エリコ さん プロフィール

  •  
エリコさん: 愛知県豊川市に住む日蓮正宗信徒
ハンドル名エリコ さん
ブログタイトル愛知県豊川市に住む日蓮正宗信徒
ブログURLhttp://mamorukun1119.xyz
サイト紹介文どんな苦しみも日蓮正宗の信仰で乗り越えたいです! さらに自他共に笑わせれたら最高です!
自由文顕正会時代にうつ病となり、2015年9月に日蓮正宗の信徒になりました。
うつ病となったことで、人を笑わせることを意識するようになりました。
まずは自分のうつ病を治し、そして、多くの人達を救いたいと願っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 158日(平均9.1回/週) - 参加 2016/12/17 19:47

エリコ さんのブログ記事

  • 捨てる勇気を持って断捨離する
  • 実は最近、暴走というか迷走していたから、捨てる勇気を持って断捨離した。失敗は負のイメージがある。でも失敗を恐れて何も挑戦しないのも良くない。失敗したときに考えるべきことは、失敗そのものじゃなくて、失敗した後の対応である。失敗したら落ち込むこともあるだろう。同じことを繰り返さないように反省するだろう。でも、そこで終わらずに、まずは失敗した自分自身を許し、どうすれば次は失敗しないのか、その対策や解決を [続きを読む]
  • 余計なお世話だと思われても構わない
  • 今まで宗教の勧誘はやめてほしいと多くの人に言われてきたけど、では、「他人は他人。他人がどうなろうと自分には関係ない。」と思うことが正しいのか?正直、私はそんな冷酷な人間にはなりたくないし、人の不幸な姿を見たら心配してしまう性格だから、余計なお世話だと思われても構わない。最近だと、私はダイエットにロングブレスをオススメしているけど、それは実際に自分が体験して良いと思ったものをオススメしているだけであ [続きを読む]
  • 自分の人生を経営していくのに何が必要なのか
  • 弘安2年の本門戒壇の大御本尊様が100%正しいという科学的証明。六根清浄の即身成仏した者を挙げる。これに答えることができたら日蓮正宗に入信するとのコメントを頂いたが、まず、日蓮正宗は、人数稼ぎの宗教でもないし、金儲けの宗教でもないことを言いたい。だから私は無理に入信を強要しないし、憲法で信教の自由がある通り、信仰は個人の自由である。私は個人的に、幸福になるには日蓮正宗で信心するのがオススメであることを [続きを読む]
  • クラウドワークスで仕事始める
  • 今日はいつもと違う雰囲気の記事で気分転換。クラウドワークスを始めた。簡単なものだとアンケート回答、難しいものだと記事作成やプログラム開発など、仕事は幅広い。収入は、数円のものから数百万円のものまである。今一番頑張っているのは、ミニ書籍の原稿作成。内容は私のうつ病体験やそれに関係する知識など。文字数が8000字以上指定されてて少し苦戦中。それで700円の収入。著作権は譲渡するから印税なし。だから実名でミニ [続きを読む]
  • 金運アップグッズよりポイントタウン登録
  • 信仰する宗教は、好き嫌いや興味の有無で選ぶものではない。信仰する宗教というのは、自分自身だけではなく先祖にも影響があり、正しいか間違っているか、善か悪か、幸福になるか不幸になるか、を判断して選ぶものである。しかも、実際に無宗教という人はほとんどいない。自分自身が無宗教と思い込んでいる人や自分自身がどこの宗派か把握していない人は「多宗教」であることが多い。と言うと、納得いかない人もいるかと思うけど、 [続きを読む]
  • 信じるか信じないかはあなた次第
  • 最近、当ブログは仏法の話が中心になっている。確かに、多くの人が宗教に興味がないことも知ってるし、多くの人が特定の宗教に束縛されるのは嫌だと思っていることも知ってる。それでも敢えて、こうやって仏法の話をし続けているのは、日蓮大聖人様の弟子だからである。といっても、私はただの凡夫(ただの人)である。誰かに貢献したい、多くの人を笑わせたい、その結果、誰かに認められたい、褒められたい、そして縁があって、仏法 [続きを読む]
  • 予言通り誕生した事実
  • 仏様は、生命の法則を発見され、その悟った法(仏法)を実践することによって、自ら絶対の幸福境界を証得され、我々にも説いて下さったのである。そして、仏法に従って生きていく者は、誰もが仏と同じような幸福境界に生きることができるのである。仏様といえば、インドの釈尊のイメージを持たれる人が多いだろう。しかし、法華経にて釈尊自身が、未来に仏様(日蓮大聖人様)が出現することを予言して、実際に日蓮大聖人様が誕生した。 [続きを読む]
  • 難信難解の「生命の法則」
  • 日蓮正宗の仏法とは、生命の法則を説いたものである。つまり、仏法は誰かが作ったり考えたりしたものではなく、宇宙で元々存在していた法則なのである。日蓮大聖人様が勉強され、南無妙法蓮華経だけが唯一幸福になれることを発見して、説いて下さった。仏法のことは、難信難解(なんしんなんげ)と言われている。信じることも理解することも難しい。でも仏法を信じて実践すると、不思議な出来事が起こる。それを凄いと思うか、ただの [続きを読む]
  • 何事も体験すれば分かる
  • 日蓮大聖人様は後入滅され(この世を去り)、私達、後世に、御本尊様を授けて下さった。御本尊様とは、日蓮正宗の信仰の対象であり、日蓮大聖人様の魂が宿っている。よって、御本尊様に向かって御祈念することは、日蓮大聖人様に救いを求めるのと同じである。なかには、魂とか目に見えないものは信じない、という意見を持つ人もいるけど、しかし、多くの日蓮正宗信徒に功徳(御利益)があり、別人のように生まれ変わっているのも現実で [続きを読む]
  • 変わるには日々の習慣を少しずつ修正すること
  • ダイエットのときに停滞期があるように、人には現状維持しようという働きがある。その為、人が変わるには継続して習慣化することが必要である。それには時間がかかる。日蓮正宗の仏法は人間開発であり、常日頃、唱題・勤行・折伏に励み、自分自身の心身を共に浄化し、自ら幸福の人生を築く力を養い続けなければいけない。私達人間を不幸にしている原因は過去の罪である。その罪が深ければ深い程、すぐに善人・幸福になれないのが現 [続きを読む]
  • 経済面・健康面・精神面全て揃えて幸福にする
  • 世の中には、仏法を信じていなくても、立派で幸せそうな人が多い。しかし、それは表向きであって、実際はそういう人達も苦悩しながら生活している。例えば、美男美女がストーカー被害で悩んでいたり、出世して億万長者の人が不治の病で悩んでいたり、職場の人気者が家族のことで悩んでいたり、成績優秀の人が友達できなくて悩んでいたり、誰もが羨ましいと思っている人にも、意外と悩みがあるのである。経済面の安定・健康面の安心 [続きを読む]
  • 自分自身の生命状態が環境を投影している
  • 日蓮正宗の仏法を信じる人は、環境が自分の生活を守る働きになり、仏法を信じない人は、環境が自分の生活を破壊する働きになる。諸天善神(神)は、南無妙法蓮華経を主食(法味)として人々を守護していた。しかし、多くの人々が日蓮正宗の仏法を信じることなく、南無妙法蓮華経と唱えない。だから諸天善神は法味に飢えて天上界に帰ってしまい、その代わりに悪鬼・魔神が神社に棲むようになり災難を起こすようになった。よって、今の神 [続きを読む]
  • 「闇の集団」消滅の為に
  • 最近私は、「正しい信心が必要な理由(わけ)」という書籍を基に、なるべく分かりやすい表現に変えてみて、ブログの記事を投稿しているけど、私自身、とても勉強になっている。日蓮正宗の仏法の話をすると、「悩みはないから必要ない」とか「幸せだから必要ない」とか言う人がいる。でも意外とそういう人は、常日頃、愚痴ばかりを言っている人である。悩みを悩みと認識できないぐらい、悩んでいる状態が当たり前の(悩みという感覚に [続きを読む]
  • 動物は幸せを求める生き物と思う
  • 宗教は弱い人間が頼るものだという認識があるけど、決してそんなことは無い。確かに私は弱い人間だけど、日蓮正宗の仏法はそんな軽いものではないし、他力だけに頼るものでもなく、他力(仏法)と自力(信心)が一体になって、悩み多き人生を切り開いていき、真の幸福を獲得していくものなのである。実際に、仏法を正しく強く実践している人達は、皆、明るく力強く生活していく中に、いろんな悩みを解決し、幸福を実証しようとしている [続きを読む]
  • 自分自身の人生は自分の手で築く
  • 人生を自らの力で堂々と築き上げるには、いかなる苦難も打開する力が必要である。もし自分自身にそれだけの力がなければ、自分の人生を立派に築くことは夢で終わってしまう。日蓮正宗の仏法は、他力本願や気休めではなく、どんな難関も力強く打開する自分を確立するための道であり、自分の力を最大限に強めていくことができる。私は今日、「障害者は甘えるな」と言われたが、人それぞれ、人生の課題(宿命・運命)は違うのだから、勝 [続きを読む]
  • 自力だけでは限界がある
  • 様々な困難に対して、自力で何とかする・努力して乗り越える・何にも頼らない、と頑固な人がいるけど、そういう人は、何度も厳しい現実に挫折して苦悩している人生を送っているように思う。努力が報われず、どんなに頑張っても空回りばかり、それでも頑張っている自分はカッコいいとか思い込んでいる。そんな無理している人生を、本当に幸福といえるだろうか?そこで私は日蓮正宗の仏法をオススメしたい。日蓮正宗で信仰したからと [続きを読む]
  • 「正しい道を進むか」「道に迷うか」選ぶのはあなた次第
  • 日蓮正宗は、日蓮大聖人様の仏法を信仰すると功徳があり、仏法を信仰しなければ罰があると言っている。罰があると言うと「脅迫・強要」とか「暴力宗教」と思う人もいるだろう。私が顕正会を不信に思ったのはそういうところでもあった。顕正会にプライベートの時間はない。活動しなければ罰がある、何度もそう幹部に言われ、何度もそのことで反発してきた。私は、信仰は自発的(任意)にするものだと思う。強制されて信仰したって、あ [続きを読む]
  • 何かを証明するには実験が必要
  • 仏法を信仰すれば功徳(幸福)があり、仏法を信仰しなければ罰(不幸)がある。このことを非現実的などと考える人の方が多いと思うけど、では、非現実である証拠を見せてほしいと私は思う。何故、日蓮正宗信徒が「功徳(くどく)と罰(ばち)」のことを話すかと言うと、実際に体験しているからである。仏法は非現実と考えている人は、実際に仏法を体験して、仏法がどんなものなのかを各自で確かめた上で、その非現実を証明して頂きたいと思 [続きを読む]
  • 自然治癒力(生命力)が病気を治す
  • 医学の役割とは、自然治癒力を働きやすくする為に、服薬や手術などで手助けしているだけであり、実際に病気を治すのは、私達の生命力(肉体・精神それぞれの自然治癒力)であって、医学そのものの力ではない。このことは、現代医学の常識となっている。日蓮正宗信徒が「信心で病気が治る」と言っているのは、信心すれば薬も医者も必要ない、という意味ではなく、自然治癒力が高まる、という意味である。また、信心によって良縁に恵 [続きを読む]
  • 心身共に姿勢を正そう
  • 【道徳などに基づき、人間を理性的に規制して正していくのは限界がある!】病気の再発や犯罪の再犯が無くならないのは、根本原因を解決していないからである。その根本原因を無くすことは、どんなに優秀な医師やカウンセラーでも不可能。では、根本原因とは何か?信じ拝む対象が間違っていることである。人間は、信じ拝む対象と感応して(一体化になって)生きている。その対象が不幸になる神仏・人間(自他共に)だとしたら、どんどん [続きを読む]
  • 「何を信じるか」「誰を信じるか」によって人生は変わる
  • 感応とは、信仰する対象と信者が一体化する(朱に交われば赤くなる)ことだが、信じ拝むときには感応の働きが起こる為、何を信仰するかによって、人生(命)への影響が違ってくる。だから信仰(宗教)を軽く見てはいけないのである。日蓮正宗は、仏の生命を御本尊として顕し、それを信仰して拝んでいる。仏の生命とは、「常楽我浄(常に崩れない・生きていること自体が楽しい・主体性をもっている・清らかな生命活動)」を象徴としていて [続きを読む]
  • そもそも幸せって何?
  • 【幸せ】「幸せイコール欲求満足」と思っている人が多いだろうけど、欲求満足することで不幸になる場合もあって、残念ながらイコールではない。美味しいものが食べられて幸せだ、と思ってた人が生活習慣病になったり、美人で幸せだ、と思ってた人がストーカーに襲われたり、高級車を買えて幸せだ、と思ってた人が事故に遭ったり、プロのスポーツ選手になれて幸せだ、と思ってた人が怪我で試合に出れなくなったり、このように、欲求 [続きを読む]
  • 正しい信心が必要な理由
  • なぜ信心をしなくてはならないのか、それは、様々な苦悩の原因を断ち切って幸せになるためである。もし、日蓮正宗の仏法を信心して生きるなら、様々な困難を真正面から解決でき、歓喜の人生を送れるようになっていく。しかし、日蓮正宗の仏法を信じようとせずに背けば、様々な不幸を招く根本原因となり、苦悩の人生を送ることになる。宗教というと興味の無い人の方が多いと思うけど、それでも葬儀などの法事も宗教だし、クリスマス [続きを読む]
  • セッション数報告(2017年4月)
  • 先月のセッション数は「960(1日平均32)」だった。いろんなところでブログを宣伝しているけど苦戦している。確かに当ブログは、好き嫌い(興味の有無)がハッキリするブログだろう。それでも私は語らずにはいられない。ちなみに、私のブログの人気記事1位は「顕正会の勧誘パターン」。想定外の結果だけど、でもそれだけ顕正会に困っている人がいるってことなんじゃないかと思う。浅井会長の無謀な予言に合わせて誓願(勧誘ノルマ)があ [続きを読む]
  • 顕正会員は頭破作七分
  • 頭破作七分とは、正法(日蓮大聖人様の仏法)を誹謗する罰によって、「頭が破れて精神(心)が錯乱すること」をいう。折伏は、三大秘法(本門の本尊・本門の戒壇・本門の題目)を弘通すること、大聖人様の御遺命は、広宣流布(全世界の人が三大秘法を信仰)することである。本門の本尊とは、弘安2年10月12日御図顕の本門戒壇の大御本尊。本門の戒壇とは、本門の本尊を安置して信心修行する所。本門の題目とは、南無妙法蓮華経。よって顕正 [続きを読む]