野鳥少年 さん プロフィール

  •  
野鳥少年さん: 私と野鳥と日常
ハンドル名野鳥少年 さん
ブログタイトル私と野鳥と日常
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shinshinyachou/
サイト紹介文コンデジでの野鳥撮影に目覚めた小4男子と小学生ハムの海外交信記録ブログ。
自由文コンパクトデジタルカメラと三脚を持って日々、カワセミやヤマセミを観察、撮影に命を懸ける小4次男。コウノトリ大好き。毎月の探鳥会と観察会には欠かさず参加。一方、小6長男はアマチュア無線で日々、国内交信とDX。QSLカードを集めてWAJAを目指す。2017年3月には3アマを受験予定。モールス信号での交信が夢。そんな二人に振り回されつつ毎日を田舎で生きるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 273日(平均4.3回/週) - 参加 2016/12/19 19:54

野鳥少年 さんのブログ記事

  • 台風待ち時間
  • 台風の影響で小学校の運動会も延期になった。台風が去った次の日は、普段見られないシギやチドリが来るかもしれない、と楽しみにしている野鳥少年だが、残念ながら台風が去ったあとは運動会である。クショー、海行きたいと言いつつ、彼のなけなしのお小遣いをはたいて買った... [続きを読む]
  • ミサゴと謎の生物
  • 野鳥少年と家の近所を車で走っていたら、「わ、ミサゴだ・・」と外を見ていた彼が言った。こんな山の方でミサゴとは珍しい。この夏、7kmほど下流の川で見たことはあったが、ここまで飛んできてたとは。うちの近所は川はあるものの上流で、水量もそんなにないのだが、電柱の... [続きを読む]
  • ケリ
  • ケリいるで、と鳥仲間の方から連絡をいただき、やっと見ることができた。NHK「ダーウィンが来た」の特集以来、ずっと見たかったケリ。何で目が赤いんだか、くちばしの先だけ黒いんだか。飛んだ時の白と黒のシャープなコントラストが美しかった。しかし、警戒してて野鳥少... [続きを読む]
  • シギとチドリと夫
  • シギやチドリを探すべく、早朝の海に行きたい野鳥少年。私は法事の後片付けで家を空けられないので、日々修行中の夫が連れて行ってくれることになった。日陰のない砂浜で何時間か過ごす夫には折り畳みの椅子を持って行くことをおすすめした。野鳥少年が言うにはトウネンの成... [続きを読む]
  • トウネン
  • 今日は野鳥少年のぼくがお送りします。そろそろシギとチドリの渡りの季節だと思ったので、海に連れて行ってもらいました。砂浜を歩くとやっぱり、トウネンの群れを発見。10羽ほどの群れで行動していました。シギチドリは警戒心が薄いのでトウネンが歩いている方向の先に回っ... [続きを読む]
  • ついに
  • アオバズクに魅せられた野鳥少年の夏休みがついに終わる。ヒナの巣立ち後、高台から観察していたが、狩り場を見つけて以来、野鳥少年は毎夜ブラインドテントでの観察を続けていた。夜だし、一人で放っておく訳にもいかないので、必然的に近くに停めた車で待機してなければな... [続きを読む]
  • お盆明け
  • 初盆も無事に済み、ちょっと肩の荷が下りた今日この頃。懸案だった白提灯もAmazonのprime便で間に合ったし、義弟夫婦も集まってにぎやかに過ごせたし、いい初盆だったな・・。来月は早くも義父の一周忌を迎える。それまでに準備しなければならないことは山ほどある。田舎の長... [続きを読む]
  • お盆のササゴイ
  • 今日は、野鳥少年のぼくがお送りします。お母さんがスーパーに買い物に行っている間、僕はササゴイの営巣地に行ってきました。営巣地に着くとまだ白い毛が少し残っている幼鳥が出迎えてくれました。親の帰りを待って、じっと2羽仲良くとまっていました。しばらくすると、川... [続きを読む]
  • アオバズク延長戦
  • 野鳥少年、アオバズクの日没後の行動観察が今日で21日目に突入。3羽の巣立ちビナはすくすく育っているように見える。大きさは親と変わらなくなり、飛ぶのも上手になってきている。今日は巣立ちビナたちが飛び回っていた。枝で給餌を待っていた頃とは違い、先日から親が飛んだ... [続きを読む]
  • ヘビとツバメ
  • ツバメのねぐら入りが見られる季節になった。先月、うちの母屋の車庫で育っていたツバメは孵化して一週間ほどで、何かに食べられて消えてしまった。そしてどうやら車庫には今、ヘビが一匹住み着いていて、見かけたという目撃談が家族から相次いでいる。ツバメの巣をはがそう... [続きを読む]
  • 夏休み
  • 先日、日々修行中の夫が久々に休みだったので息子たちをドライブに連れて行った。伊吹山なら、お兄ちゃんも遠くの人と交信できるよ〜、行こうよ〜、と甘い言葉で誘った野鳥少年だったが、彼の目的は標高1000m付近に現れるという猛禽である。と、いうわけで伊吹山ドライブウ... [続きを読む]
  • カワセミ幼鳥
  • 今日は、野鳥少年のぼくがお送りします。今日は、久しぶりに去年カワセミを観察したところに行ってきました。お母さんの車で送って行ってもらい、一人で川沿いを歩きます。すると、去年のカワセミがよくとまっていた護岸からきれいなコバルトブルーが飛び出したのが見えまし... [続きを読む]
  • 日々修行
  • やっと無線少年の夏休みが始まった。大量の夏課題を要領よく仕上げつつ、さっさと自分の趣味に没頭する無線少年に比べ・・・(-.-)野鳥少年の夏休みのひと言日記・・みたいなやつは夏休み開始日から一行も書いていないではないか・・。歯磨きカード(毎食歯磨きしたら色を塗っ... [続きを読む]
  • 飛びもの練習
  • 今日は、野鳥少年のぼくがお送りします。特にすごい野鳥を見ることが出来たのではないですが、朝、アオバズクのあとでヤマセミを待っている時に少し設定を変えて撮ってみました。まず、シャッタースピードを速くしてサギの飛び出しを撮ってみました。先日の雨で川が増水して... [続きを読む]
  • ヒナ3羽
  • 夏休みなのに全く休んでいる気がしない野鳥少年。早朝と夜間のアオバズク観察も佳境に入り、ここ2日間、昼間は姿を確認できず。しかし、夜は飛んでいたので、何度もとまった木に目星をつけておく。そして今朝、彼は観察しに行った。日の出前、辺りが明るくなるまで一緒に待... [続きを読む]
  • 連写で羽溶ける・・
  • 野鳥少年にアオバズクの写真を見せてもらうと、セミを持って食べているヒナの写真がどうもハッキリしない。羽ばたきの写真を野鳥少年が連写で撮ったら、たいがい翼が溶けている。彼は「だってコンデジだもん〜、一眼レフじゃないからしょうがないんだよ〜」と言うが果たして... [続きを読む]
  • アオバズク巣立ち
  • 夕方、アオバズクのところへ行く。野鳥少年によるとアオバズクの活動開始は日の入りの少し前らしい。なので毎日夕方の5時過ぎに行って、7時半ごろまで観察する。さすがに8時前になると真っ暗になるので帰るようにしている。で、先日も行ってみると「・・・巣立ちしてる!... [続きを読む]
  • 八東の続き
  • 八東に行って7時間の短い撮影時間を楽しんだ野鳥少年。コノハズクがすごくいい角度で目を開けてこっちを向いてたので、教えに行くと「今アカショウビン撮ってるから!」と追い払われた。まったく人の助言に耳を貸さない人だ。同じポーズばっかり撮ってもしょうがないやん・... [続きを読む]
  • アカショウビンの給餌
  • 今日は野鳥少年のぼくがお送りします。先日、鳥取の八東ふるさとの森に行ってきました。7月20日前後が巣立ちだと聞いていたのです。すごく早起きして、行く前にいつものアオバズクを観察し、鳥取へ出発です。9時について園内に入ってみるとちょうどアカショウビンの親が... [続きを読む]
  • 日没後
  • 夕飯を食べた後、アオバズクのところへ。この日の日の入り時刻は19時11分。すでに日没だがまだ空は明るい。急げ急げ・・狩りが始まっているかもしれない・・着いた時には・・・すでに始まっていた。昼間はあんなに動かないのに、何だ、これは。軽やかに薄暗い空を飛び回... [続きを読む]
  • 終業式の朝
  • 日の出時刻が5時だったので、今朝はアオバズクのところに4時30分に行った野鳥少年。今日が終業式だが、彼の中での夏休みはアオバズクを見つけた時から始まっているのだ。東の空がだいぶ明るくなっていたので、もう活動をやめているかも・・と思ったがまだヒラヒラ飛び回... [続きを読む]
  • 今度こそアオバズク
  • 野鳥少年の次男が朝早く観察しに行ってきた。昨日は1羽だと思ったが今朝は2羽が同じ木にとまっていたらしい。と、いうことは繁殖しているに違いない。野鳥少年、夏休みの自由研究はアオバズクにする〜とずっと前から決めていた。まずアオバズクを見つけるとこから始めない... [続きを読む]
  • アオバズク
  • 野鳥少年、5年生の1学期も終わりを迎えようとしている。今日は、クラスのお楽しみ会だ〜と登校していった。1時間目と2時間目にホットケーキを作ってお茶会をするらしい。先生がコーラとソーダとファンタを買ってきてくれるとか。学期末の大サービスデーである。各学年、... [続きを読む]
  • 野鳥少年、野鳥少年に出会う
  • 遠征二日目。早起きして昨日見たミゾゴイをもう一度見に行く。ポイントに着いたとたん雨が本降りになる。雨が降った方がミミズは地表に出やすいので、いい感じではあるがカッパも傘も持ってきておらず仕方なく雨宿りをする。「暗いとピント合いにくいんだよなぁ・・」野鳥少... [続きを読む]
  • ミゾゴイとの濃密な時間
  • 先日、無線少年と野鳥少年のピアノコンクールのため遠征に行ってきた。我が家の夏の旅行はここ何年かこのコンクールと兼ねる事になってしまっている。しかし、息子二人の真の目的は素晴らしい演奏、ではなく、ホテルの高層階での無線の交信と野鳥である。無線少年の長男はFT8... [続きを読む]