かわっぺ さん プロフィール

  •  
かわっぺさん: 写鉄の部屋
ハンドル名かわっぺ さん
ブログタイトル写鉄の部屋
ブログURLhttp://ginkota.blog.fc2.com/
サイト紹介文デジタル一眼に変えてからはまってしまった、各地で撮った鉄道写真のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 249日(平均3.9回/週) - 参加 2016/12/18 18:04

かわっぺ さんのブログ記事

  • 虹と急行色
  • リバイバルひかり最後の撮影・・・有名撮影地の豊後清川ー三重町の鉄橋にやってきました様々なアングルで狙えるこの鉄橋、あまり時間がなかったのでサイドアングルで構えますこの頃には猛烈な雨も上がり、息苦しいほどの湿気と気温〜ふと空を見ると、なんと虹が!列車が来るまで持つかわからないけど、一か八かとりあえず広角アングルで・・・その瞬間急行色4連の気動車が、轟音を立てて鉄橋を渡っていきましたこの後大分へ車で向か [続きを読む]
  • 豪雨
  • さらに阿蘇山を越えてリバイバルひかりを追いかけましたこの日は天気が不安定で、滝のような雨が降り始めました駅間は忘れましたが、細い道路と並行して走っている箇所があったので、カーブを見つけてかぶりつき・・・激しい雨の中”急行”表示のキハ65を先頭にやって来る車体の裾から流れ落ちる雨粒〜ずぶ濡れになったけどいい絵が撮れました [続きを読む]
  • 阿蘇越え
  • リバイバルひかりは、鹿児島本線から豊肥本線に入りました豊肥本線と言えば立野のスイッチバックです!初めて立った、スイッチバックを見通せるポイント・・・といってもこうしてみるとただのアウトカーブポイントですが(苦笑)この先いよいよ阿蘇外輪山内に入っていきます [続きを読む]
  • リバイバルひかり
  • 九州キハ65、58最後のリバイバル列車でした最後は国鉄色のキハ6667を連結し、急行色4連で走るとあって、自宅の千葉から遥々自走で九州まで向かいました(爆)初っ端は日豊本線の西大分で撮影し、追いかけて門司港駅にも入線したので、駅撮りしました金色のHMがちょっといまいち(苦笑)でしたが、門司港駅舎も入り、駅撮りにしてはいいのが撮れたかなぁと・・・しかし急行色の4連は痺れまくりでした [続きを読む]
  • 越美北線キハ58その2
  • 越美北線は、越前大野を過ぎてしばらくすると山間部へ入ります柿ヶ島ー勝原で、九頭竜川の対岸を行く列車が国道から下に見えたのでそこで1枚古びたダムのそばを走るキハ58・・・越美北線もいい風景が多いので、車両に変化があればもっと撮りたい路線です [続きを読む]
  • 越美北線キハ58
  • 越美北線開業50周年号ですサイトなどの告知もなく、現地周辺の駅に貼られているポスター情報をネットで知り、撮影に向かったような覚えがあります越美北線は一度乗っているものの、撮影地などわかるはずもなく(苦笑)越前花堂側から適当にロケハンして一発目を撮影〜田んぼと緑の森を入れて、まあいい感じで撮れました(笑) [続きを読む]
  • 赤川鉄橋
  • 鉄道人道共用の橋として有名でした大阪市内の住宅街、淀川を渡る橋で大都市部の鉄道名所として有名でしたが、2018年に通勤旅客化されることが決まり、複線化のため人道部分が無くなり、普通の複線鉄橋になってしまいました・・22年夏頃、ちょうど大阪への出張があったので、帰り際撮影に〜残り少なくなっていた国鉄色のDD51が、ちょうど通過していきました [続きを読む]
  • DE10ばんもの試運転
  • DE10重連によるばんもの試運転があるとの情報を貰い、撮影に行った時の一コマです撮影地は日出谷近くの、平瀬の集落ポイント磐西の定番ポイントです(笑)田植えが終わって間もない頃で、客車も以前の白と青の塗装の時代です結局DE重連による営業運転は今日まで行われずですが、いつかイベントで行ってほしいものです [続きを読む]
  • あじさいとスカ色
  • 113系だらけだった千葉県も、22年の頃にはかなり数を減らしておりましたこの頃には113系を積極的に、千葉の各地に撮りに行っておりましたが、EF65貨物も撮れるので成田線が一番多かったです滑河付近のここは以前もあじさいとEF65貨物を撮った場所・・・季節感のあるものが少ない成田線で、線路際にあじさいのあるここは貴重な場所でした [続きを読む]
  • 米坂旧客2
  • 米坂旧客は二日間運転されたけど、初日はほぼ曇り・・・二日目は場所によってかろうじて晴れましたその時の1枚〜場所は中郡付近の水田地帯、青空に残雪の雪山も写り、順光ではないけれどいいのが撮れました [続きを読む]
  • 米坂旧客
  • 22年6月、国鉄気動車亡き後、足が遠のいていた米坂線に待望のイベント列車が走りましたDE10と旧客3両〜長閑なローカル線に最高の列車です思い出の場所でいくつか撮りここ、羽前松岡の築堤に来ました機関車正面にセンスない(苦笑)四角いHMが付いていたので、サイドアングルで・・・田植えの終わった水田とディーゼル機関車旧型客車、ちょうど日差しも出てくれ緑もきれいでした [続きを読む]
  • 十和田観光電鉄
  • 24年春に廃線になりました、青森県の片隅を走る非常に地味なローカル私鉄〜訪問したのは22年5月、この時廃止危機にあるということは寝耳に水でした早朝に津軽海峡線で北斗星はまなす撮影後、まだ未乗だった十和田観光でも乗ろうと、車を十和田市駅に置いて1往復した後撮影しました沿線はこれといった撮影ポイントも無く、車両基地のあった七百で元東急の古い車両を見たり、レトロな電機を見たりしてたら、電車が来たので適当に(苦 [続きを読む]
  • 最後の急行はまなす
  • つい数年前まで残っていた、国鉄時代を色濃く残す最後の列車でした14系客車、寝台座席併結、急行・・・これほど化石のような列車は、この時代すでにはまなす以外存在しませんでした惜しむらくは夜間帯の走行だったので、なかなか撮りづらい列車であったこと本州側では5月ごろから8月末ごろまでが時期だったでしょうか?それでもED79牽引ということもあり、絶好の被写体でしたこの日、トラブルで1時間以上遅れたため、充分な明るさ [続きを読む]
  • 撮影名所
  • 奥羽本線陣場ー白沢、東北有数の撮影名所残り少なくなったブルトレが2本、しかもいい光線で撮れると来ては鉄が集まらないわけがない(苦笑)編成の形もいいし、気軽に撮れてキャパもあり駐車スペースもありと、至れり尽くせり?の撮影ポイントです(笑)しかしここは東北でも北部に位置するだけあって、GWではまだ枯草の山それが少し残念ですがブルートレイン日本海、しかもローズピンクEF81牽引とあって、この後来たあけぼのと共に [続きを読む]
  • 津軽鉄道の春
  • 本州最北の私鉄、津軽鉄道〜”これぞローカル私鉄”という雰囲気満点の、大好きな私鉄です中でも春の桜の季節は絶景関東より1か月ほど遅くGWに咲く桜が、満開に咲き乱れるのがこの芦野公園付近芦野公園駅を出た列車は、桜のトンネルを抜けて行きます今や私鉄では貴重となった、旧客とディーゼル機関車を所有する津軽鉄道ですが、毎年GWに合わせて臨時列車で走ります桜のトンネルの中を多くの人々に見送られて、古典ディーゼルと旧 [続きを読む]
  • あけぼの大仏公園
  • 22年5月GW、青森にブルトレを撮りに行きました青森界隈はまだブルトレが何本か残っており、その一つがあけぼのでした大鰐近くのここ大仏公園は、お手軽に俯瞰撮影が出来る名所ですサイドがちアングルと正面がちアングルがありますが、これはサイドがちアングル〜青森はGWではまだ新緑には早く、枯れ山なのが残念ですが(泣)淡い日差しを浴びて青森へ向けて走っていきました [続きを読む]
  • 秋田内陸縦貫鉄道
  • 22年5月、青森に撮影に行く途中寄り道しました元国鉄阿仁合線と角館線が3セク転換され、工事の進んでいた未開業の中央部を開通させて、両線を接続して全線開通し今に至ります一度乗ったけど、中央部は人跡もまばらな山岳地帯で、乗客も少なく経営の困難さを感じました鉄道路線が増えるのは嬉しいけど、この時代にこんな人気のない土地に鉄道を開業させるとは、かつての国鉄赤字ローカル線を彷彿させますそして案の定、全国でも最 [続きを読む]
  • さよならマウントエクスプレス
  • ついに8500に引退の時期が迫る!引退前には特製HMが付けられました会津マウントエクスプレス自体が終わるわけではないのですが、会津マウントと言えばキハ8500だったので(苦笑)門田付近にある六地蔵尊のお堂を入れて、夕日を浴びて会津若松へ向かうキハ8500・・・これが最後の撮影高性能を誇りながら充分生かすことが出来なかった、悲運の車両でした [続きを読む]
  • 最後の新緑と
  • 湯野上温泉ー塔のへつり辺りは地形もかなり険しくなります並行する国道も山にへばりつくように走っていますが、その道路から・・・この立ち位置、国道橋の付け根部分、欄干の始まる箇所の外側になるので、足元が非常に怖かった記憶があります(苦笑)もちろん三脚など立てられないので、手持ちで〜一面新緑の世界を行くのも、これが最後です [続きを読む]
  • もう一つ桜と
  • どこの駅間か忘れてしまいましたが(苦笑)線路際に見事な桜が咲いていたので・・・桜があるだけで、普段撮らないような場所も撮影ポイントに変身!ですね(笑) [続きを読む]
  • 会津マウントエクスプレス
  • 用途廃止となった名鉄の北アルプス用キハ8500を、会津鉄道が購入し快速列車として走らせていました塗装も名鉄時代そのままに、南会津の長閑な風景で余生?を送っていたキハ8500、老朽化&維持費用の高さで、置き換えが発表されてしまいました・・・なんでも高速重視の性能だったけど、低規格低速の会津鉄道線ではその高性能を生かせず、逆に機器を痛めてしまったとか?名鉄での活躍も短命でなんとも不運な車両(泣)そんなキハ8500 [続きを読む]