獅子唐 さん プロフィール

  •  
獅子唐さん: ししてつ
ハンドル名獅子唐 さん
ブログタイトルししてつ
ブログURLhttp://shishitetsu.seesaa.net/
サイト紹介文省スペースの限界に挑戦。壁掛け式のNゲージレイアウトを作ります。
自由文7畳の1Kに住んでいます。
狭いけどレイアウトを作りたいのです。
それも8両編成が余裕で走れるサイズのを。

ある日、苦悩する私にNゲージの悪魔が囁きました。

「床に置けないなら壁に掛ければいいじゃない」

なるほどね。

幅2700mmの大型レイアウトを、床じゃなくて壁に設置します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 234日(平均0.8回/週) - 参加 2016/12/20 20:44

獅子唐 さんのブログ記事

  • 左側カーブ:崖の改修とビルの仮置き
  • 今日は晴れたのでポタリングへ。通りがかった西公園から仙台市営地下鉄東西線を。鉄輪式リニアだからでしょうか。普通の電車とは音が違いました。レイアウトの方はちょっとだけ。崖をちょっと変えました。ダイソーの紙粘土を使用してます。そして別の場所で使うつもりで買ったビルを仮置き。ちょっとはみ出してるけど、これはこれでいいかな。次は道路の配置を決めたり、土地のかさ上げをしたりする予定です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 左側カーブ:トンネル製作 その3
  • 引き続き作業を進めます。百均の発泡ブロックなどを適当に切ってざっくりと地形を生成し、↓こうなりました。考えながら作業をしてるので進行は遅めです。走ってるのは本日届いたKATOの2100形。紙粘土で埋めた左側の急斜面をどうするか考え中です。草を生やしましょうか、それともコンクリートで固めたみたいにしましょうか。低い位置から。ここにビルを建てたいんですが、ちょうどいいのがあれもこれも売り切れ。TOMIXもKATOもさ [続きを読む]
  • 左側カーブ:トンネル製作 その2
  • 今週末にやったこと・トンネルの内壁をダークグレーで塗装・無理な体勢でバラスト散布を続けた結果、足が攣り、ひとりで悶絶・ボンド水溶液が薄すぎたのか、バラストが全然固着せずやり直し・クッソ暑い中、ポタリングを兼ねて自転車で5km走って模型屋と百均へ行き、やっぱり車で来ればよかったと後悔する・手前側出口にトンネルポータルを仮置き・百均で仕入れた発泡ブロックを仮置きして、どんな地形にするかを考えていたら日が [続きを読む]
  • 左側カーブ:トンネル製作開始
  • よかった、まだブログ残ってた。なんの拍子かわかりませんが、やる気スイッチがONになったので、およそ3か月ぶりに工事を再開します。今まで手を付けてなかったレイアウト左側の180°カーブにトンネルを作りましょう。大カーブとの接続部分にはバリアブルレールがありますので、これを保護するために5mmのL形棒プラ材で簡易的なバラスト止めを作ります。スチレンボードを虫ピンで固定して壁を立てました。左サイドのこの辺は点 [続きを読む]
  • ポイント周辺のバラスト盛り完了
  • 鬼の居ぬ間に洗濯、やる気のある間に工作。まずはプラバンとプラ棒を使ってベースボード連結部にバラスト止めを製作。続いて内周側にはバラスト止めの代わりにプラ棒を置いて敷地境界的な感じにします。バラスト止め等をグレーで塗装。では、レッツ、バラスト盛り。終了。ここだけで3時間くらいかかりました。ベースボード接続部。次回はバラストの塗装とウェザリングをば。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 駅の土台作りとホーム端の加工
  • Aをやる前にBをやっとかないと後でCができなくなるけどその前にDをやらなきゃいけないんだけどそのためにはEを準備した上でFを途中までやっておく必要があるからまずはGとHがあーもーやってられっかーーーーーーッ!!!となっていたわけです。ここ半月ほど。仕事も趣味も段取りが大事ですが、段取りを考えすぎて作業自体をブン投げちゃっては本末転倒ですね。というわけで後先をほどほどに考えながら作業を再開します。今 [続きを読む]
  • ポイント周りのバラスト盛りとウェザリング
  • 以前撒いたバラストに錆色を付けます。使うのはこれ。ダイソーで買ってきたパステルです。「あかちゃいろ」と「こげちゃ」をやすりで削って粉にします。ココアくらいの色合いでしょうか。びふぉーあふたーまあこんなもんで。続いて、ボンド水滴下法が使えないポイント周辺にバラストを盛ります。以前やった試験の結果を踏まえ、バラストと合成のりを混ぜて……盛ります。失敗が怖いので、とりあえずはこの辺だけ。↓やる気が回復し [続きを読む]
  • ベースボード補強完了あーんどバラストテスト結果
  • ベースボード補強の続きです。三枚のベースボードを連結した後、変形機構のキモになるこいつを、ボルトで取付。で、これを、壁掛け。柱は四本から三本に減らしました。展開もスムーズにできました。問題の歪みは、これこのとおりまっすぐ。時間が経てばまた歪むのかもしれませんが、とりあえずこれで良しとします。続いて、先日、各種のりで練ったバラストが固まったので、塗装してみました。アクリル塗料をたっぷりと塗ってみたん [続きを読む]
  • ベースボードの抜本的補強
  • ザ・政治家しか使わない言葉、「抜本的」前回、縦縞に横縞を追加したベースボードを元に戻しました。で、歪みも元通り。ダメじゃん!というわけで表記の通り抜本的補強を試みます。Lアングルで上下から挟みこんでボルト留めしてます。というところで今日の作業は終了。これでダメならもうどーしよーもないねぇ。↓押してもらえると歪みが直ります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ベースボードの歪み補正とバラスト固着実験
  • ずっと気づいてないフリをしていたんですが、今後の作業のことを考えると、やはりここらでなんとかしておいた方が賢明なんでしょう。ウチのレイアウト、明らかにベースボードがたわんでます。実は当レイアウトで採用したスタイロフォーム×プラダン×Lアングル工法は、以前に一度試したことがあるのです。その時のサイズは900mm×600mm――つまり現レイアウトのベースボード一枚と同じサイズでしたが、三年以上経っても目に見えて [続きを読む]
  • 待避線の工事:バラスト撒き、或いはのり弁の海苔をはがす暴挙
  • バラスト止めをトンネルの入り口まで延長します。トンネル内は見えないところなので手抜き。で、バラスト撒きセットを用意。しょうゆスプレーは撒いたバラストを濡らすのに使います。もちろん中性洗剤入り。TOMIXのバラストは、ダイソーで買ってきたこのボトルにちょうど一杯。散布。あとは筆とか刷毛で均します。で、スポイトでボンド水を滴下……したのが間違いだったわけです。   ↓   ↓   ↓   ↓のり弁の海苔を [続きを読む]
  • 待避線の工事:トンネルの製作とか
  • 今回の工作は↓このへん。地下の待避線へと続く下り坂の途中に、こんな感じでトンネルを作ります。ポータルだけのハリボテだとちょっとアレなんで、せめて入口のところくらいは内壁を作りましょう。型をとって内壁をくり抜きます。あと、トンネルポータルも無加工だと車両限界ギリギリなので、本線側を赤線に沿って斜めにカット。ホッチキスの針とか虫ピンとかグルーガンとかでくっつけて仮設しました。隙間を埋めます。↓茶色はな [続きを読む]
  • バラスト止めの設置と終わらないレール塗装
  • 今回の主役はバラスト止めです。まずは0.5?厚のプラバンを幅4?に切って塗装します。塗装に使うのはアースホワイト。試し塗りをしてみたら、バラスト止めの板に使うには黄色が強すぎるような気が……。でも別の色を買いに行くのは面倒なので、気にせず塗っちゃいます。ホッチキスの針の塗装は、スチレンボードにズラッと刺して筆塗りすると捗ることが判明(いまさら)乾燥後、プラ板に針を差し込みます。間隔はおよそ10?です。ん [続きを読む]
  • バラスト止めとレールの錆色塗装
  • 今日の記事は、ほぼアサヒペンのステマですwgoogleで「レール 塗装」とか検索してると見かけるアサヒペン カラーパレット 水性マーカーのコーヒーブラウンを試してみます。一度ですーっと色が乗ります。レールは筆塗りを試してみます。失敗しても目立たないように、レイアウトの奥側から塗装しましょう。レイアウトを畳んで……壁掛け式レイアウトの思わぬメリット:普通に立った状態で作業できるので、すっごい楽。失敗を恐れて [続きを読む]
  • 大カーブのボルト留めと配線整理
  • これまで大カーブブロックはベースボードの上に載せていただけでした。ですからレールのジョイナーでつながっているとはいえ、↓こうすると落っこちちゃう。このままではレイアウトを出しっぱなしにしなければなりませんから、わざわざ畳めるように変形機構を組み込んだ意味がなくなってしまいます。ということで、今日の工作一発目。材料はこちら。ウチのベースボードは電動ドリルを使うまでもない柔らかさですが、まずは大カーブ [続きを読む]
  • 小カーブのレール敷設と「なんちゃってバラスト止め」の試作
  • 塗料とかポイントコントロールボックスとかを買いに行きたかったんですが、あいにくの雨だしめっちゃ寒い。なので今日は家に引きこもって作業を進めます。まずは小カーブのレール敷設作業から。壁に掛けたままだと作業しにくいので、レイアウトをいったん解体しました。補強しまくったおかげで解体がめんどくさい。ま、そう頻繁にバラすもんじゃないんでいいですけど。複線間隔をキープするため、架線中のベースを利用します。真ん [続きを読む]
  • 全体的に路盤を作る
  • 完全に平坦な土地は埋立地だけです。山間部でなくとも、大地は必ずでっぱったりへっこんだりしてます。ましてや当レイアウトは横浜以南の京急線をイメージしていますので、ベースボードの上は坂と丘と斜面と段差と崖だらけのブラタモリ的な地形にせねばなりません。というわけで今日は線路を全体的にかさ上げします。まずは定尺サイズ20mm厚のスタイロフォームを三等分して……ベースボードの上に敷いて、レールを仮置き。赤マジッ [続きを読む]
  • 大カーブにレールを敷く
  • 前回作った大カーブの路盤にレールを敷きます。フレキシブルレールをつなぐために、会社から半田ごてを借りてきたんですが、コンセントを刺したら凄い煙。居室の方だと煙感知器が反応しちゃいそうだったので、台所の換気扇の下へ退避して半田付けをします。ちょっとだけ隙間ができちゃいましたが、走行には支障がなさそうなのでこれで良しとします。路盤の上に置くとこんな感じ。で、さっさと線路を敷きたいんですが、その前にフレ [続きを読む]
  • ししてつ 目次
  • 目次を置いときます。今後も新しい記事を書いたらここに追加していきます。2016.12.17 ブログ開設2016.12.17 コンセプトとレールプラン2016.12.20 ベースボード製作2016.12.23 ベースボード製作 その22016.12.26 ベースボードを壁に掛ける2016.12.29 カーブの路盤を作る2017.1.4 大カーブにレールを敷く2017.1.7 全体的に路盤を作る2017.1.10 小カーブのレール敷設と「なんちゃってバラスト止め」の試作2017.1.13 大カ [続きを読む]
  • カーブの路盤を作る
  • 実家に眠っていたパワーパックやレールを回収してきたので、ムリヤリ複線化(っていうのかこーゆーのは?)してみました。KATOの2100形はC140も曲がれます。それはさておき、表記の通りカーブ部分の路盤を作成しました。赤丸の部分です。当レイアウトは引っ越しに備えて3枚のベースボードを分離結合できるようにしていますが、この大カーブ部分もベースボードとは別のユニットとして作ります。フレキシブルレールで作った大カーブ [続きを読む]
  • ベースボードを壁に掛ける
  • いよいよベースボードを壁に掛けます。で、本日一発目の工作はこれ。1本600円くらいで売ってた樹脂製のカーテンレール(910mm)を解体し、真ん中の2本のように加工します。それを前回立てた柱の側面にねじ止めし、ベースボードの金具を入れると……こんな感じ。展開する時は、ベースボードの下側を手前に引き出します。つっかえ棒にはアルミ製のLアングルを使いました。3枚のベースボードを連結して取り付けます。展開するとこん [続きを読む]
  • ベースボード製作 その2
  • 計量してみたら1枚当たりほぼ1kg3枚合わせても3kgですから、壁に掛けても大丈夫でしょう。が、連結するところで問題が。余裕をもって穴の位置を決めたつもりだったんですけどね。自分の工作精度の無さを過小評価してました。ぜんっぜん入る気がしねぇ……仕方ないので急きょ調達した別の金具で連結してベースボードは完成です。で、だ。我が「ししてつ」が目指すのは壁掛け式レイアウトなわけですから、これにヒモ的な何かをつけて [続きを読む]
  • ベースボード製作
  • ベースボードを作るならベニヤ板と角材を用意するのが常道なんでしょうが、我が「ししてつ」では木は使いません。加工するの大変だし、ささくれとか刺さって痛いし、湿気で歪むし、虫とか涌くし、重いですから。特に重いというのが問題。壁掛け式にする以上、片手でヒョイっと持てる程度にまでは軽量化する必要があります。そこで用意したのがこれら。・スタイロフォーム 1820mm×910mm×20mm 1枚・プラダン     1820mm×91 [続きを読む]
  • コンセプトとレールプラン
  • 今回製作するレイアウトのコンセプトをまとめるとこうなります。1.壁に掛けて保管できること。2.レイアウトの展開と片付けが簡単にできること。3.引っ越しの時には壊さなくてもいいように分割可能にすること。4.壁際に置いた状態で作業ができる程度の奥行にすること。5.18m級車両で8両編成が停車できる駅を作ること。唯一にして決定的な問題が5でしょう。小さなレイアウト、例えば900*600くらいのサイズなら壁に掛けて [続きを読む]