野鳥少年 さん プロフィール

  •  
野鳥少年さん: 私と野鳥と日常
ハンドル名野鳥少年 さん
ブログタイトル私と野鳥と日常
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shinshinyachou/
サイト紹介文コンデジでの野鳥撮影に目覚めた小4男子と小学生ハムの海外交信記録ブログ。
自由文コンパクトデジタルカメラと三脚を持って日々、カワセミやヤマセミを観察、撮影に命を懸ける小4次男。コウノトリ大好き。毎月の探鳥会と観察会には欠かさず参加。一方、小6長男はアマチュア無線で日々、国内交信とDX。QSLカードを集めてWAJAを目指す。2017年3月には3アマを受験予定。モールス信号での交信が夢。そんな二人に振り回されつつ毎日を田舎で生きるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 159日(平均5.2回/週) - 参加 2016/12/19 19:54

野鳥少年 さんのブログ記事

  • 雨の山道
  • 一週間前に見つけたオオルリの巣が気になって野鳥少年と小雨の中、山に様子を見に行ってきた。孵化はしていたが、ヒナは全く動いていなかった。毛は生えているものの、まだ小さかったので孵化して何日かは経っていたのだと思う。確証はないが生きていないのかもしれない。死... [続きを読む]
  • 関わることと関わらないこと
  • ここのところ雲南市のコウノトリの一件で悲しい気持ちになった。ひとりぼっちになったオスのコウノトリはどうしているのだろう。でも4羽のヒナは安全な場所に保護されたので、あとは無事大きくなってほしいと祈るばかりである。昨日、夕ご飯を食べている時、ご近所の方が野... [続きを読む]
  • キアシシギ
  • 野鳥少年の次男がシギ・チドリを見に行きたいと言うので日曜日の朝、海岸へ行ってきた。うちの周りでは姿を見ないが、山を二つ超えた田んぼにキアシシギが来ている。まだ稲の植わっていない田んぼに入ってエサを探している。海岸に降りると岩礁にキアシシギが。あぁ、大波が... [続きを読む]
  • ハヤブサ遠征2
  • 今日は野鳥少年のぼくがお送りします。先日、ご近所の野鳥が好きな方がハヤブサを見に連れて行ってくれました。観察場所に着くと、すぐケーケーとけたたましく鳴いて僕を警戒しました。緑をバックに飛ぶとお腹の白と黒やくちばしの黄色がはっきり見えてすごくきれいです。す... [続きを読む]
  • 生きるんだ!
  • 野鳥少年の次男が待ちに待った土曜日。今日は野鳥少女さんの案内でオオヨシキリの観察に行く日。待ち合わせの時間までまだまだあるが、早朝に家を出発し、野鳥を探しながら寄り道をする。山のほうに行ってみようかと、車を走らせているといつもの「止まって!!」が出た。野... [続きを読む]
  • オオルリさん
  • 野鳥少年が放課後にちょっとだけでもミソサザイを見たい、と言うので裏山に。山に入ったのは二時過ぎだったので、さえずりもあまり聞こえない。まぁ、滝の近くまで行ってみようと、沢づたいに歩く。前にミソサザイに出会ったポイントでしばらく待つが声も姿もなく・・こりゃ... [続きを読む]
  • アマサギ
  • 田植え真っ盛りの広い田んぼの横を車で走っていると、野鳥少年が「止めてぇー」と叫んだ。ホントこれ、怖い。心臓に悪い。危ないし。野鳥を見つけて車を急に止めると大概逃げられる。だから、車、止まらないですよ、あなたに興味持ってるわけじゃありませんよ・・的な感じで... [続きを読む]
  • 探鳥会その2
  • 昨日の続き。隠れたままのオオヨシキリとお別れしてコウノトリ自然観察会へ急ぐ。今年はコウノトリの雛が市内の11ヶ所の人口巣塔で生まれて順調に育っているらしい。今年育っている雛は今のところ24羽もいる。庄境の人口巣塔は小学校の運動場の中にあり、コウノトリは子... [続きを読む]
  • 探鳥会その1
  • 本日は野鳥少年の次男が楽しみにしている探鳥会in神鍋高原。しかも午後からはコウノトリ市民研究所主催のコウノトリ自然観察会もある。豪華二本立ての一日を何週間も前から楽しみにしていた野鳥少年。まずは午前の部、神鍋高原へ。嬉しすぎて集合時間の一時間前には到着して... [続きを読む]
  • ロシアより
  • 無線少年の長男にロシアからQSLカードが届いた。ロシアのナホトカとかウラジオストクはわりに日本から近いので以前からよく繋がっていたが、今回繋がったのはモスクワのオレッグさんという人である。モスクワは遠い。モスクワと言えばパルナスのCMしか思いつかないのが悲しい... [続きを読む]
  • スズメちゃん
  • 朝、部屋の外がやたらと鳥の声で騒がしかったので、外に出てみるとスズメのヒナが巣立ったところだった。家の前の電柱の上についてる長細い箱みたいな中で巣を作ってるのは前から気づいていた。親鳥は一日中、虫を運び・・巣が汚れないようにヒナの糞を運び出し・・昨日、電... [続きを読む]
  • 5月のオシドリ
  • 野鳥少年の次男が登校前にパトロール・・・今朝のオシドリ。お宮さんの古い大きなケヤキに4ペア、8羽がとまっているらしい。足を伸ばしてみる〜さて、ガーデニングの方は・・と言いますと。モッコウバラが満開・・・やっと半小屋の屋根まで届いた。でも今年はちゃんと剪定... [続きを読む]
  • 皆さん、子育て中
  • 家の周りでよく鳴いているキセキレイ。コンテナの穴に巣を作って子育て中だった。ヒナのくちばしが二つ飛び出ている・・キセキレイは人の近くでよく巣を作る。去年は小学校の放置自転車のかごの中で営巣して4羽のひなが生まれていた。首の下が白いのはお母さん。せっせとヒ... [続きを読む]
  • GW五日目 ミソサザイ編
  • 本日GW最終日。最終日をどのように過ごしたいか、昨夜、家族会議をするも意見がまとまらず、黄砂も来てるし自宅でゆっくり過ごそう、という事になった。朝ごはんの後、黄砂にかすむ裏山を見て、野鳥少年がやっぱり裏山に行きたい、と言い出した。すると、めずらしく無線少... [続きを読む]
  • GW四日目 謎の鳴き声編
  • 今日は鳥友達の野鳥少女さんを誘い、野鳥少年と3人で前に探鳥会で行った山に行く約束をしていた。野鳥少女さんの家はうちとは逆方向なので現地近くで待ち合わせをすることに。しかしながら、北に行けば行くほど雨が本降りになってきた。楽しみにしてくれていた野鳥少女さん... [続きを読む]
  • GW三日目
  • さて、GWも佳境。「今日は山か、川か、海か。」と野鳥少年に聞くと「海で!」とのことだったので早朝の日本海へ。先日トウネンを見てからすっかり海が気に入った野鳥少年。海岸に行くと偶然、鳥仲間の方に出会う。あそこにおるで〜と、探す手間なくムナグロ。左がメス、右が... [続きを読む]
  • GW二日目
  • 野鳥少年の次男と山に行く約束をしていたので、夕べの冷ご飯をラップに包み鰹の佃煮を入れて出発。最近よく通っている近所の山で、今日は別の登り口から入ることにする。と、言っても全部歩くのはしんどいので、林道に車を停めて、野鳥の声がよくするところに入っていくとい... [続きを読む]
  • GWのトウネン
  • 今日は、野鳥少年のぼくがお送りします。今日は京都北部の水源地に連れて行ってもらいました。朝5時に起きて出発です。水源地のある山を川に沿って登っていきます。いつも家の近くの山で見ているオオルリやキビタキが鳴いています。崖でヤブサメの鳴き声もしました。ツツド... [続きを読む]
  • NiconなのかCanonなのか
  • 野鳥少年の次男は、訳あってカメラ物色中。昨日からご近所のコンデジ仲間さんが野鳥少年にNiconのP610を無料レンタルしてくれている。で、先日ハヤブサの観察の時に使用させていただいたCanonのPowershot SX60 といい、今回のNiconのP610といい、今、野鳥少年が使っているP... [続きを読む]
  • 山のキビタキ
  • この間から野鳥少年に近くの山に連れて行ってほしいと頼まれていた。いつもは車で林道を走りながら鳥を探すのだけど、今日はふもとから林道を歩くことにした。早朝、車を林道わきに停めて歩き出すと、暗めの小川沿いにミソサザイの美声。目を凝らしていると、飛び出てきた茶... [続きを読む]
  • 無線少年のその後
  • 中学生になった無線少年の長男宛に今月もQSLカードが大量に届く。入学してからというもの宿題や時間に追われ無線機のスイッチを入れる時間もなくなってしまったが、春休みはひたすら無線の世界に入っていた。3月の終わりに世界中の局が出る海外コンテストがあったらしく、無... [続きを読む]
  • ハヤブサ遠征
  • 5年生になったものの、平日は帰りが遅くてなかなか鳥見のできない野鳥少年の次男。先日、久しぶりの休みだったので前々から行きたがっていたハヤブサに会いに行くことに。知り合いの方にアポを取ると快く了承してくださり、早朝に野鳥少年と二人で出発した。慣れない高速道... [続きを読む]
  • まったり日曜日
  • 今日の我が家はひさしぶりにノースケジュール。普段の疲れを癒すべく、まったり過ごす。朝ごはんの後、イカルの声がする!と家を飛び出していった野鳥少年。裏の桜に来ていたらしい。どうも桜の新芽を食べている。で、食べようとした新芽を落とした瞬間。シメが来てくれない... [続きを読む]
  • お講ふたたび
  • 今日、4月21日はうちの集落に伝わるお大師講があった。持ち回りで宿があり、今年はうちが宿だった。一週間ほど前に、昨年の宿のお宅にお大師様の御影の掛け軸をお迎えにあがる、という決まりがある。掛け軸の入った木箱には昭和九年新調、と記されており大昔から伝わる行... [続きを読む]
  • 春の探鳥会
  • 二ヶ月ぶりのグループでの探鳥会は城崎にある来日岳だった。体力と脚力がすこぶる落ちてしまったので、途中から足の付け根が痛くなる・・。野鳥少年は私の方を見向きもせず、野鳥仲間の方と先頭を歩いていた。途中の谷間の沢で、オオルリがいるよ、と前を行く方から教えてい... [続きを読む]