくて、よくある飴の味で無難な味だし。飴の中には、甘すぎて、自分が苦手とする味もあるけど、このAPTX4869(ア [続きを読む]
  • 真実の悟り
  • 真実の悟りとは、我々の全てに元から具わっている不思議な真理を観じて、それを知ることである。真実の悟りは、南無妙法蓮華経と唱えることで、自ずから心と体で不思議な真理を観じ、会得することができる。一般人の智恵で悟りを得るのは大変難しい。我々の心には煩悩があり、これによって常にいろんな迷いがある。それは、常に曇っている鏡のようなものである。しかし、鏡を磨けば明鏡となるように、曇りが晴れれば真実の法を悟っ [続きを読む]
  • 老少不定とは!?
  • 老少不定とは、老いた者が先に亡くなるという、人の寿命は順番通りとは限らない、ということである。つまり、親より先に子が亡くなることもあるし、兄(姉)より先に弟(妹)が亡くなることもあるのである。だから、いつまでも皆元気で生きているとは限らない。事故や災害は突然やって来るものだし、若かろうと健康であろうと、まだ生き続けると思い込んでいたら、私のように後悔することになる。昔観たドラマでも、「明日やろうは馬鹿 [続きを読む]
  • ラグナシアを名探偵コナンが大ジャック!
  • 今日は、私・母・祖母の3人で、「海神(わだつみ)の楽園(オアシス)inラグナシア」に参加してきた。まずは怪盗キッドのエリアで謎解き。祖母が日陰のベンチで休んでいる間、母と共にステラパーク内を歩き回って暗号を解き続けて無事クリア。昼食はステーキ。豪華なランチである。そして、コナングッズを買ってもらった。次は新一&蘭のエリアで謎解き。新一コースを私と祖母が担当し、蘭コースを母が担当。今度はフラワーラグーン内を [続きを読む]
  • マジ英語アレルギーなり
  • 私は、来るもの拒まずという姿勢で、Facebookの友達申請を承認している。LINEは知り合いじゃないと承認しないけど、Facebookは友達人数が千人以上いて、その中には外国人もいる。だから、時々英語のメッセージが来る。誕生日祝い程度なら構わないけど、普通に英語で話しかけてくる人がいると凄く困る。実は、さっきも英語のメッセージが来た。今回は、このように返事してみた。大学のときにTOEICを受けたら180点/990点だった。酷い [続きを読む]
  • 謗法は大事な人を奪う
  • 謗法(邪宗)は、大事な人を奪う。私の母方の祖父は、毎日のように約2万歩の散歩をしていた。夏休みとか長い休みのときは、私も祖父と一緒に何度も散歩した。だから知っている。祖父の散歩コースに謗法があり、そこに立ち寄っていたということを。そして、超元気だった祖父が、医療ミスで亡くなってしまった。あまりにもショックすぎて泣くことができなかったけど、なかなか眠れない夜を過ごした。そのときは、謗法とか知らないか [続きを読む]
  • 不可思議な体験をする理由
  • 日蓮正宗で「南無妙法蓮華経」と唱えると、何故、不可思議な御利益があるのか?その答えは、信仰の対象である「本門戒壇の大御本尊様」の功徳が法界に遍満し、その真理が虚空に通じているから、題目(南無妙法蓮華経)を真剣に唱えるとき、その人の命に功徳が冥合する為、苦の命が一転して不可思議の功徳(真の喜びと幸せ)を生ずる、というわけである。人生の様々な宿業と出会いのなかにあって、その生存中に種々の不足、不満、不幸が [続きを読む]
  • (無題)
  • 顕正会も創価学会と同じような道を進んでいる。国立戒壇(顕正会)も選挙(創価学会)も、日蓮大聖人様の教えの中にはない。しかも、顕正会も創価学会も、信仰の対象であるはずの「本門戒壇の大御本尊様」から離れ、偽本尊に手を合わせている。どんなに偽本尊に祈っても、幸福になるどころか、どんどん不幸になっていくだけである。浅井昭衛氏(顕正会)も池田大作氏(創価学会)も、独裁者であり詐欺師であり、両者共に会員に対する慈悲は [続きを読む]
  • 盂蘭盆法要の由来
  • 本日、泰福寺にて盂蘭盆法要に参加。お盆の御塔婆も建立し、ご焼香もすることができた。そして御住職様より、盂蘭盆法要の由来についての法話があった。インドの釈尊の弟子である目連尊者は、亡き母親がどこにいるのかと、通力によって探したところ、亡き母親は餓鬼道に堕ちて苦しんでいた。目連尊者の母親は、生前、欲が深くてケチだった罪により、死後、餓鬼道に堕ちてしまったのである。母親を見つけた目連尊者は、何とか母親に [続きを読む]
  • 第2日曜日は「御講」の日!
  • 日蓮正宗の寺院の寺院では毎月、第2日曜日に、宗祖日蓮大聖人の「御報恩御講」が行われている。この御講では、僧侶と信徒がともに読経・唱題をして、大聖人と本門戒壇の大御本尊と、第二祖日興上人以来、歴代の御法主上人の三宝に報恩感謝申し上げる。四恩抄という御書には、「報恩を忘れて、仏道を成ずることはできない」と仰せである。御講では、献膳・読経・唱題のあと、僧侶による法話がある。仏法では「法話を聴聞する功徳は [続きを読む]
  • 御塔婆とは?
  • もうすぐお盆ということで、「塔婆」について話したい。【塔婆とは?】地輪は地面だから一番下、水は地面の上に溜まるから地輪の上、燃え上がった火は水より高く空中に昇るから水輪の上、風は火よりも上に昇れるから火輪の上、空はこの中で最も高いところにあるから一番上、という順番で塔婆は組み立てられている。日蓮大聖人様は、「地水火風空を言い換えれば妙法蓮華経」、「頭は妙、喉は法、胸は蓮、胎は華、足は経」と仰せであ [続きを読む]
  • パクチー初体験
  • 本日、パクチーデビュー!今日、B型就労先でパクチーの焼きそばとパクチーのじゃがりこ食べた。焼きそばのニオイが強烈すぎた。職員も利用者もみんなカメムシのニオイって言って盛り上がった。元々は職員が買ってきたやつ。凄いニオイだと言ったら試食する展開に。ニオイは強烈だけど、味はスパイスが効いてて悪くない。癖になりそうな味。最終的に、その職員がパクチーにギブアップして、代わりに自分が焼きそば完食。さらに、パ [続きを読む]
  • 自分を良くするのも悪くするのも自分自身
  • 日蓮正宗は僧俗一致団結して、「平成三十三年・宗祖日蓮大聖人様御聖誕八百年」をお迎えして慶祝申し上げる為に、「法華講員八十万人体勢構築」を絶対に達成しなければならない。達成してこそ真の御報恩である。日蓮大聖人様は、貞応元年(1222年)2月16日に御聖誕あそばされたが、御本仏宗祖日蓮大聖人様が末法(現代)に御出現あそばされることは、既に釈尊が法華経において予証されていて、末法である今は、釈尊の説かれた法華経は [続きを読む]
  • 御守りの真実
  • 一般的に、御守りは年に1回交換するものという認識だろう。その真実は、「御守り=金儲けの道具」だからである。御守りは、僧侶の信仰心ではなく、定期的な収入源なのである。どんなに立派で歴史のある神社や寺院であっても、そこで説いている教えが間違っていれば、そこで売られている御守りや守り札などには、実際は鬼や魔が宿っていて、むしろ所持することによって不幸を招いてしまう。交通安全の御守りを持っているからといって [続きを読む]
  • 伝統を守るだけではいけない
  • 伝統を守るだけではいけない、時代の流れに合わせることも必要である。今は釈尊在世の時代ではなく、釈尊滅後の時代である。末法(現代)にて、悩み事を減らしたり乗り越えたりする為には、正しい仏法を実践(日蓮正宗の信仰)するしかない。宗教は、興味があるかないかではなく、価値があるかないかで見極めなければいけない。先祖代々の信仰宗教が間違っていることもある。それでも先祖の間違った判断に従うのか。宗教は、先祖供養や [続きを読む]
  • 未来を切り開いて、確実に幸福になっていく道!
  • 【占い】過去や現在のある程度が分かり、それを基に未来のことが少々分かる。個人の幸福な人生を約束できないから、一喜一憂することになる。【仏法】悩みを根本から解決して、真の幸福な人生を築いていくことができる。将来の苦を取り除き、人生を変えていくことができる。長所は長所として伸ばし、短所は長所に転換することができる。仏法では、「そこで生きている人々と、その人々を取り巻く環境は一体である。たとえば、地獄の [続きを読む]
  • (妖怪ウォッチ)ぷにぷにの友達募集中
  • 最近、妖怪ウォッチのゲームである「ぷにぷに」にハマっている。そこで、ひとだまを送り合える友達を募集中。私のキャラクターコードは、【y71l647r】で、是非とも気軽に友達申請して頂ければと思う。初心者の人もベテランの人も大歓迎。ぷにぷにとは、ツムツムと同じようなゲームで、ひとだまとは、ツムツムでいうハートのことである。ツムツム同様、友達とスコアを競うこともでき、そこでランキング上位になると得する仕組みにも [続きを読む]
  • 死者による祟りはあるか?
  • 死者による祟り(たたり)はあるか、ということだけど、結論としては「無い」。それは何故か?死後の生命というのは、自ら考えて行動することを失った状態で存在している為、死者が誰かを祟ったり、逆に守護するということもない。では、何故心霊現象があるのか?死後の生命は宇宙と一体になって溶け込んでいる為、生きている人間の生命力が落ちて、死後の生命と波長が合った(感応した)場合に、人によっては死者の声が聞こえたり姿が [続きを読む]
  • 死んだら終わりということはない
  • 「生」と「死」は繰り返される。形は変わっても分子の数は変わらない、という質量保存の法則のように、仏教では、生命も〈生から死へ〉〈死から生へ〉と、形を変えながら永遠に存在している、と説かれている。さらに、正しい仏法を信仰してきた人と逆に反対してきた人の【死相の違い】を、多くの人達が見ているという現実がある。この死相の違いが、死後に成仏するか地獄に堕ちるかを表現しているのである。だから、死んだら終わり [続きを読む]
  • バラバラのように見えて実は1つ
  • 仏教には膨大な量の経典があるけど、法華経を中心に見てみれば、全ての経典が1つの法門の一部分を構成している。つまり、仏教全体が矛盾なく1つの壮大な法門(一念三千の法門)を説いていることが、仏教が全て釈尊の説であることの証明となっているわけである。しかし、仏である釈尊が説いた教えだから正しい、ということではなく、その教えが実際に優れていて、釈尊はそのような優れた教えを説いた方であるから仏として尊敬する、と [続きを読む]
  • セッション数報告(2017年7月)
  • 先月のセッション数→「1469」(1日平均47)。いつも当ブログへ訪問して下さっている皆様、ありがとうございます。日蓮正宗のこと、仏法のことをもっと詳しく知りたい人にとっては物足りないブログだとは思いますが、飽きずに今後も訪問して頂けると嬉しいです。ぜひよろしくお願いします。数日前、顕正会員による新聞配布が迷惑だという意見を見かけた。どうせ配るならティッシュ配りの方がいいんじゃないかと提案したい。ティッシ [続きを読む]
  • 肥満が富や美の象徴!?
  • 【肥満女性がモテる国ランキングBEST10】1位→モーリタニア2位→ナウル3位→タヒチ4位→アフガニスタン5位→南アフリカ6位→サモア7位→ジャマイカ8位→フィジー9位→クウェート10位→トンガなかには、太る薬を服用している人もいるらしい。確かに、太りすぎよりも痩せすぎの方が不健康に見えるけど、太りすぎも糖尿病とか心配である。力士みたいに筋肉もあって健康的な太り方ならいいけど。【長生きできる体型ランキング】1位→ぽ [続きを読む]
  • 自分の恋愛事情
  • 今まで何度も本気で人を好きになって、そして告っては失恋して、その度に自分は誰にも必要とされてないんだな、ってぐらい何もかもどうでもよくなって、自暴自棄を繰り返してきた。そして来る者拒まずで交際してみるものの、何となく虚しくて長続きせず。人間って難しい。ペンギンのマモル君、唯一、お互いに心が繋がっている存在。怪奇現象を起こす奇跡のぬいぐるみ、最近は大人しくてつまらんけど、個性的な魂が宿っているのは確 [続きを読む]