Niki さん プロフィール

  •  
Nikiさん: Things on Okinawa
ハンドル名Niki さん
ブログタイトルThings on Okinawa
ブログURLhttp://nikisdiary.exblog.jp/
サイト紹介文沖縄在住の通訳・翻訳者のブログ。趣味であるAudio Book を中心に語ります。
自由文沖縄県在住の通訳・翻訳者です。趣味のAudio Bookを中心に語ります。不定期にこなす通訳ガイドの仕事についてもちょこっと書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 169日(平均0.5回/週) - 参加 2016/12/19 11:54

Niki さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • The Man from Beijing by Henning Mankell
  • こんにちは。梅雨真っ只中の沖縄です。今日ご紹介するのは、スウェーデンのミステリー推理小説の帝王といわれているへニング・マンケルの作品「北京から来た男(邦題)」です。スウェーデンのヒーショバレンという小さな村落で、住民19人が日本刀のようなもので惨殺されるという事件が起きます。地方判事であるベルギータ・ロゼリンは、報道でこの忌まわしい事件のことを知りますが、ふとし... [続きを読む]
  • Wild Swans: The Three Daughters of China by Jung Chang
  • こんにちは、Nikiです。さて、最近ある長編 Audio Book を聴き終わりました。27時間にもわたるこの長〜いブックのタイトルは「ワイルド・スワン」この作品が生み出されたのは20年以上も前で著者は中華人民共和国出身、現在はロンドン在住の女性作家ユン・チャンです。20世紀始めから1980年代にわたって中国の激動の時代が、3世代の女性の視点で語られます。ユン... [続きを読む]
  • "Catch me" by Lisa Gardner
  • 今晩は。クリスマスの夜ですが、わが家はいつも通りの夜を過ごしています。今日の夕食は沖縄そばとジューシー(沖縄の炊き込みごはん)でしたさて、Facebookにもオーディオブックのページをつくっていたのですが、そちらを削除してブログに移すことにしました。ですのでFBのページ内容と重複しますけれども、少し修正して再度アップしました。今回紹介したいのが、アメリカ人ミステリー作家... [続きを読む]
  • Snow Beach by Sophie Cayeux
  • これまでAudio Bookを、どうやって選んで来たのかというととりあえず好きなジャンルを片っ端からサンプリングして(といっても短いプレビュー聴くだけですが)これはと思ったものをダウンロードし、聴き続けてきました。最近、あるキーワードで検索をかけてヒットした中から良さそうなBook があれば購入するというプロセスにたどり着きました。まぁ、これがどんぴしゃりでして…それ... [続きを読む]
  • "Skipping Christmas" by John Grisham
  • さて、今年2016年も終わりに近づいていますね。私は通訳・通訳ガイドの現場はすでに終了して残るは翻訳関連がちょこっと残るのみなのですでにリラックスモードです 残る時間は 好きなだけAudio Bookを聴きまくろうと思ってます先の投稿でもふれましたが、グリシャム作品は長編が圧倒的に多いです。ページ数にして500〜600ページ以上なんてざらで、Audio Book になるとレコ... [続きを読む]
  • ジョン・グリシャムの "The Activist"
  • 洋書・洋画ファン、なおかつそのジャンルが法廷ドラマ、犯罪ミステリーならば、その名を知らない方はいないと思います。今日はジョン・グリシャム (John Grisham)についてお話します。ジョン・グリシャムは1955年生まれの米国人作家です。アーカンソー州出身。ミシシッピー州立大学、経理学専攻で卒業後、ロースクールを経て弁護士となります。刑事事件、人身傷害の訴訟専門の弁... [続きを読む]
  • 通訳ガイドのお仕事@沖縄
  • 4月も後半に突入!沖縄ではすっかり夏の気配です。3月後半から、約一カ月、ガイドの仕事がたて続けに入り忙しくしておりました。どういったお仕事かといいますと、MICE(Meetings, Incentives, Conferences, and Exhibitions) 関連のガイド業務です。要するに、国際会議や、学会、報奨旅行で沖縄を訪れる外国のゲストのための案内です。今、ふりかえってみる... [続きを読む]
  • クルーズ船 Seabourn Sojourn 那覇寄港
  • アメリカのクルーズ船、シーボーン・ソジョーンが3月18日、那覇の若狭バースに寄港しまして、ガイド業務の依頼があったので、行って参りました。船は朝8時から夕方6時までの停泊でした。私は今回、アメリカ人のお客さまのプライベートツアーを担当しましたよ。Seabourn Sojourn March 18, 2016割と小ぶりの船でしたが、綺麗なお姿でした あまり写真ではわかりませんが…... [続きを読む]
  • アンドリュー・ジマ―の ”Bizzare Truth"
  • 米国のFood Critic (グルメ批評家)、アンドリュー・ジマ―の著書"The Bizzare Truth"から抜粋された「和食」についてのチャプターです。これは・・・著者本人が吹き込んだブックなのですが、内容はいいとして、なんというか・・・雑誌特有の凝った表現、早口さらにだみ声とあって、聴いていて結構辛かったですトータル25分の短いブックですが、とにかくずーっと和食(... [続きを読む]
  • オーディオブックへの招待
  • 勢いづいたのでもう一つ記事をあげようと思います。「Audio Book、チャレンジしてみたいけど何を聴いたらいいかわからない」という方がいたら、このブックをおすすめします。著者ケイ・ヘザリーさんはアメリカのテキサス州出身。アメリカの大学で日本語を学んだ後に来日。外国人の視点から、日本人の摩訶不思議な習慣やアメリカとの相違点を、ユーモアたっぷりに語ります。全体的に... [続きを読む]
  • オーディオ・ブックと語彙について
  • さて3月に入りまして、沖縄地方では、雨はよく降りますが、暖かい日が続いています。とはいっても、とうの昔に桜のシーズンは終わりましたけどね。(沖縄では桜シーズンは1月下旬から2月上旬なのです)さて、ブログのプロフィールにはAudio Book について語る、とありますがなかなか投稿する機会がなかったので、今回頑張って書いてみようと思いました。実はFacebook には「オーディオブック... [続きを読む]
  • 那覇の港に寄港するクルーズ船たち
  • 今日は通訳ガイドネタです。もともと自分のサイトに載せていた画像ですが、サイトをリニューアルしたので、こちらに転載することにしました。那覇の港にクルーズ船がその姿をあらわすのも、最近すっかりおなじみの風景になってきました。 というのも、今まで主にヨーロッパで運航していた欧米系の客船の航路がアジア方面にも拡大したことを受け、大型クルーズ船が那覇に寄港する回数が非常に増えてき来ているのです。... [続きを読む]
  • 過去の記事 …