まきこ さん プロフィール

  •  
まきこさん: 妊活妊娠
ハンドル名まきこ さん
ブログタイトル妊活妊娠
ブログURLhttp://xn--jvsa46b644d.jp/
サイト紹介文妊活から妊娠までを解説
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 206日(平均1.5回/週) - 参加 2016/12/19 06:35

まきこ さんのブログ記事

  • 卵巣嚢胞の手術後痛みと出血は?再発はある?
  • ■卵巣嚢胞の手術後痛みと出血は?卵巣嚢腫とは、平たく言うと卵巣に出来物が出来るということです。卵巣はとても出来物ができやすい臓器なのでかなりたくさんの女性が卵巣嚢腫になったことがあるでしょう。しかし、その自覚症状がなかなか現れなかったり、知らない間に卵巣嚢腫が出来て、知らない間にいつの間にか消えてしまったりすることもあるので(機能性卵巣嚢腫)「自分が卵巣嚢腫である(だった)」ということ気付かないま [続きを読む]
  • 卵巣嚢胞の原因はストレスが関係している?
  • ■卵巣嚢胞の原因はストレスが関係している?卵巣は女性にしかない特有の臓器です。妊娠するために不可欠な排卵を起こすには卵巣の存在が欠かせません。また、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンを分泌してくれるのも卵巣です。女性ホルモンがないと排卵していても妊娠をサポートしたり継続することができません。女性ホルモンは妊娠だけでなく、女性をより女性らしく保つ働きがあります。将来妊娠を希望する女性だけ [続きを読む]
  • 卵巣嚢胞と卵巣嚢腫の違いは何?
  • ■卵巣嚢胞と卵巣嚢腫の違いは何?「卵巣嚢胞」と「卵巣嚢腫」、この2つにどんな違いがあるのかということをちゃんと理解している人はそんなに多くはないでしょう。「とにかく卵巣に何かできてるんだよね?」というくらいの認識でしょう。実際に嚢胞だの嚢腫だのと言われても、どう違うんだろうとはあまり考えないですよね。卵巣嚢胞とは、卵巣に袋状の出来物ができることをいいます。卵巣嚢腫とは、卵巣に出来る腫瘍で良性のもの [続きを読む]
  • 卵巣嚢胞の症状チェック!痛みはある?
  • ■卵巣嚢胞の症状チェック!痛みはある?卵巣嚢胞とは、体液などがたまった袋のような出来物が卵巣に出来る病気です。卵巣嚢胞の9割以上が良性のものなので、心配がいらないことがほとんどなのですが、通常ならないものが出来ていると不安になりますよね。今は特に何ともなくても気にかけておく必要はあります。卵巣嚢胞の症状は、サイズによって異なるところがあります。嚢胞のサイズが小さい場合は、ほとんどの人が無症状です。 [続きを読む]
  • 卵巣嚢胞とはどんな病気?2センチ3センチ4センチくらいの大きさ?
  • ■卵巣嚢胞とはどんな病気?卵巣は女性特有の臓器です。毎月排卵をするためには不可欠なものなのです。妊娠を希望している女性にとっては卵巣の健康には気を付けたいとこでしょう。しかし、卵巣は「沈黙の臓器」と呼ばれることもあり、何か異変があったとしてもなかなか自覚症状が現れにくく気付きづらいものです。そんな卵巣の異変に、卵巣嚢胞というものがあります。卵巣嚢胞とは、卵巣に出来る血液や体液がたまった袋のような出 [続きを読む]
  • 卵巣腫瘍が良性の場合は手術の必要性は?
  • ■卵巣腫瘍が良性の場合、手術の必要性は?卵巣腫瘍とは、名の通り卵巣内にできた腫瘍のことを示します。卵巣腫瘍はあまり自覚症状がないことが多く、定期検診などで発見されることがよくあります。本来、腫瘍は卵巣にはないのものなのでこれがどんな性質のものなのかを調べなければいけません。「がんだったらどうしよう…」と不安に思う人も多いでしょうが、卵巣腫瘍の9割以上が良性の腫瘍、つまりがんではなく、卵巣嚢腫である [続きを読む]
  • 卵巣腫瘍の悪性症状特徴と確率は?
  • ■卵巣腫瘍とは?卵巣や子宮は子供を授かるのに無くてはならない臓器です。特に卵巣は排卵するためには不可欠で、その健康状態には気を付けたいものです。しかし卵巣は「沈黙(サイレント)の臓器」と呼ばれるくらい、何か異常があったとしても自覚症状が出づらい臓器です。なかでも、卵巣に腫瘍ができる「卵巣腫瘍」も初期のほうでは自覚症状が少ないです。卵巣腫瘍(嚢胞)とひとことで言っても種類は色々あって、機能性嚢腫(排 [続きを読む]
  • 卵巣がん症状の初期痛み箇所は?出血はある?
  • ■卵巣がんとは卵巣がん…それは子宮がんや乳がんなどと並ぶ女性特有のがんです。卵巣に悪性の腫瘍ができて命を脅かす怖い病気です。卵巣は「沈黙の臓器」卵巣がんは「沈黙の腫瘍(サイレントキラー)」と呼ばれているだけあって、卵巣に異常があったとしてもなかなか自覚症状がでないのでその異常に気付くことができません。卵巣がんになる原因は様々で、過去に不妊治療などで長期にわたりホルモン療法など排卵誘発剤を使用してい [続きを読む]
  • 卵巣が腫れる症状は太る、チクチク痛み、腰痛?
  • ■卵巣が腫れる症状は太る、チクチク痛み、腰痛?卵巣が腫れる…これは一体どういうことかわかるでしょうか?卵巣が腫れる原因にはいろいろあって、卵巣腫瘍であることストレスや女性ホルモンの影響などで卵巣が腫れてるということもあります。このように様々な原因で腫れることのある卵巣ですが、卵巣が腫れると具体的にはどんな症状が出るのかをここでは見ていきましょう。卵巣が腫れているときに現れる症状として「太る」という [続きを読む]
  • 卵巣が腫れる水が溜まる原因は、ストレスや女性ホルモンや交感神経の緊張?
  • ■卵巣が腫れて水が溜まる原因は、ストレスや女性ホルモンや交感神経の緊張?女性にあって男性にない臓器…それは卵巣と子宮です。どちらのとても重要な臓器で、妊娠を希望する女性にとっては特に大切にしたい臓器です。定期的に検診などして卵巣や子宮に異常がないかをチェックしておくのがベストです。特に卵巣は何か病気をしたとしても症状が自覚しにくいことから、症状を感じてから病院に行くと結構重症化しているということが [続きを読む]
  • 無排卵の原因がストレスの場合は改善できる?
  • ■無排卵の原因妊娠を希望する女性にとって排卵の有無はとても重要なことです。月経周期に1度しかない排卵が無排卵なんてことになると妊活中の女性にとっては大きな問題ですよね。無排卵になる原因は、不規則な生活や栄養バランスの乱れた食生活、慢性的な冷えなどいろいろありますが、なかでもストレスによるものが大きいことがあります。過度のストレスにさらされると自律神経が乱れて体のリズムが乱れてしまいます。それによっ [続きを読む]
  • 無排卵の治療法!自力で治せる?
  • ■無排卵の治療法とは無排卵…それは名前のとおり、排卵がない状態のことを示します。排卵がないと当然卵子がないので精子が体内に入ってきても受精することはまずありません。妊娠を希望する女性にとって無排卵は、受精や着床以前の問題でとても残念な状態なのです。月経もあるし無排卵なんてことはないだろうと思っている女性もいるでしょうが、無排卵月経ということも十分にあるので注意しましょう。無排卵月経は基礎体温や月経 [続きを読む]
  • 無排卵の基礎体温は高温期が続く?
  • ■基礎体温とは基礎体温とは、女性の体のリズムを把握する上で非常に大切なものです。基礎体温によって排卵や月経を予測し、妊娠したい人は排卵日でタイミングをとったり、逆に妊娠したくない人は避妊方法の一環としてみたりなど妊娠をつかさどるものとも言えます。また、基礎体温で体のリズムを知ることによって事前に排卵期の体調不良や月経前症候群、月経痛に備えることができるので、体調管理はもちろん、体調不良を前提として [続きを読む]
  • 無排卵の症状は胸の張り、吐き気、生理が来ない?
  • ■無排卵の症状は胸の張り、吐き気、生理が来ない?無排卵…それは妊娠を希望する女性にとっては頭の痛い問題です。今は妊娠を希望していない女性にとっても無排卵はよろしくない状態で、早期に無排卵を解決しないといざ妊娠したいとなったときに苦労します。無排卵を疑ったときはできるだけ早く婦人科を受診して治療することが1番です。そんな無排卵のよく見られる特徴としては、基礎体温がガタガタである・高温期がない・全体的 [続きを読む]
  • 無排卵月経の特徴!20代30代40代
  • ■無排卵月経とは?排卵と月経は、女性とは切っても切りはなせないものです。特に排卵は、妊娠を希望する女性にとってはなくてはならないものです。排卵期に排卵された卵子と精子が出会うことによって受精し、着床を経て妊娠に至ります。しかし、月経はちゃんとあるのにいつまで経っても妊娠に至ることができないという女性もいるでしょう。実は月経がちゃんとあっても排卵していないということもあるのです。これを「無排卵月経」 [続きを読む]
  • 排卵痛のタイミングが妊娠しやすい?
  • ■排卵痛が起きるタイミング 女性が妊娠をするために必要なのが「排卵」です。基本的に排卵は、月経周期の真ん中にあり、28日周期の人はだいたい月経周期の14日目前後に排卵があるとされています。正確な排卵日を割り出すには基礎体温を計ることがとても大切で、それに併せて排卵検査薬などを使うとより確実になります。そして排卵日を含めた前後3日に排卵に伴う痛み(いわゆる「排卵痛」)があるという人もいます。これは、 [続きを読む]
  • 排卵痛が激痛の原因と対処法は?
  • ■排卵痛が激痛の原因は?女性が妊娠をするために大事なことである「排卵」。排卵とは、成熟した卵胞が破裂することによって卵子を排出することで、たいていの人は、月経周期と月経周期の真ん中にこの排卵が起こります。妊娠を希望している方はこの月経周期間の真ん中であるこの排卵期間にタイミングをとると妊娠する可能性がとても高くなります。そして、排卵をすることによって体調や下腹部に痛みや違和感を訴える人もいます。こ [続きを読む]
  • 排卵痛は胃痛・腹痛・吐き気ひどい?薬はロキソニンが効く?
  • ■排卵痛は胃痛・腹痛・吐き気がひどい?排卵とは、女性が妊娠する上でとても重要なことです。成熟した卵胞が卵巣から飛び出ることを排卵といい、排卵がなされることによって妊娠が可能な状態になります。この排卵は月経周期の真ん中に1回だけ起き、この排卵期を狙ってタイミングを取ると妊娠する確率が上がります。そして排卵をする際に身体に違和感がある、いわゆる「排卵痛」あある人がいます。よくある排卵痛は、下腹部全体ま [続きを読む]
  • 排卵痛の期間いつからいつまで痛いの続く?
  • ■排卵痛とは?女性の体には排卵があり、月経があります。どちらも妊娠するのにとても大事なことなのです。特に排卵は、妊娠を希望する女性にとってはとても大切なものです。排卵痛が起こる原因は、卵巣で育った卵胞によって卵巣がちょっと腫れることがあるのでそれによる痛みではないかという説もあります。ほかにはホルモンバランスの乱れで胃腸の働きが悪くなったことによって感じる痛みや、同じくホルモンバランスの乱れによっ [続きを読む]
  • 排卵痛の左下や右下どんな痛み?下痢や腰痛は?
  • ■排卵痛の左下や右下、どんな痛み?月経時に生理痛があるように排卵時期に排卵痛があるという人がいます。排卵痛とは、排卵時に成熟した卵胞が破裂して卵巣から飛び出る際に起こる刺激(痛み)や排卵よって卵巣が腫れあがっているための痛みで、生理痛と同様に感じる人と感じない人がいます。その痛みは「下腹部のどこか」という人もいれば「下っ腹の右下(もしくは左下)」という人もいます。とにかく卵巣付近に何らかの痛みや刺 [続きを読む]
  • 排卵障害で自然妊娠は難しくなる?
  • ■排卵障害とは妊娠を希望する人は、最初は自然妊娠を目指す人がほとんどでしょう。人によっては「結婚して避妊をやめたらすぐに妊娠する」と思っている人もいますが、実際はそうでない方がかなりいます。子供を望んでいるのにいつまで経っても妊娠することが出来ず、「自分は妊娠できる体なんだろうか?」と不安を感じてしまうことかと思います。一般的に、健康な男女が1年間避妊をしないで夫婦生活を送っているにも関わらず妊娠 [続きを読む]
  • 排卵障害を改善・助長する食べ物や食事は?
  • ■排卵障害を改善する食べ物や食事は?排卵障害とは、何らかの原因で排卵が困難になってしまう、または排卵自体しなくなる障害です。妊娠を希望する女性にとって排卵障害はとても悩ましい問題ですよね。今すぐにでも妊娠を希望する場合は不妊外来に相談にいって検査を受けて不妊治療を開始するのがベターです。しかし、不妊外来に行く前に、出来るだけ自分なりに排卵障害の改善を目指したいものですよね。例えば食事なら1日3回す [続きを読む]
  • 不妊症の割合はどれくらい?不妊を改善するには?
  • ■不妊症の割合はどれくらい?世の中には妊娠を希望しているにも関わらず、思うように子供を授かることができないカップルがたくさんいます。「結婚すれば(避妊をやめたら)すぐに妊娠すると思ってた」とい思っていた方もたくさんいるようです。現実では避妊をやめてすぐに妊娠に至ったカップルは多くはなく「こんなはずではなかった」という方はたくさんいます。基本的には、健康体の男女が1年間の避妊をしないで性生活を送った [続きを読む]