Mikamos さん プロフィール

  •  
Mikamosさん: ナリキリ思考のススメ
ハンドル名Mikamos さん
ブログタイトルナリキリ思考のススメ
ブログURLhttp://mikamos.com
サイト紹介文ビジネス、起業、スポーツ、ゴルフなどに役立つ、”ナリキリ思考”に関するコラム
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 63日(平均6.7回/週) - 参加 2016/12/21 01:17

Mikamos さんのブログ記事

  • 最良の結果
  • どんな天才であっても、才能があっても、はじめたすぐに結果を手にした人はいない。天才が天才である理由のひとつは、決して、「諦めない」ことにある。そして、他人が「失敗」と認識したとしても、諦めないかぎり、失敗ではないことを知... [続きを読む]
  • 癒しの空間
  • ストレス社会を反映して、癒しが注目される。アロマやマッサージ、音楽など、癒しの方法は様々。本来の「癒し」とは何か。それは、緊張やストレスの開放。緊張やストレスを開放するエネルギー。ヒーリングなどのそういったエネルギーが心... [続きを読む]
  • パラレルワールド
  • パラレルワールドという話を聞いたことがある。それは、並行して存在する世界。次元の違う世界という表現されSF的ではるが、そういった話も物理学の世界では証明されつつあるという。しかも、その世界は、無数にあるという。 面白いの... [続きを読む]
  • 白黒
  • 物事に白黒つける。そうしなければ、気がすまない人たちもいる。しかし、実際には、白黒つけられるものなどない。どこかに必ず、他の要素を持ち合わせている。自分という人間を見てみても、決して、白黒つけることはできない。 マジメに... [続きを読む]
  • きっかけ
  • 問題が出てきたり、やる気が急になくなっていったり、日々の生活の中では、様々なことが起こる。普段の毎日は、定型的に流れていくもので、毎日、目新しいものが起こることの方が珍しい。 その分、ちょっとした変化や問題が、何か、とて... [続きを読む]
  • 芸術
  • なぜ、人間にとって芸術は必要なのか。生きるために、どうしても必要な衣食住。それさえあれば、芸術などいらないではないか。そういった考え方は、はっきりいってつまらない。 芸術といってしまえば大袈裟な印象もあるが、洋服にも音楽... [続きを読む]
  • 約束
  • お金を万能ツールとして理解すると、大きな間違いを犯してしまう危険がある。お金は、それ単独では決して万能ではない。お金は、一定の「約束」の上に成り立っている。 100円玉を100円の価値として互いが信頼し、それ相当の価値の... [続きを読む]
  • 意思のサイン
  • 物事を推し進める推進力がないのは、そこに明確な意思がないからだ。意思のない存在は、意思あるもの動かされる。結果的に、「やらされている感」がぬぐえず、不満やストレスを感じながら行うことになる。 意思を表明することに、抵抗感... [続きを読む]
  • 勝てる理由
  • 負ける理由は、敵が強いからではない。己の力を過信して、我を見失っているからだ。人は、勝つための方法は考えるが、負けないようにするための方法は考えない。孫子は、それをこう説いた。 「負けない理由は、我にあり。勝てる理由は、... [続きを読む]
  • 強みを活かす
  • たとえ、同じメッセージを発したとしても、それを捉える人の価値観で受け止め方は異なる。人ぞれぞれに価値観が異なるのは、それまでの経験に基づくものを礎としている。 だから、その違いを正そうとしたり、自分の価値観を押し付けるこ... [続きを読む]
  • 捨てる
  • 浪費するものといえば、お金や時間。お金や時間以外にも、知らず知らずに浪費しているものがある。エネルギーの浪費。ここでいうエネルギーとは、体力的なエネルギーのことではない。 集中力を司るような精神エネルギーだ。精神エネルギ... [続きを読む]
  • 無言の強者
  • 速く行動を起こすことは成功の条件で、グズは、悪しき習慣だいわれる。一方で、性急さは事を仕損じる、最大の要因とも云われる。良い結果をもたらすための迅速な行動と、事を仕損じてしまう要因の性急さ。 この行動の違いを明確に分ける... [続きを読む]
  • 目標探し
  • 成功哲学の書籍には、必ずといっていいほど、目標設定とそれへの集中が説かれている。それは、ときに目標設定されない人生は、まるで意味の無い人生であるかのようでもある。 実際に、自分自身がそうであったように、目標設定がうまくで... [続きを読む]
  • 孤独
  • 「孤独は、神に与えられた時間」人は、孤独を感じたときに、初めて神の存在を噛み締めるという。枝葉末節な出来事に奔走している日常で、神様の存在を感じることなど、ほとんどない。 しかし、砂漠でひとり彷徨っていたとしたらどうだろ... [続きを読む]
  • ビジョンを彫る
  • 日本の企業の多くは、行動規範はあれど、ビジョンやミッションの考え方に疎いところが多々ある。自分の限界を超えて、大きな目標を達成するには、明確なビジョンというものが必要だ。 ビジョンといえば、理想を語る人もいるが、ビジョン... [続きを読む]
  • 役割
  • 自分は何者?自分自身に、この質問をしてみたとき、おそらく、多くの答えがあるだろう。それは、多くあって当たり前、人は、たくさんの「役割」を持って生きている。父親、夫、課長、組合長、etc。 こうした日常の生活の中での役割の... [続きを読む]
  • ブランド
  • 消費が低迷していく中、企業として生き残っていくために必要なこと。商品価値やレベルの差だけでは選ばれない。なぜ、それを選ぶのかの理由が必要だ。 その効果をあからさまに示してくれるのが、その企業や商品の持つ「ブランド」だ。ブ... [続きを読む]
  • 食生活
  • 永い間、感情が行動を決めてきたと言われてきた。気分が乗らないから、肩を落とす。不安で一杯だから、ふさぎこむ。しかし、真実は逆だという主張がある。身体の動かし方が感情を決めているという見方。 楽しいから、笑顔になれるのでは... [続きを読む]
  • 手段の意味
  • 欲しい結果を得るための方法や手段は、想像以上にたくさんあることは知っているだろう。その手段の中で、最も自分にとって適切な方法。それを選択できるセンスを養うことが大切だ。 それは、他人の方法を単に真似るだけではダメで、自分... [続きを読む]
  • 学習のスピード
  • 昨今では、物事のスピード感は驚くほど速い。なんでも、すぐに、早く。逆に、物事が廃れていく速度も速い。一昔前は、1ビジネス30年が寿命といわれたが、今では、3年が寿命だといわれている。 こうした現状の中で、速さを求める側に... [続きを読む]
  • 自分を受け入れる
  • 理想とする自分に一歩踏み出せないでいる。そんな状況にある原因のひとつ。それは、「今の自分の受け入れられない」こと。向かいのビルの屋上に行きたい自分がいる。そして、飛び移れないでいる自分がいる。 飛ぶ移るだけの体力も運動能... [続きを読む]
  • 偽りの尺度
  • 様々な価値観は、様々な尺度を生む。それらの価値観の中で一般化されるのは、保守的な最低限の最大公約数的要素である場合が多い。 会社選びの原則は、給与、休み、福利厚生である。お金を増やすには、株や不動産への投資である。こうし... [続きを読む]
  • 「夢」は叶わない
  • 夢は、叶うか?その夢が、幻想や妄想であるうちは、それが実現することはないだろう。夢が、幻想や妄想である特徴は、そこに具体性が欠けていること。 その実現イメージや期日、計画が伴えば、それは、「夢」ではなく、「目標」になる。... [続きを読む]
  • 最高の助言者
  • 行き詰るということがある。あらゆる考えられる手を尽くしても、打開できる兆しが一向に見えてこない。焦る気持ちは出てくるし、諦めや自棄になる気持ちも出てくる。 溜め息を漏らしていることに気付いたら、一旦、手を離してみる決断を... [続きを読む]
  • 資料の作り方
  • 情報の記憶には、イメージが適している。イメージそのものには、膨大な情報があり、また、イメージ同士の関連性で情報を進化させることもできる。 人に何かを伝える手段としての言葉は、それ自体、非常に優れている。しかし、言葉には、... [続きを読む]