SUGI さん プロフィール

  •  
SUGIさん: キッチングッズ使ってみた。
ハンドル名SUGI さん
ブログタイトルキッチングッズ使ってみた。
ブログURLhttp://kitchengoods.info/
サイト紹介文おすすめする、おしゃれなキッチングッズを実際に購入して、試しています。その感想をレビューしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 96日(平均2.5回/週) - 参加 2016/12/23 18:59

SUGI さんのブログ記事

  • 一流料亭も認めた 中村銅器の玉子焼鍋
  • 中村銅器製作所の銅製玉子焼器を紹介します。この玉子焼器は、一流料亭や寿司職人も愛用するほど、品質や使い勝手に優れた玉子焼器です。熱伝導率がいい銅の特性により、ふんわりとした玉子焼が手早くできます。手入れをしっかり行えば、一生ものです。みんな大好き玉子焼玉子焼といえば、お弁当のおかずの定番です。入っていて嬉しいお弁当のおかずを調べてみましたら、男女年齢にかかわらず、ほぼ2位という結果です。意見としま [続きを読む]
  • ミリ単位まで計算された OXO(オクソー)のダイコングレーター
  • OXO(オクソー)のダイコングレーターを紹介します。グレーターとは、食材を細かくすりおろすためのキッチングッズです。このグレーターは、効率よくすりおろすことができるように設計されています。また、スロープ状に広がった裾野の裏面には、ゴム製の素材が施されていて、 手でもしっかり押さえることができるので、安定してすりおろすことができます。それでは、グレーターの説明に行く前にまず大根の栄養面からみて行きます。大 [続きを読む]
  • 保存について〜八つの痛みの原因〜
  • 食品の保存は、とりあえず冷蔵庫に入れること、と思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、食品には、それぞれ違った特徴や性質があるので、個々にあった保存方法が望まれます。また、劣化や腐敗にもさまざまの理由があります。たとえば、冷蔵庫に入れることで、劣化したり栄養素が減少する野菜や果物もあります。夏野菜や常夏の地域が原産のものです。やはり、暑さには強いが寒さには弱いのでしょう。このことを低温障害 [続きを読む]
  • 食材ごとに使い分けれる ジョセフジョセフのインデックス付まな板100
  • ジョセフジョセフのインデックス付まな板100を紹介します。突然ですが、魚と野菜を同じまな板でカットすることに抵抗はありませんか? 衛生面を考えると、できれば別のまな板を使いたい。そんなとき、このまな板が役立ちます。このまな板は、肉用、魚用、野菜用、調理済み食材用の4枚ワンセットになっていて、 食材ごとに使い分けられるので、衛生的です。また、スタイリッシュなケースに、4枚を立てて収納できるため、 キッチンに [続きを読む]
  • OXO(オクソー)について
  • OXO(オクソー)は、より多くの人に使いやすい製品(ユニバーサルデザイン)を つくることを企業理念としています。1990年にニューヨークで創業して以来、 その理念のもと、850以上の製品を世に送り出しています。 現在、75ヶ国以上で展開しています。きっかけは、妻への愛オクソーの創業者は、元家庭用品会社の代表で、 デザイナーでもあったサム・ファーバー氏です。彼の奥さんが、関節痛を患っていて、料理道具を不自由そうに使って [続きを読む]
  • ひとり分をお手軽に KINTOのティーストレーナー LOOP
  • KINTOのティーストレーナー LOOPを紹介します。ティーストレーナーは、お茶を淹れるキッチングッズです。 (ストレーナーとは漉し器のことです)このストレーナーは、ひとりで手軽にアフタヌーンティーを楽しみたいときにとても便利です。紅茶は、本来なら2〜3杯分をポットで淹れるほうが、おいしくできます。 ポットの中でゆっくりと茶葉をジャンピングさせることがセオリーのようです。ただ、1杯分をサッと淹れたいときには、ポ [続きを読む]
  • 柳宗理について
  • 柳宗理は、東京美術学校(現:東京藝術大学)を卒業後、 坂倉準三建築研究所を経て、 柳インダストリアルデザイン研究所(現:柳工業デザイン研究会 以下、柳デザイン)を開設します。その後、東京オリンピックのトーチホルダー、高速道路のトンネル抗口、 橋や歩道橋、自動車、家具、家電、蛇口やマンホール、 雑誌の表紙やゴロマークに至るまで、ありとあらゆるものをデザインしてきました。そして、数多くの賞も受賞しています。も [続きを読む]
  • ジョゼフジョゼフについて
  • ジョゼフジョゼフ(Joseph Joseph)は、ロンドンを拠点とした、キッチン、テーブルウェアブランドです。工業用のガラスをつくる、3世代続くガラスメーカーが前身です。デザインを学んだアントニー・ジョゼフとビジネスを学んだリチャード・ジョゼフ の双子の兄弟により2003年に設立されました。ジョゼフジョゼフは、双子の兄弟ジョゼフジョゼフは、 双子の兄弟アントニー&リチャード・ジョセフによるイギリス生まれのキッチンテー [続きを読む]
  • 鍋について
  • 鍋は、食材に火を通すためのキッチングッズです。煮る、茹でる、炊く、蒸す、炒める、焼く、炒るなど、 火を通すあらゆる用途に使用します。料理の最終段階で使うことが多く、要となる道具です。 そのため、良いものを揃えておきたいです。調理方法や料理ごとに細分化されて、さまざまな形状のものがあります。 ここでは、その種類を紹介していきます。種類・雪平(行平)鍋アルミや銅を打ち出して成形された鍋です。打ち出す際に [続きを読む]
  • 「はかる」について
  • 日本語で、「はかる」というと、さまざまな意味があります。 漢字表記では、「測る」「計る」「量る」「図る」「度る」「諮る」「謀る」「議る」と これくらいあります。当然、それぞれ意味が違います。 ただ、キッチンで使うのは、最初の三つ。「図る」も使わなくはないと思いますが、キッチングッズとしては、最初の三つだと思います。それぞれの意味とその際に使うキッチングッズを見ていきます。「測る」キッチングッズ「測る [続きを読む]
  • 多機能ボール ジョゼフジョゼフのプレップ&サーブ
  • ジョゼフジョゼフのプレップ&サーブを紹介します。このキッチングッズは、ボウルとコランダー(ざる)両方の機能を兼ね備えている商品です。米研ぎやサラダのサーバーとして便利です。 ボールに網目と手掛けがあり、底のゴム素材がストッパーの役割を果たし、とても扱いやすいです。米研ぎに米を研ぐとき、あなたはどのようにしていますか?ボールに米と水を入れて研ぐ。そして、水を捨てる。 この作業を何度か繰り返すと思います。 [続きを読む]
  • 臭いを気にしなくていい、ジョゼフジョゼフのガーリッククラッシャー
  • ジョゼフジョゼフのガーリッククラッシャーを紹介します。ガーリッククラッシャーは、にんにくを押しつぶすための、キッチングッズです。ロッカーという商品名で売られていますが、 ロッキング(揺ら)しながら使用するためだと思います。手に臭いが付きにくいにんにくは、好き嫌いが分かれる食材ではないでしょうか。友人ににんにくが嫌いな方がいて、 料理に一切にんにくを使わないそうです。逆に私は、にんにくが大好きなので、 [続きを読む]
  • 一本で十分、ジョゼフジョゼフのマグネット付計量スプーン
  • ジョゼフジョゼフのマグネット付計量スプーンを紹介します。この計量スプーンは、1本で大さじ、小さじ、それぞれの1/2の分量も量ることができます。 量る部分が半球形をしており、液体もこぼれにくいです。マグネットが付いており、冷蔵庫などに付けておけば、探すことなくサッと使えます。一本で十分ジョゼフジョゼフのマグネット付計量スプーンは、 柄の両端に大さじと小さじがそれぞれ付いています。さらに、1/2の分量のとこ [続きを読む]
  • 回転させて防止する 柳宗理の片手鍋
  • 柳宗理のステンレス片手鍋を紹介します。この鍋の最大の特徴は、蓋を回転させることにより、鍋と蓋との間に隙間ができることです。 そのことで、吹きこぼれが防げます。また、左右両方に注ぎ口があり、右利き、左利きどちらの方でも使いやすくできています。グリップも握りやすい形状で、とても扱いやすいです。それでは、詳細をレビューしていきます。回転すると隙間ができるあなたは、鍋で煮物や味噌汁を調理するとき、 火にかけ [続きを読む]
  • トングについて
  • トングは、食材を挟むキッチングッズです。主にV字の形をしており、末端部のバネにより常に開いた状態になっています。手で握ることにより、先端部分がくっつき食材を挟むことができます。先端部分が、スプーン状やフォーク状になっていたり、 はさみのような形状のものもあります。トングは、シンプルな構造で、さまざまな使用用途があります。 また、挟むものによって、いろいろな形状のものもあります。それでは、主なものを紹 [続きを読む]