tax law research society さん プロフィール

  •  
tax law research societyさん: 使わない、群れない、残さない生き方。税法学細胞
ハンドル名tax law research society さん
ブログタイトル使わない、群れない、残さない生き方。税法学細胞
ブログURLhttp://tax-cellblock.com/tjs
サイト紹介文税金のカラクリをわかりやすく解説。
自由文おひとりさまのお出かけスポット、すぐに作れる美味しいレシピについても書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 155日(平均4.8回/週) - 参加 2016/12/21 15:36

tax law research society さんのブログ記事

  • 自宅で作るトルコ料理。茄子のピューレ肉の煮込みがけ。
  • フンキャル ベーエンディ(スルタンのお気に入り)とは、どんな料理東京ジャーミーでは、毎月1回トルコ料理の講座があり、どなたでも参加できます。トルコ出身の先生が実演した後、参加者で食べるという順番で進みます。今回の料理は、「フンキャル ベーエンディ」(Hünkar Beğendi )という宮廷料理の一つで、スルタン(王様)のお気に入りと訳される、ナスのピューレに肉の煮込みをのせた料理です。煮込みの方は、ご飯やパンと [続きを読む]
  • 利益剰余金の資本組入れに関する課税関係
  • 現金を流出することなく増資できる無償増資には、どのようなものがあるのだろうか同族会社の資本を増やす手段としては、出資者でもある役員からの借入金を出資に充てる方法(Debt Equity Swap:DES)、役員が会社に貸し付けている現金を回収して増資する方法、利益剰余金の資本組入れがあります。利益剰余金の資本組入れは、無償増資とも呼ばれます。利益剰余金の資本組入れとは何だろう?利益剰余金を資本に組み入れさせることに [続きを読む]
  • 同族会社が役員個人の自宅を賃借して事業を行う場合の課税関係
  • 同族会社が役員に地代家賃を支払った場合同族会社における役員(株主でもあります。)の自宅を使用して、当該同族会社の株主が使用人を使って事業をしていたとします。当該同族会社がその役員に対し地代家賃を全く支払わなかった場合又は市場の相場よりも低廉な地代家賃しか支払わなかった場合には、税務上、どのように取り扱われるでしょう。土地や家屋が利潤を産み出すのではありません。利潤を産み出すのは、労働です。しかし、 [続きを読む]
  • 個人事業で使用した資産を法人が引き継ぐ場合の税務上の取扱い。
  • 法人が個人事業で使用していた資産を引き継ぐ方法1 売却による引き継ぎこれには、時価100万円の資産と、借入金100万円の負債とをセットで(負担付)譲渡する方法も考えられます。2 現物出資による引き継ぎ3 貸付、リース4 贈与現物出資現物出資とは、法人の設立時又は設立後の新株発行の際に、金銭以外の財産をもって出資することをいいます。個人事業者が、事業に使用していた財産を現物出資すると、新株の交付を受けることになり [続きを読む]
  • 法人の決算期(事業年度)は、どのように決めたらよいのでしょうか。
  • 会社設立の際には、何月決算にするかを決めなければなりません。今回は、決算月をどのように決めたらよいか考えてみましょう。法人の決算月はその法人の経済関係に応じて決めることができる。上場企業などは3月決算にしているところが大多数です。グローバルに進出している企業は、国際金融資本の経済関係に応じて規定されたIFRSに従って12月決算としているところもあります。しかし法人は、決算月をその法人の経済関係に応じてに [続きを読む]
  • 法人の決算期(事業年度)は、どのように決めたらよいのでしょう。
  • 会社設立の際には、何月決算にするかを決めなければなりません。今回は、決算月をどのように決めたらよいか考えてみましょう。法人の決算月はその法人の経済関係に応じて決めることができる。上場企業などは3月決算にしているところが大多数です。グローバルに進出している企業は、国際金融資本の経済関係に応じて規定されたIFRSに従って12月決算としているところもあります。しかし法人は、決算月をその法人の経済関係に応じてに [続きを読む]
  • 自宅で作れるトルコのピーマンの肉詰め。
  • ピーマンの肉詰めは、トルコを含む中東がルーツの料理現在では、日本や欧米でもメジャーな料理になったピーマンの肉詰めは、ロールキャベツと共に、中東発祥の料理で、トルコの東のアルメニアに伝わり、サルマとして東欧諸国、マケドニア、クロアチアに伝わりました。トルコでは、ピーマンの肉詰めは、ビベルドルマスと言います。トルコのピーマンの肉詰めは、肉を入れずに、オリーブ、玉ねぎをたっぷり入れた前菜として食べるもの [続きを読む]
  • 中野で行われたミャンマーの水かけ祭り。
  • 東京にもう一つあったミャンマーの水かけ祭り「中野ダジャン祭り」先週、東京の日比谷公園で行われていたミャンマーの新年を祝う水かけ祭りであるダジャン祭りが、東京でもう一つ、中野駅北口で行われていました。中野ダジャン祭りはミャンマーの伝統料理が楽しめます。スープ麵料理モヒンガー。魚の身、玉ねぎ、ゆで卵、ひよこ豆の天ぷら、パクチー、唐辛子、バナナの茎が沢山入っています。別のブースで買ったモヒンガー。スライ [続きを読む]
  • 会社を設立した場合に提出する税務関係の書類。
  • 会社を設立した場合、登記の完了をもって、その手続きが終了するわけではありません。税務署等に届け出る必要のある書類もいくつかあります。法人設立届出書税務署の職員を使用して法務局に行かせて、新規設立の法人を調べさせているので、法人設立届出書を提出しなくても、法人を設立したことはバレてしまいますが、全ての会社は、所轄税務署長宛てに法律上提出しなさいということになっています(法人税法148条)。第百四十八条 [続きを読む]
  • 同族会社が配当を支払った場合には、税務署に提出するものがあります。
  • 特定の株主等が50%超を占める企業では、株主に対する配当に超過累進税率が適用される所得税が課せられることから、法人税と株主に課される所得税のトータルの税額が配当をしない場合よりも大きくなるので、その資本は、配当をせずに内部留保することがあります。特定同族会社の留保金課税そうすると、国際金融資本は、自作自演した国債の返済を同族会社の役員が出資している会社を通じて、国債の返済(=税金)を負担することがで [続きを読む]
  • 法人税の確定申告書を作成する上で、申告調整を要するもの。
  • 要申告調整事項法人の所得の計算をする上で、法人の意思にかかわりなく、必ず申告書において益金に算入するか、又は損金に不算入するとする調整をしなければならないものと”されている”ものには、次のようなものがあります。これらのものは、確定した決算とは関係なく申告調整をしなさいと言っているわけで、申告調整が行われていなければ、税務職員を使用して申告調整を行い、更正処分が行われます。確定申告において、それに該 [続きを読む]
  • 法人が節税する上で事業年度末までにやっておかなければならないこと。
  • 財務諸表をいじるだけではダメ、事業年度末までにしておかなければならないこと法人の場合、その労働者は、法律上、事業年度末を決めて、申告期限を決めて税務署に届出することにより、申告期限を決めなければなりません。現実のところ、日本においては、3月決算を採用している法人が最も多いです。国際金融資本は、労働者からの借金を踏み通して利潤を手にします。更に、労働者への借金の返済を労働者への貸付けにしてしまいます [続きを読む]
  • 非モテぼっちの休日の過ごし方。やることがなけりゃ、ブログでも読め!
  • 仕事がないときこれを休暇といいます。休暇が続くと休日と呼ばれます。土曜、日曜とも呼ばれます。休日にしてもムダなこと土日になると、ブログのPVカウント数は激減するでしょう。私のブログは激減しません。仕事のあるときでも、読まれていないからです。コンスタントに読まれていないからです。休日に、仕事以外の趣味、娯楽、グルメについて書いても読まれません。仕事が休みになる前に、既に、休日にどこで何をしなればならな [続きを読む]
  • 自宅で作れるトルコ料理。茄子で包んだハンバーグ。
  • 既報のとおり、毎月一回東京ジャーミーでは、トルコ料理の講座が開かれます。どなたでも参加できます。トルコ出身の先生が実演して、その後参加者全員で食べるということで進んでいきますので、エプロンや調理器具を用意する必要はありません。今回は、イスリムキョフテです。イスリムキョフテって何?イスリムは、モロッコ語がルーツで女の子の名前で繊細、壊れやすいという意味のようです。日本語でいうと「ま〜ん(笑)」という [続きを読む]
  • あなたには真似できない。週10万PVを稼ぐブロガーはココが違う!
  • あなたは何をやってもダメ、ただの役立たずのクズ野郎!世界一読まれないブロガーの俺がこういう見出しを付けるとブーメランとしてはね返ってきそうですが、言わせてください。書いても書いても読まれない。その一方で、ブログを開設して50記事程度日付けをすると半年ぐらいで10万pv以上(日付をすると1週間)稼ぎ出す人いますね。PVは、ページビューのことで、検索エンジンから入って、あなたの読まれたブログは、何頁分ですよと [続きを読む]
  • 訂正申告によりムダな作業やムダな税金を払わなくて済む場合があります
  • 確定申告を提出したが、その後、提出した確定申告書に誤りがあった場合、所得の金額を改める手段としては、当初の申告より納付する税額が増えた場合は、修正申告、更正の請求というものがあります。しかし、確定申告書の提出期限内であれば、税額が増える場合でも訂正申告という手続で済ますことができます。訂正申告とは何でしょう?修正申告修正申告は、税務署からの指摘(増額更正といいます)を受けるまではいつでもできます。 [続きを読む]
  • 引越しに伴う税金の振替納税の手続き
  • 振替納税制度(口座振替納付に係る納付書の送付等)第三十四条の二  税務署長は、預金又は貯金の払出しとその払い出した金銭による国税の納付をその預金口座又は貯金口座のある金融機関に委託して行なおうとする納税者から、その納付に必要な納付書の当該金融機関への送付の依頼があつた場合には、その納付が確実と認められ、かつ、その依頼を受けることが国税の徴収上有利と認められるときに限り、その依頼を受けることができる [続きを読む]